フィラリアについて

犬のフィラリア症はうつる?他犬や人への感染の可能性など!

犬の代表的な病気の一つが
『フィラリア(犬糸状虫症)』です。

 

蚊から媒介する病気で、フィラリアの
感染子虫を持った蚊に刺される(吸血)
ことで感染します。

 

蚊に刺されるのを100%防ぐことは
ほぼ不可能ですが、刺されても感染
しないための予防薬がさまざま出て
ますので、投与を徹底することで予防できます。

スポンサーリンク


ただ、予防薬の投与を行っていない場合、
飼育環境にもよりますが高い確率で
感染してしまいます。
(特に屋外など蚊が多い場所で飼育
されている場合)

 

そして、フィラリアに感染すると初期
では特に症状は出ませんが、だんだんと
フィラリアの寄生数が増えてくると心臓
の機能に影響を与え、さまざまな症状が
出てきます。また突然死もある病気です。

 

残念ながら症状が出始めてから感染に
気付く場合も多いですね。

 

そしてフィラリアは蚊が媒介する感染症です。
人や他の動物も蚊に刺されますよね。

 

っということは、人や他の動物も
フィラリアになる可能性がある・・?
犬のフィラリアがうつることはある?
など心配になってきますよね。

 

そこでこちらでは犬のフィラリア症は
他にもうつるのか?その可能性などに
ついてまとめてみましたので参考にしてください。

狂犬病とフィラリア予防は同時にできる?リスクや注意点など!

 

<犬のフィラリアはうつる?>

 

フィラリアは、人にも他動物にも感染する
可能性はありますが特に人では非常に稀です。

 

また、蚊に刺されたからといって感染する
わけではなく、フィラリアの幼虫を持った
蚊に刺されることで感染の可能性が出てきます。

 

フィラリアに感染(心臓に成虫が寄生)して
いる犬では血液中にフィラリアの子虫
(ミクロフィラリア)がいます。

 

この犬の血を蚊が吸うことによって蚊の
体内に子虫が入り、蚊の体内で成長をし、
感染子虫(幼虫)となります。

 

この感染子虫を持った蚊に刺されると
犬や人、他の動物もフィラリアに感染する
可能性が出てきます。
(子虫がさらに成長し心臓に到達、成虫と
なり住み着く。)

 

つまり、フィラリアに感染した犬から
直接うつることはありません。
必ず、一度、蚊の体内に入る必要が
あるのです。

 

ですから、フィラリアに感染した犬と
同居している場合や近所にいる場合など
には当然感染のリスクは高くなります。
感染子虫を持った蚊が周辺にいる
可能性が高いわけですから。

 

これは犬同士でも同様で、フィラリアに
感染した犬が近所にいる場合や周辺に
多い場合には、感染率が高くなります。
(もちろん予防薬を飲んでいれば大丈夫です)

 

逆に周辺にフィラリアに感染している
犬がいないような場合、どんなに蚊が
多くいようとも感染子虫を持っている
可能性が低くなるため、刺されても
感染の確率は低くなります。

 

種類にもよりますが、蚊の行動範囲は
生まれた場所から半径15mだとされて
いますので、おおむね30m以内に
フィラリアに感染した犬がいれば可能性
は非常に高くなると考えられます。

 

ただ、蚊の行動範囲は狭くても、
フィラリアに感染した犬が散歩などで
移動することで別の場所の蚊に吸われ、
感染を拡げていくため、近所に感染犬
がいないからと言って安心はできません
ので予防が必要になるのです。

スポンサーリンク


<人や他の動物にうつった場合>

 

フィラリアは犬糸状虫という名が付く
とおり、犬の体内を好み、効率的に成長、
増殖していく虫です。

 

そのため、人に感染したとしても、
犬の体内ほどの成長や増殖をすることはない
ため、もし感染しても重症化することはなく、
ほとんどの場合、無症状です。
(稀に咳や呼吸困難、胸の痛みなど)

 

そのうちフィラリアが寿命を迎えて
死んでいくため、最後まで感染に
気付かない場合がほとんどです。

 

日本国内で人の感染例は100例ほど
報告されていますが、人の場合は心臓
ではなく、肺への寄生例が多く、肺癌
や肺結核の診断で手術を行ってみると
フィラリアであった・・というのが
ほとんどです。

 

また、海外で発生の多い人のフィラリア症
は犬糸状虫ではなく、バンクロフト糸状虫
やマレー糸状虫などです。

 

他の動物への感染では、近年は猫の
フィラリアが増えているとも言われて
いますが、猫の場合は犬のようにフィラリア
が増殖することはなく、寄生したとしても
1~2匹のことが多いです。

 

ただ、猫は体が小さいため、少数寄生でも
体の負担は大きく、重症化する場合も
ありますが、症状が分かりにくかったり、
無症状のことも多いです。
(それでなくても猫は犬より異変が
分かりにくい)

 

しかし、突然死などが起きる可能性も
あるとされ、特に突然死では心不全など
が原因になることが多いため、それが
フィラリアの寄生による可能性も・・と
考えられることもあります。

 

ただ、実際は解剖などを行わないと
真意は分からないため、必ずしも
フィラリアによるものだと断言できる
ものでもないのですが、可能性として
はあると言われます。

猫のフィラリア症について!予防は必要?その症状や治療など!

また、猫にもフィラリア予防が推奨される
ようになってきていますね。
予防法、予防薬については基本的に
犬と同じですが、猫の場合はフィラリアの
検査や診断が非常に難しいため、予防薬を
始めるにしてもしっかりと事前に説明を
受けることが大事です。

 

その他、人気のペット(フェレットや
ウサギなど)でも感染の可能性はありますが
散歩に出ない分、可能性は低いですが同居犬
が感染している場合などはリスクは高くなります。

 

<まとめ>

 

基本的に犬のフィラリアは人への感染の
可能性は低いですが、犬のフィラリア
予防をしっかりと行うことが人や他動物
の感染のリスクを減らすことになります。

 

蚊に刺されるのを完全に防ぐことは
できませんが、予防薬を適切に投与する
ことで100%の予防が可能です。

 

予防できる病気はすべて予防する。
愛犬の健康を守ることが人や同居猫
などの健康を守ることにもつながります。

 

また、フィラリアの治療は非常に厄介で
成虫の駆除は難しいですので、心臓の
機能を薬剤で補いつつ、フィラリア成虫
の寿命(約5年)を待ちながら、さらなる感染
を防ぐための予防薬投与を続けていくという
治療になることがほとんどです。

 

まずは、愛犬の感染の有無を確認、その後
適切な治療を受けさせてあげましょう。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 狂犬病とフィラリア予防は同時にできる?リスクや注意点など!
  2. 犬のフィラリア予防薬!飲み忘れや遅れた場合の対処法など!
  3. 犬のフィラリア予防の時期はいつ?地域(都道府県)による目安!
  4. 犬のフィラリア予防の注射について!安全性や副作用など!
  5. 犬のフィラリア検査はなぜ必要?その理由は予防薬にあった!
  6. 犬のフィラリアの症状!初期~末期の体の状態と咳や嘔吐など!
  7. 犬のフィラリア症の治療!方法や期間、費用や予後について!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP