犬の生態や雑学

セラピー犬の効果とは?犬が持つ癒し能力、人間との絆について!

心理療法、精神療法と言われる
セラピーは、手術や投薬など物理的、
科学的な手段に頼らず行う治療法の
一つとしてさまざまな分野で広がって
きています。

 

人ではこのセラピーを行う人の
ことを『セラピスト』と言い、
アロマセラピストや心理セラピスト
(心理療法士)、スポーツセラピスト
(運動療法士)などなど多くの職業が
あります。

スポンサーリンク


そしてこのセラピストの役割は
何も人間だけが行えるというわけでは
ないのです。

 

要は、その抱える不調や不安に対して
適切にアプローチ、サポートしてあげる
ことで、それらが解消され良い方向に
導き出してあげることができれば良い
わけですので、その役割は動物にだって
できるのです。

 

ですから、今はアニマルセラピーという
言葉も良く耳にするようになってきて
いますよね。

 

アニマルセラピーでは、さまざまな
動物種がいろいろな場所でその能力を
発揮していますが、アニナルセラピーと
して代表的なのはやはり『犬』ですね!

 

そう、セラピードッグ(セラピー犬)です!

人と犬との歴史は古く、地球上に暮らす
動物の中でも最も人間に近い距離で共生
していると言われる身近な愛すべき存在ですね。

 

そんな犬は、その賢さと人間への
愛情の深さ、忠実さからさまざまな
分野で人を助け、また人間社会の役に
立ってきています。
セラピー犬もそうですね!

 

ただ、セラピー犬の存在や役割は
知られてきていますが、実際に
どのような効果があるのか?というのは
分からないことも多いと思います。

 

こちらでは、セラピー犬の能力や特徴、
そのセラピー効果などについてまとめて
みましたので参考にしてください。

介助犬の犬種や仕事内容は?訓練や認定試験、実働頭数など!

 

<セラピー犬の役割>

 

人のセラピストにはその分野ごとに
さまざまな役割、職種がありますが
セラピー犬の役割は主に医療現場や
福祉施設などに出向き、闘病中の
患者さんや入居しておられる高齢者の
方などを心のケアすることです。

 

難病と闘うこどもたち・・
孤独や不安を抱える施設入居者たち・・
などは、心身の不調や痛みを抱えて
精神的にも落ち込んでしまったり、
特にこどもなどは治療の痛みや不安を
常に抱えている状態です。

 

そのような精神状態では、治療に
前向きになれず、またご高齢の方などは
生きる気力さえも持てなくなったり
ということもあります。

 

そんな人たちの心を癒すのが
セラピー犬のお仕事です。
癒すとは・・心身的な安心感を与える
ことです。

 

犬や猫などペットを飼っておられる方
は十分ご承知だと思いますが、動物が
そこにいるだけで和やかな空気感が
あってほっこりしますよね。

 

また触れあったりすることでなおさら
幸せな優しい気持ちになれます。
イヤなことがあっても笑顔になれたり
緊張しててもふっと肩の力を抜くことが
できたり・・
これが動物の持つ不思議な力、癒し効果です。

 

もちろん、これらは自分の飼っている
ペットで一番発揮される癒し効果
ですが、基本的に動物好きな人で
あれば、自分の飼っている動物では
なくとも同じような効果が得られます。

 

また、動物好きではなくともよほど
苦手とか嫌いでなければ、見たり
触れ合っているうちになんとなく
笑顔になれたりほっこりしたり・・
などの不思議な感覚が得られます。

 

そして、その癒し効果のおかげで
がんばろうと思えたり、前向きになれたり
といった精神状態になれることが期待
されるのです。

 

これが一般的に言われるセラピー効果
なのですが、セラピー犬にはなぜそんな
癒し効果、能力があるのでしょう?

スポンサーリンク


<セラピー犬の能力、癒し効果とは>

 

犬が人の良きパートナーとなり、
また高い癒し効果を持っているのには、
以下に挙げる、犬が持ついくつかの能力
が関係していると考えられています。

 

【犬は人の感情を読み取ることができる】

犬は、視覚・聴覚・嗅覚から人の
感情を読み取ることができるとされて
います。
ちなみにこれらの感覚は、人間が足元
にも及ばないほどの高い能力を犬は
もともと持っています。

 

視覚で読み取る:

犬は、色の識別をする能力はほとんど
なく、視力も人より弱いです(0.3以下)が
動体視力や視野の広さ、また暗い場所での
認識力においては確実に人間よりも優れた
能力を持っています。

 

そしてさらに犬は、人の笑顔や怒った顔を
認識することができる、さらに笑顔を好んで
いるということが分かっています。

 

これは、飼い主さんではなくアカの他人
の笑顔、怒った顔の画像を見せて選ばせる
という実験によって証明されているもの
なので、犬はどんな人間の顔もその表情を
読み取り、それが喜んでいるのか怒っている
のかを理解できるということです。

 

聴覚で読み取る:

犬の聴覚は、人の声色とイントネーション
から人の感情を読み取ることができる
能力があることが分かっています。

 

犬に人の笑い声やうれしい時の声を
聞かせると、聴覚野の活動が活発に
なり、逆に不機嫌な声を聞かせると
活動が低下したという実験結果があります。

 

この仕組みは人間にも備わっている
ものですが、犬も同じように人の声
を聞くだけで喜怒哀楽を読み取る能力
があるのです。

 

嗅覚で読み取る:

犬は、人の汗の匂いからも人の感情を
読み取ることができると考えられて
います。

 

『人が幸福を感じているときの汗』と
『人が恐怖を感じているときの汗』を
犬に嗅がせた後で、飼い主さんと
他人(見知らぬ人)と一緒に部屋の中に
放つという実験が行われています。

 

その実験結果では、『幸福を感じている
ときの汗』を嗅いだ犬は、他人にも積極的
に関われるほどリラックスの状況が見られた
のですが、『恐怖を感じているときの汗』
を嗅いだ犬は飼い主のそばから離れたがらず、
ストレスを感じているということが分かった
そうです。

 

人の汗の中には、有機化合物や少量の尿素
などの化学物質、また芳香化合物などが
含まれています。
そして恐怖やストレスを感じたときの
汗には、タンパク質や脂肪物質が含まれて
います。

 

犬はこれらの匂いを嗅ぎ分け、人の
感情を読み取ることができるとされています。

 

【オキシトシンの相互分泌】

幸せホルモンとも呼ばれ、下垂体から
分泌され、ストレスを消して幸福感を
もたらしてくれるのが『オキシトシン』です。

 

このオキシトシンの分泌は、
犬と見つめ合った人の体内では3倍以上に
増加するとされていますが、実験では、
人と見つめ合うことで犬の方にも
オキシトシンが分泌されていることが
分かっています。

 

これは人と犬という異種生物の間でも
オキシトシンを分泌しあい、信頼関係や
絆を深める仕組みがあるということです。

ファシリティドッグとは?ハンドラー(看護師)資格や訓練法は?

このような能力によって犬は
人との円滑なコミュニケーションを
とることができ、さらに指示を理解
したり、人の気持ちに寄り添うことが
できると考えられます。

 

<まとめ>

 

もともと、犬は人が大好きですし、
人に褒められたり、喜ばれたりする
ことに何よりの幸せを感じているのが
分かりますよね。

いじらしいというかなんというか笑

 

犬の持つ能力や人に対する愛情は
まさに人を癒すためのセラピー素質
そのものなのではないでしょうか。

 

しかもセラピー犬が素晴らしいのは、
悩みを聞くわけでもなく、話かけるわけ
でもなく、ただ大人しくそこにいるだけ・・
触られたり、寄り添ったり・・

 

ただそれだけで人に素晴らしいセラピー
効果を与えることができるのですから
ある意味、人間のさまざまなセラピー職
の方より優秀と言えるのかもしれませんね笑

 

特に、重い病気で苦しむ子供たちは
セラピー犬と触れ合うだけで痛みが
和らいだり、緊張がほぐれたりするそうです。

 

そしてそれが治療を頑張ろうという
前向きな気持ちと勇気を与えることに
なるのですから、すごいことですよね!

 

心のケアというのはとても難しいもの
ですが、セラピー犬は、その患者さんだけ
でなく、付き添う家族、またお医者さんや
看護師さんというスタッフみんなにも
希望を与える存在となっているのです。

 

もちろん、セラピー犬はどんな犬でも
なれるわけではありません。
特に医療施設(こども病院など)に出入り
するセラピー犬(ファシリティドッグ)
は子犬のときから訓練を受けています。

 

高齢者施設や障害者施設などに出入り
するセラピー犬はファシリティドッグ
とは少し異なり、成犬からでも訓練
すればなることはできますが、もとの
性格なども影響するため、向き不向き
があります。

 

セラピー犬の役割は、つかず離れず
患者さんに寄り添うことです。

どんな状況でも興奮したりせず、
もちろん吠えたり咬んだりもせず、
甘えたり舐めたりすることも禁じられています。

 

そのような教育を受けているのが
セラピー犬です。

 

人と犬との関わりは古くからあり、
犬に期待される役割や働きも時代と
共に少しずつ多様化してきています。

 

しかし、人と触れ合うこと、褒められる
ことに対する喜びや幸福感という根本が
ある犬だからこそ、そして人にはない、
また負けるとも劣らないさまざまな能力を
持つ犬だからこそ、さまざまな場面で求め
られ続けてきたのでしょうね。

 

さまざまな使役犬の働きを耳にするたび、
本当に犬って賢い、すごい動物だな~っ
と感心、感動、感謝せずにはいられません。

 

人間と犬との絆・・
人も犬も幸せに共生していける
優しい社会のためには、その絆を
しっかりと大事にしなければですね!

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事

関連記事

  1. 秋田犬が飼いたい!でも危険?安易に飼うべきではない理由は?
  2. サイバー救助犬とは?レスキュー犬×ロボットが最強の理由!
  3. 犬にお酒は危険!?酔っ払ったときの症状や体の状態について!
  4. 犬の嫉妬やヤキモチ行動(サイン)と対処法について!
  5. 検疫探知犬の訓練育成やハンドラーと犬種や引退後など!
  6. 犬が頭をブルブル振る理由とは?病気の可能性や注意すること!
  7. 糖尿病探知犬とは?日本での育成や低血糖の感知法など!
  8. 警察犬訓練士になるには見習いから!休みや給料,勤務時間など!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP