目・鼻・口の異変

犬の緑内障について!痛みなど症状や治療法と点眼薬など!

犬の眼科疾患の中でも、
強い痛みを伴い、場合によっては
視力を失ってしまう怖い病気が
緑内障です。

 

緑内障は、早期の診断、治療が必要な
緊急疾患の一つですが、症状が進行する
まで気付かないことも多いです。

スポンサーリンク


こちらでは、犬の緑内障について
症状や治療法、点眼薬などについて
まとめてみましたので参考にしてください。

 

<犬の緑内障について>

 

犬の緑内障は、何らかの要因によって
眼圧が上昇することによって視覚障害
や痛みなどを生じる病気です。

 

正常な眼球は、眼房水によって一定の
圧力が保たれています。

*眼房水・・目の中の前房(隔膜と水晶体
の間)と後房(虹彩と水晶体の間)を満たす液

 

この房水は、角膜や水晶体に栄養を
与えたり、老廃物を流したりする働きが
あり、常に産生され、それと同じ量が
シュレム菅から排泄されることによって
一定量を保っています。

 

しかし、何らかの要因でうまく排泄でき
なくなると房水の量が増加して眼内の
圧力が高くなり、視神経を圧迫するように
なります。

 

この状態が緑内障です。

緑内障のメカニズム:

出典:https://www.saiseikai.or.jp/

 

緑内障は、

*原発性緑内障(原因不明)
*続発性緑内障(原因がある)

に分けられます。

 

【原発性緑内障】

原発性緑内障は、犬では犬種によって
遺伝性疾患の一つと考えられていて、
先天的な房水の排出路の形成異常
よって発症することがほとんどです。
(ただし明確な原因は明らかになっていません)

 

さらに、原発性緑内障は、

【開放隅角緑内障】
慢性緑内障(進行がゆっくりで症状に
気付きにくい)

【閉塞隅角緑内障】
急性緑内障(急激な眼圧の上昇が起こり
激しい症状がでる)

があります。

 

後発犬種は、柴犬・シーズー・Aコッカー・
バセットハウンド・ビーグル・ボストン
テリア・ダックス、チワワ、ゴールデン・
マルチーズなどが挙げられています。
その中でも特に多いのが柴犬です。

 

中年齢(6歳〜)で発症することが多く、
またオスよりメスでの発生が多いとされています。

 

【続発性緑内障】

続発性緑内障では、多くの場合、他の
眼科疾患が原因によって房水の排出路が
閉塞してしまうことで発症します。

 

主に、ぶどう膜炎などの眼内炎症
起こす病気や水晶体脱臼外傷などが
原因となることが多いですが、眼科疾患
以外でも糖尿病などの全身疾患によって
起こることもあります。

 

<緑内障の検査と診断について>

 

緑内障は、眼圧の測定が必須になります。

正常な犬の眼圧は、
25mmHg以下(通常10~20mmHg)です。

これが、30mmHg以上になると
緑内障の疑いが強くなります。

 

その他、隅角鏡(ぐうかくきょう)検査
(角膜と虹彩の間の領域を見る)なども
行われることがあります。

 

また、他の眼科疾患がないかの
確認のために他の眼科検査が必要に
なることもありますが、病院によって
検査機器の設備も異なりますので、
検査内容も変わってきます。

犬の白内障の検査法や費用、手術適応かの診断についてなど!

 

<緑内障の症状について>

 

緑内障は、初期ではほぼ無症状で
分かりにくいですが、軽度の結膜充血
を起こしている場合もあります。

 

そして、進行に伴って以下の症状が
出現してきます。

*結膜、強膜の充血
*牛眼(眼球拡張)
*角膜浮腫
*散瞳(瞳孔が拡大)
*水晶体脱臼

 

また、痛みや視覚障害によって

*元気消失
*食欲減退
*嘔吐

*行動異常
*眼周囲を引っ掻く・こする

などの行動変化が見られます。

症状については、発症からの経過期間
や、眼圧の高さ、高眼圧の継続期間
よっても多少異なってきます。

 

特に急性の場合には、激しい痛みを
伴うため、明らかな行動異常が
見られて受診する場合がほとんどです。

 

<緑内障の治療について>

 

緑内障の治療の基本は、
まず眼圧を下げることですが、
原発性か続発性か、また視覚があるか
すでに視覚喪失しているかによって
緊急性も治療方針も変わってきます。

 

【原発性で急性の場合】

視覚が維持されている場合には、
早急に眼圧を下げる治療が必要になります。

 

眼圧を下げる点眼薬の投与です。
即効性のある点眼薬として一般的に
使われているのが「ラタノプロスト」
を有効成分とするものです。

ラタノプロスト:
プロスタグランジンF2α誘導体で、
房水流出経路のうち、ぶどう膜強膜
経路からの流出を促進して眼圧降下
作用をもたらす。
(ただし、続発性緑内障で炎症がある場合
などには使用できません)

人用では、キサラタン点眼ラタノプロスト点眼など。

犬用としては、ベトラタン点眼など。

一般的には、ラタノプロスト点眼後、
30分程度で眼圧が降下してくる場合
が多いですが、十分な降下が得られない
場合には、再度点眼します。

 

その他、状況に応じて

*アセタゾラミド(炭酸脱水素酵素阻害剤)
房水を作るときに必要な酵素の働き
を抑え、房水の産生量を減らす薬剤

*β遮断薬
房水の産生を抑制、循環を改善する薬剤

などの点眼薬が併用されることもあります。

 

それでも降下しない場合には、
脳圧や眼圧降下作用のある薬剤
(マン二トールなど)の注射(静脈内投与)
が必要になることもあります。

 

また、同様に眼圧を下げる効果のある
内服薬の投与が併用される場合もあります。

*浸透圧利尿剤(前房と硝子体内の水分を減少)

*炭酸脱水酵素阻害薬(房水産生を抑制)

など。

 

その他、前房穿刺処置(角膜に小さな穴を
開けて房水を抜く)が行われる場合もあります。

 

これらによって眼圧が降下して
回復傾向が見られたら、その後は
眼圧維持を目的に内科的療法または
外科的療法が検討されます。

 

内科的療法は、基本的にラタノプロスト
点眼薬の継続です。
点眼のみで眼圧の制御が困難な場合には
内服薬の併用が必要な場合もあります。

 

外科療法では、房水の産生を少なくする
ためのレーザー治療や、房水の排出路を
つくるような手術が行われます。

犬の緑内障の手術法や費用、経過や予後について!

視覚がすでに喪失している場合には、
緊急性はありませんが、疼痛を抑える
ことがメインの治療となり、視覚を
失って拡張した眼球を摘出する外科手術
が検討されます。

 

【原発性で慢性の場合】

慢性で視覚障害が起こっていない
場合には、緊急性は低く、点眼薬の
投与(場合によっては内服薬併用)に
よって経過を観察していくようになります。

 

視覚喪失している場合や進行状況
よっては外科的治療が必要になること
もあります。

 

【続発性緑内障の場合】

まずは、原因疾患の治療が必要に
なります。
視覚が維持されている場合には
緊急性が高く、眼圧の降下と原因疾患
に対する内科的治療(散瞳剤や抗炎症剤など)
が並行して行われます。

 

ただし原因疾患が内科的に治療可能な
ものであるか?にもよりますので、
内科的な治療で回復が望めない場合
には、外科的治療が必要になります。
(一般的に続発性の場合は内科的な治療
の効果は低いです)

 

また、視覚喪失している場合には
基本的には、外科的に眼球摘出
検討されます。

 

ただし、いずれのタイプにせよ、
緑内障は完全に治すことは難しい疾患
とされています。

 

内科的に一旦は眼圧を制御できても
またレーザーなど外科的な処置を行った
としてもいずれは眼圧の上昇を抑える
ことができなくなり、視覚を喪失する
可能性が高いです。

 

それまでの期間をいかに長く持たせるか
というのが重要であり、またいかに
早期に治療が行えるかによっても
経過は変わってきます。

 

特に、原発性で急性の場合には、
高眼圧が24時間継続で約50%、
72時間継続で100%で視覚は喪失
するとされています。
そして喪失した視覚を回復させることは
できません。

 

そのため、緑内障は緊急性の高い
疾患とされているのです。

 

そして、原発性緑内障の場合、
片眼が緑内障になると高い確率で
その後、もう片方の眼も緑内障を
発症するとされています。

 

ですから、まだ正常な状態の眼も
緑内障の発症の予防のためにも早期に
治療(点眼薬)を始めることが必要になってきます。

 

<まとめ>

 

緑内障はとても怖い病気です。

初期では症状に気付きにくいため
発見も遅れてしまいます。

 

前述したような症状が見られた時には
病状はかなり進行した状態となっています。

 

ですから、定期的な検診で眼科検査
も受けておくことが大事になります。
高眼圧になる前に眼の中に起きている
異変を発見することが最重要です。

 

特に原発性緑内障の後発犬種に
挙げられている犬の場合には、遅くとも
5歳を超えたら定期的に検診を受ける
ようにしましょう。

 

また、さまざまな眼科検査や眼科の
外科処置などは専用の機材は技術が
必要になるため、一般的な動物病院では
受けられないこともあります。

 

ですから、できれば眼科専門外来
がある病院や眼科に力を入れている
病院にて検診を受けるといいですね。
また、目に何らかの異常が見られた時
も同様です。

 

基本的には、それら専門の施設を紹介
してもらえる場合も多いですが、
緊急性を伴う緑内障の場合には時間との
勝負ですから、特に後発犬種の場合には
できれば眼科に強い病院をかかりつけに
しておくのもいいと思います。

 

また、内科的な治療を継続して良好な
状態が保てている場合でも、定期的な
チェックは欠かさないようにしましょう。

 

そして、残念ながら視覚回復が
望めない場合には、疼痛を取り去って
あげるためにも眼球の摘出手術が最善の
方法となります。

 

視覚がなくなっても痛みや不快感は
続きますし、内科的に抑えることが
できなくなると眼球の破裂や萎縮、膿瘍
などの合併症を引き起こします。

 

また場合によっては痛みによって
亡くなってしまうこともあると言われます。
それほど激しい痛みを伴います。

 

眼球摘出と聞くと残酷なイメージが
あると思いますし、できれば手術はしたく
ないと思われる方が多いのは当然です。

 

しかし、それによって愛犬にその後は
苦痛のない生活をさせてあげることが
できます。

 

また今は義眼挿入などの技術も向上も
しているため、見た目に大きな変化を
伴わないような手術も可能です。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事

関連記事

  1. 犬の緑内障の手術法や費用、経過や予後について!
  2. 犬の核硬化症!白内障との違いや症状、注意点や進行抑制など!
  3. 犬の白内障の点眼薬!種類と作用や効果、注意点について!
  4. 犬の涙が多い、流れる原因と考えられる病気について!
  5. 犬の白内障にサプリの効果とは?成分や作用、おすすめなど!
  6. 犬の白内障の手術法や費用!術後管理や経過、予後について!
  7. 犬の白内障の検査法や費用、手術適応かの診断についてなど!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP