犬の心臓病用のフード!療法食の種類や価格などまとめ!

心臓病・・というと人では食事の
塩分制限などの食事療法が推奨されて
いますね。

 

犬も心臓病は多く、死因の第2位となって
いるほどですが、根治が難しく(手術がまだ
一般的ではないため)治療の基本は対処療法で
薬剤などで進行を遅らせたり、症状の軽減を
目指すものです。

スポンサーリンク


そして、犬の場合も心臓の負担を軽くする
ために食事療法が効果的なことがあり、
心臓病専用の療法食も各メーカーから
発売されています。

 

ただし、どうしても療法食は食べて
くれない子もいますし、切り替えが
なかなか大変な場合もあります。

 

特に、心臓病が進行して食欲が落ちて
きている状況のときなどはなおさらですね。

美味しいものなら少しは食べる気にも
なれど体調悪いときにわざわざあまり
美味しくないもの(?)を食べようとはならない
ですしね・・

体調悪いときに、食べずにさらに体力が
落ちては逆効果となりますし。

 

ですから、心臓病用の療法食に切り替える
のであればまだあまり進行していない
状況で少しずつ変えていくのが◎です。

 

もちろん進行していても普通に食べて
くれるなら問題ありませんし、品質の
悪いフードや人の食べ物ばかり与えている
のであれば変えた方がいいです。

 

まずはお試しで与えてみるのがいいですね。
今は各メーカーさんも企業努力を重ねて
嗜好性もずいぶんと良くなってきては
いますので。
(食べてもらえなきゃ食事療法とならず
意味ありませんしね。。)

 

そこでこちらでは犬の心臓病用の療法食
についてまとめてみましたので参考に
してください。

犬の心臓病の薬!種類や効果、副作用や注意点などまとめ!

 

<心臓病の食事療法とは>

 

犬の心臓病の食事管理のポイントとしては、

*塩分(ナトリウム)制限

*リンの制限

*タウリンの強化

*カロリー制限

などです。

 

『塩分(ナトリウム)制限』

塩分を摂り過ぎると喉が渇き、水分摂取量
が増え、血管に流れる血液量が増えて
血圧が高くなります。

 

塩分を多く摂ると体内のナトリウムと
水分の量を調整するために血液量が
増えて高血圧になるということです。

 

高血圧状態が長く続くと、全身に血流を
送り出す心臓はより強い力が必要となり
負担が増し、心肥大が起こります。

 

もともと心臓病を患うワンちゃんたちは
心肥大を起こしている、もしくは起きる
状態ですので、さらにそれを進行させて
しまう可能性が高いということです。

 

ですから、食事中の塩分制限が大事に
なります。

 

『リンの制限』

心臓の働きが低下して、体に十分な血液が
行き渡らなくなると各臓器にさまざまな
影響が出てきますがそんな中でも豊富な
血流量が必要な腎臓が一番影響を受けます。

 

そのため、心臓機能が低下した犬は
腎機能の低下が起こりやすく、腎不全
になる可能性が高くなります。

 

リンは食事によって体内に入るとその
約半分が腸管から吸収されて尿として
排泄されますが、腎臓の機能が低下すると
リンを尿中に排泄することが難しくなるため
徐々に体内に溜まっていき、高リン血症
引き起こします。

 

高リン血症が進行すると血管の石灰化
が起こり、動脈硬化、心筋梗塞や脳梗塞
などの疾患を発症しやすくなります。

 

そのため、心臓病の食事では腎臓への
影響も考慮してリンも制限するのが望ましいのです。

 

『タウリンの強化』

タウリンはアミノ酸の一種で、体内の
あらゆる臓器に分布していますがその
50~80%は筋肉や心臓に存在しています。

 

そして、タウリンには、心臓から出る
血液量を増やし、心筋の収縮力を高め、
うっ血性心不全を防ぐ作用があるため、
心不全の治療薬としても使われています。

 

犬の心臓病でも弱った心臓機能の
サポートのためにタウリン補給が
望ましいです。

 

『カロリー制限』

肥満体は、活動時に心臓は肺や筋肉により
多くの血液を送り出さなければならず、
心臓に過度の負担がかかります。

 

これが心臓病がある場合だと心臓は
かなりのダメージとなります。

 

そのため、心臓病の子で肥満の場合には
痩せるように、また太らせないように、
という指示が出ます。

 

そして、心臓病のある犬は運動制限
(過度な運動は禁忌)があるため、運動
によるダイエットができませんので、
食事によって体重管理をすることが
大事です。

 

犬の心臓病用の療法食では主にこれらの
ことが考慮して作られています。

スポンサーリンク


 

<犬の心臓病用の療法食>

 

犬の心臓病用の療法食は各メーカー
からさまざま発売されていますが主要な
ものをまとめてみました。

 

【みらいのドッグフード】

 

国産の高品質なドッグフードメーカー
から2018年11月に心臓病用の療法食
が発売されました。

 

心臓のサポートだけでなく、体全体
の健康をトータル的に考えられ、最新
の臨床栄養学に基づいて作られています。

 

原材料も高品質、安心安全の療法食です。

品質的には、これが一番オススメの
心臓病用の療法食です。

詳しくはこちら↓
ドッグフードで心臓ケア!栄養制限,嗜好性,無添加の安心療法食!

 

【ロイヤルカナン】

 

ロイヤルカナンは、動物病院で勧められる
療法食のメーカーとしては一番人気だと
思います。

心臓病の療法食として2タイプがあります。

 

『心臓サポート1+関節サポートドライ』

心臓病としては初期のサポート用で、
ナトリウム含有量を0.34%に制限
タウリンとカルニチンを配合。

また、プラスで関節疾患のサポートも
兼ねており、オメガ3脂肪酸、グルコサミン
やコンドロイチンも配合。

犬は関節疾患も多いため、そちらも
考慮されています。

 

心臓病としては、初期で

*顕著な症状はないが聴診で心雑音があると
言われた。

*先天性に心疾患が起きる可能性が高い
犬種(キャバリアなど)。

*関節疾患もある。

などの場合が適応となります。

 

ドライフードは1kg3kgがあります。

参考価格:amazon
1kg/¥2,775~
3kg/¥5,381~

 

 

『心臓サポート1 缶』

心臓サポート1の缶詰(ウェット)
タイプですが、こちらは関節サポート
対応ではなく、心臓のみに配慮されています。

 

心臓病としては同じく初期対応
ナトリウム制限、タウリンとカルニチン
配合ですが、腎臓に配慮してリンも制限
してあるので腎不全の初期にも適応となります。

 

参考価格:amazon
一缶(200g入り)/¥291~
12缶セット/¥3,490~

 

『心臓サポート2 』

心臓サポート2は、すでに進行してしまった
心臓病の犬に適応となります。

さらなるナトリウム制限(0,13%)
リン制限、タウリン・カルチニン配合。

 

心臓サポート2はドライと缶詰があります。

ドライフードは1kg3kg
缶詰は200g入り

参考価格:amazon
1kg/¥2,354~
3kg/¥4,891~
一缶(200g入り)/¥291~
12缶セット/¥3,490~

 

【ヒルズ】

 

ヒルズは療法食としては歴史の古い
王道のメーカーで今も動物病院では
支持されていますね。

 

ヒルズの療法食のラインナップでは、
心臓病専用と言うのはありませんが、
腎疾患用の腎臓ケアが心臓病のサポート
用になっています。

 

『腎臓ケア K/D』

腎疾患ではタンパク質制限が必要
ですが、その他ナトリウム制限、
リン制限、オメガ-3脂肪酸などが
配合されています。

前述したように心臓疾患では腎臓への
ケアも必要になってくることから、
腎臓+心臓のサポートが一緒になった
療法食です。

 

K/Dはドライと缶詰があります。

ドライフードは1kg3kg
缶詰は156g入りと370g入り。
(缶詰はシチュータイプとペーストの
2タイプあり、フレーバーも色々あります。)

参考価格:amazon
1kg/¥1,977~
3kg/¥4,998~
一缶(200g入り)¥294~
一缶(370g入り)¥383~

 

【ドクターズケア】

 

ドクターズケアは、国産(開発、製造)
の動物病院専用フードとして療法食を
手がけているメーカーです。

 

『ハートケア』

ナトリウム、リン制限、タウリンや
EPA,DHA、アルギニン配合など
心臓・腎臓ケアに対応。

また、関節の健康維持にも配慮して
グルコサミンも配合されてます。

 

粒が小さいので小型犬でも食べやすく
嗜好性も良いため、人気が高いです。

 

ハートケアは、ドライフードのみで
1kg3kgがあります。

参考価格:amazon
1kg/¥2,503~
3kg/¥5,983~

 

【スペシフィック】

 

スペシフィックは、食の品質と安全性に
対する意識が高いデンマーク生まれの
メーカーで北欧産の原材料にこだわった
自然派のヘルシーフードが売りです。

添加物も最小限に抑えられています。
合成フレーバーが使われていないのに
嗜好性が高いのも特徴です。

 

『低Na-リン―プロテインCKD・CKW』

心臓病、腎不全、肝不全に配慮した
療法食で、ナトリウム、リン、タンパク質
を制限。

合成着色料を使用していないため、
フードの色にバラつきが見られる
場合がありますが問題ありません。

 

ドライとウェットがあります。

ドライフードは2,5kgと6,5kg
缶詰は100g入りと300g入り。

参考価格:amazon
2,5kg/¥3,674~
3kg/¥8,484~
一缶(100g入り)×7個/¥1,720~
一缶(300g入り)×5個/¥2,087~

 

【FORZA(フォルツァ)10】

 

世界基準のオーガニックフードとして
知られるFORZA10の療法食は、
漢方原料や植物療法原理にも注目して
開発されています。

 

心臓病用というのはありませんが、
腎臓用が心臓用にも使えます。

 

『リナールアクティブ』

タンパク質とリン、ナトリウムを
制限。
加水分解タンパクを使用していて、
フードに起因する食物アレルギーにも
配慮しています。

 

ドライとウェットがあります。

ドライフードは、小粒が100g800g2kg
中粒が8kg
缶詰は100g入り。

参考価格:amazon
100kg/¥450~
800g/¥2,115~
2kg/¥3,999~
8kg/¥10,584~
一缶(100g入り)×12個/¥4,147~

 

 

*進行した心臓病の場合、ロイヤルカナン
の『心臓サポート2』が心臓の負担軽減
では一番効果的です。

 

 

その他、療法食ではないですが、ヒルズ
のサイエンスダイエットプロでは、
『小型犬用 健康ガード 腎臓・心臓 7歳~』
などもあり、独自の蛋白質とミネラル類
のブレンドで、健康な腎臓・心臓への負担
が考慮された一般食もあります。

療法食よりは効果は落ちますが、
他の一般食を食べているよりは、心臓
の負担軽減になりますので療法食を
食べないような場合には試してみるのも
いいと思います。

 

また、一般食であれば、せめてシニア用
にするのが心臓病にはいいですが、
若い子(4歳未満)の場合には、症状や進行度
にもよりますので食事については動物病院
で相談してみてくださいね。

 

食事療法などを併用することで少しでも
症状を軽減して進行を抑制できるといいですね。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です