犬の慢性腎不全で野菜や果物の摂取についての注意点など!

犬の慢性腎不全では、腎機能低下の
抑制、また合併症の予防のため、
いくつかの治療が組み合わせが必要に
なりますがその一つが食事療法です。

 

腎臓専用の療法食も各メーカーから
発売されており、食べるのであれば
それらを与えると食事管理も楽に
なります。

スポンサーリンク


ただ、犬の場合は通常の食事の他に
オヤツや人の食べ物などを与えている、
またドッグフードではなく手作り食を
与えておられるご家庭もありますよね。

 

そのような場合、食事療法(食事制限)
が必要な病気になると食材選びなど
がなかなか大変になることも多いようです。

 

どうしても犬の病気、特に内臓疾患
(心臓・腎臓・肝臓など)では、食事療法
が推奨されますので。

 

また、高齢になるとそれら食事療法が
必要になる病気が増えてきます。

 

犬の慢性腎不全もその一つです。
腎不全では主にタンパク質の摂取制限
が必要になりますが、ヘルシーな野菜や
果物であればオヤツに与えたり食事に
混ぜたりしても大丈夫よね?
・・なんてことも多いようです。

 

こちらでは、慢性腎不全のワンちゃんの
食事療法の重要性と野菜や果物の摂取に
ついて、注意点や避けた方が良い種類など
をまとめてみましたので参考にしてください。

 

<犬の慢性腎不全と食事療法>

 

腎不全に食事療法が推奨されるのは、
腎臓の負担を減らし、合併症を防ぐ
ためのものです。

 

『タンパク質の制限』

タンパク質は体内での代謝の過程で
老廃物を産生します。
この老廃物を除去し、体外に排泄するのが腎臓です。

 

そして腎臓の機能が低下するとこの
老廃物を排泄できなくなり、体の中に
毒素(老廃物)が溜まっていきます。

また腎臓に負担をかけることになり、
腎機能の低下に拍車をかけます。

 

食事療法のタンパク質制限は、
この老廃物の量を減らし、腎臓の
負担を軽くするためです。

 

良質なタンパク質(老廃物の産生が
少ない)を摂取することも大事です。

 

『塩分(ナトリウム)やリンの制限』

体内に入ったナトリウムやリンは、
そのほとんどが腎臓から排泄されます。

 

そのため、腎機能が低下していると
体内にナトリウムが溜まり、高血圧や
浮腫をもたらし、さらに心不全や肺水腫
の原因にもなります。
また、高リン血症(骨がもろくなったり
石灰化、また心筋梗塞など)を引き起こします。

 

食事療法の塩分制限、リン制限は、
これら合併症の軽減、予防のためです。

 

その他、同じく腎機能低下によって排泄
が困難になる『カリウム』の摂取制限
も必要になってくる場合があります。

 

そして、腎臓用の療法食は、
これらの制限を満たし、さらにオメガ3
など腎臓に良いとされる成分などが
配合されているものが多いです。
(メーカーにより成分に多少の違いは
あります)

犬の腎不全にオメガ3の効果とは?血流や血圧改善がポイント!

ですから、それら専用の療法食を
食べてくれるのであればそれだけで
しっかりと食事療法になります。

 

そして、療法食はそれだけで
制限する栄養素、必要な栄養素など
の基準を満たしているため、基本的
にそれだけを与えることが望ましいです。

 

他の食材を混ぜたり、他にオヤツなど
を与えてしまうと計算された栄養バランス
が崩れてしまうばかりか、せっかくの
療法食としての効果が得られない、また
半減することもあります。

 

ですから、食事療法として完璧に
行うのであれば基本的には療法食のみ
という食事管理が推奨されます。
(特にジャーキーなどタンパク質の
オヤツ、添加物の多いオヤツなどは
NGです。)

 

ただ、それまでの食生活やオヤツ習慣
などもあるため、なかなか療法食
オンリーというのは難しいご家庭も
ありますね。

 

そんなときに、ヘルシーな野菜や
果物ならいいでしょ!っとなって
しまうようですが・・

スポンサーリンク


<腎不全に野菜や果物など>

 

野菜や果物はヘルシーで腎臓に負担を
かけないイメージがあるかもしれません
が、野菜や果物にもタンパク質は
含まれます。

 

いわゆる植物性タンパク質で動物性
よりは少なめですので腎臓への負担は
少ないですが、食事とは別に与える場合
には、それらもタンパク質摂取として
考えなければなりません。

 

ですから、本来の食事(療法食など)
以外でオヤツとして与えたい場合には、
なるべくタンパク質含有量が少ない
野菜や果物を与えることが望ましいです。

 

また、野菜や果物にはカリウム
多く含まれるものもあります。
(特に果物に多いです)

 

カリウムは血液検査で数値が
上がっていなければ、摂取制限の指示
はされませんが、基本的に腎不全では
カリウムの排泄も困難になってきて
『高カリウム血症』を起こす可能性も
あるため、カリウムを多く含む食品の
摂取は控えた方が良いです。

 

野菜や果物を与えるのであれば
それらのことを踏まえて選ぶことが
大事です。

 

<タンパク質、カリウムを多く含む野菜や果物>

 

一般のご家庭で比較的ポピュラーに
食される野菜や果物(お住まいの地域にも
よりますが)でタンパク質0rカリウムが
多い種類の主なものを挙げておきます。

 

【野菜】(可食部100g中のタンパク質量)

・落花生(12.0g)
・えだまめ(11.5g)
・そらまめ(10.5g)
・とうみょう(4.8g)
・マッシュルーム(3.8g)
・まいたけ(3.7g)
・エリンギ(3.6g)
・たけのこ(3.5g)
・とうもろこし(3.5g)
・ブロッコリー(3.5g)
・ぶなしめじ(3.3g)
・さやえんどう(3.2g)

など。

主に豆類、またキノコ類にも
タンパク質が多いです。

 

【野菜】(可食部100g中のカリウム量)

・パセリ(1000mg)
・ほうれんそう(690mg)
・おかひじき茎葉(680mg)
・さといも(640mg)
・みつば(640mg)
・芽キャベツ(610mg)
・やまといも(590mg)
・たけのこ(520mg)
・こまつな(500mg)
・さつまいも(470mg)
・かぼちゃ(450mg)
・落花生(450mg)

など。

 

【果物】(可食部100g中のタンパク質量)

・中国栗(4.9g)
・日本栗(3.5g)
・アボカド(2.5g)
・ドラゴンフルーツ(1.4g)
・アメリカンチェリー(1.2g)
・バナナ(1.1g)
・メロン(1.1g)
・キウイ(1.0g)
・いちご(0.9g)
・ネーブルやポンカンなど(0.9g)

など。

 

【果物】(可食部100g中のカリウム量)

・アボカド(720mg)
・バナナ(360mg)
・露地メロン(350mg)
・キウイ(290mg)
・アメリカンチェリー(260mg)
・プルーン(220mg)
・渋抜き柿(200mg)

など。

 

上記のもの(特に上位)はできれば
避けるようにするといいですね。。

 

<野菜や果物など摂取の際の注意点>

 

*野菜を与える際は、味付けをして
いないものにしましょう。

*カリウムは水やお湯に溶けるので
「湯でこぼし」「流水にさらす」など
を行うとカリウム成分を少しでも減らす
ことができます。(レンジでチンではダメです)

 

タンパク質&カリウム両方の含有量
で見ると、ご家庭にあるポピュラーな
ものとして、

野菜であればレタストマト白菜
もやしなど・・
果物であればリンゴ梨(日本)など・・

であればどちらも少なめです。

 

いずれにしろ、オヤツとして与えるので
あれば極少量にしましょう。

 

飼い主さんはつい人の食べる分量で
少なめにと犬に与えてしまうことが
多いですが、実際はそれでも犬に
とってはけっこうな量になっていること
が多いです。

 

犬種にもよりますが、小型犬などは
人の1/10以下の体重です。
少なめに・・と思っても実際に人で
換算するとその10倍以上の量を食べて
いることになる・・と計算して量を
考えるようにしましょう。

 

また、特に腎不全など食事療法が必要な
病気のときには、できれば他にいろいろ
と与えないことが望ましいです。
(主食が手作り食の場合は別ですが)

 

それまで人の食べ物などいろいろな
ものを与えていた場合には、食生活の
改善はなかなか難しいと思いますが、
腎不全の進行を抑制するためにも
頑張ってみましょう。

 

犬にとって、ご褒美はオヤツなど食べ物
ではなくとも、飼い主さんからの賞賛で
あったり、一緒に遊ぶ、かまってあげる
などの愛情表現をたっぷりもらえること
が一番うれしいことです。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です