ワクチン・狂犬病など

犬が狂犬病に感染した場合の症状や潜伏期間、致死率など!

狂犬病というと犬が媒介する代表的な
病気で人にもうつる人畜共通感染症
(ズーノーシス)ですね。

 

日本では長らく発生がなく、危機感が
薄くなっている伝染病ですが海外では
今でも発生していて多くの人が亡くなっています。

スポンサーリンク


そして、狂犬病は犬にとっても致命的
な病気ですが、人への感染を予防するため
に犬への予防接種が義務つけられている
イメージがあります。

 

狂犬病の予防接種は人への感染のみならず
犬の感染を防ぐことで犬の命を守ること
ができるのですが、実際発生のない日本では
他の伝染病(犬同士)の予防接種(混合ワクチン)
の方が重要視されているのも事実です。

 

パルボウイルスやジステンパーなどは
子犬の流通の過程でいまだ蔓延している
こともあり、致死率の高い病気ですから
ワクチン接種によって予防するのは当然とは
言えますが。

 

ある意味、日本では狂犬病は過去の
病気のイメージなのかもしれませんね。

 

日本は検疫も厳しくしっかりとしている
ため、海外からの輸入犬や他の動物から
狂犬病が入ってくることはまずないでしょう。

 

しかし、野生動物の密輸などもありますから
100%大丈夫とは言い切れません。
(狂犬病は犬以外でも多くの動物が感染します)

 

また、海外へ渡航した人間が現地で
狂犬病の犬に噛まれ、帰国してから発症
などという可能性もあります。

 

そのため、やはり日本国内でも狂犬病の
予防接種は義務として受ける必要があり、
また犬の狂犬病について知っておく必要が
あります。

 

こちらでは犬が狂犬病に感染した場合の
潜伏期間や症状、経過などについてまとめて
みましたので参考にしてください。

狂犬病の予防接種しないとどうなる?罰則の現状や注意点など!

 

<狂犬病の感染経路>

 

狂犬病は犬以外のすべての哺乳類が
感染する可能性のある病気です。
そのため、他の動物(野生・ペット)など
との接触がある場合、その動物が狂犬病に
感染していればうつります。

 

ただ、現実には犬の感染の場合、やはり
犬同士間が多いと考えられます。
(犬が野生動物と頻繁な接触、噛まれたり
などは日本ではほとんどありませんので)

 

狂犬病ウイルスは空気感染はせず、
感染動物の唾液に含まれるウイルスが
侵入することによって感染(経口感染)します
ので、ほとんどの場合、噛まれることに
よってできた傷口からウイルスが侵入します。

 

また、舐められることによって口や目の
粘膜などがら侵入することもあります。
その他、唾液のついた前足、爪などで
引っかかれることで感染する可能性もあります。

 

ただ、日本では野良犬なども今はあまり
見ないですから可能性は低いですね。
他犬とのケンカなどで噛まれることはあって
もその犬が感染していなければ大丈夫ですし。

 

<狂犬病ウイルスの潜伏期間>

 

犬の狂犬病ウイルスの潜伏期間(感染して
発症するまで)は状況によって幅広く
数週間~半年と報告もさまざまです。

 

ただ、現状の日本では一般的には2週間が
目安とされています。
そのため、人を噛んだ犬の狂犬病鑑定の
際、『2週間経過して発症がなければ狂犬病
に感染していない』と診断されます。

 

狂犬病の発生がない日本だからの鑑定
期間とも言えると思いますが。

スポンサーリンク


<犬の狂犬病の症状>

 

狂犬病ウイルスは、その侵入部位から
神経~脊髄~脳と増殖しながら移動して
いき、最終的な脳に到達するとさらに
爆発的に増殖します。

 

さまざまな症状が出始める(発症)のは
ウイルスが脳に到達してからです。
ただし、感染犬がウイルスを排泄する
(他への感染源となる)ようになるのは
発症の3~4日前からです。

 

犬の狂犬病では【狂躁型】【麻痺型】
がありますがほとんどが【狂躁型】です。

 

経過も一様ではなく、症状にも起伏が
あります。

『初期(前駆期)発症1~3日』

*元気消失
*食欲減退
*性格の変化
*落ち着きがなくなる

 

『狂躁期(発症1~7日)』

*過敏反応(音や光、風など)
*興奮や攻撃性、噛みつく(恐怖心による)
*流涎(ヨダレ)嚥下筋の麻痺による
*水がうまく飲めない(舌や下顎麻痺による)
*運動失調・歩行異常(麻痺による)

 

『麻痺期(発症1~7日)』

*動かず寝たきり
*意識低下
*呼吸麻痺
*死亡

 

発症してから亡くなるまでは7~10日
とされていますが、2~3日で亡くなること
も多く、発症してからの症状の進行は非常
に早いです。

 

【麻痺型】の場合は『狂躁期』が
あまりなく、麻痺期への移行が早い状態
となります。

 

実際、初期(前駆期)に見られる症状では、
何かいつもと違うな・・
体調悪そうだな・・
程度で一般的な他の病気でも見られる
症状ですから、その段階で狂犬病を疑う
ことはまずありません。
(狂犬病が多く発症している国や地域
では別ですが)

 

そして、何か様子がおかしい・・
急変?普通の体調の悪さではないと
気付いたときにはすでに狂躁期』
なっており、あっという間に経過は悪化
の一途を辿り、死に至ります。

 

<発症後・・治療法は?>

 

発症してしまった場合、治療法はなく
100%死亡する病気です。

 

また、犬の場合、発症が確認された時点
で殺処分となります。
治療を試みるという選択肢はありません。
(治療をしても助からないですが)

 

そして確定診断のために亡くなった後に
脳組織からウイルス抗原を検出するのが
一般的です。

 

一刻も早く、確定診断を下し、さらなる
感染を防ぐための迅速対応(感染犬との
接触犬や接触者などの調査)が必要に
なるためです。

 

生前での確定診断はウイルスの検出率が
低いため、行われることもまずありません。

 

人では感染が疑われる場合(海外で犬など
に噛まれたとき)、発症前にワクチンを複数回
接種することで発症を防ぐことができ、助かる
可能性があります。
(発症した場合の致死率は100%)

 

また、発症してしまったとしても最期まで
治療は施されます。

 

しかし、犬では感染の可能性も分かりづらく、
また、パンデミック(流行)を防ぐ(人への感染)
ことが最優先とされるため、感染疑いの犬に
発症を防ぐための処置が行われることはなく、
隔離~経過観察~発症した場合は殺処分となります。

 

つまり、犬の命を狂犬病から守るためには、
感染前にワクチンを接種しておくしか
方法はないのです。

 

<まとめ>

 

日本では狂犬病は過去の病気になりつつ
あり、確実に危機感は薄れています。
狂犬病予防の接種率を見てもそれは
現れています。

 

確かに、狂犬病の予防接種は人を守るためと
いうイメージが強い(実際そうです)ですし、
犬のための予防接種とは言えないかもしれません。

 

また、実際に発生がないため重要視され
ないのもあります。

 

そのため、動物病院でも混合ワクチンや
フィラリアの予防が大事だとされています。

 

そして番犬や使役犬という役割から、
愛玩犬、家族の一員という位置付けが
当たり前となってきている今の日本では、
犬を擬人化してみてしまう飼い主さんも
多く、狂犬病なんてまさか・・ウチの子
は大丈夫・・的な感覚もあるのだと思います。

 

ただ、狂犬病だけでなく伝染病の予防と
いうのは、その子がかからないようにする
だけでなく、パンデミック(大流行)を
防ぐためのものです。
自分(自分の犬)だけが良ければいいという
わけではないのです。

 

そしてそれが人はもちろん、愛犬の命を
守ることにもなるのであればやはり
接種は必要なことです。
また、日本の法律で狂犬病接種は義務です。

 

予防したくてもワクチンのない病気だって
ある中で、予防できる病気は予防してあげる
ことが飼い主さんの責任であり義務ですね。

狂犬病の免除のための猶予証明書をもらう方法や料金など!

もちろん、体調面に問題がある場合や
老犬の場合など、狂犬病の接種を見合わせる
こともありますし、免除もできます。

 

狂犬病接種について疑問や不安なこと
がある場合は、獣医師に相談してみてくださいね。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 狂犬病の予防接種しないとどうなる?罰則の現状や注意点など!
  2. 犬に噛まれた!狂犬病は大丈夫?検査方法(人や犬)などまとめ!
  3. 狂犬病の免除のための猶予証明書をもらう方法や料金など!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP