内分泌(ホルモン)の病気

犬の糖尿病と皮膚疾患の関連性!治療や予防のための対策など!

糖尿病の犬は、さまざまな感染症
にかかりやすく、また重症化しやすく
なります。

 

感染症は糖尿病の合併症の一つであり、
血糖値が高くなることで白血球など
免疫に関わる細胞の機能が低下すること
によって起こります。

スポンサーリンク


感染症は、全身のさまざまな臓器や
組織で起こりますが、その中でも
外見上、一番分かりやすいのが皮膚の
感染症です。

 

皮膚炎など皮膚の異常から
糖尿病が分かる場合もありますし、
糖尿病の進行に伴い、少しずつ皮膚に
病変が現れてくることもあります。

 

感染症については病態や個体差も
ありますが、犬はもともと皮膚の表皮
が薄いこともあり皮膚トラブルが多い
動物ですので、糖尿病の合併症と
しても皮膚の感染症は起こりやすいと
言えます。

 

こちらでは、犬の糖尿病と皮膚の異変、
感染症などの関連性や治療、予防の
ための対策などについてまとめて
みましたので参考にしてください。

 

<糖尿病と皮膚感染症の関連について>

 

糖尿病になると、細菌や真菌、ウイルス
などのさまざまな皮膚疾患が起こりやすく
なります。

 

そして、糖尿と皮膚合併症には、
主に以下の原因が大きく関係しています。

 

【免疫細胞の機能低下】

高血糖状態が続くと、

*好中球
白血球の約60パーセントを占める。
運動性と細菌などの食作用(貪食)が著しい。
炎症の場で活躍、増殖する。

*単球
白血球の約7パーセントを占める。
白血球中最も大きいく、細菌などの
殺菌効果や食作用(貪食)の機能が強い.。

*NK細胞
ナチュラルキラー細胞、リンパ球の一種。
がん細胞やウイルスに感染した細胞など
異常な細胞を見つけ次第、攻撃する。

*T細胞
リンパ球の一種で、血中リンパ球の
60~80%を占める。
抗原刺激に応答、他の免疫細胞の働きを
調節する司令塔の役割を果たす。

 

などの、体の中に侵入してきた
ウイルスや細菌などから、体を
守っている免疫細胞である白血球の
働きが低下します。

 

つまり、生体を防御する機能が
正常に働かなくなり、さまざまな
感染症にかかりやすくなるのです。
また、皮膚にできた傷なども治りにくく
なります。

 

【血管障害】

糖尿病の合併症の一つに血管障害が
あります。

 

高血糖状態が続くと、

*血管の中にブドウ糖が変化した物質
(ソルビトール)が蓄積

*浸透圧の関係で血液の量が多くなり高血圧
になる→血管の壁に強い負荷がかかる

*糖尿病は中性脂肪も高くなりやすく、
血液中の過剰な脂肪は血管の壁に溜まっていく

などから血管障害が起こります。

 

そして皮膚は血管障害の影響を受けやすい
臓器です。
特に四肢(手足)など体の末端部は
影響が顕著に現れます。

 

血管障害が起こると血流が悪くなるため、
傷の治癒に必要な栄養や病原体に抵抗
する免疫細胞などが病変に届かなくなります。

 

そのため、感染症は悪化しやすく、
また治療のための抗生物質などの薬剤も
届きにくくなるため、治りにくくなります。

 

【神経障害】

血管障害による血流低下や、末梢神経
の代謝異常によって不必要な物質が
溜まってしまうことにより神経の働きにも
障害が起こります。

 

末梢神経障害は、主に

*知覚神経障害
触覚、痛覚、温度覚などが鈍くなったり
消失する

*運動神経障害
全身の筋肉を動かす機能が鈍くなったり
消失する

*自律神経障害
意志と無関係に、体の機能を自動的に
調節する神経が鈍くなったり消失する

がありますが、そのうち特に皮膚感染症
に影響を与えるのが「知覚神経障害」です。

 

知覚神経障害になると、傷や炎症
などに対する痛みや痒みなどの感覚が
麻痺したり鈍くなってしまうため、
行動変化に気付きにくく、治療が遅れがちになります。

 

また、感覚が鈍くなるため、そこを
庇ったりしなくなり、足先などの
病変は歩くたびに床や地面にこすったり
することもあり、悪化しやすくなります。

 

さらに運動神経障害によって筋肉が
萎縮し、足を引きずったりなど正常な
歩行ができなくなると、創傷を起こす
リスクも高くなります。

 

これらが糖尿病による皮膚感染症の
原因となっています。

犬の糖尿病のインスリンについて!効かない場合の原因など!

 

<糖尿病の合併症における皮膚感染症の治療について>

 

細菌、真菌、ウイルスなど皮膚の
感染症にはさまざまな原因があります。

 

また、糖尿病になると通常では感染する
ことなく生体に影響を与えない微生物など
によっても、簡単に感染を起こす
「易感染(いかんせん)状態」となること
もあります。

 

そのため、皮膚にみられる病変の
原因や状態はさまざまです。

 

いずれにしろ皮膚疾患の治療は
通常の皮膚に対する治療が行われます。
原因によって、抗菌剤や抗ウイルス剤
など。

 

ただし、前述したように糖尿病による
血管障害があると、薬剤も患部に
届きにくくなる傾向にあるため、薬剤
の効果が悪い場合などは血流を良く
する薬剤など血管障害に対する治療も
併用する必要性が出てくることもあります。

 

また、当然ですが原因は高血糖にある
ため、血糖値を適切にコントロールする
ことが何より重要になります。

 

*血糖値を目標の値で維持する
*皮膚に対する治療
*血管障害に対する治療

状況に応じてこの3つを組み合わせて
皮膚の治療を行なっていきます。

 

ただ、治りにくいのはもちろん、
改善したとしても血糖値の状態によっては、
再発も多くなりますし、悪化すればするほど
治りづらくなるため、なるべく早期に適切
な治療を行うことが大事です。

 

また、糖尿病では皮膚の合併症が
起こることも多いということを理解して、
こまめな皮膚のチェックはもちろん、
予防に努めることも大事です。

スポンサーリンク


<皮膚感染症の予防について>

 

根本的な原因は、高血糖など体の
内部にあるため、血糖値をうまく
コントロールすることが一番の予防策
になりますが、皮膚においては外部から
ケアすることで、感染症のリスクを
ある程度、減らすことも可能です。

 

糖尿病になると真皮への血流減少に
よって真皮が薄くなり、また表皮への
酸素や栄養供給も減少するため、
皮膚が乾燥してドライスキンとなります。

 

さらに表皮と真皮結合力が低下し、
表皮が剥離しやすくなるので、
損傷しやすい皮膚になります。

 

そのため、まずできることは、
皮膚の保湿です。

 

皮膚の保湿については、犬の皮膚病全般
で良い効果がみられることが多いため、
糖尿病においても積極的に行うといいです。

 

保湿剤は皮膚のバリア機能の異常に
対するスキンケアとして推奨されています。

保湿材について、オススメなどはこちら↓

犬の皮膚トラブル対策に効果的!保湿による改善や予防法とは?

 

 

そして、感染症の予防には当然ですが
皮膚の状態を常に清潔に保つことが
大事です。

 

ただ、頻繁なシャンプーなどは
逆に皮膚の乾燥を招くことにも
なるため、特に汚れがひどくない場合
には、通常通りのシャンプーにして、
ブラッシングなどをこまめにして
抜け毛や毛についた汚れを落として
あげるようにしましょう。

 

また、陰部の周りは排泄物などが
残りやすく、その周囲は炎症が
起こりやすくなりますので、汚れが
残っている場合は、濡れタオルなど
で拭き取ってあげるようにしましょう。

 

そして皮膚感染症もそうですが、他の
合併症を防ぐためにもしっかりと
血糖値の管理が行えるよう、定期的な
受診はもちろん、少しの異変も早期に
発見、治療が行えるように注意深く
観察するようにしてくださいね。

 

糖尿病は治る病気ではありませんが、
インスリン投与と食事療法で血糖値
が維持できれば、あまり苦痛を与えず
元気に過ごさせてあげることも可能です。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村

関連記事

  1. 犬の糖尿病のインスリンについて!効かない場合の原因など!
  2. 犬のクッシング症候群!皮膚異常や脱毛の原因と他の症状など!
  3. 犬の糖尿病と腎臓の関係!合併症による腎不全の進行や症状など!
  4. 犬の糖尿病にサプリは効果ある?期待できる栄養素について!
  5. 犬のクッシング症候群の治療薬!作用や効果と副作用について!
  6. 犬の甲状腺機能低下症!皮膚の脱毛などの原因や症状と治療法!
  7. 犬の甲状腺機能低下症の血液検査!費用や数値について! 
  8. 犬の低血糖!子犬や成犬で考えられる原因や病気、対処法など!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP