耳の病気

外耳炎の犬のシャンプーやトリミングはOK?方法や注意点など!

犬の病気で外耳炎はとてもポピュラー
で非常に多い疾患です。

 

原因にもよりますがほとんどの場合、
治りづらく、慢性化したり、再発を
繰り返したりと長く付き合っていく病気
の一つと言えます。

スポンサーリンク


そして、治療期間中には配慮しなければ
ならないことがいくつかあり、その一つが
シャンプーやトリミングについてです。

 

犬のシャンプーは耳にお湯が入る可能性
などもあり、外耳炎を悪化させてしまう
のではないか?

 

でも耳の周囲が汚れているような場合、
もしくは定期的にグルーミングを行って
いる場合などはシャンプーしたいですよね。

 

特に犬の場合は比較的体臭も強い動物
ですし、体を清潔に保つのは大事なことです。

 

そこでこちらでは、外耳炎の犬の
シャンプーやトリミングについて
まとめてみましたので参考にしてください。

犬の外耳炎の予防法!再発を繰り返さないための対策など!

 

<外耳炎の犬のシャンプーは大丈夫?>

 

外耳炎の原因はシャンプー中に耳に水(お湯)
が入ったからだと思われることも多いですが
実際は関係ないことがほとんどです。

 

あえて、耳に水(お湯)を入れようとしない
限り、シャンプー中に耳にお水が入ったと
しても微々たるものであり、またその程度
であれば犬が良く行う頭を振る行動(ブルブル)
で耳の外に出て行きます。

 

また、よほど暴れる子で頭部を洗うのが大変
な場合などは、多少入ってしまうこともあり
ますが、ペットショップなどでは極力入らない
ように注意します。
また、シャンプー後に綿棒で耳の中の届く
範囲の水分を拭き取ったりしますので問題
ないことがほとんどです。

 

ただ、外耳炎になっている子の場合は、
耳道が狭くなっていることが多いですので
入ったお水が出て行きにくいこともあります
から、できればお水が入らないようにする
こしたことはありません。
(ただしあまり神経質になる必要もありません。)

 

耳の状態にもよりますが、耳の中は
できれば蒸れないようにしておくことが
大事ですので、なるべくお水が入らない
ように注意して、もし少し入ってしまった
としてもその後のケアで大丈夫です。

 

ですから、基本的にはシャンプーをした
からといって外耳炎が悪化する可能性は
ほとんどありません。

 

そもそも外耳炎の悪化には他のさまざまな
要因(アレルギーや体質、耳の中の環境、
気温など)の方が多いのです。

スポンサーリンク


<シャンプーの際の注意点など>

 

その前にかかりつけ医に『シャンプー
しても大丈夫ですか?』と一応確認して
ください。

 

通常の外耳炎であれば、問題ありません
と言われることがほとんどですが、炎症
がひどい場合などには少し落ち着いてから
にしましょうと言われると思います。

 

*ペットショップにお願いする場合

ペットショップなど専門のトリマーさんに
グルーミングなどをお願いする場合には、
一応一言、『外耳炎の治療中です』
伝えておきましょう。

 

そのときの耳の状態にもよりますが、
定期的に治療中の場合には、『特に
お耳の中は触らないでください』
伝えておく方がいいですね。

 

グルーミングやトリミングの一般的な
セットでは耳掃除も入っていますので
耳の中の毛抜きや汚れを拭き取ったり
などがありますが、治療中の場合には
これらはやってもらわない方がいいです。

 

ペットショップでの耳掃除はあくまでも
正常な耳に対する一般的なお手入れです
ので動物病院にて行う耳洗浄などとは
異なります。

 

そのため、外耳炎がある場合にはかえって
汚れを奥に突っ込んでしまったり、余計な
刺激になり炎症が起きたり、悪化してしまう
可能性もあります。

 

ですから、シャンプー後に軽く耳の出口や
周囲の水分、汚れ等を拭きとってもらう程度
にしましょう。

 

ただ、通院するほどでもないが、外耳炎に
なりやすい犬の場合やお宅で定期的に
耳掃除などのお手入れをしているような
場合には、通常通りの耳掃除をしてもらう
のはいいですが、できれば毛抜き程度に
しておくのが安心だと思います。
(耳の中の毛は常に抜いて通気性を良くして
おくのがベストです)

 

*自宅にてシャンプーする場合

自宅でシャンプーなどを行える場合は
おそらく大人しく慣れているワンちゃん
だと思いますので通常通りにして問題ありません。

 

頭部や耳周りを洗うときには、
垂れ耳の子は耳たぶを下向きに抑えて、
立ち耳の子は耳たぶを寝かせた(耳たぶ
で耳の穴の蓋をするように)状態に抑えて
シャワーをかけるのがベストですが、
難しい場合や嫌がるワンちゃんの場合には
頭部や耳周りはガーゼやハンカチなどを
湿らせ、軽く絞った状態で汚れを拭き取る
程度にしましょう。

 

また、途中何度かブルブルさせてあげて
あげましょう。(周りの人は濡れますが。。)

 

耳に水が入らないようにと耳の穴にコットン
などを丸めて詰める・・などという方法も
ありますが、よほど大人しい犬でない限り、
途中、ブルブルするとすぐに飛んでいって
しまいます。

 

また、逆にその詰め物が気になり、頻繁に
ブルブルしたり引っ掻いたりする可能性も
あり、シャンプーがスムーズに進まない
こともありますのであまり得策とは言えません。
(状況に応じて試してみてください)

 

シャンプー後は

定期的に治療中の場合には、耳の入り口や
周囲、耳の中の手前(見える部分)の水分を
軽く拭き取る
程度

自宅で洗浄や点耳などの治療をされている
場合には通常通り
それらを行いましょう。

犬の外耳炎の治療法や通院期間、かかる費用などまとめ!

 

<まとめ>

 

外耳炎のワンちゃんのシャンプーは
基本的に問題ありませんが、耳の中の
状態によっては避けた方が良い場合も
ありますので、事前にかかりつけ医に
確認してください。

 

シャンプー中もそこまで神経質になる
必要はないですが、不安な場合は、頭部・
耳周り・顔などは直接お水をかけない
ようにガーゼなどを活用しましょう。

 

また、犬種にもよりますが長毛の場合は
耳を含む顔周りの毛は短めにカットして
おくとシャンプーも楽になりますし、
耳周りの汚れのケアもしやすいですので
外耳炎がある子は検討してみてください。
(耳や耳周囲の毛は短い方が耳の穴の
通気性も多少良くなります。)

 

外耳炎治療中は耳の穴の中はむやみに
触らない方がいいですが、耳介や耳周囲
の汚れは定期的に拭きとってあげて清潔に
しておきましょう。

 

また、外耳炎のワンちゃんはアトピーや
アレルギーなどで皮膚症状も患っている
ことが多いですので、その場合には
シャンプー剤などもその症状に見合った
適切なものを使うようにしてくださいね。

 

耳だけの問題であればシャンプー剤は
一般的なもので大丈夫ですが、なるべく
添加物の少ない、オーガニック系のもの
をオススメします。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 犬の外耳炎の予防法!再発を繰り返さないための対策など!
  2. 犬の外耳炎の治療法や通院期間、かかる費用などまとめ!
  3. 犬の耳血腫の原因や症状と治療法!再発を防ぐための注意点!
  4. 犬の耳が臭い赤い痒がるなどの原因と考えられる病気について!
  5. 犬の外耳炎の手術について!方法や費用、予後など!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP