療法食・ドッグフード

犬の膵炎におすすめのフード!すい臓の負担軽減や合併症予防に!

犬の膵炎は重症化すると重い合併症を
引き起こしたり、命に関わってくる
怖い病気です。

 

また、強い炎症を起こし、それに伴い
激しい腹痛もあり、犬にとっては非常
に辛い状態が続くため、早期に適切な
治療を行ってあげることが重要です。

スポンサーリンク


膵炎の治療は、点滴や投薬による
対処療法がメインとなり、状態が
落ち着くまでは、絶食や絶水が必要と
なり、その後は食事療法での対処を
していくのが一般的です。
(合併症などがあればその治療も)

 

症状が軽度、初期のうちであれば治療に
よって治る(症状の改善、軽減)病気です
が、膵炎は再発を繰り返すことの多い病気です。

 

そのため、基本的にはその後も再発予防
のために食事療法を続けていくことが
推奨されます。

 

こちらでは、犬の膵炎の食事療法に
ついて、またおすすめの療法食などを
まとめてみましたので参考にしてください。

 

<犬の膵炎と食事療法>

 

膵炎は、何らかの原因によって
膵臓に過度な負担がかかることで、膵臓の
働きが異常を起こし、膵液(消化酵素)が
膵臓自体を消化してしまい、膵臓が大きな
ダメージを受ける病気です。

 

そしてその原因として、

*食事中の脂肪分の過多

*肥満体

*食事中の栄養バランスの偏り

などが関係しているとされています。

その他、犬種によっての遺伝的要因
(脂質代謝異常)によっても膵炎を起こし
やすいとされています。

 

ですから、膵炎の治療をはじめ、
再発を防ぐためには、膵臓の負担を
減らすことが大事になります。

 

そして、膵臓の負担を減らすためには、
食事に気を配る必要があるのです。

 

胃に食べ物が入る

脳から消化酵素を出す指令

膵臓から膵液が分泌

となりますので、食事としては、
消化の良い食事・・いわゆる
『胃にやさしい食事』にすることが
膵臓に負担をかけないことにつながるのです。

 

そのための食事内容としては、

【低脂肪】
膵液の分泌量を減少

【高消化性】
膵臓の働きを軽減

【低糖質】
血糖値の急上昇によるインスリン過剰分泌を防ぐ

【低タンパク質】
タンパク質分解に必要な酵素の分泌を減らす

などが基本となります。

スポンサーリンク


<犬の膵炎用の療法食について>

 

犬用の療法食では、膵炎専用というより、
膵臓ケア用として低脂肪、高消化性の
ドッグフードがいくつかのメーカーから
販売されています。

 

有名なメーカーでは、ヒルズのi/dや
ロイヤルカナンの消化器サポートなど
が主ですね。

 

基本的に動物病院で推奨されるのは
上記のどちらかが多いと思います。

 

どちらも、消化吸収不良による下痢
高脂血症用に組成された療法食となって
おり、膵臓含め他の消化管全体の
サポート用となっています。

 

基本的にヒルズもロイヤルカナンも
その内容や効果的には大差なく、
好んで食べる方を与える感じで大丈夫です。

 

ただ、原材料や添加物などを見る限り、
個人的には、あまりオススメできる
療法食とは言えないのが正直なところです。

 

もちろん、歴史あるメーカーですし、
価格的にもプレミアムフードの部類に
入りますし、療法食としてしっかりと
役目を果たすように作られていますので
療法食としては王道です。

 

また、これまでは他にあまり選択肢が
なかったということもありますが、
今は本当に品質の良いフードを作る
メーカーも増えてきてますし、療法食
の考え方も少し変わってきています。

 

ですから、ヒルズやロイヤルカナンが
悪いということではなく、もっと良い
品質の療法食というものが出てきています。

 

原材料の品質や、療法食としての
役目、犬の健康を守るための食事という
観点で考えたときに安心、安全という
ことも含め、私が自信を持ってオススメ
できる療法食をご紹介しますね。

 

<犬の膵炎にオススメの療法食>

 

犬の膵炎、膵臓のケア、サポート用
の療法食として私がおすすめなのが
【みらいのドッグフード~膵臓用~】です。

みらいのドッグフードは、
『犬版マクロビオティック』『漢方医学』
『最新の臨床栄養学』を取り入れた薬膳
ドッグフードとして人気の高い国産の
フードです。

 

各疾患別の療法食と一般食(幼成犬用・
高齢犬用)の全13種類のラインナップが
あります。

 

療法食も一般食も健康長寿のための
ドッグフードとしての基本は同じで、
それに疾患別として必要な栄養制限や
強化がされています。

 

【高消化性タンパク質+オメガ3系脂肪酸】

【マクロビ素材や漢方薬で腸活&免疫力維持】

【栄養成分とうま味凝縮のため低温、低圧製法】

【口腔ケアで全身の悪影響のリスクを軽減】

【目的別の疾患に合わせた栄養組成】

 

膵臓用の療法食では、
脂肪・糖質・タンパク質制限は最低限
行いつつ、高品質タンパク質・油脂、
漢方・マクロビ原料の供給という理想の
バランスを活かすことにより、膵炎は
もちろん、体全体の健康に配慮しています。

一般的に栄養制限のある療法食の場合、
長期継続による栄養不足が心配されますが、
みらいのドッグフード膵臓用では、制限と
供給のベストバランスを導き出し、また
良質な素材そのものの栄養価を生かしている
ため、長期の投与が可能となっています。

 

また、膵炎には脂肪制限が必要ですが、
オメガ3脂肪酸に関しては、膵臓の
消化酵素を出させる刺激にはならない
とされており、またオメガ3脂肪酸は
他のさまざまな健康効果もあることから
摂取は推奨されていることから、熱と酸化
に強いサチャインチオイルが使われています。

 

オメガ3は健康オイルとしても知られる
必須脂肪酸ですから、健康のためにも
摂取しておきたい脂肪酸です。

そして高消化性で低脂肪の
優良タンパク質として『鹿肉』を使用。

鹿肉は、低アレルゲン食材としても
知られ、ドッグフードにも適している
と近年人気の食材です。

 

そして、みらいのドッグフードの最大の
特徴とも言えるのが高級漢方食材を
たっぷり配合!

免疫維持効果が高いβグルカン
配合のキノコ類など贅沢に36種類以上。

霊芝やアガリクス、メシマコブ、
冬虫夏草、フコダインやプロポリスに
キャッツクロー、乳酸菌群(フェカリス菌)も・・

みらいのドッグフード~膵臓用~公式サイトこちら>

 

さらに、全身への悪影響の原因となる
口腔トラブルに配慮!

食事に振りかけて食べさせるだけで
ハミガキ効果、口腔内の衛生環境を守る
『マウスクリーンパウダー』がセットに
なっています!

犬の歯周病などの口腔トラブルは
非常に多く、健康寿命を害する要因と
して問題視されています。

 

ただ、どうしても人のように適切な
ハミガキをするのは難しいですから、
歯垢や歯石の蓄積から歯周病という
ことが起こりやすくなってしまいます。

ですから、食べるだけとか垂らすだけ
とかのハミガキ製品も色々と出ていますよね。。

 

みらいのドッグフードでは、健康寿命
を伸ばすためには、口腔ケアは必須と
いう考えのもと、マウスクリーンパウダー
をすべてのラインナップに通常セットにしています。

 

マウスクリンーンパウダーの原料は、

*グロビゲンPG(歯周病菌の毒素を中和)

*フェカリス菌(口腔内の悪玉菌を減らし善玉菌を増やす)

*酵素、酵母(歯垢除去)

となっており、口腔内ケアはもちろん、
腸内環境もサポート!
体の免疫維持に重要な腸の健康も同時に
できる優れものです。

 

良質なドッグフード+さまざまな素材の
サプリメントが合体して膵臓はもちろん
体全体をサポートするという素晴らしい
フードです。

 

そして当然、無添加で安心安全!
さらに嗜好性も高い!
鹿肉は好むワンちゃんが多いようですし、
さらに素材のうま味を凝縮させる製法に
もこだわって作られています。

 

漢方系のクセのある匂いなどもなく、
喜んで食べるワンちゃんがとても多く、
人気も高いです。
本当にオススメできる療法食です。

 

他の一般的な療法食よりは価格は
高いですが、原材料で見ると安いくらい
だと思います。
漢方系の原料はそれだけでも高価
ですし、オメガ3や乳酸菌も安くありません
のでそれらを別にサプリで与えるとなると
相当な金額になりますので。

 

また公式サイトでは、最大で40%offなど
のお安く購入できるプランなども用意
されています。
サンプルはありませんが、1回だけの
お試し的な購入でもお得な定期価格で
購入できます。

みらいのドッグフード~膵臓用~公式サイトこちら>

 

今食べている療法食に不安がある・・
食いつきが良くない・・
もっと良いものはないか・・

などなどお悩みの方にはぜひ試して
ほしいと思います。

 

療法食だからこそ、その中身が大事です。
体は食べたものからしか作られません。

 

膵臓の負担を減らし、なるべく苦痛なく
元気で暮らさせてあげるには食事療法が
大事です。
しっかりと管理してあげましょう!

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事

関連記事

  1. ドッグフードでデンタルケア(口臭,歯石)&長寿?驚きの…
  2. ドッグフードを選ぶ基準!下痢や嘔吐が多い場合や胃腸ケアに!
  3. ドッグフードで抜け毛対策,皮膚ケアも!選び方やおすすめなど!
  4. 犬の膝蓋骨脱臼(パテラ)に最適なフード!ケアやサポートに!
  5. 犬の骨関節疾患のケアや予防の療法食、ドッグフードの選び方!
  6. トイプードルやチワワにおすすめのドッグフード!安全性や品質など!…
  7. ドッグフードで腎臓ケア!制限食でも嗜好性が高い無添加療法食!
  8. ドッグフードの粗悪品の見分け方や注意点と危険な添加物など!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP