熱中症と夏バテ

犬の熱中症を予防!室内や屋外,車内や散歩での対策とグッズなど!

犬は暑さに弱い動物です。
人のように汗をかいて体温調節ができない
ため、舌を出してハーハーと呼吸すること
でしか体温を下げることができません。

 

そのため、熱中症の危険性は人よりも高く、
また重症化しやすく、命に関わってくること
が多いです。

スポンサーリンク


ただ、熱中症は防げる病気です。

愛犬を危険な目に遭わせない、命を
守るためにもしっかりと対策をして
暑~い夏を乗り切りましょう!

 

こちらではシーン別に愛犬の熱中症を
予防するための対策やおすすめグッズなど
をまとめてみましたので参考にしてくださいね!

犬の熱中症の初期サイン~応急処置!冷やす場所や方法など!

 

<室内での対策やグッズ>

 

『在宅の場合』

室内飼育の場合、人間と同じ環境で
暮らしているわけなので、基本的には
人が快適だと感じる気温や湿度に設定
されていると思います。

 

ただ、前述しましたが犬は熱を放出する
のが苦手なため、特に夏場などは人と同じ
気温では暑いことがほとんどです。

 

犬種にもよりますが犬にとって適度な室温は
23~25℃くらいです。

 

人では地球温暖化の問題などもあり、
エアコンの設定温度は28℃が推奨されて
いますが・・犬では26℃を超えると熱中症
のリスクがあがります。

 

ご家庭によっても夏場の室内温度の設定は
異なりますし、人によっても体感温度の差は
ありますが、犬を飼っておられるお宅では
やはり25~26℃がベストです。

 

ただし、犬種や肥満度、運動量などに
よっても、暑がる度合いは変わります。
25℃では暑がるワンちゃんもいます。

 

また、飼い主さんにとっては25℃となると
寒いと感じる場合もありますし、寒すぎる
室温というのは健康に良くありません。

 

ですから、その辺りは犬の状態と飼い主
さんの状況にもよりますが、暑さ対策の
グッズを併用していくことで、室温を下げ
すぎなくとも対応できる場合がありますので
ぜひ活用してください。

 

クールマットや保冷剤を入れて使える
クールベッドなどなど、さまざまな商品が
ありますので、愛犬に合ったものを選ぶと
良いですね。

 


 

また、ピンポイントで扇風機や冷風扇
などを使用してもいいですね。
犬は涼しく居心地の良い場所を見つけて
移動しますので、部屋の中に数ヶ所ひんやり
スポットを作っておくといいでしょう。

 

さらにお水はたっぷりと近くに用意して
おきましょう。
暑がっている場合などは冷蔵庫で冷やした
お水を何度か飲ませてもいいですね。

 

『留守の場合』

日中、ワンちゃんだけお留守番という
ご家庭の場合も基本的には上記と同じ
対策で大丈夫ですが、扇風機などの電化製品
はいたずらなどで危険になる可能性がある
ため、電気を使わないクールマットなどで
対処しましょう。

 

また、もしものことがあるため、飼い主
さんの在宅時よりは、室温は0.5~1℃ほど
低めに設定しておく方が安心です。

 

犬は寒さより暑さが苦手です。
犬が夏場に寒さで死ぬことはまずありません
が、暑さによって死ぬことは普通に起こりえます。

 

特に肥満傾向、心臓病などのワンちゃん
では、ハーハーと呼吸数が多くなること
は危険です。
寒いくらいの方が安全です。

 

また、万が一留守中に停電などという
可能性もありますので、温度センサーが
付いているような見守りカメラなどの設置
を検討することも必要かもしれません。

『移動式お留守番カメラ「ilbo」』

 

スポンサーリンク


<屋外飼育での対策やグッズ>

お外でワンちゃんを飼育している場合や
日中、屋外で過ごさせている場合など、
必ず、日陰の風通しの良い場所を確保して
おくことが必要です。

 

犬小屋なども夏場は日陰に移動するか、
移動できない場合には日よけ対策をしましょう。

 

サンシェードやすだれ、パラソルなど
環境に応じたものを使用して日陰を作って
てあげてください。
暑さがこもる場所は避け、風が通る
場所に日よけスポットを設置してあげると
いいです。


また、たっぷりの飲み水はもちろんですが、
大きなバケツやビニールプールなどにお水
を入れておいてあげると水遊びをして体温
を下げることにもなりますので水浴びが
好きなワンちゃんにはオススメです。

<車内での対策やグッズ>

 

犬は猫とは違い、一緒にお出かけすること
が多いと思います。
車に乗るのが好きな子も多いですよね。

 

ただ、夏場の車での移動には細心の注意が
必要です。

 

車内は人が思うより犬にとっては暑い
場所です。
また、車に乗ると喜んだりで興奮して
しまう子も多く、余計に体温が上がりやすい
環境と言えます。

 

もちろん、夏場には車内はエアコンを
効かせて涼しくしますが、乗る場所に
よっては、暑いこともありますよね。

 

車のタイプにもよりますが、運転席や
助手席などの前方の席はエアコンの
吹き出し口が近いこともあり、直接冷風
を浴びるため、涼しいですが、後ろの座席
などは冷風が回らないなど前に比べると
暑い場合があります。

 

ですから、お出かけの際、後ろの方の座席
にワンちゃんを乗せる場合には、暑さに
注意しましょう。

 

特に前の座席が壁になって冷風が周り
にくくなります。そこに日差しが当たる
と犬にとっては暑い状況となります。

 

そのため、あらかじめ後ろの座席の
体感気温の違いをチェックしておくこと
が大事です。

 

そして、後ろの座席に乗せる際には、
上記に挙げたようなクールマットなどを
敷いておくのがオススメです。

 

また、日差しの強い時には窓に
サンシェードなどを装着し、ワンちゃん
が暑くならないようにしましょう。

 

車内の気温も人では少し寒いと感じる
くらいが犬にはベストです。

できれば日中の日差しが強く、気温が高い
時間帯は車での移動は控えた方が安心です。

 

また、当然ですが車内に犬を残したまま
少しの時間でも車を離れるのは厳禁です!

 

キーをつけたままエンジンをかけっぱなし
なら大丈夫とも思われがちですが、車内
に一人残された犬は思いもよらぬ行動を
起こすこともあります。
(中からロックをかけてしまったなどの
話も良く聞きます)

 

基本的に犬は飼い主に依存しますので、
一人残されると吠えたり落ち着きがなく
なったりなどで興奮することが多いです
から体温が上がりやすくなりますので危険です。

犬の熱中症の症状~治療法!重症の場合の予後や後遺症など!

 

<散歩時の対策やグッズ>

 

犬と言えば散歩ですが・・
基本的に夏場には日中の散歩は控えましょう。
特に肥満や心臓に疾患がある場合は
非常に危険です。

 

朝方や夕方など日差しや気温が少し
落ち着いてからがベストです。
それでも真夏には熱中症の危険はありますが。

 

犬は、人より低い(地面に近い)位置を
歩きます。
犬種や大きさによっても多少変わりますが
地面から30cm~70cm程のところです。

 

そして地面からの高さで体感温度に差が
出ます。
つまり、人と犬とでは同じように歩いても
6~7℃もの体感温度の違いがあり、当然
地面に近い位置にいる犬の方が暑いのです。

 

さらに真夏の日中は地面やアスファルトは
高温になっていますのでそこに近い位置
を歩く犬にとってはさらに暑さを全身で
受けています。

 

人では靴などを履くため、路面の暑さを
意識しにくいのですが犬は基本的に裸足
ですので肉球から直に熱を感じているのです。

 

それでなくても熱を放出するのが不得意
な犬ですから、夏場の散歩は人が感じるより
ずっとずっと暑さに晒されて非常に危険です。
また、肉球を火傷してしまうこともあります。

 

ですから、やむを得ず日中の暑い最中に
連れ出さなければならない時には
カートに乗せたり、靴を履かせるなどの
対策が必須です。

また、カートの中にはクールマット
アイスノンなどを入れて、日差しにも注意
しましょう。

 

どうしても歩きたいワンちゃんや大型犬
などの場合には靴下やブーツなどを
履かせて肉球を保護しましょう。

犬用のブーツなどは冬場の防寒のためや
雨の日用のレインブーツなどもありますが
夏場の散歩時には通気性の良いもの
選びましょう。

 

そして、

*短時間(5~10分)で済ませること

*呼吸に注意する(舌の色が紫色に
ならないか=チアノーゼ)

*場合によっては涼しい場所で途中休憩、
給水タイムを設ける

*歩くのが遅くなったり嫌がる場合には
すぐに中断して抱えて帰宅する

*帰宅後は涼しい場所で安静にさせるか
冷たいシャワーなどで体の熱をとる

など、しっかりと愛犬の様子を観察しながら
アフターケアも徹底してください。

 

暑い時期は、犬には危険がいっぱいです。
夏はもちろん、地域によっては春でも
すでに熱中症の危険があります。

 

大事な愛犬をしっかりと守ってあげて
くださいね!!

スポンサーリンク


関連記事

  1. 犬の熱中症の症状~治療法!重症の場合の予後や後遺症など!
  2. 犬の夏バテ症状~嘔吐や下痢~対処法や治療について!
  3. 犬の熱中症の初期サイン~応急処置!冷やす場所や方法など!
  4. 犬の夏バテ対策と予防!水分補給や食事、おすすめグッズなど!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP