犬の病気生殖器の病気

  1. 犬の子宮蓄膿症!末期の症状や体の状態、治療について!

    犬の子宮蓄膿症は早期に発見でき、適切な治療を行えば完治できる病気です。しかし、気付くのが遅れた場合やすぐに受診しなかった場合などは子宮蓄膿症だと分かった時点ですでに末期になっていることも珍…

  2. 犬の想像妊娠!偽妊娠の原因や症状(行動や期間)と対処法など!

    犬は、生理後に想像妊娠(偽妊娠)を起こすことが比較的多くあります。…

  3. 犬の子宮蓄膿症の手術費用や入院期間、術後管理や予後など!

    犬の子宮蓄膿症は、特に5~6歳を過ぎるころから増えてくる病気です。…

  4. 犬の子宮蓄膿症の内科的治療の方法、経過や予後について!

    犬の子宮蓄膿症の完治のためには、子宮を手術によって 切除するのが基本であり鉄則です。…

  5. 犬の子宮蓄膿症!開放型と閉鎖型の症状や危険性の違いとは?

    中~高齢の未避妊のメス犬で多く見られる病気の一つが子宮蓄膿症です。…

  6. 犬の子宮蓄膿症の検査(レントゲンやエコーなど)や費用は?

PAGE TOP