ドッグフードで腎臓ケア!制限食でも嗜好性が高い無添加療法食!

犬の慢性腎不全の進行抑制のための
治療には、お薬の服用や点滴(皮下輸液
など)と共に食事療法も大事です。

 

食事療法は、腎臓の負担を軽減する
栄養組成の食事を与えることによって、
残りの腎臓機能を長くもたせることが
目的となり、食事療法は非常に有効
されています。

スポンサーリンク


そのため、各メーカーから腎臓用の
療法食(ドッグフード)が販売されて
いますのでフードはそれらに変更する
ことが望ましいです。

 

ただ、腎臓用の療法食はその内容的に
あまり美味しくない、嗜好性が良くない
とも言われ、実際に食べないことも
多いようです。

 

もちろん、それまでにどんな食事
(ドッグフード)を食べていたかにも
よりますし、好みにもよりますが。

 

また、療法食もメーカーによって色々と
種類がありますので、どれがいいの?
ウチの子が食べそうなのはどれ?など
なかなかフード選びで困っておられる
飼い主さんもいらっしゃいますね。

 

腎不全は治らない病気ですし、特に
高齢で発症することが多いため、その
治療については飼い主さんの考え方も
さまざまです。
高齢の慢性腎不全は老衰の一種という
イメージを持たれがちですし。

 

ですから、延命のために食事を変えて
まで・・ということまで望まれない
飼い主さんもいらっしゃいます。

 

それについては飼い主さんそれぞれの
考えですから良いと思います。
ただ、少しでも進行を遅らせて長生き
をさせたいのであればやはり食事療法
は重要になってきます。

 

こちらでは、犬の慢性腎不全の食事療法
について、療法食の特徴、またおすすめ
の療法食(ドッグフード)などをまとめて
みましたので参考にしてください。

 

<犬の慢性腎不全と食事療法>

 

慢性腎不全の食事療法の基本は、

腎臓の負担を減らす(負担をかけない)

ための制限食の摂取となります。

 

ただし、体に必要なエネルギーは
しっかりと摂取しなければなりません。
また、腎不全の体に少しでも良い栄養素
の補給などを考慮してバランス良く
作られているのが腎臓専用の療法食です。
(メーカーによっては腎臓+心臓疾患、
腎臓+肝臓など他内臓疾患にも適応=
兼用となっているものもあります。)

 

メーカーによっても原材料や栄養組成は
多少異なりますが、腎不全用の療法食の
基本は、以下になります。

 

【タンパク質の制限】

タンパク質は、血や肉となり体の
エネルギーとして使われた後、老廃物=
尿素窒素となります。この尿素窒素を
体外に排泄できるのは腎臓だけです。
そのため、タンパク質の過剰摂取は
腎臓に負担をかけます。
また処理しきれない尿素窒素が体に
蓄積されていきます=尿毒症。

 

【塩分の制限】

腎臓は食事から摂取した余分な塩分=
ナトリウムを尿とともに体の外へ排泄
する働きをしています。
腎不全ではナトリウムの排泄がうまく
できなくなるため、血液の量が増え、
高血圧になってしまいます。

 

【リンの制限】

腎機能が低下すると、不要なリンを
尿中に排泄することが難しくなり、
血液中にリンが溜まりすくなります。
そうするとリンが体のいたるところに
沈着して石灰化を起こしたり動脈硬化
の原因になります。

 

【十分なエネルギーの補給】

エネルギーが不足すると、体中のタンパク質
が分解されてエネルギー源になり、体内の
尿素窒素が増えるため、タンパク質を多く
食べたこのと同じ状態になってしまいます。
そのため、エネルギー不足にならない
ように十分な摂取が必要です。

犬の慢性腎不全で野菜や果物の摂取についての注意点など!

犬の腎臓用の療法食はこれらが考慮され、
さらに、オメガ3(DHAやEPAなど)、
ビタミン(B,Dなど)、アミノ酸(ロイシン
など)が強化されているものもあります。

 

腎臓用の療法食が嗜好性が悪い、
食べないと言われるのは主に、

*味付けが薄い(ナトリウム制限のため)

*うま味が少ない(タンパク質制限のため)

などが原因となっています。

 

そのため、各メーカーでは嗜好性を
上げるために、原材料や匂い、形状、
食感などを工夫、さまざまな製法を駆使
して作っています。

 

ただ、やはりメーカーによってその品質
もさまざまです。

スポンサーリンク


<犬の腎臓用の療法食の選び方とオススメ>

 

ペット用の療法食としては、
ヒルズやロイヤルカナン、アニモンダ
など海外のメーカーが有名です。

 

また、近年はドクターズケアなど
国産のメーカーの療法食も増えて
きています。

 

基本的にはどれも腎臓用の療法食としての
条件を満たして作られていますし、
動物病院でも推奨されるメーカーなどは
歴史も古く信頼性も高いです。

 

ですから、療法食への切り替えとしては
それらの中から愛犬が食べてくれるもの
を選んで与えるという方法になります。

 

ただ、個人的にはいろんなメーカーの
療法食をチェックする限り、イマイチ
気に入らない・・というものが多いです。

 

腎臓に負担をかけない組成なのは
分かるけど果たして体自体にどうなのか?
良い原材料は使われてないのでは?
などもあり、素材の品質であったり、
添加物(化学物質)の有無など、本当に良い
フードと思えるものは少ないのが現状です。

 

ただ、療法食は一般食に比べると種類も
少ないですから、あまり選べないというか
贅沢は言えないというか・・
そんな感じあもあったのですが。。

 

しかし、ペット業界も進歩しています。
日本のドッグフード業界は信用できない
メーカーばかりでしたが、近年は本当に
良いドッグフードを作りはじめている
会社も増えてきました。

 

そんな中で、私が感心するほどこだわった
素晴らしいフードを製造販売している
会社から療法食のラインナップも販売
されました。腎臓用もあります。

 

ですから、こちらではその療法食を
ご紹介しますね。
本当に品質の良い安心安全なフード、
腎臓用の療法食をお探しの飼い主さんには
ぜひ参考にしてほしいと思います。

 

私が自信を持ってオススメできる
犬の腎臓用の専用療法食は、
【みらいのドッグフード~腎臓用~】です。

みらいのドッグフードシリーズは、
一般食、療法食ともに、マクロビオティック
(食生活を見直すことによって健康で長生き
しようとする食事法、玄米菜食)を犬版
して取り入れ、また最新の臨床栄養学
漢方医学から犬の健康を守るための漢方を
配合した『薬膳ドッグフード』として
人気の国産フードです。

 

みらいのドッグフードの療法食は、

*高消化性タンパク質+オメガ3系脂肪酸

*マクロビ素材や漢方薬で腸活&免疫力維持

*栄養成分とうま味凝縮のため低温、低圧製法

*口腔ケアで全身の悪影響のリスクを軽減

をベースに

『目的別の疾患に合わせた栄養組成』

で作られています。

 

そのため、各疾患のケア、サポートは
もちろん、体全体の健康維持のための
食事という点でも徹底的に考えられた
フードなのです。

 

また、最新の動物臨床栄養学を取り入れて
作られているため、他の一般的な療法食
とは少し異なる考え方で作られています。

 

一般的な腎臓用の療法食は、タンパク質
制限のために穀類(米やトウモロコシ、
グルテンなど)がメインとされ、肉類
(タンパク質)は極少量にしてあります。

 

また、動物性タンパク質や脂質は、
加水分解動物性タンパクや動物性油脂
というカタチでしか配合されていない
ものも多いです。(原料に何の肉が使われて
いるかも分からない)

 

しかし、それでは長期的に見たときに
栄養不足に陥る可能性があります。
これは人の制限食でも同じです。
(タンパク質制限はエネルギー不足を招く)

 

みらいのドッグフードの腎臓用は、
低タンパク質食でありながら、
しっかりと良質のタンパク質(鹿肉、魚)
を配合し、体にとって最善の栄養供給
で作られています。

 

また、血液の流れを良くし、腎臓にも
好影響をもたらすオメガ3(熱と酸化に強い
サチャインチオイルを使用)を強化。
オメガ3は腎不全にはぜひ摂取したい
栄養素です。

犬の腎不全にオメガ3の効果とは?血流や血圧改善がポイント! 

 

さらに体を守る免疫維持の効果が
高いβグルカン配合の高級キノコ類、
アガリクスや霊芝など漢方食材を
36種類以上配合。
(プロポリスやフコダインなども)

サプリとして取り入れることの
多い健康食材をドッグフードでここまで
贅沢に配合されているものは他にないです。

 

そして、アンモニアやリン、ナトリウム
などを吸着する水溶性食物繊維と便を
つくる元となる不溶性食物繊維を理想的
な比率で強化することにより尿毒症物質
やリンなどの排泄を促します。

みらいのドッグフード~腎臓用~公式サイトこちら>

 

さらに!
腎臓だけでなく体全体に悪影響を
与える口腔環境のケアを日常の食事で
取り入れるための食べる歯磨き
『マウスクリーンパウダー』がセットになっています。

犬は歯周病などが多いですが、
口内の炎症は全身の臓器に飛び火して
さまざまな悪影響を及ぼします。

 

そのため、犬の長寿には口腔環境が
関係していると言われているのです。
(長寿の犬は口の中がキレイ)

 

マウスクリーンパウダーは、

*グロビゲンPG(歯周病菌の毒素を中和)

*乳酸菌『フェカリス菌』(口腔内の悪玉菌を減らし善玉菌を増やす)

*酵素、酵母(歯垢除去)

などからできており、これを毎回の食事
にふりかけて食べさせることでハミガキ
効果が得られます。

 

これも通常はドッグフードとは
別に口腔ケアのためにサプリメント的
に取り入れるものです。

 

しかし、みらいのドッグフードは
口腔内の衛生環境がいかに大事かと
いうことにも重点を置いてますので
マウスクリーンパウダーが通常セット
になっているのです。

 

また、乳酸菌や酵素が原料ですから
当然、腸内環境にも好影響を与えます
ので、腎臓の負担も軽減できます。

犬の腎不全に乳酸菌の効果とは?腎臓の負担軽減で進行抑制も!

まさに至れり尽くせり・・
犬の健康のこと、腎臓のためにを
考え抜いた贅沢な療法食です。

 

そして当然、療法食もマウスクリーン
パウダーも無添加!
腎臓に負担をかける添加物は入っていません。

 

それなのに嗜好性は高い!
原材料の素材の良さとうま味と栄養を凝縮
する製法にこだわって作られているため、
イマイチ美味しくなさそうな(?)薬膳
ドッグフードなのでとても嗜好性が高い
ことでも人気なのです。

 

価格は一見すると高いイメージですが、
品質の良さ+サプリメント成分が
たっぷりということを考えると
お安いくらいです。
この品質の漢方成分や乳酸菌などの
サプリメントを別途与えるとなると
もっとお高くなります。

 

公式サイトでは、お安く購入できる
プランなども用意されています。
(最大で40%offなど)
また、お試し的に1回だけの購入でも
定期購入と同価格で購入できますので
まず試してみたい場合にも◎

みらいのドッグフード~腎臓用~公式サイトこちら>

 

ここまで完璧とも言える腎不全用の
療法食は他にはないと言えるでしょう。
自信を持ってオススメできる療法食です。

 

今の療法食に不安がある方や
もっと良い品質のものをお探しの方
にはぜひ試してほしいと思います。

 

腎不全ではさまざまな合併症も
ありますし、何より高齢になってくると
色々と不調も多くなってきます。
それらも一緒にサポートできる
療法食、それがみらいのドッグフードです。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です