犬の気管虚脱の検査~診断~グレードや症状~治療法など!

犬の気管虚脱は、特に小型犬で多く
見られ、中~高齢での発症率が高い病気です。

 

初期では軽い咳が出る程度なので
あまり重症のイメージはないかも
しれませんが、基本的に犬で咳が出る
のは怖い病気が多いです。
(心臓病や肺水腫など)

スポンサーリンク


そして気管虚脱も同様で悪化すると
呼吸困難~窒息で亡くなってしまう
可能性がある病気です。

 

また、そうなるまでの過程も激しい
苦痛を伴います。

 

ですから、まずは早期にしっかりと診察、
診断を受け、適切な治療を行い悪化を
防ぎ、症状を抑えることが大事です。

 

こちらでは、犬の気管虚脱の検査や
診断(グレード)、症状や治療法、注意点
などについてまとめてみましたので参考
にしてください。

 

<犬の気管虚脱の検査>

 

犬の気管虚脱は、気管を筒状に維持する
気管軟骨が弱く柔らかくなり、気管が潰れて
(扁平化)しまう病気です。


出展:https://tsuda-vet.com/

検査は、通常のレントゲンで診断できます。

気管内部の詳細を診るには、気管内視鏡
が必要になりますが、内視鏡の検査は
全身麻酔が必要になるため、基本的には
行われることはありません。
(気管虚脱のある子の全身麻酔はリスク
が高いため)


出展:https://blogs.yahoo.co.jp/familyah/


出展:http://www.sennan-ah.com/


出展:http://www.hosaka-ah.co.jp/

気管虚脱の診断には、基本的には
レントゲンだけで大丈夫ですが、
気管虚脱のある子は、心臓病(心肥大など)
も発症していることがあり、それらに異常
が見られた場合には、超音波検査などが
必要になることもあります。
(咳の原因が気管虚脱によるものだけ
なのかの鑑別が重要になります)

 

そして、全身状態の把握のため、血液検査
行われるのが一般的です。

 

また、重症の場合には、動脈血液中の
酸素分圧、炭酸ガスなどにより、肺機能を
評価する『動脈血液ガス検査』が行われる
場合もあります。

 

<犬の気管虚脱の診断・グレード>

 

気管虚脱は虚脱をおこす部位によって、
吸気(息を吸った時)、呼気(息を吐いた時)
のどちらのタイミングで虚脱を起こすの
かが変わってきます。

最も多いのは頚部気管虚脱です。
進行すると虚脱部位が拡がってきます。


出展:http://www.suematsuvet.com/

そして、気管虚脱の重症度は、
気管の扁平度(潰れ具合)によって
グレード分類されます。

 

『グレード 1』

気管内腔(断面)の25%以下の狭窄。
膜性壁が内腔に突出。
(C字型をした気管軟骨が途切れている
後ろ側の部分が膜性壁)

軽い咳や少し呼吸が速くなるのが
たまに見られる状態。

 

『グレード 2』

気管内腔(断面)の25%~50%の狭窄。
気管軟骨が変形、軽度の扁平化。

興奮時など何かのきっかけで咳や
苦しい呼吸、呼吸音が見られる状態。

 

『グレード 3』

気管内腔(断面)の50%~75%の狭窄。
気管軟骨が変形、中度の扁平化。

咳やガーガーという呼吸音が頻繁に
見られる状態。

 

『グレード 4』

重度の扁平化。
気管内腔(断面)の75%以上の狭窄。
内腔が消失、ほぼ塞がった状態。

日常的に苦しい呼吸と咳を繰り返し、
薬剤でもコントロールが難しくなって
くる状態。


出展:http://www.suematsuvet.com/

 

<気管虚脱の症状>

 

気管虚脱では特徴的な症状として、
『ガチョウの鳴き声のよう』と言われる
ガーガーッという呼吸音です。


乾いた空咳のようなケホケホっという咳


フゴフゴという豚の鳴き声のような呼吸音

ガチョウのようなガーガーという呼吸音

といった具合に悪化していくことが多いです。

 

また、咳もひどくなると痰を吐くような
重い咳になります。

 

さらに努力性の呼吸が見られたり、
ヨダレを垂らしたりもあります。

 

進行すると、連続した咳が出たり、
呼吸困難によるチアノーゼ(酸欠)を起こし
たりと苦しさが増していきます。

 

呼吸をしても思うように酸素が
取り込めないため、頑張って呼吸を繰り
返すため、気管に負担がかかり、炎症を
起こして腫れてしまうため、さらに気管内
が狭くなるという悪循環が起こります。

youtube ヨーキー

youtube キルシェ動物病院

この状態が長く続くと失神して倒れたり、
治療が遅れると完全に呼吸ができなくなり、
死に至ることもあります。

 

散歩などの運動中や興奮した時吠えた
食事中や水を飲んだ時夜間などに
特に咳が出やすくなります。

 

また、気温が高くなると口を開けて
ハーハーとするパンティングが増え、
それが長く続くことでも気管虚脱は悪化
しますので夏場などは要注意です。

スポンサーリンク


<気管虚脱の治療法>

 

気管虚脱の治療法は、

*内科治療

*外科治療

があります。

 

『内科治療』

内科治療はいわゆる対処療法で、
薬剤の投与によって、気管の炎症を
抑えたり、興奮状態を落ち着けたり、
などの対処療法になります。

 

状況にもよりますが、重度でなければ
薬剤で一旦、落ち着けることはできます。

*抗炎症剤
(ステロイドがメインとなり、効果は
高いですが、投与量や期間によっては
副作用の心配もあり)

*気管支拡張剤
(テオフィリンなど人では喘息の治療に
使われる気管支を拡げる作用)

*去痰剤(鎮咳剤)
(病原体などを痰や鼻汁によって体外
へ排出しやすくして気管支の炎症や
咳を和らげる)

*鎮静剤
(興奮を抑え、呼吸を落ち着かせるため
少しボーッとする程度の弱めの鎮静剤)

*抗生物質
(気管の炎症により、細菌感染を
起こしている、または起こす可能性
があるときに使用)

など症状に応じて薬剤を組み合わせて
投与を行います。

犬の気管虚脱の薬について!カルトロフェンやステロイドなど!

重症の場合には、酸素吸入(酸素室)が
必要になることもあります。

 

また、気管虚脱は肥満により悪化するため、
減量するだけでも症状が軽減しますので
肥満傾向のある犬の場合にはダイエット
が必要になります。

 

その他、日常生活での注意点、環境改善
として、

*首輪ではなく胴輪にする
(首輪は首の気管を圧迫したり刺激に
なるため)

*興奮させない
(興奮すると呼吸が早くなり気管に負担
をかけ炎症を引き起こすため)

*激しい運動はさせない
(激しい運動も呼吸が速くなり、気管に
負担をかけ炎症を引き起こすため)

*気温や湿度を適切に保つ
(季節にもよるが温度差や乾燥は避ける。
目安として室温20~23℃、湿度50~60%)

*空気清浄機など利用
(空気の汚れは呼吸器に悪影響となります。
特にタバコの煙などは厳禁。
その他、状況によっては空気清浄機など
を活用するのも◎)

などが必要になります。

 

グレードにもよりますが、基本的には
内科療法と上記に挙げた生活環境の注意に
よって70~80%は有効(コントロール可能)
とされています。(気管虚脱のみの場合)

 

ただ、内科療法では虚脱した気管を
元に戻すことはできないため、完治させる
ことはできませんので、一生治療を継続
しなくてはいけません。

 

また、進行していった場合、内科療法
だけではコントロールできなくなってくる
可能性もあります。
(内科療法を行っていても基本的に加齢
に伴い少しずつ進行していきます。)

 

その場合には外科手術を検討する必要
があります。

 

『外科治療』

外科治療は手術によって扁平化した
気管を正常に近い内腔の状態に形成
することです。

 

手術法はいくつかあり、メリットや
デメリットなどあります。
基本的には扁平化した気管に潰れない
ように器具を装着し、気管を拡げる手術になります。

 

手術が成功すれば気管は拡がり、呼吸も
楽になりますので、完治と言える状態
に持って行くことができ、その後は薬剤
などの投与は必要なくなる可能性は高いです。

気管虚脱の手術について詳しくはこちら↓

犬の気管虚脱の手術法や費用、予後など!完治の可能性は?

 

<まとめ>

 

犬の気管虚脱は発症原因も明確には
分かっておらず、治療の難しい病気ですが
なるべく早期に発見、治療を行うことで
進行、悪化を防ぐことも可能です。

 

また、近年は予後の良好な手術も
推奨されるようになってきました。

 

発症するのが中~高齢になってからが
多いですが、今は犬の寿命もさらに
伸びてきていますので、なるべく苦しい
思いをさせないように最期のときまで
楽に生活させてあげられるように積極的
に治療をしていくことが必要だと思います。

 

気管の狭窄によって呼吸が満足にできない
のは相当の苦しさを抱えることであり、
ストレスも伴います。

 

まずはしっかりと検査をして、診断を
受け、適切な治療法を選択、予後も
見据えて定期的な検診を続けていくこと
が大事です。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です