犬の病気内分泌(ホルモン)の病気

  1. 犬のクッシング症候群の治療薬!作用や効果と副作用について!

    犬の副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)の治療は、原因にもよりますが、*外科療法(副腎摘出、下垂体切除)*内科療法(副腎皮質ホルモン合成阻害剤)*放射線療法(下垂体に放射線照射)の3通りあります。…

  2. 犬のクッシング症候群!皮膚異常や脱毛の原因と他の症状など!

    犬のクッシング症候群は、体内で副腎皮質ホルモンが過剰に産生される病気です。&nbsp…

  3. 犬のクッシングの血液検査!コルチゾールの数値や診断など!

    犬の副腎皮質機能亢進は、クッシング症候群と言われ、中~高齢の犬では発症率の高い内分泌疾患…

  4. 犬の甲状腺機能低下症!皮膚の脱毛などの原因や症状と治療法!

    犬の甲状腺機能低下症は、中齢期を過ぎると比較的良く見られる内分泌疾患の一つです。&n…

  5. 犬の甲状腺機能低下症の薬!チラージンの効果や副作用など!

    犬の内分泌疾患の中でも甲状腺機能低下症は頻発する代表的な病気の一つです。…

  6. 犬の甲状腺機能低下症の血液検査!費用や数値について! 

PAGE TOP