犬の白内障の検査法や費用、手術適応かの診断についてなど!

白内障は、水晶体(レンズ)が
白く濁って視力が低下していく病気
ですが、加齢に伴い増えてくる高齢
の眼の病気というイメージがあると思います。

 

しかし、犬では他の眼科疾患から発症、
また外傷によるもの、先天性の場合など
若年でも発症することも多い眼科疾患の
一つです。

スポンサーリンク


高齢で発症した場合もそうですが、
特に若年で発症した場合には、視力低下
によるその後の生活のことを考慮し
早めの対策、治療が必要になります。

 

そして、適切な治療を行うためにも
なるべく早期に白内障を発見する必要
があります。

 

ただ、言葉をしゃべらない犬ですから、
その異変を早期に見つけるのは飼い主
さんではなかなか難しいこともあると
思います。

 

見た目で眼が白く濁っているときには
もうすでに進行している状態ですが、
初期では肉眼で見ただけではまず
分かりません。

 

そして、犬の場合は視覚以外の聴覚や
嗅覚が優れているため、多少の視力
低下があっても他の感覚でカバーする
ため、行動に顕著な変化は現れないこと
が多く、余計に気付くのが遅くなる傾向
にあります。

 

また、高齢の犬の場合に多いのが、
明らかに白く濁って白内障の様相を
示していても、
もう歳だからしょうがないわね・・
と考えてしまう飼い主さんも多いですね。

 

ただ、白内障は放置して良いわけでは
ありません。
白内障は進行すると視力を失うだけで
なく、炎症を引き起こし、ぶどう膜炎や
緑内障、網膜はく離などを起こす場合も
多く、また原因疾患によっては全身に
影響を及ぼします。

 

白内障の原因にもよりますが、早期(初期)
であれば、進行を遅らせる点眼薬で対処
できる場合もありますので、まずは定期的
な検査や何となく気になる行動、異変が
見られるような時には早めに検査を受ける
ことが大事です。

 

こちらでは、犬の白内障の診断や
検査、検査にかかる費用などについて
まとめてみましたので参考にしてください。

 

<犬の白内障の検査について>

 

白内障、またその他の眼科疾患の
検査については、眼科専門の動物病院、
また眼科に力を入れている動物病院、
一般の総合診療の動物病院によっても
揃えている機材は多少変わってきますし、
症例によっても異なりますが、一般的に
白内障の検査、また全般的な眼の状態を
調べるために行われる検査は主に以下になります。

 

【検眼鏡検査】

眼内に反射光線を当て、眼球の表面から
内部、眼底までを見る検査です。

 

異常部位の詳細な位置や深さなどの
判定は難しいですが、おおまかに
異常部位を発見することができます。


出展:https://www.monotaro.com/

 

【シルマーテスト(涙液試験)】

目盛りのついた、試験紙を下眼瞼に
挟んで涙液の分泌量を測定する検査です。

 

さまざまな眼の炎症があると涙の量
が増えます。
また白内障の初期でも、涙量が増える
ことがあります。

 

また逆に涙の量が少なくなると
(ドライアイ)目の表面に傷や障害が
生じます。


出展:https://morikawa-ah.com/

 

【フルオレセイン染色検査】

蛍光色素をしみ込ませたフルオレセイン
試験紙を使って角膜の傷の有無を見る
検査です。

 

フルオレセイン試験紙で角膜に黄緑色
の色素を入れ、そこに光を当てると
傷などがある部分が染色されて見えます。


出展:https://www.sakura-komoro.net/


出展:https://asakadai-ah.jp/

 

【眼圧検査】

眼球内圧(眼圧)を測定する検査です。

眼圧は、房水(眼球を満たす体液)という
液体によって保たれており、正常な眼
では一定ですが、房水の生産量と流出量
のバランスが崩れると変動してきます。

 

基本的に何らかの眼の異常がある場合
は、眼圧が上がります。
緑内障、白内障の進行など。

 

【細隙灯(さいげきとう)顕微鏡検査】

細隙灯と呼ばれる拡大鏡を使って、
帯状(スリット状)の光を目に当てて、
組織の内部構造まで調べる検査です。
(スリットランプ検査とも言われます)

 

白内障では水晶体の濁りの程度
進行状況、また他の異常や病気の有無が分かります。


出展:http://www.ozawa-ah.com/

 

【眼底検査】

検眼鏡や眼底カメラなどを使って、
眼底の血管や網膜、視神経などを見る
検査です。

 

瞳孔を広げた状態で検査する必要が
あるため、散瞳剤の点眼(瞳孔を広げる
目薬)をしてからの検査になります。

 

ただし、白内障が進行していると
濁った水晶体に遮られて眼底が見え
ないこともあります。


出展:https://www.vec-j.com/

 

【隅角鏡(ぐうかくきょう)検査】

隅角鏡を使って眼球前部の角膜と虹彩
の間の領域(隅角)を見る検査です。

 

この隅角という部分が狭くなっていると
房水の流れが悪くなり、眼圧が高く
なったり、緑内障を起こしやすくなります。

 

また、白内障になると一般に水晶体は
分厚くなり、水晶体が後ろから虹彩を
押し上げるため、隅角は狭くなります。


出展:http://animal-medical-care.jp/

 

【網膜電位図検査】

網膜に強い光を当てその電位変化を
記録して、その波形から網膜の働き
が正常かどうかを調べる検査です。

 

白内障の濁りによって眼底検査で
状態が把握できないときなどに
眼底(網膜)の状態を見るために必要な
検査です。

 

もし、網膜に異常がある場合には、
白内障手術をしても視力向上の
効果が期待できない場合があるため、
手術後の視力が確保できるかの判断の
ために必要になります。(白内障の
術前検査)


出展:http://animal-medical-care.jp/

 

【超音波検査】

超音波を使って眼球内部を見る検査です。

他の検査で内部の状態を見ることが
できない場合などに眼球の状態を見る
ために必要になります。

 

また、眼球内に腫瘍など病変がある
場合の診断のためにも使われます。


出展:https://morikawa-ah.com/

これらの検査は、点眼による表面麻酔
や軽く鎮静処置が必要になる場合も
あります。(犬の状態にもよります。)

 

基本的に痛みを伴う検査ではなく、
また反射などを見るためには麻酔を
かけた状態では分からないため、
無麻酔で行うのが望ましいです。

 

ただし、大人しくしていることが
できない・暴れる犬などの場合には、
検査によっては、鎮静や麻酔をしてから
行われることもあります。

スポンサーリンク


<白内障の検査費用について>

 

白内障の検査であっても、眼内全体の
状態を把握するため、また白内障に
なった原因疾患が他にないかなどを
見るため、基本的に上記に挙げたような
複数の検査が行われます。

 

ですから、一つ一つの検査料金は、
1,000~3,000円程度になりますが、
眼科の検査として一通りでセット料金に
なっているところが多いです。

 

病院によって多少異なりますが、
眼科全般の検査費用として、
10,000~20,000円となっています。

 

ただ、眼の異常は眼科以外の疾患、
糖尿病などの内分泌疾患の他、肝臓や
腎臓などの内臓疾患が原因になっている
こともあるため、血液検査を行って一通り
体の健康状態、内臓疾患の有無などを
調べるのが普通です。
(特に高齢の場合)

 

また、白内障と診断され手術が必要と
なった場合にも手術は全身麻酔が必要に
なるため、事前に血液検査が必要になり
ますので、それも含めて一通り一緒に
検査しておくようになります。

血液検査5,000~10,000円程度。
(一般検査、生化学検査の項目による)

犬の白内障の点眼薬!種類と作用や効果、注意点について!

 

<白内障の診断や手術適応について>

 

白内障は、発症時の年齢や進行の程度、
発生部位による鑑別が行われ診断名が
付けられます。

*若年性白内障
*老年性白内障
*遺伝性白内障
*糖尿病性白内障

など。

 

犬は、人と同じく老年性の白内障
も多いですが、最も多いのは若齢期
に発症する遺伝性白内障です。

 

特に若齢期に発症する白内障は、
進行も早く、炎症など合併症を伴う
ことが多いため、早めの治療が必要に
なります。

 

老齢期に発症する白内障は、一般的に
進行が遅く、全身性の疾患が関連して
いることが多いです。

 

そして、治療ですが、
内科的治療で白内障を治す(濁ってしまった
水晶体を元に戻す)ことはできません。

 

白内障(濁り)によって障害された
視力の改善ができるのは現状では
外科手術しか方法はありません。

 

ただ、老齢期の白内障の場合、加齢や
他全身疾患などによって蓄積する
活性酸素(サビ)が白内障を進行させる
要因ともなっているため、この活性酸素
を抑制させるための点眼薬(抗酸化作用)
があります。(ライトクリーンなど)

 

この点眼薬は、白内障の治療ではなく、
あくまでも進行を抑制させるための
ものであり、濁りを改善させることは
できず、また視力を回復させることも
できません。

 

ですが、さまざまな理由で白内障の
適応ではない、手術はしたくない、
初期の場合などには、進行抑制の
ために使用されます。(特に老齢性の場合)

 

そして、白内障の完治を目指すには、
外科手術となりますが、すべての白内障
で手術が適応になるわけではありません。

 

手術適応になる第一前提として、

*手術後に視覚の改善が可能か?

ということです。

網膜剥離(眼球の内側にある網膜が
剥がれる)や網膜変性(網膜部におこる
変性の総称、網膜色素変性症など)が
ある場合などは、残念ながら手術を
行っても視覚の回復は見込めないため、
適応とななりません。

 

ただし、白内障手術と同時に網膜剥離
整復ができる場合もあり、まだ視覚が
残っている状態であればそれら総合的な
手術も可能になることがあります。
(それらの手術が可能かは病院によります)

犬の白内障の手術法や費用!術後管理や経過、予後について!

また、犬の白内障の手術は全身麻酔
で行われます。
そのため、全身麻酔が可能な体の状態
(特に腎臓、肝臓)でない場合には、手術
も行えません。

 

それらを見極めるためのものが、前述
した『眼科検査』『血液検査』になります。

 

まずは早期に検査を受けて、早めに
適切な治療をお願いすることが大事です。

 

すべての動物病院で白内障手術や
他の眼科手術を行っているわけでは
ありません。(現状では行っている方が
少ないです)

 

ですから、できれば眼科専門や眼科に
力を入れている病院で診てもらうことを
オススメします。

 

また、今は動物病院同士の連携も
進んでいますので、一般の病院でも
詳しい検査や手術の必要性がある場合
には、専門医を紹介してもらえるはず
ですので、まずはかかりつけ医に相談
してみましょう。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です