泌尿器の病気

犬の腎不全を早期発見するための検査やチェックポイントなど!

高齢になってくると患うことの多い
代表的な病気の一つが慢性腎不全です。

 

猫では元の生態、体の作りから
慢性腎不全が非常に多いことで知られて
いますが、犬も加齢に伴い発症率が
上がり、死因の上位に挙げられる病気です。

 

そして、慢性腎不全は治療を行っても
治ることのない病気です。

スポンサーリンク


経過や症状、ステージ(進行度)の違いは
あれど、病気が分かった時点で数ヶ月~
数年の余命とされます。

 

ただし、なるべく早期から適切な治療
を行えば、病気の進行を抑制でき、
大幅に寿命を伸ばすことも可能です。

 

ですから、とにかく『早期発見』が
最重要のです。
そして言葉を話さない愛犬の異変に
なるべく早く気付いてあげるのが
飼い主さんの責任であり努めと言えますね。

 

こちらでは、犬の慢性腎不全の
早期発見のためにできること、検査や
自宅でのチェックポイントなどに
ついてまとめてみましたので参考にしてください。

 

<犬の慢性腎不全とは>

 

腎臓には、さまざまな働きがあり、

*尿をつくる
*体の中の電解質バランスを調節する
血圧を調節する
*造血ホルモンをつくる赤血球をつくる

などがありますが、一番重要なのが
『尿をつくる』=体の老廃物や余分
な水分を体外へ排泄し、血液をキレイに
することです。

これを『ろ過』と言います。

 

この『ろ過』は、腎臓の中の『ネフロン』
という特殊な構造で行われています。

 

ネフロンは、

『糸球体』=数本の毛細血管が絡まって
球状になったろ過装置
『尿細管』糸球体からつながった
原尿が通り再吸収、分泌などを受ける組織

からできています。

【ネフロンの構造と働き】


出展:http://www.ncvc.go.jp/

腎臓に流れてきた血液は、糸球体で
老廃物を含んだ液体(原尿)がこし出され
尿細管に流れます。

 

尿細管では、体に必要な成分や水分を
吸収し、不要物質(毒素など老廃物)を
分泌(排泄)をします。

 

そして最終的に、老廃物と余分な水分
だけが尿となり体外へ排泄されます。

 

これらの一連のネフロンの働きによって
体内の老廃物(不要な毒素)の除去、尿の
量や濃さの調節、体内のイオンバランス
(体液中の電解質濃度)を適正に保っています。

 

これが腎臓という臓器の一番大切な
働きです。

 

慢性腎不全は、このネフロンの働き
が徐々に低下していく病気です。

 

そして、腎臓は予備能力が非常に高い
臓器のため、ある程度ネフロン機能が
低下しても、残りのネフロンが頑張って
働くため正常な機能を果たすことができます。

 

ですから、この時点では検査にも引っかかり
まんせんし、腎不全ではありません。
(腎臓としての機能を果たしているため)

 

しかし、この残りのネフロンの予備
能力では足りなくなってきたとき(腎臓
としての機能に支障が出てきたとき)に
はじめて検査値に異常が現れ、徐々に
症状が出てきます。
この時点で腎不全と診断されます。

 

腎不全には、慢性・急性がありますが

*『急性腎不全』
数時間~数日でネフロン機能低下が起きる

*『慢性腎不全』
数ヶ月~数年かけて起きる

となります。

 

急性の場合には、症状の現れ方も
急激なので分かりやすいですが慢性の
場合には、時間をかけてゆっくり進行
してくるため、体も徐々に慣らされて
しまい、症状もゆっくり少しずつ現れる
ため気付きにくいのです。

 

腎臓のネフロン機能が低下すると
体内に老廃物(有害な毒素)や余分な水分が
溜まって尿毒症になっていきます。
また、他の働きも正常に行われなくなり、
貧血(赤血球がつくられない)になったり、
高血圧になったりなどさまざまな合併症
が起こります。

 

そして、高血圧や貧血は心臓に大きな
負担をかけるため、心臓も悪くなって
しまいます。(心不全などで急死の可能性も)

 

<腎不全の経過と検査>

 

犬の腎臓は、ネフロンの約75%を
失う(機能しなくなる)までは、残りの
25%で正常な腎臓の機能を果たすことが
できます。

 

ですから、すでに腎臓の機能の半分以上が
失われていたとしても残りの腎臓で
カバーできているため、腎臓の機能を見る
指標である血液の数値CRE(クレアチニン)
やBUN(尿素窒素)に異常は現れません。

 

今は、腎機能の40%が失われた時点で
分かる『sdma』という検査がありますが
この検査は病院で行う一般的な生化学検査
には含まれないため、定期健診などでは
行われないことも多いです。
(高齢の場合で腎不全の早期発見を
目的とする場合には勧められると思います)

 

そのため、一般的な血液検査では、
徐々に腎機能が低下してきていてもそれ
を発見することができないのです。
また、腎臓としての機能を果たしている
ため、特に目立った症状も出ないのです。

 

しかし、その経過はゆっくり少しずつ
進行していき、いよいよ残りの機能が
25%以下になると、腎臓は正常な機能を
保てなくなり、体内に老廃物が溜まり
はじめます。
また、他の合併症が現れ始めます。

 

ここでやっとBUNやCREで異常値
(数値オーバー)が出て、慢性腎不全と
診断されます。
そして検査の数値によって、
ステージ分類(1~4)されます。
(検査数値に異常が出た時点でステージ
は2以上です)

 

一般的には、ステージ2(残存機能25%以下)
でも慢性腎不全としては初期とされています。
(臨床症状が軽度のため)

 

ですが、半分の機能が失われても何の
症状も出ず、一般的な検査では発見
できない腎不全では、予防のためにも
sdmaの検査は受けておくべきです。
sdmaで引っかかった(残存機能60%以下)
時点で分かれば本当の早期発見と言えます。

 

この時点(40%失われた)から、残りの
腎臓の負担を軽減するための対処
(食事療法や毒素吸着剤、サプリなど)を
徹底していけば、腎不全に陥ってしまう
のを抑制でき、大幅に寿命を伸ばすこと
が可能です。

犬の腎不全に乳酸菌の効果とは?腎臓の負担軽減で進行抑制も!

 

そして、もう一つ早期発見の可能性が
ある検査が『尿検査』です。

 

腎臓の機能が低下すると濃縮した尿を
作れなくなるため、濃度の薄い尿になります。

そのため、尿比重が低く(低比重尿)なります。

*尿比重=尿中の水分と尿素や塩化
ナトリウムなど水分以外の物質の
割合を算出した数値。
腎機能を調べるための指標の一つ。

 

また、ネフロンのろ過機能が低下すると
血液中の栄養分(タンパク質など)が
尿中に流れ出てしまうため、タンパク尿
になります。

 

これら、尿比重やタンパク尿などの
異常も腎機能低下の進行と共に数値は
悪くなっていきますが、特に腎不全の
症状が出ていないステージ1(残存機能
33%以下)でも低比重尿やタンパク尿
が見られることがあります。
(もちろん正常値の場合もあります)

 

そしてステージ1のこの時点では、
BUNやCREは正常値ですのでこの尿の
異常を発見することができれば腎不全
を疑い、そこでsdmaなどの検査を行い
ステージ1という極初期の段階で発見
することが可能な場合もあるのです。

 

尿検査は血液検査よりもワンちゃんの
負担も軽く(飼い主さんが上手にオシッコ
を採取するだけ)費用も血液検査に比べれば
お安く済みますので、尿検査はぜひ
定期的に受けておいてほしいと思います。

スポンサーリンク


<早期発見のため自宅でのチェックポイント>

 

常に愛犬の状態をチェックして
あげられるのは飼い主さんだけです。

 

自宅でのちょっとした異変に
気付くことで腎不全をなるべく早期に
発見することも可能です。

 

犬の慢性腎不全の症状はさまざまな
ものがありますが、

*多飲多尿
*嘔吐
*食欲不振
*体重減少

などが代表的ですが、この中でも
一番の初期症状と言われるのが
『多飲多尿』です。

 

嘔吐や食欲不振は、腎機能が正常に
働かなくなることによって体内に毒素
が溜まり、軽度の尿毒症症状、または
胃腸障害が出ているときに見られる症状です。

犬の腎不全による尿毒症!症状や体の状態、治療法や余命など!

また、体重減少もそれらの症状に
伴い、起こってきます。

 

しかし、初期の多飲多尿の症状は、
失われた腎臓の機能
補おうとするため
「水を多く飲み、尿をたくさん出す」
のです。

 

機能が低下した腎臓では、尿を濃縮させて
排泄することができなくなります。
そのため、体内の老廃物を排泄するためには
多くの尿を出す必要があり、
そのためには
たくさん水分を摂る
必要があるのです。
これが『多飲多尿』となります。

 

ですから、多飲多尿の始まりの極早期
段階
ではまだ体に老廃物が溜まり
はじめていない、血液検査で異常値が
出ない、残存機能が50~75%の状態
なのです。

 

残りの腎機能をフル稼働、ギリギリの
状態で腎臓は働きを維持しようと
頑張っているのです。

 

しかし、この多飲多尿の状態は、
残りの腎臓機能にさらに大きな負荷を
かけることになります。
そして、残りの腎機能の低下を早める
ことにもなり、腎不全は進行していきます。

 

ですから、この早期の多飲多尿という
愛犬からのサインを見逃さず、この時点
で病院に行き、適切な検査を受けること
ができれば、ステージ1という本当の
早期発見となる可能性が高いのです。

 

もちろん、多飲多尿の症状が見られる
病気は他にもたくさんあります。
基本的に犬の多飲多尿は何らかの病気
のサインですから、それが見られた
時点ですぐに受診を心がけましょう。

 

犬はその種類や大きさもさまざまですし
運動量や年齢によっても飲水量は異なります。

 

また、オシッコも散歩中にお外でさせて
いる場合にはその量を把握することは
難しいですよね。

 

ですが、まずはお水を飲む量を重点的に
チェックしておきましょう。
多尿は多く水を飲むことによって起きる
ものなので、オシッコのチェックが
難しい場合は、飲水量を見ましょう。

 

ペットシーツなどでオシッコをして
いる場合には、回数や量、色の変化は
分かると思います。

 

多尿は回数も一回量も多くなります。
膀胱炎などの頻尿の場合は、回数は多く
なりますが尿量は多くなりません。
(逆に少なくなります。)
また腎不全では低比重尿になるため、
色も薄くなってきます。
(ただし、極初期では色は分かりにくいです)

 

また、多尿になるとオシッコをトイレ
まで我慢できず、トイレの外にもらして
しまったりなど、粗相が増えるような
こともあります。

 

飲水量は、循環式の給水器などを
使っている場合は分かりにくいですが、
通常の食器に置き水をしている場合には
入れた量を量ることも可能ですよね。

 

分かりやすいのは、毎回決まった量
を入れておいて、無くなった(飲んだ)
量を知ることです。

 

最初からキッチリ計測しなくても
いいですが、なんか減りが早いような・・
お水飲みに行く回数が増えたような・・
というときには、ちゃんとチェックして
みましょう。
(高齢のワンちゃんで、腎不全の予防
を、早期発見をしたいと考えるので
あれば、お水の量を計測する習慣は
付けておいた方がいいと思います。)

 

もちろん目視でも明らかに減り方が
早い場合などは多飲と考えていいでしょう。

 

飲水量はそれぞれですし、季節や気温
によっても異なりますから、普段の
愛犬の飲水量を把握、それまでより
増えていないかを注意してみることが大事です。

 

また、

なんとなく動かない・・
なんとなく元気がない・・
食欲にムラがある・・
毛ヅヤが悪い・・
抜け毛が多い・・

など、加齢に伴う体の衰えだと
思われがちな症状も病気が関係して
いる可能性が高いですので、それらも
注意してみてあげてくださいね。

 

定期的な検査と、飼い主さんによる
観察、チェックによって、腎不全を
早期に発見してあげましょう。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事

関連記事

  1. 犬の腎不全にレンジアレン(リン吸着)の特徴や効果と必要性など!
  2. 犬の慢性腎不全で咳が出る原因や体の状態、治療法など!
  3. 犬の腎不全にステロイドが使われる場合とは?作用や効果など!
  4. 犬の膀胱炎は発情期(ヒート中)になりやすい?原因や対処法など!
  5. 犬の健康診断の項目(内容)や費用と所要時間など検査の流れ!
  6. 犬の癌による足の切断(断脚)!手術の経過や痛み、予後など!
  7. 犬の椎間板ヘルニアの手術!成功率や術後の経過、費用など!
  8. 犬の気管虚脱の手術法や費用、予後など!完治の可能性は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP