骨や関節の病気

犬の骨折!手術〜退院までの経過や完治までの期間について!

犬は、膝蓋骨や股関節など関節疾患
や骨に関連する病気が比較的多いです。
椎間板ヘルニアなどもそうですね。

 

関節疾患の多くは、先天性の
骨格や体型の問題によるものが多く、
そのため、好発犬種などが挙げられる
病気になっています。

スポンサーリンク


そして、その他、骨の病気で多いのが
骨折です。
事故など外部からの強い力が加わって
骨折する場合もあれば、他の関節疾患
による影響で骨折したり、また小型犬
などは、ちょっとした衝撃で骨折する
こともあります。

 

犬の骨折の治療は、基本的な治療と
しては、人と同様ですが、犬の場合は
人のように患部をかばったり、大事に
しないため、外科的な処置の方法には
多少違いがあります。

 

また、治療後〜治癒までの期間の
ケアも色々と注意点があります。
どうしても、犬の場合にはそれが
治療のためだとは思わないですから
大人しくしててはくれませんので・・
なかなか大変なこともあります。

 

こちらでは、犬の骨折の治療〜経過〜
完治までにかかる期間や注意点などに
ついてまとめてみましたので参考に
してください。

 

<犬の骨折の治療について>

 

犬の骨折の治療は、骨折部位や折れ方、
単純骨折か複雑骨折かによっても多少
異なりますが、基本的には、外科手術
によって骨を整形します。

 

プレートやピン、ワイヤーなどの
インプラント(固定具)を使って、骨同士
を元の形に整えて固定させる方法です。
折れている骨や状態によって使われる
固定具も異なりますし、複数の組み合わせ
で施術される場合も多いです。

 

また、状況に応じて創外固定(体外から
骨を固定=器具が体の外に出ている状態)
なども行われます。

 

人では、手術ではなくギブスによる
固定のみという場合も多いですが、
犬の場合には、ギブスのみという治療は
少ないです。

 

ギブスのみの場合には、骨折がヒビ割れ
程度、骨折部位の骨のズレがほとんどない
時などに選択されることもありますが、
どうしても犬の場合、動いてしまうため、
いくらギブスをしていても完全な固定とは
ならずに骨がズレてくっ付いてしまったり、
またくっ付かなくなってしまうことも多いためです。

 

また、ギブスを自分で噛み付いて
外したり、破壊したりする犬も多いため
管理がとても大変になります。

 

ですから、ギブスのみという場合、
前述したような軽度の骨折で尚且つ
非常に大人しい(活発ではない)犬の
場合のみで検討されます。

 

<犬の骨折の手術〜入院〜経過について>

 

犬の骨折の手術は、なるべく早く(2~3日
以内)行うことが望ましいですが、交通事故
などが原因となっている場合には、内蔵
などの損傷もあることが多いため、その場合
には全身麻酔が危険になることもあるため、
そちらの治療が優先されます。

 

そして状態が落ち着いてから骨折の手術
という流れになります。

 

ただし、遅くとも手術は骨折から1週間〜
10日以内に行わないと、それ以上経過
してしまうと整復が難しくなります。

 

手術は犬の大きさ、骨折部位、単純骨折
か複雑骨折か、手術法などによっても
異なりますが、1~3時間程度で終了します。

 

【ギブス装着について】

手術後は、その手術法や状態によって
ギブスで固定する場合とギブスなしの
場合があります。

 

これは、骨折部位や手術による固定の
強度にもよりますのでギブスが必須に
なる場合もあります。

 

ただ、基本的に犬は、ギブスなどの装着
を嫌がる場合が多く、ギブスを付ける
ことで外そうとして暴れたりすることも
多く、その場合せっかく整復した骨が
ずれてしまうリスクが高くなるため、
そのような場合には逆にギブスがない方
が良いこともあります。

 

ですから、術後のギブス装着については
臨機応変にといった感じが多いです。
(暴れるようなら外す・・といったこと
もあります。)

 

【入院〜期間について】

手術終了後、手術の整復の状態を確認
するため、レントゲンを撮ってから、
麻酔から覚醒したら入院室に入ります。

 

基本的に、麻酔は吸入麻酔ですから、
麻酔からの覚醒は早いですが、数時間は
ボ〜ッとした状態が続きます。

 

その後は、入院室(ケージ)の中で
大人しく過ごしてもらうことが大事に
なりますが外でしか排泄しない子の
場合には、短時間ドッグランに出す
こともあります。
ギブスは状況に応じてですが、エリザベス
カラーは必須になります。
(手術の縫合部位を舐めたり噛んだり
させないため)

 

入院中は、骨折だけの場合には、
抗生物質の投与と傷口のチェックが
行われる程度で後は安静にしていて
もらうことだけです。
(食欲がなかったり、その他内臓などに
損傷がある場合には点滴や他の治療が
必要になることもあります)

 

そして、入院期間ですが、これもその
犬の状態や手術法、骨折部位の状態など
によって異なってきます。
また飼育環境にもよります。

 

自宅で大人しくしていてくれるか?
ちゃんと管理ができるか?によります。

 

退院しても自宅で行うこととしては、
術後の化膿止めの抗生物質を飲ませる
ことくらいですが、骨折の外科手術に
何より大事なのは安静です。
大人しくしていてもらうことです。

 

そのため、基本的には自宅でも
ケージレストが必要になります。
なるべく狭く、ジャンプなどが
できないよう屋根付きのケージが
望ましいです。
(ただ、エリザベスカラーが付いて
いる状態ではあまり狭すぎるのは
問題もあります)

 

また、犬の性格などにもよります。
帰りたがって入院室で暴れるような子の
場合には、早めに退院した方が良いこと
もありますし、逆に入院している方が
大人しく過ごせるような子の場合には
入院している方が安心です。

 

ただ、入院も費用がかかるため、
あまり長くなると飼い主さんの負担が
大きくなってきます。

 

ですから、それらを含め、良く話し
合って退院を決めることになります。

 

特に手術から2〜3週間は重要な時期です。

 

一般的には、骨折後の入院期間は、
3~7日程度です。
1週間〜10日程度で抜糸ができますので
抜糸が終わってギブス装着もない場合は
エリザベスカラーも必要なくなるので、
自宅での管理は少し楽になると思います。

 

【退院後について】

退院の時期にもよりますが、

*処方された薬剤投与

*大人しく過ごさせる

*ギブス装着の場合は、ズレていないかなどのチェック

*散歩はNG(排泄のための短時間の外出はOK)

*指示に従って受診
(基本的には抜糸時と1週間に一度程度の診察)

などが必要になります。

 

また、手術法や場所にもよりますが
手術時に入れたインプラント(プレート
やピンなど)は、骨折が治癒すれば取り
出す必要があることもあります。

 

その場合には、治癒までの期間にも
よりますが、順調に回復したとしても
手術後2~4ヶ月経ってからになります。

 

インプラント抜去も手術になりますので
全身麻酔は必要になりますが、手術
自体は短時間で終わります。
また、抜去手術後はギブスや安静など
は必要なく、抜糸までエリザベスカラー
が必要になるくらいです。

スポンサーリンク


<骨の治癒までの期間について>

 

骨折が治癒していくまでの経過は、

【仮骨形成】
骨折や骨欠損が起きた部分に、新しく
できる不完全な骨組織

【骨癒合】
骨折部位の骨が結合(合着)した状態

【機能回復】
筋力や運動など身体機能低下の回復

となります。

 

そして、この期間は折れた骨によって
異なります。
また折れ方や手術法、術後の安静状態に
よっても多少変わってきますが、一般的
には以下になります。

 

【犬の骨折で多い場所と治癒までの期間】

「骨盤」
仮骨形成・・約4週
骨癒合 ・・約8週
機能回復・・8~16週

「大腿骨(太もも)」
仮骨形成・・4~6週
骨癒合 ・・約12週
機能回復・・14~16週

「橈骨・尺骨(前肢の肘下〜手根骨の間)」
仮骨形成・・約3週
骨癒合 ・・6~8週
機能回復・・10~12週

「脛骨(後肢の膝下〜中足骨の間)」
仮骨形成・・約4週
骨癒合 ・・約6週
機能回復・・約12週

「中手骨(前肢の先に近い部分)」
仮骨形成・・2~3週
骨癒合 ・・3~6週
機能回復・・約6週

 


出典:http://inubyouki.com/

特に小型犬では、橈骨尺骨や中手骨
の骨折が多く、大腿骨や骨盤などの
骨折はほとんどの場合、交通事故によるものです。

 

部位にもよりますが、骨癒合までは
おおよそ3~12週かかります。
骨癒合してしまえば後は少しずつ
リハビリを兼ねた運動などを行なって
いくことで機能回復となっていきます。

 

ですから、骨折部位の骨の治癒(結合)
までには、1ヶ月〜3ヶ月の安静期間
が必要になります。

 

骨融合しても、使えなかった期間に
筋肉が衰えていますし、骨折している
部位を庇う行動に慣れてきてしまって
いるため、すぐには元通りに歩くことはできません。

 

歩行、行動共に元通りになるのが
機能回復であり、骨融合からさらに
数週間かかります。
(骨折部位にもよります)

 

骨癒合が完了する前に大人しくできず
骨折部位に力が加わってしまうことが
繰り返されると、骨がズレてくっ付いて
しまったり偽関節(グラグラ動いている
状態)となってしまう可能性があります。

 

【骨癒合不全について】

骨癒合不全とは、骨折部位が通常の
期間を過ぎても骨癒合に至らない状態
のことです。

 

骨癒合不全は、

*骨折部位の不良(骨の欠損や粉砕など)

*周囲軟部組織の重度損傷

*骨折部の感染

*全身疾患

*解剖学的素因

*手術法
(不適切な場所でのインプラント挿入や固定の不良)

*術後管理の失敗
(患部への負担)

などさまざまな原因が考えられます。

 

犬の場合、橈骨や尺骨で骨癒合不全
が起こることが多いです。
これは、橈尺骨周囲には筋肉が少なく、
血液供給が少ないためで、特に筋肉量
の少ない小型犬種に多く見られます。

 

そして、骨癒合不全になると、
以下のような状態となります。

*骨折部の疼痛

*機能の障害

*異常動揺性(不安感を伴う正常以外動き)

*骨折間隙が存在(骨同士の隙間が埋まらない)

*仮骨の形成不全

*骨折端の萎縮や硬化

 

骨癒合不全では、再手術が必要になりますが、
手術法や手技などが難しいため、大きな
病院や大学病院、高度二次診療施設や
整形外科専門などの病院にて手術を受ける
ことが望ましいです。

犬の骨折の予防や治癒促進にサプリの効果や必要な栄養素など!

 

<まとめ>

 

犬の骨折は、主に交通事故によるもの
が多く、これは事故に遭う状況を
つくらないことで回避することは
できます。

 

散歩中、リードが外れないように
注意したり、勝手に逃げ出したり
しないように飼育環境を整備するなど。

 

ただ、小型犬では日常生活のちょっと
したことで簡単に骨折します。

*抱っこしていて落下したり下ろすとき

*ソファやベッド、椅子などから飛び降りたとき

など。

 

犬はジャンプで降りるとき前足で着地
しますので、前足の橈骨や尺骨を骨折するのです。

 

そして、小型犬種の橈骨、尺骨は
骨がとても細いのでほとんどの場合
完全骨折です。(ヒビなどの亀裂骨折ではない)

 

それらの状態での骨折が多いのが
小型犬種の中でも特に

*ポメラニアン
*パピヨン
*トイプードル
*チワワ
*ヨークシャテリア

などです。

 

これらの犬種の中でも特にサイズが
小さい犬の方が骨折が多く見られます。

 

特に、近年の小型犬種はもともと
骨の形成不全も多く、骨自体が弱く
脆い傾向にあります。
そのため、ちょっとした力が加わる
ことで簡単に折れてしまうのです。

 

そして、もともとが骨折のリスクが
高いため、同じ状況になれば骨折は
何度でも繰り返す可能性があります。

 

ですから、特にそれらの犬種の場合
には、特に飼育環境や飼い主さんの
行動(抱っこ時)に注意が必要になります。

 

*ソファや椅子などの周囲には、
降りた時に滑りにくいようにマットなどを敷く

*途中に段差を一段つくる。
(一気に高いところから飛び降りないようにする)

*抱っこから降ろす時には必ず座るなどして
低い位置からジャンプさせないように降ろす。

などの対策を行ないましょう。

 

また、落ち着きのない犬の場合には、
しつけからやり直す必要性が出てくる
こともあります。

 

もし、不幸にも骨折してしまったら、
しっかりと術後管理を行なって、
再手術など必要にならないように
することが大事です!

 

また、手術自体、最初から専門的な
病院にて受ける方が安心かもしれませんね。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事

関連記事

  1. 犬のでべそ(臍ヘルニア)の手術や費用など!大きくなると危険!?
  2. 犬の僧帽弁閉鎖不全症の手術が可能な全国の動物病院まとめ!
  3. 犬の歯石除去と抜歯、麻酔にかかる費用や方法まとめ!
  4. 犬の乳がん?良性の場合の特徴や検査と治療法や経過など!
  5. 犬の椎間板ヘルニアの治療!ステロイドの効果や副作用など!
  6. 犬のパテラ!歩き方や運動、散歩などの制限や注意すること!
  7. 犬の気管虚脱の手術法や費用、予後など!完治の可能性は?
  8. 犬の股関節脱臼の整復(固定)手術の方法や費用と術後経過など!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP