泌尿器の病気

犬の腎不全にオメガ3の効果とは?血流や血圧改善がポイント!

腎不全は治らない病気だけど、
なるべく長生きさせたい・・
辛い症状を軽減させてあげたい・・

 

愛犬が腎不全と診断されると
色々と考えてしまいますよね。。

 

何か、体に良いものはないか・・
腎臓の負担を減らして長くもたせる
ことはできないか・・

スポンサーリンク


基本的に、腎不全の治療では、
食事療法(専用の療法食)が効果的とされ、
推奨されます。

 

その他、点滴や活性炭の投与、
症状に応じた薬剤投与などとなります。

 

そして、治療や薬剤以外で腎不全に良い
効果が期待できるとされる成分のサプリ
などもあり、その一つが『オメガ3(必須脂肪酸)』です。

 

基本的にサプリメントは副作用の
心配もなく、食品として摂取するため、
他薬剤などとの併用も可能なものが多く
それで少しでも良い効果が期待できる
なら、飼い主さんも安心だしうれしいですよね。

 

こちらでは、犬の腎不全にオメガ3の
期待される作用や効果、腎臓との関連や、
またオススメのサプリメントなどについて
まとめてみましたので参考にしてください。

 

<オメガ3脂肪酸の効果>

 

オメガ3は、人でもさまざまな有効性
で知られ、健康オイルとして有名ですね。

積極的な摂取が推奨されている
『必須脂肪酸』で、

・DHA(ドコサヘキサエン酸)
・EPA(エイコサペンタエン酸)
・ALA(αリノレン酸)

が代表的です。

 

必須脂肪酸は、体内で他の脂肪酸から
合成できないため、摂取する必要が
ある脂肪酸で、これは犬猫も同様です。

 

オメガ3が体に与える効果は、さまざま
なものがありますが、主に挙げられる
のが、以下になります。

 

『血流改善効果』

血液サラサラ効果とも言われますが
血管を拡張して血行を良くしたり、
血液凝集を妨げたりと、体中の血の
巡りを良くします。

 

『脳や神経細胞を活性化』

DHAが脳や神経を活性化させて
集中力や記憶力を高める効果がある
ため、学習能力の向上認知症予防
に有効です。
また、交感神経の高ぶりを抑制する
効果もあり、自律神経失調症鬱病など
にも効果的とされています。

 

『善玉コレステロールを増やす』

血中悪玉コレステロールを低下させ
善玉コレステロールを上昇させる効果、
また、血中脂肪を減らす効果や、血圧
を下げる効果があります。

糖尿病リスクの低下や肥満予防
また心臓疾患や脳卒中の予防などに
効果的です。

 

『抗炎症作用』

細胞膜内にオメガ3が増えると
炎症を引き起こす各種疾患に対して
抵抗性を示し、抗炎症作用を発揮する
ことが分かっています。

 

その他、人では美容効果などでも
知られていますね。

 

<オメガ3と腎臓の関連性>

 

上記のように、オメガ3には良い効果
がだくさんなのですが、そんな中で
腎臓に与える影響で大きいのが、

*血流改善効果
*血圧を下げる効果

です。

 

腎不全にが及ぼす悪影響の一つに
『高血圧』がありますが、
腎臓と血圧は切っても切れない関係
にあります。

 

腎臓の機能が低下すると余分な塩分や
水分の排泄ができなくなり、血液量が
増加し、血圧が上がります。

 

また、腎不全では、老廃物をろ過する
『糸球体』や尿の通り道の『尿細管』
が詰まることでろ過機能が低下します。
これを圧力をかけて何とか、ろ過しよう
とするために高血圧になります。

 

さらに、血圧が上がれば腎臓への負担が
増え、ますます腎臓の機能が低下する
といった悪循環が起こります。

 

そのため、腎機能低下を抑制するため
には、血圧のコントロールが非常に
重要であり、不可欠なのです。

 

腎不全の治療で降圧剤が使われるのは
このためです。

スポンサーリンク


<オメガ3の腎不全に対する効果>

 

ここで、オメガ3の血流改善効果の
出番です!

 

血液中の老廃物の処理は、腎臓の中の
糸球体と尿細管(ネフロンと呼ばれる)
で2段階に分けて
行われています。

 

この腎臓の働きで重要なのが
豊富な血流なのです。

 

高血圧の状態が長く続くと、動脈硬化に
よって腎臓の血管が硬くります。
そうすると腎臓に流れ込む血液量が減少
します。

 

血液量が減少すると、腎臓は血圧が
下がったと勘違いし、レニン(血圧上昇
ホルモン)を過剰に分泌させます。
そしてさらに高血圧に・・と。

 

そして、腎臓は体内の各臓器の中で
血流量が最も多い臓器です。

 

ですから、全身の血流、血液の流れを
スムーズにすることで、腎臓への血流量
を豊富に保つことができ、それによって

高血圧を防ぎ、悪循環を抑制することが
できるのです

 

そして、腎不全になっていると
すでに血流量も不足し、高血圧と
なっているので、その状態を少しでも
改善させるのにオメガ3の血流改善、
血圧を下げる効果が
期待
されるわけです。

 

人の分野では、すでにオメガ3脂肪酸の
慢性腎不全に対する有用性の検証は
行われていて、『オメガ3脂肪酸が腎臓病
進行を遅らせる』
ことが証明されています。
(たんぱく尿リスクの低減と末期腎不全
リスクの半減)

 

人と犬とでは、その食性も異なりますが、
腎臓の構造や仕組み、働きなどは人も
犬も同じです。

 

ですから、腎不全の進行を抑制するため
には、血圧のコントロールが重要かつ、
また腎臓への豊富な血流量を維持する
ことが、残りの腎機能をなるべく長く
持たせることにつながるというのも同じです。

 

そして、犬でもオメガ3は必須脂肪酸で
あり、積極的な摂取が推奨されます。
今は、プレミアムフードなどでは、
オメガ3を強化してあるものが増えてきました。

 

また、全身の血流が良くなるという
ことは、心臓の負担も減り、さらに
脳の活性化にもなるため、高齢によって
増えてくるさまざまな病気や認知症など
の予防にもつながるわけです。

 

まさに『健康オイル』と言えるでしょう。

 

<おすすめのオメガ3サプリ>

 

オメガ3サプリは、ペット用としても
さまざまなメーカーの商品があります。

 

オメガ3だけのもの、また他にビタミンE
などが配合されているものがありますが
腎不全用の療法食や良質なフードを
与えているのであれば、オメガ3だけの
ものでいいと思います。

 

また、添加物が入っていないものを
選びましょう。

 

液体タイプやカプセルタイプが多い
ですが、ペット用のものとしては、
以下がオススメです。

『鮪の油』

国産原料、国内加工、完全無添加の
液体タイプのオメガ3です。

食事に混ぜたり、飲み水に混ぜて
飲ませることができます。

 

体重にもよりますが、数滴程度で
いいので摂取しやすいです。

 

『メガオメガ3』

ジェルカプセルタイプのオメガ3です。

ホリスティックケアシリーズ
『アズミラ』のものです。

”Azmira(アズミラ)
FDA(米国食品医薬局)と
USDA(米農務省)の優良製品製造指針
に基づいて製造のナチュラルペット
ケア製品メーカーのひとつ”

 

カプセルごと飲ませるか、中身だけ
出して飲ませても大丈夫です。

 

魚油のオメガ3ですが、他カプセル製品
に比べ、1カプセル当たりのオメガ3
含有量が高い製品です。

 

その他、ペット用にこだわらなければ
人用の亜麻仁油のオメガ3がオススメです。

 

亜麻仁油は、一般的な魚油に比べ、
3倍ものオメガ3を含んでいます。

ペット用として亜麻仁油を使った
オメガ3サプリはないようです。

『フラックスシードオイル』

オメガ社のフラックスシードオイル
(亜麻仁油)です。液体です。

世界的にも安全で品質の良いオイルと
認められている製品です。

 

一応、人用として販売されていますが
犬猫に与えてももちろん問題ありません。

 

摂取量の目安は、体重によりますが、
小型犬であれば1日あたり小さじ1/2~1杯程度です。

 

これだと、人も健康のために愛犬と
一緒に摂取できますよ!
(人は大さじ1~2杯が目安です)

個人的には一番オススメのオメガ3です。

 

健康オイルで、腎不全の進行を少しでも
遅らせ、またなるべく苦痛なく過ごさせて
あげることができるといいですね!

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事

関連記事

  1. 犬の膀胱炎の薬!種類(抗生物質など)や投与期間と副作用など!
  2. 犬の肥満細胞種に分子標的薬イマチニブの効果や副作用は?
  3. 犬の腎不全に漢方薬の作用や効果は?症状軽減や進行抑制も?
  4. 犬の股関節形成不全にサプリメントの効果は?オススメなど!
  5. 犬の急性腎不全の原因や治療法と経過、予後について!
  6. 犬の慢性腎不全と強制給餌について!栄養剤やフードなども!
  7. 犬の腎不全による尿毒症!症状や体の状態、治療法や余命など!
  8. 犬の膀胱炎の痛みと対処法!排尿時に鳴く,触ると嫌がるなど!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP