循環器の病気

犬の心臓病の症状!咳の原因や対処法(止めるには?)など!

犬の心臓病は比較的多く、特に
中~高齢の犬では良く見られる疾患です。

 

心臓病にも色々ありますが、犬で
一番多いのは『僧帽弁閉鎖不全症』です。

特に小型犬や高齢犬で多く発症する心臓病
です。(また遺伝的に発症しやすい犬種も
あります)

スポンサーリンク


その他、『フィラリア症』によるもの、
大型犬に起こりやすい『肥大型心筋症』
などがあります。

 

いずれもその病態は異なりますが、
目に見える症状としては、どれも同じような
症状が出ます。

 

要は、さまざまな原因によって心臓が
正常に機能しなくなるために起こるので
その結果の症状としては同じようなもの
がほとんどなのです。

 

そんな心臓病の症状の中で一番分かりやすく
多いのが『咳』です。

 

『咳』が出る病気は、他にもありますが、
咳にもさまざまあり、ケホケホっという
軽い感じの咳から、痰を吐くような重く
苦しそうなケーッという特徴的な咳があり、
重い咳の多くは心臓病や肺水腫などが原因と
なっています。
(軽い咳はケンネルコッホなどの気管支炎)

 

心臓病の咳は苦しそうで見ている飼い主
さんも辛いですよね。
また、声(音)も大きいため、とても
分かりやすく特徴的な咳と言えます。

 

そのため、とにかく咳が気になる・・
なんとか止めてあげたい・・
と思いますよね。

 

こちらでは、犬の心臓病の症状の一つである
『咳』が出る原因や対処法、お薬などに
ついてまとめてみましたので参考にしてください。

 

<心臓病で咳が出る原因>

 

心臓病の初期では、疲れやすくなる
(歩きたがらない)、運動しなくなるなど
で、咳のような目立った症状は出ません。
ただ、聴診すると心雑音は出ています。

 

進行してくると、呼吸が苦しそう(ゼーゼー
する)な様子や少しづつ咳が出てくるよう
になり、放置すると咳はどんどんひどく
なり、呼吸困難に陥ったりします。

 

つまり、咳が出るようになっている時
には、心臓病は初期でななく、ある程度進行
している状態
です。

 

心臓が悪くなるとなぜ咳が出るのか?
これには大きく分けて以下の2つの原因があります。

*気管の圧迫によるもの

*胸水や肺水腫によるもの

です。

 

『気管の圧迫によるもの』

どのタイプの心臓病も基本的には
心臓が正常に働かなくなりますが、心臓
はそれでも一生懸命にそれをカバーしよう
と動き続けるため、正常時よりも激しい
負担がかかります。

 

それが長く続くと、心臓は少しずつ大きく
肥大していきます。

 

この大きく肥大した心臓は、気管に
接触するまでになり、刺激を与えたり、
圧迫したりすることになります。

これによって、咳が出ます。

 

気管が圧迫されたり刺激を受けることに
よって出る咳はどちらかと言うと軽めの
咳です。

 

『胸水貯留・肺水腫によるもの』

心臓が悪くなると、血液を全身に送り出す
ポンプ機能が弱まります。
そのため、血液がちゃんと流れてくれず
肺の血管がうっ血して、血管から水分が
漏れ出てしまう状況が起こります。

 

これが肺の実質に起きると『肺水腫』、
胸膜の中に出たものが『胸水』です。

 

いずれにしろ、肺が溺れた状態になってます
ので満足に呼吸ができず、苦しい状態です。

 

そして、この水を吐き出そうとして
出るのがです。
痰を吐くように下を向いて深くケーッ
とする咳です。

 

実際に痰が出たり、吐いてしまう場合も
あり、嘔吐と間違われる飼い主さんも
多いです。

 

肺水腫の咳は非常に苦しく辛い咳で、
犬の心臓病で見られる特徴的な咳です。
(他の病気、リンパ腫や肺ガンなどで
肺水腫になっても同様の咳が出ます。)

youtube copua miyu

 

<心臓病の咳の治療法>

 

心臓病は、原因にもよりますが、
根本的な治療ができないタイプでは
あくまでも内科的治療(対処療法)となります。
(僧帽弁閉鎖不全症では外科手術が適応
となることもありますが大きな病院や専門施設
でしか受けられないため、多くは内科的治療
となります。)

 

そして、咳に対しても同様で、
いわゆる咳止めのようなお薬は効果が
なく、咳が出るに至っている心臓や肺の
状態をお薬によって少しでも改善する
ことで咳を軽減させる治療になります。

 

基本的には飲み薬の投与です。

心臓病のお薬は、症状にもよりますが
さまざまな作用のものを複数投与するのが
普通です。

*強心剤
(心臓の働きを強くする)

*降圧剤
(血管を拡げ、血圧を下げる)

*気管支拡張剤
(肺の気道、気管支を拡げる)

*利尿剤
(水分を体の外に出す働きを促す)

などなど、状況に応じて処方されます。

犬の心臓病の薬!種類や効果、副作用や注意点などまとめ!

特に肺水腫が起こっているときには、
利尿剤が重要になります。
ただし、利尿剤を服用すると喉が渇く
ため、状態を見ながら増減していくように
なります。

 

定期的な診察、検査を受けながら
お薬の種類や量を調節していくことで
良い状態を維持できれば、咳を止める
ことも可能です。

 

そして、お薬は飲み続ける必要があり、
上手くコントロールできれば長期的に
症状を抑えることができますが、それでも
ゆっくり少しづつは進行していく病気です
から、お薬の種類や量は状態に合わせて
調節していかないといけません。

 

また、かなり進行した状態の肺水腫で
胸水の溜まり具合がひどい場合には
お薬だけで咳の軽減は難しく、状況に
よっては、胸の水を抜く処置が必要になる
こともあります。

 

直接、胸に針を刺して水を抜く処置
ですが、基本的に麻酔なしで行われます
(心臓病の犬に麻酔はかけられない)ので
大人しい犬でないと難しいです。

 

また、胸水にはタンパク質や糖分など
多くの栄養素が含まれていますので、一気
に大量の胸水を抜くと、体調が悪くなり、
体力が低下してしまう場合もあるため、
慎重に行う必要がある処置です。

 

胸水除去は、呼吸困難や胸水の咳に対しては
即効性がありますが抜いてもまた溜まって
きますのでその後いかにお薬で溜まりにくく
コントロールできるかとなります。

スポンサーリンク


<咳の軽減のための対処(注意すること)>

 

心臓病による『咳』は、感染症や異物に
よる炎症や刺激、また乾燥などから起きる咳
とは全く異なります。

 

そのため、喉を潤したり、保湿したり
などの一般的な咳を鎮めるような対策は
逆効果になる可能性がありますので
行わないでください。

 

心臓病の咳の軽減には、心臓肥大を
抑制し気管圧迫を軽減させることと、
胸に水が溜まらないようにすることです。

 

そして、これらは基本的にお薬で対処するか
手術しか方法はありません。

犬の心臓病の手術!リスクや成功率と予後や費用などまとめ!

ですから、飼い主さんができる対策としては、
心臓病の悪化を防ぎ、お薬の効果を最大限に
発揮させるために日常生活においていくつか
注意してあげることです。

 

【注意すること】

『お薬は絶対に切らさない』

心臓のお薬は悪くなった心臓を治すもの
ではなく、あくまでも心臓の働きを補助
しつつ、症状の軽減を目指すものです。

 

そのため、投薬中に楽になった心臓は
急に薬を止めると一気に負担がかかるため
悪化する可能性が高く、危険です。

 

『飲水量の制限』

胸の水を抜くために利尿剤が処方される
ことが多いですが、利尿剤を飲むと喉が
乾きます。(利尿剤の量にもよります)

しかし、だからと言って飲みたいだけお水を
飲むと体の水分量が増し、利尿剤の意味が
なくなってしまいます。

 

心臓病による肺水腫を予防するためには、
お水は通常時よりも少なめにする必要が
あるのです。

 

飲水量制限がされるときには、体重当たり
で一日の上限飲水量を指示されるはず
ですのでそれを守りましょう。

 

ただ、喉が乾いているのにお水があまり
飲めないのは可哀想ですから、氷を
与えて、時間をかけて舐めさせて気を
逸らしてあげたり、一気に飲まさず、少量
ずつ回数を多くして与えたりと色々と工夫
してみてください。
(氷なども飲水量に含みます)

*咳に関しては飲水量の制限が効果的ですが
脱水症状を起こす可能性もあるため、利尿剤
の投与量の調整が重要です。

 

『気温に注意』

季節にもよりますが、夏場など暑い時期
には呼吸数が多くなり、心臓に負担が
かかりやすくなります。

 

また、通常であれば熱中症の予防のためにも
十分な水分摂取が必要になる季節ですが、
心臓病の場合には水分量も制限しないと
いけないため、なるべく暑くないように
室温を調整してあげる必要があります。

 

犬種や年齢にもよりますし、暑さの感じ方
には個体差もありますが、心臓病の犬の
場合は目安として22~23℃以下を維持して
あげるのが良いです。

 

また、気温変化も負担をかけますので、
室内でも犬の生活環境中では各部屋の
温度の違いにも注意する必要があります。

 

『肥満に注意』

肥満は心臓病の大敵です。
体重を増やさないように、また肥満気味の
場合には、少しずつダイエットするように
食事量を調節しましょう。

 

ダイエットといえば運動が良いのですが
心臓の悪い子は、心臓に負担になるため
食事による減量しか方法はありません。

 

『運動制限』

呼吸や咳が落ち着いているときであえば
短時間の散歩でゆっくり歩かせる程度で
あれば大丈夫なこともありますが、基本的
には控えるのがベストです。

特に気温の高いときや日中の暑い時間帯
などの散歩は厳禁
です。

 

また、首輪は気管を圧迫したり刺激を与える
ことになり、咳が出やすくなるため、胴輪
にしましょう。

 

『安静』

興奮すると咳が出やすくなります。
興奮してしまう状況を避けるようにして、
なるべく落ち着いた生活を送らせるようにしましょう。

 

<まとめ>

 

心臓病の咳(特に肺水腫や胸水によるもの)
は、命に関わる危険がある咳です。

 

そして、咳だけでなく呼吸も苦しい状態
になっており、突然、呼吸困難になって
突然死する可能性も十分にあるのです。

 

そして、本人(犬)は非常に苦しいです。
多くの犬は、咳が止まらないときや苦しい
ときには横にもなれず、お座りの姿勢を
取ります。
それが一番楽な姿勢なのです。
つまり、ゆっくり寝ることもできないのです。

 

咳と言うと軽い症状にも考えられがち
ですが、心臓病による咳はとても危険
で苦しいものだと理解しておきましょう。
そして一刻も早くできる限りの対処療法
を行ってあげましょう。

 

お薬を飲んでいても多少、咳が出ることは
あると思います。
状態にもよりますが、完全に咳を抑える
ことは難しい場合もありますし、いずれお薬
では抑え切れなくなってきます。

 

ただ、心臓のお薬もさまざまなタイプの
薬剤を組み合わせたり、量を調節したり
しますので、ちゃんと状態を伝えて
診察を受ければ、一番効果的な組み合わせ
でお薬を処方してもらえます。
(お薬の内容はずっと同じではないということです。)

 

また、症状は落ち着いているように
見えても、聴診すると雑音が多くなって
たり、悪化が見られることもあります。

 

ですから必ず定期的に診察を受けて
お薬を処方してもらうようにしてください。

 

間違っても市販の咳止め薬などは
与えないでくださいね。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事

関連記事

  1. 犬の心臓病の薬!種類や効果、副作用や注意点などまとめ!
  2. 犬の僧帽弁閉鎖不全症の手術が可能な全国の動物病院まとめ!
  3. 犬の心臓病(僧帽弁閉鎖不全症)ステージ分類で見る症状や治療法!
  4. 犬の心臓病用のフード!療法食の種類や価格などまとめ!
  5. 犬の肥満は危険!リスクの高い病気や寿命との関連性について!
  6. 犬の心臓病と楽な姿勢について!横になれない、寝れないなど!
  7. 犬の心臓病と温度管理!暖房や冷房、温度差や注意点について!
  8. 犬の心臓病の手術!リスクや成功率と予後や費用などまとめ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP