犬の肝炎・肝硬変の原因や症状と治療について!黄疸や腹水も!

肝臓の病気には、急性のものと慢性の
ものがありますが、犬の場合の発症は、
多くは慢性の肝臓疾患である慢性肝炎
です。

 

肝臓での軽い炎症が長期間続いている
状態を『慢性肝炎』、炎症で傷ついた
肝細胞の修復が追いつかなくなると、
『肝硬変』『肝臓がん』に進行していきます。

スポンサーリンク


肝臓は『沈黙の臓器』とも呼ばれ、
予備能力(ある程度の障害を受けても
代償作用が働いて元に戻る)が高い臓器です。

 

そのため、炎症や損傷を受けても
症状が現れにくく、また慢性の場合には
時間をゆっくりかけて進行していくため、
発見が遅れてしまうことが多いです。

 

ですから、症状が出てきたとき、または
異変に気付いたときにはすでにかなり
進行していることが多いため、治療も
難しくなります。

 

こちらでは、犬の慢性肝炎や肝硬変の
原因や症状、治療などについてまとめて
みましたので参考にしてください。

 

<犬の慢性肝炎・肝硬変の原因について>

 

犬の肝炎は、何らかの原因により肝臓に
炎症が生じることで、肝臓の細胞が破壊され、
肝臓の機能が徐々に低下していく病気です。

 

慢性肝炎では、その炎症が長期間持続して
いる状態です。

 

さまざまな原因が考えられますが、
主なものは以下が挙げられます。

 

【細菌感染】

レプトスピラ(病原性レプトスピラ感染に
起因する人獣共通の細菌感染症)など。

急性肝炎から慢性肝炎に移行する可能性。

 

【ウイルス感染】

アデノウイルス(犬アデノウイルス1
感染を原因とするイヌ科動物の感染症)など。

急性肝炎から慢性肝炎に移行する可能性。

 

【薬物(中毒)】

体や肝臓に有害な毒物や化学物質の他、
薬剤(治療を目的とした処方薬)やサプリなど。

急性肝炎から慢性肝炎に移行する可能性。

 

【遺伝性(銅関連性慢性肝炎)】

銅の排泄機能に障害が生じ、肝臓に銅が
蓄積することで肝臓が損傷、肝炎を
引き起こす。

好発犬種:
ベドリントンテリア、ドーベルマン、
ウェスティ、ダルメシアン、スカイ
テリア、ラブラドールレトリバーなど。

 

【原因不明】

原因不明の場合も多いですが、その場合、
長年の不適切な食生活(フードやオヤツ)
などが肝臓に負担をかけ続けていた
可能性なども考えられます。
(食事中に含まれる添加物など)

 

<犬の慢性肝炎・肝硬変の症状について>

 

肝臓には主に3つの重要な機能があります。

『代謝』
栄養素を体が利用しやすい形に
分解・合成する働き。

『解毒作用』
代謝の際に生じた体に有害な物質
(アルコールや薬剤など)を、毒性の低い
物質に変え、尿や胆汁中に排泄する働き。

『胆汁の生成、分泌』
肝臓の中で常に分泌されている物質
(胆汁)で、主に脂肪の乳化とタンパク質
を分解しやすくする働き。

 

これらの働きが低下するために
さまざまな異常が起こり、症状が
出現します。

 

肝臓は、障害されてその機能が1/3に
低下して初めて色々な症状が現れるように
なります。

 

症状は、原因となっている疾患に
よっても変わりますし、個体差も
ありますが主なものとしては以下が
挙げられます。

 

慢性肝炎:
・食欲不振
・元気消失
・嘔吐や下痢
・体重減少
・多飲多尿
・むくみや浮腫
・黄疸(皮膚や白目の部分が黄色くなる)

 

肝硬変:
肝硬変は、慢性肝炎と同様の症状の他、
以下が見られます。

・腹水(腹腔内に水が溜まる)
・肝性脳症(意識障害など)
・食道静脈瘤破裂(吐血など)

スポンサーリンク


<犬の慢性肝炎・肝硬変の治療について>

 

慢性肝炎のうちに適切な治療を行い、
継続していくことができれば、症状の
軽減、寿命を伸ばすことも可能です。

 

原因となっている疾患が分かっている
場合には、その治療を行います。

 

*細菌性=抗菌剤、真菌剤など

*ウイルス性=抗ウイルス剤など

*中毒=点滴、強肝剤、食事療法など

*遺伝性=鉄キレート剤(銅の除去)など

 

原因疾患の治療とともに、また原因不明
の場合は、肝臓に負担をかけないように
しながら、肝臓を回復(肝機能の改善)
させるのが目標の治療となります。
主なものは以下になります。

 

*食事療法(低タンパク、塩分制限などの専用の療法食)

*強肝剤の投与(肝機能を回復、促進させるための薬剤)

*点滴(脱水がある場合や食欲減退時など)

 

また、それぞれの症状に応じた治療、

*下痢=下痢止め

*嘔吐=吐き気止め

なども。

 

そして、肝硬変になっている場合には、
それ以上の悪化を防ぎ、現状を維持
することが目標の治療となります。

 

基本的には、慢性肝炎の治療にプラス
で状態に応じて、

*腹水に対する治療
(利尿剤や腹水穿刺=抜くなど)

*肝性脳症に対する治療
(腸内のアンモニア生成の抑制、アミノ酸製剤、抗菌薬などの投与)

などが行われます。

 

慢性の肝臓疾患の場合、肝臓の負担を
減らし、維持していくためには食事療法
が重要とされ、効果が高いです。

 

特に、高齢での慢性肝炎で他に明らかな
原因疾患が見つからない場合では、
それまでの食事(ドッグフード)の影響
も考えられ、そのような場合にも食事療法
を徹底するだけで良い効果が見られることが多いです。

 

食事療法の基本として、肝臓専用の療法食
(ドッグフード)がありますので、食事は
それだけを与え、他にオヤツなども一切禁止
にすることで効果が期待できます。

ドッグフードで肝臓ケアと健康ポート!無添加療法食オススメ!

 

<まとめ>

 

若い年齢で発症する肝炎の多くは、
ウイルスや中毒など何らかの原因に
よって急性肝炎となり、そのまま慢性肝炎
に移行、というのが多いです。

 

この場合、急性の症状が現れますので
分かりやすく、早期に適切な治療を
行うことができれば肝臓は回復することが
多いですが、慢性に移行してしまった場合
はその後も慢性肝炎に対する治療が必要に
なります。

 

ただ、この場合はその後は食事療法
だけの継続で対処可能な場合も多いです。

 

また、犬種による遺伝性の肝炎も
若いうちに発症することがほとんどです。

 

高齢になって発症する肝炎は原因不明
のことが多く、ゆっくりと進行して
くるので気付きにくいです。
何の症状もないまま、健康診断などで
始めて分かるということも多いです。

 

また、あるとき急にぐったり・・で
始めて分かるということもあります。

 

ただ、肝硬変になっていなければ、
その後に適切な治療を続けていけば
症状を軽減、楽に過ごさせてあげながら
寿命を伸ばすことは十分可能です。

 

慢性肝炎は、早期発見が難しい病気
ですから、定期的な健康診断が重要
なります。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です