アトピー・アレルギーなど

犬の食物アレルギーの症状や特徴!検査法と診断、治療について!

犬の痒みなどを伴う皮膚疾患で
多いのがアレルギー性皮膚炎です。

 

家族の一員として人と同じ生活環境で
暮らすのが当たり前になってきている
今の時代、犬のアレルギー疾患は
増加の一途を辿っています。

スポンサーリンク


また、犬は先天的(遺伝)にアレルギーを
発症しやすい犬種なども多いため、全般的に
アレルギー体質の犬の割合が多くなってきて
いるのが現状です。

 

そして、アレルギーは根本的な治療と
いうのが難しく、完全に症状を改善する
のは、ほぼ困難ですが原因となっている
アレルゲン(抗原物質)を可能な限り除去(回避)
することで症状の軽減、最小限の薬剤投与で
良好な状態を維持できるようにしていくことが
ひとまずの目標となります。

 

ただし、アレルゲンが特定でき、それが
完全に除去できた場合には、薬剤投与の
必要もなく、症状の改善ができる場合も
あります。(アレルゲンが複数ではなく、
症状も軽度の場合)

 

犬のアレルギー性皮膚炎はアレルゲンに
よって、アトピー性皮膚炎食物アレルギー
に分類されます。

 

しかし、臨床症状からどちらかを鑑別する
ことは不可能であり、正確な診断には
アレルゲンの検査が必要になります。

 

ただ、アトピーと食物アレルギーでは
その症状の出現の仕方に若干の違いが
あり、ある程度の予想は付くことも
あります。

 

こちらでは、犬の食物アレルギーの
特徴的な症状や検査や治療などについて
まとめてみましたので参考にしてください。

犬のアトピーとアレルギーの違いとは?治療法や薬も違う?

 

<犬の食物アレルギーの症状、特徴について>

 

犬のさまざまな皮膚疾患の症状の中でも
アレルギー性(アトピー含む)皮膚炎を
疑う症状としては、主に以下が基準になります。

 

*痒みを伴う皮膚炎

丘疹(きゅうしん)=隆起した発疹」
膨疹(ぼうしん)=浮腫性の扁平に盛り上がる
紅色の病変」
紅斑(こうはん)=炎症性の充血によって
できる、淡紅色の発疹」
苔癬化(たいせんか)=硬い丘疹を主と
した皮膚病変で,あまり変化しない」

少なくともこれらの一つ以上が当てはまる

*慢性、または再発性の皮膚炎

*3歳以下で発症

これらの特徴を全て満たす場合。

 

そして病変の発症部位としては、

*目や口周囲

*耳(外耳炎の発症)

*四肢(手足)の先、指の間、手根部(曲がる所)

*大腿部(後ろ足の太もも)の外側

*胸部、腋窩部〜肘屈曲部(脇の下〜肘周囲)

*腹部、会陰部〜鼠蹊部(内股〜陰部周囲)

*背中

これらのどれか一ヶ所でも上記の病変が
認められる場合。

 

上記のようなアレルギー性皮膚炎を疑う
症状の中で特に食物アレルギーの可能性
が高い特徴としては、以下になります。

 

① 病変部が顔面、背中、肛門周囲、指趾端
(手足の指の先)に見られる

② 1歳未満で発症

③ 発症に季節性がない

④ 便回数が1日3回以上


出展:https://kita-vet.com/

上記4つのいずれかの症状がある場合には、
食物アレルギーの疑いが強いです。
もしくは食物アレルギーとアトピー性皮膚炎
の合併が疑われます。

 

そして上記4つの症状いずれも当てはまらない
場合には、食物アレルギーではなく、アトピー
性皮膚炎の疑いが強いです。

 

<犬の食物アレルギーの検査や診断について>

 

アレルギー反応に関与する細胞や物質は、
抗原提示細胞やリンパ球・好酸球・マスト細胞・
IgE抗体やヒスタミン・ロイコトリエン・
インターロイキンなどさまざまです。

 

アレルギー反応の仕組みとしては、

体内に侵入してきた物質=抗原
(その中でアレルギーの原因になるもの
=アレルゲン)

皮膚や粘膜にいる抗原提示細胞が
それらを見つけて異物として認識

抗原提示細胞からリンパ球に伝達

細菌やウイルスなどは、形質細胞(各種の免疫
グロブリンをつくり出すリンパ球系の細胞)
がIgG抗体やIgM抗体を産生、細菌やウイルス
を攻撃し排除(←免疫反応)

アレルゲンに対しては、形質細胞が
IgE抗体を産生したり、リンパ球が直接反応。

産生されたIgE抗体は、皮膚や粘膜にいる
マスト細胞(肥満細胞)に付着して待機。
この状態を「感作(かんさ)」と呼ぶ
(感作だけではアレルギー反応は起きない)

再びアレルゲンが侵入

IgE抗体が反応した場合
マスト細胞から、ヒスタミン・ロイコトリエン
が放出。

リンパ球が反応した場合→さまざまな活性化
物質や細胞間伝達物質などが放出。

アレルギー症状

となります。
(その他にもアレルギー反応の仕組みは
いくつかあり。)

 

そして食物アレルギーの疑いがある場合、

*リンパ球反応検査
(食物たんぱく質に対するリンパ球の反応
を検出する検査)

*アレルゲン特異的IgE定量検査
(アレルギー反応を引き起こす抗体を測定
する検査)

を行います。

 

食物アレルギーには、主にリンパ球が関与
していることが多いですが、IgEが関与する
タイプもあります。

 

また、アトピーとの併合の可能性も
考えられるため、リンパ球反応検査と共に
アレルゲン特異的IgE定量検査も実施される
のが一般的です。
(食物アレルギーの疑いがない場合には、
アレルゲン特異的IgE定量検査のみ)

 

犬では、以下が主要な食物アレルゲン
の項目となっていて検査が行えます。
(原因となる食物アレルゲンを検出したい
場合に優先される検査)

リンパ球反応検査アレルゲン特異的IgE定量検査

・牛肉
・豚肉
・鶏肉
・卵白
・卵黄
・牛乳
・小麦
・大豆
・トウモロコシ

 

また、食べても大丈夫なものを見つけたい
場合に優先されるのは除去食アレルゲン
以下の項目があります。

・羊肉
・馬肉
・七面鳥
・アヒル
・サケ
・タラ
・エンドウ豆
・ジャガイモ
・米

 

そして、環境アレルゲンによるアトピーの
アレルゲン特異的IgE定量検査の検査項目は、

「節足動物」
・ヤケヒョウヒダニ
・コナヒョウヒダニ
・アシブトコナダニ
・ノミ
・蚊

「カビ」
・アスペルギルス
・アルテリナリア
・クラドスポリウム
・ペニシリウム

「樹木」
・ニホンスギ
・シラカンバ
・ハンノキ

「キク科植物」
・ヨモギ
・オオブタクサ
・アキノキリンソウ
・タンポポ
・フランスギク

「イネ科植物」
・カモガヤ
・ハルガヤ
・オオアワガエリ
・ホソムギ
・ギョウギシバ

 

その他、

*アレルギー強度検査
(アレルギーの病状に関わる血中の細胞を検出→
アレルゲンが特定できない場合でも、アレルギー
があるかどうかを把握することができる)

*免疫検査
(リンパ球の中のT細胞、B細胞、NK細胞
などの割合を調べることで病気との診断や
治療に役立つ)

などもあり、状況に応じて必要になる
こともあります。

 

いずれも、血液を採取後、外注検査となります。
(結果が出るまで約1~2週間かかります)

 

検査費用は、受ける項目や病院によっても
異なりますが、おおよそ2~3万円程度が
相場となっています。

スポンサーリンク


<犬の食物アレルギーの治療法について>

 

犬の食物アレルギーの治療でアレルゲンが
特定できた場合には、専用の療法食に切り
替える「除去食療法」です。

 

アレルゲン食材を避けた組成でできている
療法食で、種類もいろいろとあります。

 

食物アレルゲンは、タンパク質なので
アレルゲン以外のタンパク質を使った
ドッグフードを与えるようになります。

 

”IgEに認識されることのない、今まで摂取
したことのない食事(食べたことのない
タンパク質で作られた食事)にする”

ということです。

例:セレクトプロテイン(ロイヤルカナン)
D/D(ヒルズ)など

 

また、アレルギーの仕組みとして肥満細胞に
結合した2つのIgEに、おもに立体構造を持つ
大分子量のタンパク質がアレルゲンとなり、
架橋することでヒスタミンなどの脱顆粒反応
を起こし発症します。

 

そのため、

”架橋を起こさないサイズにまで
タンパク質を低分子化した食事
(加水分解タンパク食) にする”

という方法もあります。

例:低分子プロテイン(ロイヤルカナン)
Z/D(ヒルズ)など

 

ただしこれはIgE抗体が反応するアレルギー
の場合でリンパ球反応のアレルギーの場合
には効果は期待できません。

 

そして、リンパ球反応のアレルギーの場合、
T細胞エピトープ(抗体が認識する抗原の
一部分)をアレルゲンと認識するため、
タンパク源が T細胞エピトープよりも低分子
である必要があります。

 

そのため、窒素源(タンパク質、アミノ酸)
としてタンパク質ではなくアミノ酸、
オリゴペプチドのみが使用されている
「アミノ酸食」が適応となります。

例:アミノペプチドフォーミュラ(ロイヤルカナン)

 

「アミノ酸食」は、食物由来のアレルゲン
を可能な限り含まない
「最も食物アレルギーを起こしにくい食事」
位置づけることができる療法食とされ、
IgE抗体が反応するアレルギーにも適応
なっています。

 

これらのことから、犬の食物アレルギーに
対しては、検査結果によって

*アレルゲン特定⇨除去食

*IgE抗体によるアレルギー⇨低分子食

*リンパ球によるアレルギー⇨アミノ酸食

が推奨されます。

 

<まとめ>

 

食事療法は、徹底して行わなければ
効果はありません。

 

療法食を始めたら、食事は療法食オンリー
で、おやつなども厳禁、人の食べ物を
一口与えるなどもダメです。

 

そして食事療法はすぐに効果がでる
訳ではないので、まずは最低でも一ヶ月
は続けて様子を見ます。

 

それで少しでも症状が軽減されてくる
ようなら食事療法の効果が出てきていると
いうことですのでそのまま継続します。

 

もし、全く改善が見られない場合には、
療法食の変更を検討、もしくはその他
環境要因(アトピー)によるアレルギー
などがあると考えられます。

 

アトピーがある場合はそのアレルゲン
を極力避けるようにすること、また
体質改善も効果が期待できます。

犬のアトピーには体質改善が重要!期待できる効果や方法など!

 

また、痒みや皮膚の状態によっては、
お薬(抗生物質や抗炎症剤)を併用しながら
食事療法を続けていくようになります。

 

食事療法の効果が出て、お薬は必要なく
なることが理想ですが、アレルゲンが
特定できない場合や環境中のアトピーが
ある場合などは完全なアレルゲン除去は
難しいため、アレルギー症状を完全に
抑えることは困難です。

 

そのような場合は、必要時にだけ
投薬を併用した治療を続けていくように
なります。

 

アレルギーを根本から治すということは
基本的に無理であり、アレルギーの治療の
目的は、薬剤投与を最低限で維持できる
ように食物中、また環境中からアレルゲン
をできる限り除去して症状を軽減させて
いくことです。

 

食物アレルギーの療法食については、
獣医師の指示に従ってください。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村

関連記事

  1. 犬の花粉症に乳酸菌の作用や効果は?症状軽減や体質改善に期待!
  2. 犬の老化で見られる皮膚の異変とは?病気の可能性にも注意!
  3. 犬のアトピー性皮膚炎!ステロイドの効果や副作用について!
  4. 犬の目や鼻、口周りの脱毛!考えられる原因や病気について!
  5. 高齢犬の脱毛!考えられる原因や病気の可能性について!
  6. 犬のアトピーに乳酸菌の作用や効果とは?おすすめサプリも!
  7. 犬のアトピーとアレルギーの違いとは?治療法や薬も違う?
  8. 犬の皮膚の赤いブツブツやできものは病気?考えられる原因は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP