犬の腎不全で呼吸が早い,荒いなどの原因や治療法について!

高齢犬で多くなってくる慢性腎不全
では、多くの合併症が起こり、それ
に伴う症状もさまざまです。

 

そして腎不全が進行してくるに連れ、
合併症も悪化、体全体の機能が低下
していくため、見た目にも辛そうな
症状が増えてくるようになります。

スポンサーリンク


そんな症状の中でも、特に辛そうに
見えるのが呼吸の異常です。
呼吸が速くなったり荒くなったり・・
呼吸困難のような症状が起こってくる
ことがあります。

 

腎臓の病気で呼吸困難?というのも
関連性がないようにも思えますが・・
実は大きく関わっているのです。

 

こちらでは、犬の慢性腎不全による
呼吸困難などの異常が起こる原因や
治療法などについてまとめてみました
ので参考にしてください。

ドッグフードで腎臓ケア!制限食でも嗜好性が高い無添加療法食! 

 

<慢性腎不全と呼吸困難>

 

腎不全の進行に伴い、呼吸の異常が
見られるようになる原因の一つは、
『心不全』によるものです。

 

腎不全には代表的な合併症として
『高血圧』があります。

 

腎臓にはさまざまな機能があり、
血圧を調節する働きもありますが、
腎臓の機能が低下するとこの血圧調節
作用も低下するため、高血圧になります。

 

また、腎臓機能が低下すると排泄機能
が落ちるため、体内に水分やナトリウム
が溜まっている状態となります。

 

このナトリウムが排泄されずに体内に
蓄積ことによって水分が引き込まれる
ようになるため、体液量が増加、
またナトリウムの刺激で血管が収縮
高血圧になります。

 

そして、この高血圧が、心臓に
悪影響を及ぼします。

 

血圧が高くなると常に高い圧力が
血管壁にかかり続けるため、心臓に
血液を送る冠動脈の壁が徐々に厚く
なり動脈硬化(血管の老化)を起こします。

 

そして動脈硬化が進行していくと
心臓はさまざまな影響を受け、
狭心症や心筋梗塞など重大な病気の
発症リスクが高まります。
また、心臓の筋肉の働きも低下し、
収縮機能不全を起こしてしまいます。

 

高血圧というのは、常に心臓に負担を
かけ続けている状態なのです。

 

そのような心臓の状態では、正常な機能が
損なわれ、全身に血液を送り出すことが
できなくなりなります。
そして血液がうっ帯(停滞)した状態となり、
『うっ血性心不全』になります。

 

また、うっ血による体液量の増加に
よって全身にむくみ(浮腫)が起こります。

 

そしてこの過剰な体液は、胸水や腹水と
なって胸腹部に溜まってくるように
なると、肺水腫が起こります。

*肺水腫:
毛細血管から血液の液体成分が肺胞内へ
滲み出した状態、肺で酸素の取り込み
が障害されるため、呼吸不全になる

 

うっ血性心不全、肺水腫ともに
代表的な症状は呼吸困難です。
(悪化すると咳が出るようになります。)

 

腎不全の進行に伴って現れる呼吸の
異常はこの心不全が原因となっています。

 

また、慢性腎不全の最期、直接の死因
は心不全ということが多いです。

 

そしてもう一つ、
腎不全の深刻な合併症の一つに
『貧血』があります。

 

貧血は、腎臓の働きの一つである
造血ホルモンの分泌が低下するために
起こります。
また、ヘモグロビンの生成ができなく
なり、鉄欠乏を起こします。

 

ヘモグロビンは、赤血球の中にある
タンパク質ですが、肺から全身へと
酸素を運搬、二酸化炭素を回収する
役割を担っています。

 

このヘモグロビンが減少すると、
体全体にくまなく酸素の供給ができなく
なり、体は低酸素状態に陥ってしまいます。

 

そうなると心臓は大量の血液を流して
体の酸素不足を補おうとするため、
鼓動を早くし、激しく動きます。

 

これが動悸や息切れ、呼吸が荒くなる
などの症状として現れます。

 

ですから、貧血も程度にもよりますが、
呼吸困難の原因となるのです。

スポンサーリンク


<慢性腎不全に伴う呼吸困難の治療法>

 

慢性腎不全において、
血圧の管理は非常に重要な項目
ですから、腎不全の治療をしっかりと
行っているのであれば高血圧の治療
(降圧剤の投与など)は行われているはずです。

 

『高血圧の管理』

心臓はじめ他の臓器へのダメージを
最小限にとどめるためには、
収縮期血圧< 160 mmHgに抑える必要があります。

 

そのためには、

ACE阻害薬の投与
(血圧を上げる働きを阻害):アピナック錠、エナカルド錠など

*カルシウム拮抗薬の投与
(血管拡張作用):アムロジピン錠など

またこれらの併用。

が行われます。

 

これらは、犬で多い心臓病
(僧帽弁閉鎖不全症)の治療にも使われる
薬剤です。

 

また、すでに心不全や肺水腫などの
影響が顕著に現れている場合には、
強心剤や利尿剤などの薬剤が必要に
なることもあります。
(要は一般的な心臓病の治療と同様の
治療が必要になります。)

犬の心臓病の薬!種類や効果、副作用や注意点などまとめ!

 

『貧血の管理』

貧血の治療は、造血ホルモン剤
(エリスロポエチン)の投与が行われます。

また鉄剤の補給なども推奨されます。
(造血サポートサプリメントなど)

 

犬の腎不全の末期!痙攣などの症状や治療法、余命について!

 

ただ、腎不全の治療は進行を遅らせる
ためのものであり、腎臓を治すことは
できません。

 

そのため、治療を行っていても少しづつ
進行はしていきます。
そしてそれに伴い、合併症も悪化して
いきます。

 

ですから、しっかりと治療を行って
いても呼吸困難の症状が良くならない
場合には、すでに薬剤ではコントロール
できない状態になってきていると言えます。

 

逆に積極的に治療を行っていない
場合には、しっかり体の状態に合わせた
適切な治療を行えば、呼吸症状もある程度
改善、また軽減できる可能性もあります。

 

慢性腎不全は治らない病気ですが、
残された余命をなるべく楽に過ごさせて
あげるためには、症状に応じた対処療法
が大事になります。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です