犬の飼育について

犬の肥満対策や予防にアスタキサンチンが効果的?健康維持にも!

肥満は、さまざまな病気の元と
なり、健康を害します。
これは人も犬も同じですね。

 

そして、近年メタボ体型の犬が
増加中です。

栄養満点なドッグフード、バラエティ
豊かなオヤツの数々、人の食べ物の
おすそ分け・・
などなど肥満犬になってしまう
要素がたくさんある時代ですものね。

スポンサーリンク


愛犬をついつい喜ばせたくて甘やかして
しまう飼い主さんがほとんどですし、
また病気の予防のためにも早期に不妊手術
を行うことが推奨されているということ
もあり、どうしても手術後は太りやすく
なってしまうというのもあります。

 

性ホルモンが関係する病気の予防の
ために不妊手術を行なっても、肥満に
よる病気のリスクが高くなるのも
本末転倒ですので・・
大事なのは太らせない食事管理と
いうことになってしまいますね。

 

ただ・・なかなかこの食事管理という
ものが難しく、ちょっとだけ・・の
つもりが気付いたら立派な肥満体に
なんてことが多いようです。

 

そして肥満になってしまったのを
ダイエットさせるには、基本的に
カロリー制限という食事療法に
なります。
犬種にもよりますが運動させて
痩せさせるというのは犬ではなかなか
難しいため、やはり食事によるダイエット
がメインとなります。

 

ダイエットも健康を損なわないように
時間をかけて少しずつ体重を落として
いくためにしっかりとカロリー計算
してプログラムを立てていくことが大事です。

 

しかし、犬にとってはダイエット
する意志もなければ、痩せなければ
という思いはないため、食事の内容
や量に不満があれば、スト(食べない)
を起こして、他を要求したりなども
良くあることです。

 

そうなると飼い主さんとの根くらべ的
な感じにもなってしまい、だいたい
そうなると負けるのは飼い主さんですね。。

 

そんなこともあり、犬のダイエットは
なかなか難しいのですが。

 

ただ、近年はさまざまな研究などから
犬の肥満対策に効果的な栄養素など
が分かってきていて、サプリとして
製品化されたりなどもあります。

その一つがアスタキサンチンです。

 

少しでも効果的にダイエットを
行いたい・・また今以上太らせない
ように・・などの場合に取り入れて
みるのもいいと思います。

 

こちらでは、犬の肥満対策や予防に
効果的とされるアスタキサンチンの
作用や効果などについてまとめて
みましたので参考にしてください。

犬の肥満は危険!リスクの高い病気や寿命との関連性について!

 

<アスタキサンチンの脂肪燃焼効果について>

 

アスタキサンチンは、カロテノイド
(天然色素)の一種で、主に魚介類(カニ
やエビ、鮭など)に豊富に含まれる赤色色素です。

 

抗酸化力が高い(ビタミンEの約1000倍)
ことで知られ、酸化ストレスが原因と
なる疾病の予防などさまざまな健康効果
が挙げられますが、その一つが
脂肪燃焼を促進する効果です。

 

アスタキサンチンを摂取すると、
運動時のエネルギーに糖質よりも
脂質を優先的に利用するようになります。

 

また、内臓脂肪が増えると悪玉生理
活性物質(脂肪細胞から産生・分泌)の分泌
が増え、いわゆるメタボを進行させますが、
アスタキサンチンを摂取するとこの悪玉生理
活性物質の分泌を減少させます。
そして脂質代謝や糖代謝を円滑にする
善玉生理活性物質の分泌を増加させます。

 

悪玉生理活性物質は、血圧を上げたり、
血栓を作りやすくしたり、インスリン
抵抗性を起こしたりなど健康被害を
及ぼします。

 

また、肥満や脂質異常などの体の状態は
酸化ストレスを発生させやすいとされて
いますが、アスタキサンチンの高い
抗酸化力は、この酸化ストレスを減らす
効果もあります。

 

そのため、マウスなどを使った実験などでも
アスタキサンチン投与によって、

*肥満しにくい
*血圧や血糖値を下げる
*コレステロールが悪玉化しない
*糖尿病性腎症の予防

などの効果が明らかになっています。

 

その他のアスタキサンチンの効果は
主に以下のものが挙げられます。

【抗疲労効果】
筋肉組織の末梢性疲労を軽減。
運動による筋損傷を軽減。
筋肉量減少の抑制など。

【眼疾患に対する効果】
白内障発症の予防。
眼精疲労の軽減。
網膜、脈絡膜の血流改善など。

【紫外線による皮膚障害に対する効果】
光老化の抑制。
メラニンの生成を抑制。
痒みの抑制(抗炎症作用)など。

【免疫賦活効果】
免疫機能を活性化,低下している防御力
を増強。発がん抑制など。

スポンサーリンク


<肥満犬に対するアスタキサンチンの効果について>

 

そして、肥満犬に対する実験も行われて
いて、それによるとアスタキサンチン
投与によって、

*中性脂肪値の改善
*肝機能の改善
*脂質過酸化(組織障害の原因)の抑制

などの効果が報告されています。

 

肥満になると活性酸素の発生量が
増えます。
血液中の活性酸素量が増えると
コレステロールや中性脂肪が増加し、
脂質代謝異常(高脂血症)の状態となり、
これが糖尿病や肝機能障害(脂肪肝、
肝硬変など)の原因となります。

 

この血中酸化ストレスを改善(活性酸素
を減らす)することで肥満とそれに関わる
さまざまな病気を予防することが
できるのです。
これに強力な抗酸化作用を持つ
アスタキサンチンが注目されているようです。

 

アスタキサンチン摂取

脂質代謝の改善

抗酸化機能の向上

肥満が原因となる機能障害(肝臓など)の改善

 

また、この実験は肥満犬ではない
若くて健康な犬に対しても行われて
いますが、それに対しても同様の効果
が見られたとのことです。

 

これらによって、アスタキサンチンは、
肥満に関わる病気の予防効果、また
肥満の防止効果も期待できる
と結論付けられています。

 

<まとめ>

 

肥満になると活性酸素が増えます。
活性酸素が増えると代謝が低下し、
さらに肥満が進むという悪循環に陥ります。

肥満と活性酸素には深い関係性があるのです。

 

ですから肥満やそれに伴うさまざまな
病気を防ぐには、活性酸素を除去
することが大事です。

 

また、肥満を解消することで、
活性酸素がたくさん発生しやすい
状態を改善することにもなります。

 

ですから、肥満の予防にはもちろん
ですが、ダイエット時にも活性酸素を
減らすために強力な抗酸化力を持つ
アスタキサンチンを摂取することが
効率的なダイエットに繋がるのです。

 

もし、愛犬のダイエットに苦戦して
いたり、思うように結果が出ない場合
などは取り入れてみる価値はあると思います。

 

犬用のアスタキサンチンのサプリは
主に目のサポートのためとして販売
されていてブルーベリーやルテイン
などと共に配合されているものが多く、
色々なタイプがあります。

 

 

 

価格帯は犬用のサプリとしては
お手頃価格なものが多いので比較的
取り入れやすいと思います。

 

また、抗酸化作用は肥満以外にも
体全体の健康、病気予防にも役立ち
ますので、ダイエットしながら健康な
体作りにも効果が期待できますので
まずは試してみるのもいいと思います。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村

関連記事

  1. 犬のてんかんに漢方薬の効果とは?種類や発作抑制の作用など!
  2. 犬のてんかんにサプリメントは効果的?有効成分や作用など!
  3. 犬の寒さ対策にダンボールの効果や使用法と注意すること!
  4. 犬の外耳炎にサプリメントが効果的?成分や作用,おすすめなど!
  5. 犬の肥満細胞種に分子標的薬イマチニブの効果や副作用は?
  6. 犬の口臭にプロポリスの作用や効果とは?おすすめサプリも!
  7. 犬の歯磨きは水に混ぜるだけ!?リデンタの効果や成分とは?
  8. 犬の腎不全にレンジアレン(リン吸着)の特徴や効果と必要性など!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP