眼の病気

犬の白内障にサプリの効果とは?成分や作用、おすすめなど!

犬の白内障は、根治のためには
外科手術が必要になりますが、
手術適応ではない場合や、また高額な
費用の問題もあるため、内科的治療
(対処療法)となる場合が多いです。

 

内科的治療では、白内障を治すことは
できませんが、進行を遅らせる効果や
点眼薬の種類によっては、濁りが少し
薄くなる可能性もあります。
(進行の程度や原因にもよります)

スポンサーリンク


またその他、白内障の進行を遅らせる
ために、サプリメントなどの摂取が
有効になることもあります。

 

薬剤のように副作用の心配もなく、
与えることができるサプリメントで少し
でも効果が期待できるのであれば、ぜひ
試してみたいですよね。

 

こちらでは、犬の白内障に効果的な
成分、作用や効果など、またおすすめ
のサプリについてまとめてみましたので
参考にしてください。

犬の白内障の点眼薬!種類と作用や効果、注意点について!

 

<犬の白内障に効果的な成分や作用について>

 

犬の白内障は若齢期に発症するタイプ
が多く、また原因もさまざま(全身性疾患
や加齢など)ですが、それら全てにおいて
眼内で酸化ストレスが発生し、水晶体を
構成するタンパク質が酸化、変質すること
によって発症します。

 

そのため、白内障の予防や進行を抑制する
ためには、抗酸化作用の高い栄養素の
摂取が必要になります。

 

一般的に眼に良いとされる栄養素は、
抗酸化物質を多く含むもので、同様に
白内障にも効果が期待できます。

 

主なものは以下が挙げられます。

 

【ルテイン】

ルテインは、「カロテノイド」という栄養素
の一種で抗酸化作用の高い天然の黄色い色素
のことです。

 

緑黄色野菜や植物の緑葉に多く含まれて
いますが、もともと動物の体にも存在して
いて、特に目の水晶体や黄斑部に多く含まれ
ている成分です。

 

ルテインは、天然のサングラスとも
言われていますが、有害な光(紫外線や
テレビ、蛍光灯、pcなどのブルーライト)
によって発生する活性酸素を除去して、
ブルーライトをブロックする働きがあります。

 

このルテインが不足すると白内障をはじめ、
他のさまざまな目の疾患のリスクが高くなります。

 

ただ、ルテインは体内で生成することが
できないため、消費・減少したルテインは
外から補給するしかありません。

 

ルテインを外から継続して補給することで、
しっかりと体内にルテインを蓄積すること
が明らかになっています。

 

ルテインは、ブルーベリーに含まれる
アントシアニンと相性が良いため、併用
して摂取すると良いとされています。

 

【アントシアニン】

アントシアニンは、ポリフェノールの
一種で青紫色の天然色素で、活性酸素の生成
を抑制する働きがある成分です。
ブルーベリーの実に多く含まれる主成分
ですが、他の野菜や果物(赤紫色のもの)
にも含まれています。

 

目の網膜にあるロドプシン(光受容器細胞に
存在する色素)は、網膜に映った映像を電気信号
に変換して脳に伝えるという役割がありますが
ロドプシンはものを見る時に光で分解されて
しまうため、つねに再合成する必要があります。

 

アントシアニンは、このロドプシン
再合成を助ける働き
があります。

 

そして紫外線のようにエネルギーが強い光や
ブルーライトなどは、目から入り、
網膜に達すると活性酸素を発生させ、
網膜の細胞にダメージを与えます。

 

アントシアニンの抗酸化作用は、

*眼球を覆う毛細血管を保護、血液循環の改善作用

*網膜神経節細胞保護作用

*光刺激に対する網膜視細胞保護作用

*網膜炎症の軽減による視機能低下抑制作用

など、目の疲労回復や網膜のダメージを
軽減させ回復
させる効果があることが分かっています。

 

そして、アントシアニンも動物は
体内で作り出すことができません。

 

犬の白内障の原因には、網膜の病気
(網膜異形成、網膜症、網膜剥離など)が
関連していることも多いため、ルテイン
と併用で摂取することが望ましい成分です。

 

その他、アントシアニンの抗酸化作用は、
目以外でも血管拡張や毛細血管保護、血液中
の血小板凝固抑制作用などもあり、動脈硬化や
血栓症を防ぎ、心疾患や脳血管障害などを
予防する効果もあります。

 

【アスタキサンチン】

アスタキサンチンは、ルテインと同じく
「カロテノイド」という栄養素の一種で
エビやカニなどの甲殻類、サケなどに
多く含まれる赤色の色素で、強力な抗酸化
作用を持つ成分です。

 

その抗酸化力はビタミンEの約550~1.000倍、
ビタミンCの約6.000倍
にも相当することから
『自然界で最強の抗酸化物質』とも呼ばれています。

 

目の血管は、脳の動脈から分かれており、
目に有効成分が到達するためには、
その前に脳の血管に入る必要があります。

 

しかし、脳の血管の入り口には
脳血液関門(血液と脳の組織液との間の
物質交換を制限する機構)」と呼ばれる場所
があり、ここを通過できる物質は限られて
います。
アスタキサンチンはここを通過できる
数少ない成分です。

 

アスタキサンチンの抗酸化作用では、
目の新陳代謝を良好にし、血流を促す
作用によって、

*目のピント調節機能をサポート
*目の疲労を軽減
*網膜、脈絡膜の血流改善

などの効果があり、眼科疾患全般にも
効果が期待できます。

 

白内障の進行抑制には目の血流を良くする
ことも重要です。

 

また、アスタキサンチンには、
抗炎症、動脈硬化抑制、ストレス抑制、
発がん抑制、糖尿病予防、脳や肝臓、筋肉
や皮膚などの機能を高める効果があることが
分かっています。

犬の白内障の手術法や費用!術後管理や経過、予後について!

その他、ルテインと同じく、水晶体や
黄斑中央部に高濃度存在し、活性酸素の
除去、ブロック効果のあるゼアキサンチン
も注目されています。

 

また、DHAなどのオメガ3系脂肪酸は、
視細胞の多く含まれ、神経伝達を助ける
ため、一緒に摂取すると効果的とされています。

スポンサーリンク


<犬の白内障におすすめのサプリ>

 

白内障の進行抑制のためには、

*水晶体の白濁を抑える
*活性酸素の除去
*目の毛細血管の老化予防

が大事になります。

 

そしてそのために摂取したい成分は、
ルテイン、アントシアニンは必須と言え、
そしてできればアスタキサンチンも
摂取しておきたいですね。

 

これらのことを踏まえ、私がおすすめ
できるサプリメントは以下になります。

 

【毎日愛眼】

主要な3つの成分(ルテイン・アントシアニン・
アスタキサンチン)の他、プロポリスや
メグスリノキという成分が配合されています。

ルテイン:
アフリカンマリーゴールド

アントシアニン:
ブルーベリー
ムラサキイモ

アスタキサンチン:
有機jas認定
(製品化されているアスタキサンチン
のほとんどは「ヘマトコッカス藻」由来)

プロポリス:
グリーンプロポリス
(一般のプロポリスよりアルテピリンC、
ポリフェノール含有量が多く最上級と
呼ばれるプロポリス)

メグスリノキ:
日本国内にのみ自生するカエデ科の落葉樹。
飲む目薬とも言われ、眼病に効くことから
名前が付けられた

 

プロポリスは、フラボノイドを多く
含み、天然の抗生物質とも言われ、
抗菌作用が高いことで知られますが、
生活習慣病やがん、アレルギー、自律神経、
口内環境などさまざまな病気に効果が認められています。

 

白内障をはじめ、目の疾患では
炎症を引き起こしますが、プロポリス
の強い抗菌力、殺菌力が炎症を抑制
します。

また、ブルーベリー&ルテイン&プロポリス
の継続投与で目の疲れや乾きなどの
眼精疲労を軽減させる効果があることも
分かっています。

 

メグスリノキは、タンニンやフラボノイド
を多く含み、抗酸化作用、抗炎症作用が
あり、白内障や網膜症といった糖尿病
合併症の発症を抑える可能性があると
考えられています。

 

また、メグスリノキに含まれる
『ロドデンドロール(芳香族化合物)』
には、肝臓が持つ解毒作用をアップさせ、
肝機能を向上させる効果があります。

 

肝臓と目には深い関わりがあると
考えられていますので、肝臓機能が回復
することで目の機能の改善も期待できます。

 

これらの成分が濃縮されているサプリが
【毎日愛眼】です。

 

タブレット(錠剤)タイプのサプリで
GMP認定の国内工場生産、保存料や
香料、着色料、化学調味料などは無添加!

安心して与えることができます。

 

愛犬が食べやすいようにチキン味
となっていますので嗜好性も良いです。

初回は半額でお試しもできます。

公式サイトこちら>

 

もう一つ、もし錠剤タイプが飲ませにくい
場合などは、パウダータイプのもので
食事に混ぜて食べさせるのにはこちら。

 

【アイズワン】

主要な3つの成分(ルテイン・アントシアニン・
アスタキサンチン)の他、DHA・EPAが配合
されています。

ルテイン:
マリーゴールド色素

アントシアニン:
ビルベリー

アスタキサンチン:
ヘマトコッカス藻色素

DHA・EPA:
魚油粉末

 

DHAは、前述したように目の網膜や
脳に多く含まれている成分です。

 

顆粒タイプでこちらも食べやすいように
チキン味となっています。

 

こちらも初回お試し価格や返金保証
などがあります。

公式サイトこちら>

 

犬用の目に良いとされるサプリも
さまざまなものがありますが、極力
添加物の入っていないものを選ぶように
しましょう。

 

また、継続して摂取できるように
愛犬が食べやすいタイプもものを選ぶ
ことも大事ですね!

 

白内障に対するサプリメントの効果は、
その進行度や原因にもよりますので
一概には言えませんが、基本的に
目に良いとされる成分は目以外(全身)にも
抗酸化作用や抗炎症作用を発揮するため、
他の病気予防、健康維持のためにもなり
ますので、摂取しておくことは良いと思います。

 

白内障の進行を少しでも遅らせつつ、
元気に過ごさせてあげることができると
いいですね。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村

関連記事

  1. 犬の白内障の点眼薬!種類と作用や効果、注意点について!
  2. 犬の癌にアガリクスの効果は?効能や抗がん作用などまとめ!
  3. 犬の慢性腎不全にビタミン剤の効果や必要性とサプリについて!
  4. 犬の腎不全に乳酸菌の効果とは?腎臓の負担軽減で進行抑制も!
  5. 犬の心臓病の薬!種類や効果、副作用や注意点などまとめ!
  6. 犬のアトピーに乳酸菌の作用や効果とは?おすすめサプリも!
  7. 犬のてんかんに漢方薬の効果とは?種類や発作抑制の作用など!
  8. 犬の股関節形成不全にサプリメントの効果は?オススメなど!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP