犬のマイクロチップ!埋め込み法や費用、安全性や副作用など!

海外などでは、ペットへのマイクロチップ
の装着が完全に義務化されているところ
もありますが、日本ではまだまだ一般化
されていないのが現状です。

 

しかし近年、日本各地で災害が多く
起こっており、そのたびに犬猫など
ペットの行方不明や迷子などが増えています。

スポンサーリンク


そのような場合、保護されて保健所に
収容されても飼い主や身元が分からず、
そのまま飼い主さんや新しい里親さんが
見つからなければ殺処分となってしまう
可能性もあります。

 

もともとの野良犬であれば、身元が
分からないのはしょうがないですが、
保護される犬の多くは元は飼い犬です。

 

本来、助かるはずの命が身元が
分からないために殺されてしまうと
いうのは実際に多くあることです。

 

それらの現状から、また飼い主さんに
対して、動物を飼うということの責任
を意識させるため、また日本の犬猫の
殺処分の減少、ゼロに向けての取り組みの
一つとしても飼い犬(猫)にマイクロチップ
の装着が強く推奨されています。

 

そして、日本の動物愛護管理法では、
ペット(犬や猫など)の飼い主は、
“自分の所有であることを明らかにするため”
にペットに対してマイクロチップの装着を
行うよう定められています。

 

言葉をしゃべれないペットにとって
マイクロチップは、身分証明書のような
ものですから、もし何かの際に飼い主
さんと離れ離れになってしまったとき
にでも身分証を携帯しておけば身元が
分かって安心です。

 

犬の場合、体の中にマイクロチップを
埋め込むことで身分証を常に体の中に
携帯しておく感じですね。

 

ただ、マイクロチップは電子機器ですし、
そんなものを体に埋め込むなんて色々と
心配なこともありますよね。

大丈夫?
痛くない?
体に害はない?
方法は?

などなど。

 

こちらでは、犬のマイクロチップ装着
の方法や安全性、副作用などについて
まとめてみましたので参考にしてください。

 

<マイクロチップとは>

 

マイクロチップは、円筒形の電子標識器具で

*IC(集積回路)
*コンデンサ(受動素子)
*電極コイル(電磁誘導)

が内部に内臓されていて、外側は
生体適合ガラスに覆われています。


出展:https://bicaz.wordpress.com/

大きさはメーカーによっても多少
異なりますが、おおよそ直径2mm
長さ8~12mmくらいです。


出展:http://www.pref.nagano.lg.jp/

そして、このマイクロチップには、
鑑札番号(15桁の数字)が記録されて
おり、専用の読み取り器(リーダー)を
かざすと鑑札番号が読み取れるように
なっています。

リーダーはメーカーによって色々な
タイプがありますが、大きさ的には
片手サイズのものがほとんどです。

保健所や動物病院などで準備されています。

 

このリーダーから発信される電波を利用
して、データの電波を発信するため、
電池は不要です。

 

マイクロチップの寿命(耐久性)は約30年
ほどとされていますので、犬の寿命を
考えても、一度装着してしまえば、
そのままで半永久的
に使用することが可能です。

 

また、装着後に体内での移動防止として
特別なコーティングがされていますので
脱落したり、また破損したりすることは
ほとんどないため、愛犬の一生涯の
身元証明の役割を果たしてくれます。

 

<マイクロチップの挿入法について>

 

マイクロチップの挿入は、手技としては
とても簡単で、通常の皮下注射の要領と
同じです。

 

ただ、挿入器が普通の注射用のシリンジ
とは異なるということと、注射針が
太いということです。
(犬の注射時に使われる一般的な針の
3~4倍の太さ)

 

マイクロチップ挿入器↓


出展:http://narabu-vet.com/

犬のサイズや状況によって、局所麻酔
をする場合もありますが、基本的には
そのまま注射の要領で注入するだけです
ので数秒で終わります。

 

皮下(皮膚の下)に挿入します。


http://www.yuasabio.co.jp/

挿入場所は、首の後ろ側から背中までの
中間あたり(肩甲骨の少し上)の真ん中か
左右どちらかに少しずらして入れます。

 

首の後ろ部分は、犬の体の中で
皮膚が一番伸びる場所なので
マイクロチップが挿入されても
違和感を感じにくい場所です。

youtube megumi inoue

マイクロチップに施されている
コーティングもあり、挿入後はその部位
に定着するため、挿入部位からマイクロ
チップが移動することは、ほとんど
ありませんが稀に少し入れた場所から
移動することはあります。
(その場合でも体に影響はありませんし、
リーダーで読み取れなくなることも
ありませんので問題はないです。)

 

マイクロチップ挿入後には、
リーダーで読み取りが可能かの確認を
して装着終了となります。

スポンサーリンク


<マイクロチップの登録や費用など>

 

マイクロチップの挿入は、動物病院
での施術となります。(医療行為です)

 

マイクロチップの挿入が終わったら、
鑑札番号と飼い主さんの情報などを
AIPO(動物ID普及推進会議)
データベースに登録します。

 

登録申込書は動物病院で用意されています。
(獣医師記入欄もあります)

そちらを記入し、郵便局で登録料を
支払い、払い込み証明書を貼ってAIPO
に送付するようになります。
(振込用紙や送付用の封筒も用意されています。)

登録できる内容は、飼い主さんと愛犬の
情報で以下になります。

【飼い主】
・名前
・住所
・電話番号
・携帯番号
・FAX番号
・メールアドレス

【ペット情報】
・名前
・動物種
・品種と毛色
・性別
・避妊、去勢手術の有無

 

登録用紙を送付してから、登録完了
するとハガキが送られてきます。
(おおよそ2~3週間程度)

 

登録内容に変更があった場合、
変更の申請はオンラインでも可能
です。(また、変更などに費用はかかりません。)

 

費用は、

*マイクロチップ挿入が約5,000円
(病院によって多少異なる)

*登録料が1,000円

だけです。

 

<マイクロチップの安全性、副作用や痛みなど>

 

基本的にマイクロチップは体に無害
とされ、安全性が高く、副作用の心配
もないとされています。
(日本ではマイクロチップによる
副作用などの報告は上がっていません。)

 

考えられる副作用としては、
体内に入った異物(マイクロチップ)に
対するアレルギー(異常な免疫反応、過敏症)
などがあります。

 

ただ、その予防のためにもマイクロチップ
生物的適合性物質(異物として認識され、
排除されることなく馴染む性質)
で作られ
ているため、アレルギー反応が起きる
ことは非常に稀とされています。

 

予防注射のワクチンなどもそうですし、
他の薬剤(注射薬)でもアレルギーの
可能性はあり、100%安全なものなど
ありませんので、それらと比較しても
マイクロチップの副作用の報告がない
ことから安全性は高いと言えます。

 

また、子犬(生後2週間)のうちから
挿入が可能となっているくらいなので
安全性についての証明ともなっている
のではと思います。

 

挿入時の痛みについてですが、
どうしても注射針が太いため、普通
の注射に比べると痛みはあると思います。

 

特に小型犬など小さい子の場合には
なおさらですね。

 

ただ、挿入部位(首の後ろ)は犬の
体の中では一番痛みを感じにくい場所
ですし、挿入自体はほんの一瞬で終わり
ます。

 

注射などはその薬剤によって
皮下に入ると痛みや刺激を伴うものも
ありますが、マイクロチップそのもの
にそのような作用はありませんので、
針を刺すときの痛みだけです。

 

また、挿入後にマイクロチップが
入っていることによる痛みや違和感
などもありません。

 

挿入直後から数時間は、その部位を
少し気にする素振りが見られることも
ありますが、時間と共に気にならなく
なりますので大丈夫です。

 

挿入後、針穴が完全い塞がるまでは、
数日から一週間程度かかりますので
その間は、シャンプーなどは控え、
ブラッシングなどもその部位周辺は
避けて行ってください。

 

<まとめ>

 

日本でも、マイクロチップの普及率
は増加してきていますが、それでも
全飼育頭数の10%にも満たない状況です。

 

飼い犬の場合、猫と違って自由に外に
外出したりもないですし、室内飼育が
ほとんどで、散歩もリードを付けて・・
と基本は迷子や行方不明の心配が少ない
と言えますが、今は災害など何が起こる
か分かりません。

 

何かがあってからでは遅く、愛犬を
守るためにも事前にそれらをしっかりと
検討してできる準備はしておくことが
大事です。

 

また、マイクロチップの義務化も
検討されていますので、今後は
さらに挿入の普及が進んでくると思います。

 

悩んでおられる方は、一度動物病院
で相談されてみることをオススメします。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です