熱中症と夏バテ

犬の熱中症の初期サイン~応急処置!冷やす場所や方法など!

危険!春~夏は犬の熱中症に注意!

 

夏場は犬にとって皮膚疾患や外耳炎
などが発症、悪化しやすく動物病院に
お世話になることが増える時期です。

 

そしてそれと共に『熱中症』に注意が
必要な季節となります。

スポンサーリンク


肉球にしか汗腺がなく、汗をかいて
体温を下げることができず、また体全体
が被毛に覆われている犬は暑さが苦手な
動物です。

 

そのため、熱中症のリスクは人よりも
高く、また重症化しやすい傾向にあります。

 

そして、熱中症はもちろん予防が大事
ですが、その次に初期対応も非常に重要
になります。

犬の熱中症を予防!室内や屋外,車内や散歩での対策とグッズなど!

初期サインが見られた時点で適切な対応
を施すことで落ち着かせることも可能です。

 

こちらでは、熱中症の初期の兆候や症状、
応急処置の方法(冷やし方や冷やす場所など)
についてまとめてみましたので参考にしてください。

 

<熱中症が起きるまで>

 

熱中症は高温多湿の環境において、体の熱を
体外に放出(放熱)して、体温を下げることが
できなくなることにより起きます。

 

犬は、舌を出してハーハーと呼吸をすることで
放熱、体温を下げようとしますが、その呼吸で
放熱できる限界を超えてしまうと体温は上昇、
体にさまざまな不調が現れ始めます。
これが熱中症です。

 

目安として気温22℃、湿度60%を超える
熱中症になる可能性があります。
(人の場合は気温25℃、湿度80%~です。)

 

そして、暑がってるな・・と思ってから
熱中症になってしまうまでがとても早く、
あっという間に重症に陥ってしまうことも
多いのです。

 

熱中症がになってしまう、また起こりやすい
シチュエーションとしては、

*高温の環境下(車内やエアコンのない室内)

*散歩中(日中や炎天下)

*気温が高い(または炎天下)場所での
走り回ったりなど運動や興奮時

*屋外飼育でつながれている
(涼しい場所など逃げ場がない場合)

などが挙げられます。

 

また熱中症になりやすい(リスクの高い)
犬種や特徴としては、

*短頭種=顔ペチャ犬
(パグ、フレンチブルドッグ・ペキニーズ・
ボストンテリア・狆など)

*寒い地域が原産、被毛の厚い犬
(ハスキー・サモエド・コーギー・
ゴールデン・ラブラドール・スピッツ・
シェルティ・ピレネー・セントバーナード・
秋田犬など)

*肥満犬

*心臓疾患のある犬

*老犬や病中などで体力が低下した犬

などです。

 

<熱中症の前兆や初期症状>

 

犬は呼吸によって体温調節しますので
少しでも暑ければ舌を出してハーハーと
開口呼吸をします。

 

また、暑い時期ではなくとも運動したり
興奮したりで体温が高くなれば同じように
開口呼吸となります。

 

そのため、その呼吸自体は正常ですが
呼吸によって体温を下げきれない場合に

*呼吸がどんどん早く浅くなる

*あえぐような苦しそうな呼吸になる

*気温を下げたり、涼しい場所に移動
でしても呼吸が治まらない

などが起こり、これが熱中症の初期症状です。

 

呼吸が早くなったとしても早期に涼しくして
体を冷やすなど対処を行い、呼吸が通常通り
に戻り、その後変わった様子が見られなければ
熱中症は回避できます。
(状態によっては体にダメージを受けている
可能性があります)

 

ただ、対処をしても落ち着かない場合、
高体温が続くような状況下では一気に悪化進行
していき、

*目が充血

*口の粘膜の充血

*元気がなくなる

などが見られ、さらに重症化すると

*舌の色や口腔粘膜が紫色

*嘔吐や下痢

*よだれを大量にたらす

*グッタリ、立てない

*震えやけいれん

*吐血

*意識消失

となり、命が危険な状態、または助かった
としても後遺症が残る可能性が出てきます。

 

そのため、初期のうちに対処を行っても
改善が見られない場合、熱中症リスクの
高い犬の場合などは動物病院に連絡をいれ、
以下の応急処置を施しながら病院に急行してください。

スポンサーリンク


<応急処置(体を冷やす)方法>

 

熱中症のときにはとにかく体を冷やす
ことです。
熱中症の場合、体温は40℃以上になって
いる状態ですので39℃になるまで冷やします。

 

その環境や場所にもよりますが、
手っ取り早いのは体に水をかけることです。

室内であればお風呂場、お外であれば
水が出る場所などでとにかく水をかけ、
体全体を冷やします。(氷水などは使わない)

 

ただし、初期の段階やお水をかけるのを
嫌がる場合などは逆に興奮させてしまう
こともあるため、以下の重要な場所を
ピンポイントで冷やすようにします。

 

冷やす場所:

特に首(頚動脈)から頭部を重点的に。
その次に太い動脈のある脇の下(前足の
付け根の内側)そけい部(後ろ足の付け根
の内側)を冷やすようにして体全体に水を
かけます。

 

その後、涼しい場所で、保冷剤などを
首~頭部、上記の動脈部位にあて、冷やします。

 

また、水が飲める状態であれば
たっぷりと水を飲ませます。

 

熱中症の前兆、初期の状態であれば
これだけでも体温は下がり、落ち着いて
きますが明らかに熱中症になっていた状況
であればその後、診察を受ける必要があります。

 

動物病院へ向かう最中も体を冷やし続け
なければいけませんが、39℃まで下がって
いれば冷やすのをやめて再び体温が上がらない
ように注意しながら連れていきます。

 

体温が下がっていない場合には、保冷剤
などで冷やしながら連れていきます。
体は濡れたままで構いません。

 

*重症の場合で意識がハッキリして
いないような場合、自分で体を動かせない
ような場合には、気道を塞がないように
舌を口の外に引っ張って出しておきましょう。

 

<まとめ>

 

犬の熱中症は短時間であっという間に
悪化しますのでとにかく早い対処が重要
です。

 

また、熱中症の重症度は高体温の持続時間と
比例しますので、40℃以上の時間が長い
ほど命の危険性、後遺症の可能性が高くなり
ますので一刻も早く体温を下げることを徹底
しましょう!

 

1、体を冷やす・水分摂取
2、動物病院に電話(指示を仰ぐ)
3、冷やしながら落ち着いて病院へ連れて行く

基本はこの3ステップです。
飼い主さんにできるのはここまでです。
必ず病院に向かう前に電話を入れて
ください。
(病院側でも救急処置の準備をして迎え入れる
必要があるため)

 

その後は、動物病院にて検査、治療が
行われます。
状態にもよりますが病院でもまずは体を
冷やしながら点滴、場合によって酸素吸入
などが行われ、入院となります。
(初期で体温も下がっており検査でも異常が
見られない場合には入院は必要ありません)

犬の熱中症の症状~治療法!重症の場合の予後や後遺症など!

熱中症のリスクが高いワンちゃんを
飼われている場合は、もし熱中症になって
しまった場合、なりそうな場合に慌てず適切
に行動できるよう以下のことを徹底しておく
と安心です。

*保冷剤などを常に冷凍庫にストック
しておく

*夜間など救急受け入れ可能な病院を
チェックしておく

*興奮しやすい状況や行動などを把握
しておく

*適切な室温、湿度を把握しておく
(犬種によっても暑がる気温は異なりますし
特に短頭種の場合、人では寒いくらいの気温
がちょうどいい
です)

 

また、熱中症のリスクが高い環境に愛犬を
晒さない、注意することで熱中症は防げる病気です。

 

人間と犬の体感温度は異なります。
犬は人よりずっと暑さに弱いです。

春から夏にかけては飼育環境や生活、行動
などに注意をはらって熱中症を予防してくださいね。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 犬の夏バテ対策と予防!水分補給や食事、おすすめグッズなど!
  2. 犬の熱中症を予防!室内や屋外,車内や散歩での対策とグッズなど!
  3. 犬の熱中症の症状~治療法!重症の場合の予後や後遺症など!
  4. 犬の夏バテ症状~嘔吐や下痢~対処法や治療について!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP