犬アレルギーでも犬を飼うには?症状軽減のための対策など!

さまざまなアレルギーに悩む人は
多いですね。
国民の3人に1人は何らかのアレルギー
を持っているそうです。
特に子供のアレルギーは増加の一途
だとか。。

 

アレルギーがあるといろいろと大変
ですよね。
痒みなどの症状の他、そのアレルゲンに
よっては、日常生活でもいろいろと
注意しなければならないですし。

スポンサーリンク


アレルギーの原因はさまざまですが、
特に食物やスギ花粉などが多く、
その他は環境中のアレルゲンとして
ハウスダストや犬、猫などのペットです。

 

アレルギーがあるから飼いたくても
犬を飼えない!という方も多いですよね。

 

犬が大好きなのにアレルギーのせいで・・
なんて嘆いてらっしゃる方も多いです。

 

また飼い始めてから、アレルギーが
出た(分かった)という場合もあります。
特に一緒に暮らすお子さんがアレルギー
になった場合はいろいろと大変ですし
辛いですよね。

 

ただ・・
そのアレルギーの程度にもよりますが、
犬アレルギーがあっても犬を飼って
おられる方は意外と多いですし、
アレルギーがあるからといって絶対に
犬を飼うことはできないというわけ
でもありません。

 

こちらでは、犬アレルギーの対策に
ついて、アレルギーがあっても犬を
飼うためにできることなどをまとめて
みましたので参考にしてください。

 

*アレルギーの程度や症状には個人差
がありますので、犬アレルギーの方に
犬を飼うようにお薦めしているわけでは
ありません。

 

<犬アレルギーの原因や症状について>

 

犬アレルギーは、犬の被毛が原因に
なっていると思われがちですが、
実際は、犬の皮脂腺から分泌される
物質(リポカリンなど)がアレルゲン
(原因物質)です。

 

このアレルゲンが犬の被毛やフケなどに
付着して、環境中(空気中)に飛び散ります。
また唾液にも含まれています。

 

そして、被毛やフケ、唾液などが
人の体に付着したり、口から体内に
入ることでアレルギー症状が引き起こされます。

 

犬アレルギーの症状は、基本的に
他のアレルゲン物質によるアレルギー
(花粉症など)と同様で、

『軽度の場合』

*鼻水やくしゃみ、咳
*皮膚の痒みや炎症
*目の痒みや炎症(充血)

など。

『重度の場合』

*喘息のような症状や呼吸困難
*下痢や嘔吐
*動悸

などの症状が出ます。

 

<犬アレルギーの治療について>

 

アレルギーを完全に治すことは
難しく、基本的には対処療法となります。

 

症状が出ていれば症状を抑えるため
の治療でその状態に応じて薬剤投与
(抗ヒスタミン薬やステロイドなどの
飲み薬や目薬や塗り薬などの外用薬)
となります。

 

また、今は根治を目指した治療法として
『減感作療法』がありますが、これには
1~2年の治療期間が必要になり、またその
治療を行ったからといって確実に根治
できるか?効果があるか?は分からない
ため、なかなか治療に踏み切れないことが
多いようです。

減感作療法:
アレルゲン物質を少量ずつ投与、
少しずつ投与量を増やしていくこと
によってしていき、過剰なアレルギー
反応が起こりにくい体質へ変えていくこと

 

ですから、基本的には対処療法と
ともに、犬アレルゲンを減らすことで
アレルギー反応を引き起こしにくい
状況、そして症状の軽減を目指す治療
を行うことが多いです。

 

花粉症の場合、マスクやメガネなどで
花粉が体内に入らないように予防
しますよね。
衣服に付いた花粉を除去して室内に
入ったりなど。。

 

また、ハウスダストも同様に
なるべく室内を清潔にしたり、
絨毯などハウスダストの温床となる
ものを置かない・・など。

 

食物アレルギーもそうですね。
アレルゲンを食べない・・。

 

要は、アレルギーの対策は単純なこと
で、アレルゲン物質を除去、極力
減らす!とうことです。

 

これは、極論から言えば
*犬を飼わない
*犬を手放す
ということになってしまいますが、
そうせずとも共生して行けるように
『極力減らす』選択でその対策を行って
いくことです!

スポンサーリンク


<犬と暮らすためのアレルギー対策について>

 

犬アレルギーでも犬と暮らすための
対策は、特に難しいことではなく、
アレルゲン物質を減らすだけのこと
です。
難しいことではないですが、根気と
手間は必要になります。

 

アレルゲン物質を減らすための対策、
できることは、室内環境によっても
多少変わってきますが主に挙げられる
のは、以下になります。

 

【愛犬の体はいつも清潔に】

アレルゲン物質は被毛やフケなどに
付着していますので、こまめな
シャンプーはブラッシングを行って
抜け毛やフケが散乱するのを防ぐことです。

 

犬種や毛の長さなどにもよりますが、
犬アレルギーの方がいるご家庭の
場合は、一般的な犬の手入れの頻度
よりもこまめに行う必要があります。

 

特にダブルコートで毛が抜ける犬種は
こまめに!
ブラッシングはできれば毎日。
(少なくとも2~3日に一回は)

シャンプーは1~2週に1度。
(少なくとも2週に一度)

*犬アレルギーがある方がお手入れを
行う場合、マスク着用(できれば手袋も)

 

頻繁なシャンプーが難しい場合は、
蒸しタオルなどで体の表面を拭いて
あげるだけでも少しは効果はあります。
(ブラッシング後に蒸しタオルで
拭くのもさらに◎です)

 

また、長毛犬種の場合、トリミング
で毛を短く刈っておくのも手です。
(ただし、犬種によっては毛を短く刈って
しまうと元通りに生え揃わなかったり、
体温調節がうまくできなくなったりなどの
デメリットもあるため、状況に応じて)

 

【室内(部屋)はいつも清潔に】

掃除が苦手な方には辛いかもしれませんが、
室内の掃除は毎日徹底して行う必要が
あります。

 

愛犬の大きさや頭数、抜け毛の状態にも
よりますが、抜け毛が多い犬種や換毛期
などはできれば1日に2~3回くらい掃除機
をかけるのがベストです。

 

また、掃除機は少し高くなってしまい
ますが、できればアレルギーに対応
した製品を使うのがオススメです。

*一例:
『ダイソンサイクロン式クリーナー』

『Electrolux エルゴスリート』

 

『シャープ サイクロン掃除機』

そして、布製品(ソファや絨毯、カーテン
など)はアレルゲンが付着しやすく除去も
難しいため、できれば布製ではないもの
を使う。床はフローリングにタイルマットなど。

 

【空気清浄機を活用】

空気清浄機は絶対にあった方がいいです。

シャープのプラズマクラスターや
HEPAフィルター付きのタイプが
オススメです。

『シャープ 空気清浄機 プラズマクラスター』

また、ペット用に特化したものなども
あります。

『アイリスオーヤマ 空気清浄機 ペット用』

リビングなど人も犬も長く時間を
過ごす場所には必須です。
また、寝室などにもあるといいですね。

 

そして、部屋の換気もこまめにする
ことが望ましいです。
(ただし、花粉の時期などは控えましょう)

 

【自分自身も清潔に】

犬アレルギーがある方は、
ご自分でも体や衣服に付着した
アレルゲンに注意しましょう。

 

*こまめに手を洗う(特に犬と接触後)

*衣服についた毛などはコロコロで除去

*衣類は清潔に、こまめに洗濯

*洗濯物などは床に置かない

などなどです。

 

【自分自身の体調管理】

アレルギーは過剰な免疫反応に
よって起こります。
そして、不調のときなどに症状が
出やすくなったり、強く出たりします。

 

ですから、ご自身の体調管理はもちろん
免疫バランスを整えてアレルギー反応
が起こりにくい体質を目指すことも
大事です。(体質改善)

 

今は、花粉症対策などに乳酸菌サプリの
摂取などが効果的ともされていますし、
アレルギー対策としてサプリメントの
摂取もオススメです。

 

【犬の行動範囲を制限する】

家の中で犬が入ってはいけない部屋
を決めておくと掃除などもある程度
楽になりますね。

 

また、特に犬アレルギーがある場合
には、寝室には犬を入れないように
することが大事です。

 

犬は基本的に飼い主さんと共に
過ごしたり行動することを望むため、
入れない場所をつくったり、行動を
制限するにはしつけが大事になります。

 

また、常に室内を自由に放している
よりは、広めのケージを用意して
夜はそこで寝かせたり、一日のうち
ゲージで過ごさせる時間を決めるなど
して、少し行動を制限してもいいと
思います。
(ただし、散歩や触れ合いの時間は
たっぷり取ってあげてください)

 

【病院を受診する】

もし、アレルゲンがはっきりと
分かってない場合にはちゃんと検査を
受けて自分のアレルゲンを知ることが
大事です。

 

犬アレルギーがある方はその他にも
アレルギーがある場合が多いです。
(アレルギー体質の方はアレルゲンが
複数あることも)

 

ですから、犬アレルギーだけが原因
だと思って対策をしていても他に
アレルゲンがあれば効果はありません。

 

また、さまざまな対策を行っても
症状が改善しない場合には我慢せずに
早めに専門医の診察を受けましょう。
(アレルギー科の診察がベスト)

 

アレルギー症状緩和のお薬を飲みながら
アレルゲンを減らす対策を徹底していく
ことでうまくいけば薬剤なしでも対処
できるようになることもあります。

 

極力、お薬を飲まずとも大丈夫な
くらいの状態に持っていければベスト
ですね。

 

<まとめ>

 

アレルギー反応の程度には
個人差があるため、その重症度に
よっては、犬を飼うことは諦めなけ
ればならなかったり、また飼っていた
場合も手放さざるをえないことも
あると思います。

 

ただ、前述したように軽度の
アレルギー反応であれば、対策を
徹底することで一緒に暮らすことも
可能です。

 

ですから、まずは病院を受診して
アレルギーの程度やその後の治療や
対策について相談することが大事です。

 

また、もしこれから犬を飼おうと
検討されている方は、抜け毛の少ない
犬種を選ぶなど犬種ごとの特徴も
勉強してからにするといいですね。

 

抜け毛の少ない犬種は例えば小型犬で
あればプードル、マルチーズ、ヨーキー、
シーズー、ビションフリーゼ、などです。

 

これらは抜け毛が少ない変わりに毛が
どんどん伸びますので定期的なカットが
必要になります。

 

ただ、アレルゲンの飛散を考えると、
犬アレルギーの人にとっては、毛の抜け
にくい犬種をさらに常に短めに毛をカット
しておくことが一番望ましいです。

 

犬は大きさや毛の長さや量など種類に
よってさまざまですし、性格や特徴
などもそうです。

 

見た目の好みだけで選ばずに
犬種ごとの手入れ法や特徴などを
しっかりと勉強してから検討するべきですね。

 

また、もしアレルギーが重症で
手放さざるをえなくなったときでも
その後を安心して任せられる里親
さんを見つけてあげてくださいね。
それが飼い主としての最後の責任です。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です