療法食・ドッグフード

ドッグフードで結石予防!長期でも安心の無添加療法食オススメ!

犬の尿結石は、ストラバイトや
シュウ酸カルシウムが知られますが、
これは尿phの偏りが原因となって
発症します。

 

そして、いずれの尿結石も治療は
食事療法(専用の療法食=ドッグフード)
がメインとなります。

スポンサーリンク


犬の尿結石は、早期に適切な治療を
行わないと、慢性的な膀胱炎の症状
(頻尿や血尿)や腹痛が続き、さらに
結石が大きくなって尿道を塞ぐと
オシッコが出なくなり腎臓に深刻な
ダメージを与え、死にいたる可能性も
ある怖い病気です。

 

結石のある場所や結石の種類、大きさに
よっては手術で取り出す必要がある場合
もありますが、基本的には、膀胱炎の
治療のための投薬(抗生物質など)と食事療法
で治療が可能な場合が多いです。
(結石の種類によっては難しい)

 

また、再発防止も食事療法がメインと
なります。
言い換えれば、尿結石はお薬などで治療
できるものではなく、食事療法で対処
する病気なのです。

 

ですから、尿結石の治療、予防は食事療法
が重要であり、必須なのです。

 

こちらでは、犬の尿路結石の
食事療法について、またオススメの
療法食などをまとめてみましたので
参考にしてください。

 

<犬の尿路結石の治療>

 

犬の尿結石ができる原因は、さまざまな
要素が関連していますが主に、以下の
要因が考えられます。

 

【細菌感染】

尿道から細菌が侵入してきて膀胱など
に炎症を起こすことで尿がアルカリに
傾き、結石が出来やすくなります。
(犬の尿は本来、弱酸性)

 

【食事内容】

食物中のミネラル(カルシウムや
マグネシウムなど)バランスが悪い
ことが結石の原因になります。

 

【飲水量が少ない】

摂取する水の量が少ないとオシッコ
は濃くなります。そうなると尿の中
のミネラル分が飽和状態になり結晶が
できやすくなり、それが結石に成長して
いきます。

 

【排尿回数が少ない】

オシッコを我慢してしまったり、
散歩時だけに排尿という生活習慣の
場合、膀胱内にオシッコが長く貯留
してしまい、濃縮されて濃くなり、
同様にミネラル飽和から結晶→結石
となります。

 

【遺伝的(先天性)の問題】

遺伝的に結石が作られやすい犬種が
あります。
シュナウザー、シーズー、ダルメシアン、
ヨーキー、ビションなど(結石の種類に
もよる)

 

これらの要因が複合的に絡んでいる
場合も多いです。

 

治療は、膀胱炎など細菌感染がある
場合には、その治療は抗生物質で
対処します。

 

しかし、膀胱炎が治っても結石が
なくなるわけではなく、また結石が
そのままの状態だと膀胱炎も繰り返し
再発します。

 

ですから、結石の治療は、

*食事療法
*手術(結石の場所や大きさによる)

となります。

 

そして手術の場合でもその後再発の
可能性が高いため、再発予防のため
にも基本的には手術後に食事療法が
必要になることがほとんどです。

 

また、尿結石ができてしまう子の場合、
日頃の排泄の状態や食事、水など日常的
な生活習慣によって結石ができやすい
状態を作り出しているため、再発予防
のためには、

*水を多く飲ませる
*オシッコを我慢させない
*排泄時や尿の状態をしっかりと観察

なども必要になります。

 

<犬の尿路結石の食事療法について>

 

尿結石は、さまざまな要因によって、
オシッコのphが偏ることで形成されます。

*アルカリ性→ストラバイト結石ができやすい。

*酸性→シュウ酸カルシウムができやすい。

 

そして、ストラバイト結石は、
尿phを本来の弱酸性(pf6.1~6.6)に
戻してあげれば徐々に溶けていきます。
シュウ酸カルシウムは結石になって
いれば食事での溶解は難しいです。
(結晶の状態であれば可能)

 

ですから、尿結石の治療の基本は、
オシッコを理想のphに戻してあげるため
であり、結石用の療法食はそのための
栄養組成になっています。
(尿phをコントロールするための
ミネラル調整されたフード)

 

そして、食事療法の基本は、その食事
だけを与えることです。
それ以外の食べ物、オヤツや人の食べ物
などを少しでも与えてしまうとせっかく
調整されたミネラルバランスが崩れて
しまい、療法食の効果がなくなってしまいます。

 

ですから、尿結石の食事療法は、

『療法食+水』のみ

を継続する必要があり、これが守れない
場合には、いつまでも治らなかったり、
良くなってもまたすぐに悪化したりを
繰り返すこととなります。

 

また、結石が溶けてもまた元の食事
に戻してしまうとまたphが偏り再発して
しまう可能性が高いため、その後もphを
弱酸性に維持するために食事療法は
継続していくのが理想です。
(結石専用の療法食ではなく、一般食に
戻す場合もありますが、その場合も病院
で推奨されるフードです。療法食の種類
によっては、長期の継続はできないタイプ
もあります。)

 

<犬の尿結石の療法食について>

 

犬の尿結石用の療法食は、各メーカー
からいくつか種類が出ています。
メーカーによって適応は少し異なり
ますが、基本的にはストラバイトも
シュウ酸カルシウムも兼用になって
いるものが多いです。

 

療法食は、尿検査によって結石が
分かれば動物病院で指定されて処方
されるのが普通です。

 

ただ、治療も長期に渡ることが多いため、
その後はネットなどで購入する方も多い
ようですが。ネットの方が安く買えたり
しますしね・・

 

病院で処方されることが多いのは
結石の種類や状態にもよりますが、
ヒルズのs/dやc/d、ロイヤルカナンの
phコントロールなどが多いと思います。

 

また、他の海外メーカーのものなども
今はネットで購入できますし、結石用
の療法食としての基本は同じなので
他メーカーのものでも問題ないとは
言えます。

 

ただ、基本的に食事療法は治療ですから、
食事療法を行いながら、定期的に
尿検査を行い、オシッコの状態や経過を
見ながら指示に従う必要があります。

 

個体差がありますので、同じ療法食を
同じ期間食べたからと言ってどの子
も同じ効果が出るわけではありません。

 

また場合によっては、療法食の変更
必要になることもあります。
そのためにも定期的な尿検査が必要に
なります。

 

ただ、状態が落ち着いて安定していて
そのまま予防のためにも継続という
場合には、ネットで・・
なんてこともアリになってしまうかなと。

 

また、飽きたり食べなくなったりする
こともあるため、他のメーカーのものを
試してみたいな・・などもあると思います。

 

そこで療法食選びとなるわけですが・・
注意してほしいのが、一般食に戻して
良いという指示がなければ療法食を
継続です。

 

今は一般のフード(総合栄養食)でも
『尿路結石ケア』や『FLUTDケア』と
記載されているものがありますが、
これらはあくまでも一般食であり、
療法食ではありませんので療法食と
同様の効果は得られません。
(記載を良く確認しましょう)

 

ですから、あくまでも長期継続可能な
タイプの『療法食』の中から選びましょう。
(主なメーカーではヒルズのs/d以外
は長期継続が可能なものがほとんどです。)

 

そしてそれらの療法食についてですが、
ヒルズやロイヤルカナンなど老舗メーカー
のものは、その疾患に対しての効果や
信頼性は高いですが・・
フードの品質や中身、添加物(酸化防止剤
や保存料など)などから個人的にはあまり
オススメできる療法食ではありません。

特に長期の維持食としてはなおさらです。

 

っと言っても以前は療法食といえば
それらがメインで他にあまり選べな
かったのですが、今は良質な良いフード
を作る会社も増えてきていて、療法食の
分野においてもそれらが参入してきています。

 

疾患の治療のためだけでなく、犬の
体全体の健康を考え作られた安心、安全
な療法食で私が自信を持ってオススメ
できるものがありますのでご紹介しますね。

スポンサーリンク


<犬の尿路結石用の療法食おすすめ>

 

私が犬の尿路結石の療法食の長期維持
にオススメなのが、
『みらいのドッグフード結石、膀胱炎用』です。

みらいのドッグフードは、安心、安全
で優れた品質、また最新の動物臨床栄養学
に基づき、さらに漢方医学を取り入れた
薬膳ドッグフードとして人気の国産の
フードです。

 

一般食(総合栄養食)を含め、疾患別の
療法食合わせて13種類のラインナップ
があり、その一つが結石、膀胱炎用です。

 

みらいのドッグフードシリーズの療法食は、
目的の疾患もしっかりとケアしつつ、
体全体の健康、そして長寿を目指す
ことができ、また従来の療法食とは
少し異なるアプローチで病気をサポート
する療法食です。

 

結石、膀胱炎用の療法食では、
最適なph調整の実現はもちろんのこと、
素材にもこだわり、

*タンパク質は低アレルギー、低脂質
として最適な鹿肉や魚肉を使用

 

*血流改善や高炎症効果など体全体に
さまざまな良い効果をもたらし健康
オイルとして知られるオメガ3を強化
(熱と酸化に強いサチャインチオイル)

 

*マクロビ原料の高品質な食物繊維
で体の免疫の70%を司る腸の健康を維持

 

*免疫維持に役立つβグルカン高含有の
高級食材のアガリクスやメシマコブなど
の漢方キノコ類、フコダインやスピルリナ
など海藻類、プロプリス、乳酸菌などなど
36種類以上配合

など・・
まさにパーフェクトな素材の健康フード
となっています。

さらに、

*栄養成分とうま味凝縮のための
低温、低圧製法で高い嗜好性を実現

 

療法食は嗜好性がイマイチなものも多い
ですが、食べなくては意味がないわけで
みらいのドッグフードは美味しくない
イメージの体に良い漢方食材をここまで
配合しながらも、素材の品質の良さや
製法によって、高い嗜好性を誇っています。
(好みには個体差がありますが
嗜好性はとても良いフードです)

みらいのドッグフード結石・膀胱炎用の公式サイトこちら>

 

そしてさらに!

犬に多い歯垢た歯石などが原因で起こる
歯肉炎や歯槽膿漏などの口腔トラブルが
全身に及ぼす悪影響のリスクを軽減する
ための『マウスクリーンパウダー』
(食べるハミガキ)がセットになっています。

このマウスクリーンパウダーは、
結石・膀胱炎用の療法食だけでなく、
みらいのドッグフードシリーズの
すべての商品にセットとなっています。

 

それほど、犬の口腔内トラブルが
体に与える影響が問題視されてきていて
さまざまな病気のリスクを高めているのです。

 

そのため、口内ケアは犬の健康のため
にも非常に重要なことなのです。

 

長寿の犬は口の中がキレイと
言われているのにはそんな理由も
あるのです。

 

そこを日常の食事の中でしっかりと
カバーするようにマウスクリーン
パウダーがセットになっているのです。

 

マウスクリーンパウダーは、

*グロビゲンPG(歯周病菌の毒素を中和)

*乳酸菌(口腔内の悪玉菌を減らし善玉菌を増やす)

*酵素、酵母(歯垢除去)

などが原料となっていますので
食事に振りかけて一緒に食べさせるだけで
口腔内ケア(ハミガキ効果)+腸活にもなります。

まさに一石二鳥ですね。

 

そして当然、療法食もマウスクリーン
パウダーも無添加です!

 

総合的な考え方、素材へのこだわり、
高級健康食材の贅沢配合、安心・安全
に与えられる素晴らしい療法食です。
ここまでのグレードのものは他には
ないです。

 

病気の治療をしながら、尚且つ健康な
体に!愛犬のためのそんな理想を
叶えてくれるフードです。

自信を持ってオススメできる療法食ですよ!

 

価格は通常の療法食よりは高いですが
この品質と通常はサプリとして別に
摂取することの多い健康素材が贅沢に
配合されていますので、それを考えれば
全く高くないと思います。

 

また、公式サイトではお得に購入できる
プランやお試しにまず一回だけの購入
でもお得な定期価格で購入が可能です。

みらいのドッグフード結石・膀胱炎用の公式サイトこちら>

 

慢性的に尿路結石を繰り返している、
イマイチ療法食が続かない、
安心・安全で継続できる療法食を
探している・・
などの場合にはぜひ試してもらいたい
療法食です。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事

関連記事

  1. ドッグフードの粗悪品の見分け方や注意点と危険な添加物など!
  2. 犬の椎間板ヘルニアに最適なドッグフード!ケアやサポートに!
  3. 犬の心臓病用のフード!療法食の種類や価格などまとめ!
  4. 犬の膵炎におすすめのフード!すい臓の負担軽減や合併症予防に!
  5. ドッグフードを選ぶ基準!下痢や嘔吐が多い場合や胃腸ケアに!
  6. ドッグフードでデンタルケア(口臭,歯石)&長寿?驚きの…
  7. ドッグフードを選ぶ基準!アレルギー体質や皮膚病が気になる場合!
  8. 犬の骨関節疾患のケアや予防の療法食、ドッグフードの選び方!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP