ドッグフードを選ぶ基準!アレルギー体質や皮膚病が気になる場合!

犬では、皮膚病や外耳炎などの
疾患が非常に多いですが、その要因
にはアレルギーやアトピーなどの体質
が関連していることが多いです。

 

つまり、それだけ犬にも
アレルギーやアトピーが増えている
ということです。
人と同じですね。

スポンサーリンク


そして、その原因もさまざまなの
ですが・・特に犬では、食生活が影響
していることが多いとされています。

 

巷では、実に多くのドッグフードが
出回っていますし、オヤツなどは
さらに種類も多いですよね。

 

そして、その中には粗悪なものも
とても多いです。
素材の悪さも去ることながら、それを
隠すための化学薬品(添加物)がどっさり。

 

どこからどう見ても体に悪い影響しか
与えないような品質の悪いフード類が
多いのが現状です。

ドッグフードの粗悪品の見分け方や注意点と危険な添加物など!

これらの影響で、アレルギーなどを
起こしやすく、皮膚のカサカサ、痒み
などからさらに二次的に皮膚炎を併発、
悪化・・というパターンが多いのです。

 

もちろん、アレルギーやアトピーなどは、
生まれつきの体質などもありますが、
症状を誘発、悪化させるのは食事の問題
が大きいです。

 

ただ、逆に言えば、食事を気をつける
ことで、それらの症状を軽減、改善
できる可能性もあるわけです。

 

基本的に食物アレルギーでその原因が
分かっている場合には、そのアレルギー
食材を避ける食事療法となります。

 

アレルゲンとなりにくいタンパク質を
メインで使用した療法食などがそれです。
メーカーにもよりますが種類も豊富です。

 

ただ、実際にアレルゲンとなる食材を
突き止めるのは困難なこともあり、
またアレルゲンが一つではない場合も
多いです。

 

さらに、アレルギーは食物以外も
原因になりますし、アレルギー体質
のワンちゃんは、さまざまなものに
対してアレルギーを持っていること
も多いため、それらすべてを除去する
ことは非常に難しいと言えます。

 

そのため、長年アレルギーに苦しむ
ワンちゃんが多いのが現状です。

 

実際に人でも、確実に分かっている
アレルゲンが食材であればそれを避ける
ことでアレルギーを防ぐことができます
が、花粉やハウスダストなどの場合、
完全に防ぐことはできませんよね・・

 

ですから、近年では、アレルゲンその
ものの除外よりも、体そのものの体質
を変えることによってアレルギーを
克服しようという治療法が増えてきています。

つまり『体質改善』ですね!

 

そして、この『体質改善』のためには
食事が非常に重要になるのです。
人では、食事以外でも運動や生活スタイル
など体質改善のために色々と努力すること
はできますが、犬の場合にはその意識は
ありませんし、なかなか難しいですよね。

 

ですから、犬の場合の『体質改善』
では、まず食事から・・が一番なのです!

 

こちらでは、アレルギーや皮膚疾患
を繰り返すワンちゃんの食事選びや
体質改善のためのポイント、オススメ
のドッグフードなどについてまとめて
みましたので参考にしてください。

 

<体質改善のために大事なこと>

 

アレルギーは、体を守る『免疫(抗体を
作って排除する仕組み)』の過剰反応
よって起こります。

 

人もそうですが、犬でも病気の原因と
なる特定の異物(抗体)に対して、防御
や攻撃を行う免疫機能を持っています。

 

この機能が低下(免疫低下)すると
さまざまな疾患にかかりやすくなります。
免疫は健康な体を維持する上で非常に
重要なものなのです。

 

しかし、この免疫が本来、反応しなくて
いいようなものまで有害な異物だと
勘違いして過敏に反応して攻撃を
行ってしまうことがあります。
これがアレルギー症状です。
さまざまな食材や、ハウスダスト、花粉
などなど・・いろいろありますね。

 

つまり、免疫バランスを整える
(免疫調整)ことがアレルギー抑制の
大きなカギとなるのです。

 

そして、『免疫』と言えば『腸』
とも言われるとおり、体内の最大の
免疫器官、全体の70~80%の免疫を
司っているのが『腸』です。

 

そう!体質改善の一番のカギは『腸』
『腸内を健全な状態に保つこと、
腸内環境の改善によって、免疫が
整いアレルギー抑制に効果的』
なのです。

 

体質改善のための食事とは、
腸内環境を整えるための食事です。

 

スポンサーリンク


<腸内環境を整えるドッグフードの基本>

 

体質改善、免疫バランスを整えるために
は、腸内細菌のバランスを整え、腸内
環境を常に良好にしておく必要があります。

 

そして、そのための食事(ドッグフード)
で意識したいポイントは以下になります。

 

『高消化性の良質なタンパク質』

未消化物を減らす(消化管の負担軽減)

 

『良質な食物繊維』

腸内細菌のエサ&腸の蠕動運動を促す

 

『酵素や乳酸菌』

善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすことで
腸内細菌のバランスを整える

 

『化学薬品(添加物)無添加』

有害物質を体内に入れない

 

これらのポイントを抑えた上で、
その他、年齢やワンちゃんの体の状態
などに応じて強化したい栄養素が入って
いると尚いいですね。

 

<アレルギーや皮膚ケアにオススメのフード>

 

アレルギーやアトピー、皮膚疾患を
繰り返すワンちゃんの体質改善の
ために私がオススメしたいのが、
『みらいのドッグフード療法食
~皮膚、アレルギー用~』
です。

 

玄米菜食のヘルシー食生活で知られる
『マクロビオティック』の犬版の
ドッグフードとして大人気の
みらいのドッグフードの療法食です!

 

無農薬玄米や無農薬野菜などの高品質
マクロビ発酵素材によって徹底的な腸活
で大人気のメーカです!

 

鶏肉、豚肉、牛肉、小麦、トウモロコシ、
大豆、卵、乳成分という犬の8大
アレルゲンを不使用!
原材料のメインタンパク質は、良質な
タンパク質で低脂質の鹿肉とDHA,EPA
が豊富な魚類です。

そして、健康万能オイルとしても完璧、
皮膚の抗炎症効果も高く、さまざまな
皮膚疾患に摂取が推奨される
『オメガ3脂肪酸』も高配合!

 

オメガ3は、熱や酸化に弱いため、
ドッグフードへの配合は難しいのですが
こちらは、180℃でも破壊、酸化されない
サチャインチオイルを使用しているため、
フードからの摂取が可能となっています。

そして、みらいのドッグフードシリーズ
の強み!36種以上の漢方も!
アガリクスやメシマコブ、零芝など
免疫維持に効果的なβグルカンが豊富
なキノコ類を含む漢方薬膳の栄養成分を高配合!

 

さらに、腸内環境の改善に欠かせない
乳酸菌は、アレルギーやアトピー、
花粉症などに高い効果で知られる
『フェカリス菌』を使用!

犬のアトピーに乳酸菌の作用や効果とは?おすすめサプリも!

 

当然のことながら、完全無添加!
有害な化学物質(添加物)一切不使用!

 

さらに!
体の健康を左右する口内環境にも
アプローチ!

乳酸菌や酵素でできた口腔ケア
『マウスクリーンパウダー(食べる
歯みがき粉末)』
がセットになっています!

犬は、口腔トラブルが多いことでも
知られますが、こまめに口腔ケアを
しないと、若いうちから歯石が付着し、
それが元で歯肉炎、歯周病や歯槽膿漏
を起こします。
それに伴って口臭もひどくなってきます。

 

また、常に口腔トラブルを抱えて
る状態は、腸内環境にも悪影響を
及ぼします。

 

犬の口内環境と健康には密接な
関わりがあるとされていて、口内環境が
悪い犬は病気になりやすく、長寿の犬は、
口内環境が良好だとされています。

 

ですから、皮膚だけでなく体全体の健康
のためにも口内の衛生環境を整えておく
ことは大事なのです。

 

このマウスクリーンパウダーを毎食
フードにふりかけ、混ぜて食べさせる
ことで口腔ケアはもちろん、原料が
乳酸菌と酵素なので腸活にも完璧です!

 

皮膚トラブルやアレルギーのケア、
さらに健康長寿のために徹底的に追求、
こだわって作られているのが
『みらいのドッグフード
~皮膚、アレルギー用~』
なのです!

 

さらにみらいのドッグフードシリーズ
は嗜好性が高いことでも人気です!

 

このフードを与えていれば皮膚ケア系
のサプリなども基本的に必要ありません!

 

価格はそれなりに高いですが、
高品質プレミアムフードの療法食タイプ
ですから、効果のほども期待できます。

公式サイトではまとめ買いなどで
最大40%offで購入できるコースなども
ありますし、まずはお試し1度きりでも
お得な定期価格での購入も可能ですから
気軽に試しやすいと思います。

みらいのドッグフード~皮膚、アレルギー用~公式サイトこちら>

 

皮膚トラブルでかかる病院費用を
考えたら、高くても品質の良いフード
で体質改善から皮膚ケアを行って
少しでも皮膚トラブルを軽減、また
改善できればそれにこしたことはありませんしね。

 

皮膚の痒みは犬にとって激しい
ストレスとなります。
慢性的な皮膚トラブルがある場合、
早めにケアしてあげましょう。

 

薬剤に頼らず、健康的な食事で改善が
期待できるのであれば試してみる価値は
十分ありますから!

 

また、皮膚やアレルギーの軽減だけで
なく、健康長寿がも望めるわけです
から、一石二鳥ではないでしょうか^^

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です