犬の夏バテ対策と予防!水分補給や食事、おすすめグッズなど!

夏バテ注意!!

うだるような暑さが続くと人も体調を
崩しやすくなりますよね・・

 

でも犬の方が人よりもずっと暑さに弱い
動物です。
そのため、犬は夏バテや熱中症を起こし
やすいわけです。

スポンサーリンク


そして、人の場合だと・・
暑いし体調崩しやすい時期だから水分補給
や食事、気温の変化などに注意して夏バテ
しないように・・などと意識することも
できます。

 

しかし、犬の場合には与えられた環境の
中で自分なりに冷たい場所を探したり、
舌を出してハーハーすることで体温調節
をすることしかできません。

 

そして、高温多湿の状況が続き、口呼吸
だけでは、体温調節がうまくできなかったり、
体内の水分が不足したり、ゆっくり寝たり
休んだりすることができなくなると自律神経
が乱れ、さまざまな不調(夏バテ)が起こって
きます。

 

人のように汗をかいて体温調節することが
できず、全身を被毛で覆われている犬の場合は
特に体温を下げづらいため、夏バテもしやすいのです。

 

つまり、愛犬が夏バテしないよう健康を
維持するためには生活環境を含め、さまざまな
対策を飼い主さんがしてあげないといけません。

愛犬を守れるのは飼い主さんだけです!

 

暑~い夏!
人も犬も家族みんなで乗り切りましょう!

 

こちらでは犬の夏バテ防止のために
できる対策などをまとめてみましたので
参考にしてください。

犬の夏バテ症状~嘔吐や下痢~対処法や治療について!

 

<犬の夏バテ防止対策>

 

愛犬の夏バテ防止のために大事なことは、
大きく分けて、

*水分補給(脱水を防ぐ)

*温度管理(生活環境など工夫)

*食事(適切な栄養補給)

などです。

 

『水分補給』

犬は体温を下げるためにハーハーとして
口から熱を放出します。(パンティング)
そしてこのパンティングには体内の水分が
使われます。

 

そのため、体温を下げようと必死で
パンティングをすればするほど体内の
水分は失われていきます。

 

その分、しっかりと水分摂取ができるよう
常に新鮮なお水が飲めるようにしておく
ことは当たり前なのですが・・
特に夏場は積極的にお水を飲ませるよう
にする必要があります。

 

脱水予防のための水分補給をしっかり
させるためには、

*ハイポトニック飲料を与える
*アイソトニック飲料を与える
*循環式の給水器を使う
*風味付けをしたお水を飲ませる

などがあります。

 

【ハイポトニック飲料】

ガブガブとお水を飲めない場合、
少量摂取でも脱水症を防ぐことができるのが
経口補水液(ハイポトニック飲料)です。

こちらのハイドロチャージはペット用の
経口補水液なので犬猫が好む味付けがしてあります。

 

猫は神経質なため、好みの味でなければ
飲ませるのは難しい場合もありますが、
犬の場合、比較的嗜好性が良く飲んでくれる子
が多いです。

 

経口補水液は脱水症の治療にも使われます
ので体内の電解質や糖質を補い、腸での
吸収がとても早いので脱水予防のための
摂取もオススメです。

 

通常の飲み水の他、一日に1~2回程度
与えてあげるだけでも効果があります。

 

【アイソトニック飲料】

ハイポトニック飲料よりは吸収が遅いため、
効果は落ちますが、人でいうアイソトニック
飲料(スポーツ
飲料=ポカリなど)を与えるのも
効果があります。

 

ただし、人と犬では体液の電解質組成が
異なりますので、ペット用のものを与える
のをオススメします。
(また、人用のスポーツ飲料は犬には
塩分や糖分が多すぎます)

アイソトニック飲料も状態に応じて
一日に1~2回程度、与えるといいです。

 

あくまでも脱水予防のための水分補給
ですから、飲み水すべてをハイポトニック
飲料やアイソトニック飲料にするのではなく、
様子を見ながら少しづつ与えるようにしてください。

 

特に、散歩や運動の後など水分補給が
必要なときに飲ませてあげるといいですね。

 

【循環式の給水器を使う】

犬にもよりますが、循環式の自動給水器
など水が流れたり湧き出してくるタイプ
の給水器の水を好む子も多いです。



給水器にも色々なタイプがありますが、
基本的に循環式で常に水が流れて
回っているので夏場でも置き水よりは
水温が低くなりますので、体温を下げる
ためにも良いです。

 

特に日中のお留守番の際などにも
いいのですが、電気式ですのでイタズラ
好きなワンちゃんなどは電気コードを
噛んでしまったりなど注意です。

 

また、万が一の停電の際、止まってしまう
ので給水器のタイプによっては水が飲めなく
なってしまうこともありますので、止まっても
溜まった水が飲めるタイプの給水器ではない
場合には、別に置き水は必ず準備しておきましょう。

 

【風味付けをしたお水】

愛犬に、鶏ササミなどを与えておられる
飼い主さんもいらっしゃいますが、
ゆで汁を捨てずに冷まして飲ますなど愛犬
が好んで水分摂取できるように工夫したり
もいいですね。(ただし、味付けはしないで
ください)

 

また、好みにもよりますがドライフード
などは直前にお水を足してあげて、食事
をしながら水分も一緒に摂れるようにする
などもいいです。

スポンサーリンク


<温度管理>

 

人と犬では暑さの体感温度が異なります。

犬種や年齢、健康状態によっても
変わりますが、目安として人が暑いと
感じる温度の3℃くらい低い温度でも
犬は暑さを感じています。

 

ですから、エアコンの温度設定も人では
28℃が推奨されていますが、犬にとっては
それでは暑すぎます。
犬の快適気温は22~26℃です。

 

ただ、22~23℃では人が寒すぎる場合も
ありますのでそこはワンちゃんの状態を
見ながら臨機応変に設定していく必要が
あります。(熱中症のリスクが高い犬種
では22℃もしくはそれ以下が安全です)

 

人も犬もある程度快適に過ごすためには、
犬用の冷んやりグッズなどを活用するのが
オススメです。

大理石マット↓

ひんやりグッズもさまざまなタイプが
ありますが、留守中などは上記のような
電気も使わず安心安全なものがいいです。
エアコン+グッズで快適に!

 

飼い主さんの在宅中であれば扇風機や
冷風扇などを使ったり、状況に応じて
ワンちゃんの周りだけ涼しくするなど
対処してあげるといいですね。

 

<食事(適切な栄養補給)>

 

人でもそうですが、犬も夏場は食欲が落ちたり
食が細くなる子も多いです。

 

暑くてあまり動かない・・
散歩の時間が減った・
など単に消費カロリーの減少から食事量が
減る場合もあります。

 

室内と屋外の気温差・・
室内でも部屋によっての温度差・・
暑くてゆっくり眠れない・・
などによって自律神経が乱れ、それによって
胃腸の働きが弱って食欲が落ちる場合もあります。

 

そのため、暑い時期に食事量が減ったり、
食欲にムラが出るのはある程度しょうがない
ことです。
特に暑さに弱い犬にとっては当然のこと
とも言えます。

 

ですから、健康な成犬であればある程度の
食欲減少はあまり心配する必要はありません。
(子犬や幼犬、老犬や病犬などは食欲不振
が続くと体に負担を与えますので注意が必要です)

 

・・とはいえ、やはりあまり食べないと
体力低下や夏バテを助長する場合もあります
ので心配になりますよね。

 

そんな時には、食べてもらうために
少しでも美味しいものを・・と考えてしまい
がちですが・・色々と与えるのはあまり
良くありません。

 

というのも犬は賢いので普段より美味しい
ものを与えられるとそれまで食べていた
ドッグフードを食べなくなってしまうこと
が多いです。

 

人の食べ物など手作り食を与えている
場合は別ですがドッグフードが基本の場合
には、あくまでも主食のドッグフードを
メインにそれを少し食べやすいように
トッピングするなどしてあげるのが一番です。

 

スープタイプのものであれば水分も
摂れますし、手軽にドライフードにかけて
あげられるのでオススメです。

そして、愛犬のためにも中身はしっかりと
吟味しましょう。
余計な添加物は不要です。

 

ただ、あくまでもドッグフードメインで
これらは状況に応じて控えめに混ぜるように
しましょう。

 

色々と美味しいものを与えると後々、
ドッグフードを食べなくなって苦労すると
いうことを肝に命じておいた方がいいです。

 

また、食事ではなくサプリメントなどを
活用するのも手軽ですし、ドッグフードを
食べなくなる心配もありませんので後々の
ことを考えるといいとも言えます。

特に老犬などで食欲が落ちている場合や
ドッグフードが食べづらい場合などは
オススメです。

 

また、夏バテで食欲がなくなっている
のかと思っていたら、実は何らかの病気
だった・・なんてこともありますので

*食欲不振が長く続く

*下痢や嘔吐が続く

*行動や様子に変化が見られる

*体重の増減が顕著に見られる

などの場合には一度診察を受けましょう。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です