泌尿器の病気

犬の腎不全による尿毒症!症状や体の状態、治療法や余命など!

犬の慢性腎不全は、進行すると
『尿毒症』という状態になります。

 

腎不全によって腎臓の機能が低下
すると体内の老廃物をオシッコとして
排泄することができなくなり、その
結果、体内に不必要な体にとって有害
なものが溜まってきます。

 

これによって起こるのが尿毒症
言われる、いわゆる中毒症状です。

スポンサーリンク


この尿毒症状態は、全身の臓器に
ダメージを与え、さまざまな障害を
招きます。
いわゆる致命的(生命に関わる)と
される状態です。

 

こちらでは犬の慢性腎不全の尿毒症
の症状や体の状態、治療法や余命など
についてまとめてみましたので参考にしてください。

 

<尿毒症の状態>

 

尿毒素にはさまざまなものがありますが、
体内で産生される物質の中で体に有害
な作用をもたらすものを言います。

 

この尿毒素は、CRE(クレアチニン)、
BUN(尿素窒素)とほぼ平行して増える
ため、血液検査で分かるCRE、BUNの
数値が体内の尿毒素物質の溜まり具合
を推定する目安になります。

*CRE=筋肉から作られる老廃物

*BUN=食事のタンパク質からの代謝産物

 

BUNは、食事の量や食べた時間によって
も値は左右されるため、CREの数値で
判断するのが一般的です。

 

尿毒症のさまざまな症状が現れてくる
のがステージ3~です。
CREの数値で言うとおおむね3.5~4を
超える
と症状はさらに顕著に現れます。

 

ステージ1 CRE<1.4mg/dl
ステージ2 CRE=1.4~2.0mg/dl
ステージ3 CRE=2.1~5.0mg/dl
ステージ4 CRE>5.0mg/dl

 

それと共に、P(リン)、K(カリウム)
などの尿毒症性物質の数値も上昇して
きます。
また、PCV(Ht)=赤血球の容積が減少、
貧血も進んできます。

犬の腎不全の貧血!原因や症状と治療法、造血サプリなど!

 

そして、尿検査では尿タンパクが増加
尿比重はさらに低く(尿が薄い)なってきます。

*蛋白尿=蛋白質などの大きな物質は
ほとんどろ過されず、正常では尿に
出る量は極めてわずかですが、糸球体
(ろ過装置)に異常が起こると、多量の
蛋白質が尿にこし出されます。

*低比重尿=腎機能が低下すると尿毒素
を濃縮して排泄することが困難になる
ため薄い尿(希釈尿)になります。

 

<尿毒症の症状>

 

尿毒症の症状はさまざまで、飼い主さん
から見て分かりやすいものもあれば、
気付きにくいものもあります。

 

また、軽度~重度によって症状も
多少異なりますが、基本的に尿毒症の
状態では、ワンちゃんの体の中では
以下のような症状が起きている、また
起こってくる可能性があります。

 

『脳』 意識障害、けいれん、不眠など

『眼』 眼底出血、網膜症、視力低下など

『口』 口臭(アンモニア臭)、歯肉出血、味覚異常など

『心臓』 動悸、心不全、心肥大、高血圧など

『肺』 呼吸が荒い(早い)、息苦しさ、咳、肺水腫(胸水)

『胃腸』 食欲不振、嘔吐、下痢、吐血、血便など

『骨、筋肉』 低カルシウム血症、筋肉のけいれんや痛みなど

『皮膚、被毛』 脱毛、むくみ、痒み、色素沈着、皮下出血など

『末梢神経』 感覚麻痺、運動麻痺、知覚異常など

『その他』 だるさ(疲労感)

*これらの症状はすべてが起こるわけ
ではありません。

スポンサーリンク



<尿毒症の治療法について>

 

尿毒症の治療は、毒素の排泄です。

基本的に慢性腎不全の治療は、

*尿毒症を防ぐための毒素の排泄
(皮下輸液や点滴、尿毒素吸着剤の服用など)

*食事療法により、毒素の産生を減らす
(専用の療法食=タンパク質制限)

*さまざまな合併症を防ぐための薬剤投与
(高血圧=降圧剤、貧血=造血ホルモン剤など)

などがメインとなります。

 

そして、尿毒症の治療に一番有効なのは
点滴(静脈点滴)です。

 

ですから、急を要する場合には、
入院して静脈から24時間点滴を行う
ことである程度まで症状は改善する
可能性があります。

 

ただし、根本的な腎臓の治療ではなく
あくまでも体内の老廃物を一時的に
体外に排泄しただけですから、点滴を
やめるとまた少しずつ毒素は溜まって
きます。

 

その後は、血液検査の数値やワンちゃん
の体の状態に応じて、自宅で毎日の
皮下輸液を行うことでどこまで尿毒症
の悪化を遅らせることができるかがカギ
になります。

 

ただ、点滴は状態によっては行えない
こともあります。

*すでに腎臓でオシッコを作ることが
できていない状態(乏尿、無尿)

*貧血が進んでいる状態

*肺水腫を起こしている状態

など・・いわゆる腎不全がかなり進んで
いる状態(末期)の場合、点滴をすることに
よって状態が悪化して、急死してしまう
可能性もあります。

 

その場合に、尿毒症を改善する方法は
ただ一つ、透析しかありません。
透析には、血液透析と腹膜透析があり
ますが、動物の場合には腹膜透析
行われるのが一般的です。

 

腹膜透析は、お腹の中に透析液を注入し、
腹膜を介して老廃物を透析液の中に引き込み、
その透析液を回収することで老廃物を除去
する治療法です。

 

ただし、透析も一時的な治療であり、
継続していかない限り、尿毒症を
防ぐことはできません。
また、継続するにしてもリスクが伴います。

 

そのため、急性腎不全の治療では
行われますが、慢性腎不全の場合には
あまり推奨されていないのが現状です。

詳しくはこちら↓
犬の腎不全の透析について!方法や費用と効果やリスクなど!

 

<尿毒症のまとめ、余命について>

 

慢性腎不全は早期発見は難しいため、
検査で分かったときにはすでに進行
していて、尿毒症になっていることも
多いです。

 

特に、高齢になってから発症すると
加齢による衰えや体の異変だと
飼い主さんが思ってしまうことが多い
ため、様子を見てしまい、発見が遅れる
場合も多いですね。

 

ですが、腎不全と分かった時点でまずは
徹底的に点滴治療を数日間行い、体の
老廃物を排泄し、その後に皮下輸液や
吸着剤、食事療法などを徹底していけば、
一旦症状を改善、また尿毒症(腎不全)の
進行を遅らせることも可能です。
(いよいよ末期の場合には難しいです)

 

また、ある程度早期に発見できた場合は
適切な治療を継続していくことで、進行
を抑制、なるべく症状が出ないように
なるべく長く元気に過ごさせてあげることも
できます。

 

慢性腎不全は治らない病気ですが、
腎臓の機能がなるべく多く残存している
状態合併症が進んでない状態で治療を
行うことがとても重要でそれが寿命も
左右します。

 

慢性腎不全の犬の余命については、

*病気が分かったときのステージ(数値)

*治療法、治療経過、

*合併症の進行状況

*他疾患の有無

などによって異なってきますので、
このくらい・・というのは難しいですが・・

 

平均的に見ると、適切な治療を継続して
行っていった場合、

ステージ2=数年

ステージ3=数ヶ月~数年

ステージ4=数週間~数ヶ月

くらいが目安となるかもしれません。

 

特に尿毒症の症状が現れるステージ3~
では、急激な症状の悪化も考えられます。

末期で心不全を起こすと急死もありえます。

 

また、すでに腎臓でオシッコが作れない
状態(乏尿、無尿)となっている場合には
透析をしない限り、もっても数日です。

 

尿毒症と言ってもその状態は軽度~重度
まで幅は広いです。
ステージ2でも軽度の尿毒症(高窒素血症)
です。
慢性腎不全=尿毒症なのです。

 

ですから、まずはしっかりと検査
(血液検査、尿検査、血圧など)を行い、
体の状態を把握することです。

 

CREやBUNなどの数値だけでは
体のダメージ、合併症などの状態を
的確に診断することはできません。

 

どこまでの治療を行うかは、ワンちゃんの
年齢や他疾患の有無、また飼い主さんの
考えによってもさまざまだと思います。
また慢性腎不全においては積極的な治療を
勧めない獣医師もいます。(特に高齢犬の場合)

 

ただ、後で後悔しないためにも、
ちゃんと愛犬の体の状態を知って、残り
の余命を少しでも楽に過ごせるような
対処療法だけはしてあげるべきだと私は
思います。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事

関連記事

  1. 犬の慢性腎不全の痛みや辛さとは?体の状態や対処法について!
  2. 犬の腎不全と安楽死の選択について!最期の看取りとは?
  3. 犬の腎不全に漢方薬の作用や効果は?症状軽減や進行抑制も?
  4. 犬の慢性腎不全の輸血について!効果や予後、適応など!
  5. 犬の膀胱炎の治療で点滴や入院が必要な場合やその症状とは?
  6. 犬の膀胱炎に漢方薬の作用や効果は?慢性や繰り返す場合など!
  7. 犬の腎不全の末期!痙攣などの症状や治療法、余命について!
  8. 犬の慢性腎不全の口臭!原因や対処法、おすすめサプリなど!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP