泌尿器の病気

犬の慢性腎不全の口臭!原因や対処法、おすすめサプリなど!

腎不全の愛犬の匂いが気になる・・
病気になってから口臭が強くなった?
体臭も変わった気がする・・

 

病気のせいかしら?
腎不全にしろ他にしろ、病気になると
それまでとの違いがいろいろと気に
なってきますよね。

スポンサーリンク


犬は個体差はありますが、もともと
体臭や口臭が比較的強い動物です。

 

犬種や年齢にもよりますし、食べている
食事内容、また口腔内や被毛などの
お手入れ具合によっても異なりますが
いわゆる犬臭いと言われる匂いは犬に
とっては、正常な匂い、また本能による
ものです。

 

また、人のように食事後に歯みがきを
する習慣がない犬の場合にはどうしても
年齢と共に口の中に嗜好や歯石が
溜まってくるため口臭が強くなってきます。

 

その他、外耳炎などがあると耳周囲
から悪臭を放つこともあります。

 

ただ、慢性腎不全による口臭や体臭
はまたそれらとは異なる原因で発生します。

 

一般的に腎不全が進行していくに伴い、
口臭や体臭も強くなっていきます。

 

こちらでは、犬の慢性腎不全による
口臭や体臭の原因と体の中の状態、
また対処法などについてまとめて
みましたので参考にしてください。

 

<慢性腎不全に伴う口臭や体臭の原因>

 

慢性腎不全の進行(腎機能の低下)に伴い
強くなってくる臭いは、『アンモニア臭』
が主なものです。

 

ドッグフードなどの食事から摂取した
タンパク質はアミノ酸として体内に吸収
され、エネルギーに利用されますがこの
過程でアンモニアが出ます。

 

このアンモニアには毒性があるため、
肝臓で尿素に合成、腎臓から尿として
体外に排出しています。

 

しかし、腎不全になり腎機能が低下すると
それらの有害物質の排泄が正常に行えなく
なってしまうため、尿毒素は体内に留まる
ことになります。

 

これによって、体内のアンモニア濃度が
高くなると、それらは皮脂腺や呼気など
から分泌されるようになります。

 

これが、慢性腎不全という病気独特の
アンモニア臭の原因になっています。

 

また、腎不全の初期では多飲多尿
(尿を濃縮して排泄することができなく
なり、老廃物を排泄するために薄い尿
を大量にするため、お水をたくさん飲む)
になります。

 

しかし、腎不全が進行していくと体から
失われていく水分が摂取する飲水量では
補いきれなくなります

 

また腎不全の悪化に伴い、食欲不振や
嘔吐などの症状も増えてくると、
体は慢性的な脱水状態を起こします。
(脱水の補正のためにも皮下輸液が
大事なのですが。)

 

体が脱水状態になると唾液の分泌も
少なくなり口の中が乾くドライマウスになります。

 

唾液は、口腔内の衛生環境に重要で
食事のカスなどを洗い流したり、細菌の
繁殖を抑えたり、口腔粘膜を保護したり
する働きがあります。

 

この唾液の分泌が減ると、口腔内では
細菌が繁殖しやすくなります。
もともと歯石や嗜好が付いている場合
などはさらに増殖、悪化。
また歯槽膿漏や歯肉炎なども悪化します。

 

もともと加齢に伴って唾液の分泌量は
減ってくるのが普通です。
またそれまでの歯のお手入れ状況にも
よりますが、一般的に高齢になると
歯石の付着が増えてきたりと口腔内の
衛生環境は悪くなっています。

 

そのため、口臭が強くなってくるのは
普通ですが、そこに腎不全という病気が
加わり、呼気からのアンモニア臭もプラス
されることで口臭は悪化強い悪臭
なってしまうのです。

 

また、腎不全など病気になって体調が
悪くなるとそれまで行ってたシャンプー
やグルーミング、ハミガキなどのケアも
減ってくる、あまりできなくなってくる
ことが多いです。
それらも口臭や体臭の悪化につながります。

スポンサーリンク


<口臭・体臭の対処法やオススメのサプリなど>

 

腎不全によるアンモニア臭というのは
ある意味、防ぎようのないことですが、
治療や対処法によって軽減させることは
可能です。

 

進行度にもよりますが、要は腎不全の
進行を抑制、また症状を改善(軽減)
させるための適切な治療を行うことで
口臭や体臭はある程度軽減できます。

 

腎不全の治療の基本は、

*食事療法
(タンパク質を制限、体内の毒素の
発生を減らす)

*活性炭の投与
(体内の毒素を吸着、便として排泄)

*皮下輸液or点滴
(体の毒素を排泄するための尿量不足
を補い、老廃物を排泄)

*合併症への対処
(高血圧や貧血、嘔吐などに対する治療)

がメインとなります。

 

これらの中で、体内の老廃物を排泄
するために一番効果的なのが皮下輸液
or点滴です。

 

ですから、進行度(ステージ)にもよりますが
適切な頻度、量で皮下輸液や点滴を行い、
体内の老廃物を排泄し、慢性的な脱水状態
を改善することができていれば、体臭や
口臭はある程度の軽減はできます。
また悪化の予防にもなります。

 

慢性腎不全に関しては、治らない病気、
また高齢だから・・といった現実が
あるため、治療に対する積極性は飼い主
さんによってさまざまです。
(また獣医師の考え方もそれぞれです。)

 

そのため、治療をどこまで行うか・・
という考え方もそれぞれですので、
それに対しては何とも言えませんが、
少なくとも体の中から発生する口臭や
体臭については、適切に腎不全の基本
の治療を行うことが軽減、予防につながります。

 

体の表面から発せられる臭いについては、
こまめに蒸しタオルなどで拭いて
あげたり、ブラッシングで抜け毛を
とってあげることなどで多少は軽減できます。

 

口の中の歯石や歯槽膿漏などから
発せられる臭いは、根本的な治療は、
歯石除去や抜歯などが必要になりますが、
これには全身麻酔は必要になるため、
腎不全のワンちゃんでは行えません。

 

麻酔薬は、肝臓で解毒、腎臓で
体外に排泄しますので腎臓の機能が
正常に働いていない場合、麻酔薬の
排泄ができず、麻酔から覚醒しない
もしくは、腎不全の急激な悪化
可能性があり、非常に危険になります。

 

ですから、口臭を外側からケア、治療する
ことは難しいです。

 

簡単に使えるハミガキジェルなども
ありますが、効果はイマイチです。
また、成分的にもオススメできるものは
ありません。

 

そのため、もし口の中の衛生環境が
悪く、腎不全も重なり、口臭が悪化して
いるような状況で、対処する方法として
オススメなのは、乳酸菌の摂取です。

 

乳酸菌は、口腔内の悪玉菌を抑制、
減少させ、口内環境を改善する効果
あります。

 

また、乳酸菌は腸内環境を整えることで
知られますが、善玉菌を増やし腸内を
ベストな状態にすることは、有害な毒素
を発生させないことにつながります。
(腸管における尿毒素の産生を低下)

 

ですから、アンモニア臭の軽減効果
あります。

 

そして有害毒素の発生を減らすという
ことは、腎臓の負担を減らすことですので
腎機能の低下を抑制することにもなります。

 

つまり、乳酸菌の摂取は腎不全にも
良い影響
があるのです。

 

また、腸の健康は免疫力を高めますので
闘病中に起こりやすい抵抗力の低下や
さまざまな不調に対しても良い効果が
期待できます。

 

乳酸菌のサプリはいろいろありますが、
選ぶ際の注意点として、余計な添加物
が配合されていないことです。
(特に価格が安すぎるものは添加物が
入っていることが多い傾向にあります。)

 

腎臓に負担をかけないためにも
添加物の摂取は控えましょう。

 

乳酸菌にもさまざまな種類がありますが
基本的にどれも腸内環境を整えて体全体
に良い効果を与えますが、菌種によって
少し特性が異なります。

 

慢性腎不全に伴う、口臭や体臭全般に
対する乳酸菌としては、
『毎日爽快』『スッキリメイト』などが
おすすめです。

『植物酵素×乳酸菌サプリメント【毎日爽快】』

『スッキリメイト』

こちらに詳しく記載しています。↓
犬の腎不全に乳酸菌の効果とは?腎臓の負担軽減で進行抑制も!

 

そして、もともと口腔内の衛生状態が
悪く、歯周病や歯槽膿漏などが
ひどい場合には、『ハタ乳酸菌』
使用のサプリがおすすめです。

『Dr.YUJIROデンタルパウダー&ジェル』

『ハタ乳酸菌 FOR PETS ペット用』

こちらに詳しく記載しています。↓
犬の歯周病や歯槽膿漏に乳酸菌の効果とオススメのサプリなど!

 

副作用の心配もなく、体に負担を
かけず、尚且つ体全体に良い効果が
あり、慢性腎不全にもまたそれに伴う
口臭・体臭の軽減が期待できる対処法
としては、乳酸菌の摂取が一番おすすめです。

 

もちろん、前述したように適切な
治療を継続することが大事ですが、
通院や治療に消極的な場合、もしくは
それ以外にも何かしたい・・などの場合
には対処法として検討してみてください。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事

関連記事

  1. 犬のてんかんの薬の種類や副作用など!やめるとどうなる?
  2. 犬の癌にアガリクスの効果は?効能や抗がん作用などまとめ!
  3. 犬の膀胱炎の痛みと対処法!排尿時に鳴く,触ると嫌がるなど!
  4. 犬の心臓病の薬!種類や効果、副作用や注意点などまとめ!
  5. 犬の膀胱炎の薬!種類(抗生物質など)や投与期間と副作用など!
  6. 犬のてんかんに漢方薬の効果とは?種類や発作抑制の作用など!
  7. 犬の分離不安症の薬の種類や効果は?副作用や注意点など!
  8. 犬の歯磨きは水に混ぜるだけ!?リデンタの効果や成分とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP