ワクチン・狂犬病など

狂犬病の予防接種しないとどうなる?罰則の現状や注意点など!

犬の予防注射と言えば一番に
挙げられるのが狂犬病と言えるでしょう。

 

ただ、これはどちらかと言うと犬を
飼ったことがない・・また飼っていない
方のメージかもしれませんね。

 

犬の病気予防で一番大事とされている
のは混合ワクチン(パルボやジステンパー
など数種類)の接種やフィラリアの予防です。

スポンサーリンク


しかし、日本では犬を飼ったら
狂犬病の予防接種=登録というのが
法律で義務付けられています。

 

ただ、現状では日本ではもう60年ほど
狂犬病の発生はなく『狂犬病清浄地域』
されています。(昭和32年に猫に感染した
例が最後)

 

海外では地域にもよりますが狂犬病が
多く発生しているところもありますが、
日本は周りを海に囲まれた島国ということ
もあり、また検疫システムもしっかりと
しているため、狂犬病が入ってくる可能性
は低いとされています。

 

また今は野犬(野良犬)もほとんどおらず、
基本的には人に管理されている犬が大半
を占めているというのも国内では狂犬病
の心配は少ないとされる一因になっています。

 

そのせいか?実際に犬の飼育頭数で見る
狂犬病の接種率は50%に満たないのが
現状です。

 

特に室内飼育の小型犬などは接種してない
ワンちゃんの方が圧倒的に多いです。

 

でも打たないとどうなるの?罰則は?
他のワンちゃんはどうしてるの?
体が小さいけど副作用の心配は?
などなど予防注射について心配なことも
多いと思います。

 

こちらでは狂犬病予防注射の接種についての
現状注射の必要性打たなくてもいい場合
罰則の可能性などについてまとめてみました
ので参考にしてください。

 

<狂犬病ワクチンの必要性>

 

日本では狂犬病の接種は法律で義務
付けられていますので必要性があるか
ないかと言えば当然必要と言えます。

 

現状ではもう60年も発生がなくとも、
海外では発生しているので、日本に
入ってくる可能性が絶対ないとは言えません。

 

ですから、いつか国内でも起きるかも
しれない狂犬病の発生、パンデミックに
備えるために予防注射を徹底しておくのは
当然のこととも言えます。

 

ただし、日本以外の清浄国や地域
(アイスランド、オーストラリア、
ニュージーランド、フィジー諸島、
ハワイ、グアムなど狂犬病の封じ込め
に成功している所)では、狂犬病の予防
注射を義務付けているところはありません。

 

また、長年に渡って発生がなく狂犬病
の予防接種を義務付けている国などでも
3年に1回の接種で良いとされていて
毎年1回接種というのは基本的に日本だけです。

 

そのため、日本では狂犬病は不要だとか
獣医が儲けるためにやっている・・
などと言われたりがあるようですね。

 

ただ、この毎年というのは国内で使用
されているワクチンが1年間有効なのに
対して海外では3年間有効なものが主流
となっている・・という理由もあるのです。

 

しかし、この日本の狂犬病予防法は
狂犬病の未接種率を見ても分かるとおり
あまり意味をなしていないようにも
思われます。

 

狂犬病は犬以外の動物(猫やコウモリ、
キツネ、アライグマなど)などが感染源
になりうることもあります。

 

ですから、犬にだけ予防接種を義務付け
でも完全な予防対策とはならないわけです。

 

また、狂犬病予防法は人のため(人間が
狂犬病に感染しないよう)に作られた
法律ですので犬のためではありません。

 

そのため、法律うんぬんを除けば
狂犬病ワクチンの必要性というのは
そこまで重要なものでもないと言える
のかもしれませんね・・

 

<接種しないとどうなる?>

 

法律では、狂犬病の予防注射をしない場合
(犬を飼って登録もしていない)には、
狂犬病予防法第4条の違反となりますので、
20万円以下の罰金に処せられる罰則が規定されています。

 

犬を飼育する場合には、お住まいの地域の
市区町村が管理する保健所などに届け出て
飼い犬の登録をすることとされています。

 

この届出をすることで毎年狂犬病の接種
を受ける義務が付帯されますので、
年に1回の集団接種が始まる4月の前に
ハガキが郵送されてきます。
(このハガキを持って予防接種を受けに
いくようになります。集合注射に行けない
場合は動物病院での接種になります。)

 

つまり、届出をしていなければ犬を
飼っているということも知られないわけ
で当然、狂犬病予防接種の案内のハガキ
がくることもありません。

 

このような見届けの飼い主さんが
大半を占めます。
この場合、言葉は悪いですが・・
バレなければ罰則はありません。

 

また、届出をしていてハガキが来ている
のに打たなかった、また打つのを忘れて
いた・・などの場合には秋頃(地域に
よっても変わりますが10~11月頃)に
打ってませんよ・・打ってくださいといった
意味合いでまたハガキが送られてきますので
そのハガキを持って動物病院に受けに行くようになります。

 

要はその年度内(4月~翌3月まで)に
打てば特に問題はなく、何も言われること
はありません。

 

この年度内に打たなかった場合・・
特に何も言われることもなく、翌年また
普通にハガキが送られてきます。
(翌年度の注射の案内として・・)

 

つまり、1年飛ばしたからといって
特に何を言われることもありません。
(ある意味いい加減なのです。)

 

そして、数年間打たなかったとしても
毎年同じようにハガキが届きます。
地域や管轄する保健所によっても多少、
対応は違うかもしれませんが・・
打たなかったからといってわざわざ
電話がかかってきたり、ましてや罰則を
受けることはまずありません。

 

打たなかったとしてもその犬が亡くなった
などで届出をしない限り、ずっとハガキは
毎年送られてきます。
(ただ、明らかに寿命を超えているはずの
犬の登録が残っている場合は問い合わせ
が来ることもあるようです)

 

もちろん罰則が適用されないからと
言って打たなくていい・・ということ
にはなりませんが、現状では狂犬病予防
接種を打たなかったからと言って特に
問題とされることはないのです。

 

ただし、狂犬病を打っておらず問題と
なるケースがいくつかあります。

*人を噛んだ場合

*犬によって何らかのトラブルが起きた場合

などです。

 

基本的に国内で狂犬病の発生はないため、
犬に噛まれたからといって狂犬病になる
心配はありません。

 

しかし、被害に遭われた方が犬嫌いの方や
無知な方の場合・・
『狂犬病になるんじゃない!?この犬ちゃんと
予防注射してるんでしょうね!?』となったり、
また被害届を出されたり、保健所に被害を
訴えるようなことになってしまうと、
狂犬病を打っていない、また見届け(未登録)
などの場合、指摘されて怒られます。。

 

また、犬の無駄吠えなどの騒音や糞尿など
のトラブルで同じく保健所に苦情を言われ
たりした場合も同様です。

 

他、ブリーダーや多頭飼育などで
多くの頭数を飼育しているのが分かった
場合には保健所から指摘を受けることも
あります。

 

ただ、これらの場合でも登録や狂犬病予防
接種を受けるよう指導がされるだけで
それに従えば狂犬病予防法第4条の違反の罰則
が適用されることは、まずないです。

 

指導に従わない場合やよほど悪質な場合
には、罰則がある場合もあるかと思います
が実際そのような事例は聞いたことがありません。

スポンサーリンク


<狂犬病予防接種の現状と注意点など>

 

通常は、犬を飼い始めてその犬が生後91日
を過ぎていれば、予防接種を受けさせる
こととなります。

 

子犬の初の狂犬病接種では注射時に
同時に登録の手続きをします。
動物病院で接種する場合は登録手続き
は病院が代行してくれます。

 

ただし、獣医師会未加入の病院では
登録手続きなどは行えず、注射だけ打って
注射済み証明書の発行のみですのでそれを
持って管轄の役所に届け出る必要があります。

 

受ける時期について法律では細かく
定められていますが、このあたりは
あまり気にする必要はありません。
動物病院では混合ワクチンの接種が
最重要とされますので、それらがすべて
終わってから打つようになります。

 

一般的に子犬の混合ワクチンは生後4ヶ月
までに2~3回の接種となります。
ですから狂犬病を接種する場合でも
生後5ヶ月を過ぎてからになります。

 

そして、時期によって・・
例えば5ヶ月になって狂犬病が打てる
ようになったときがすでに秋から冬に
かけてだった場合は、今打ってもどうせ
また4月に打ってくださいとハガキが送られて
くるため、そこまで待ってその時に登録と注射
でいいと思いますよ。。なんてこともあります。

 

また、病院にもよりますが・・
混合ワクチン接種は必須とされますが
狂犬病については飼い主さん側から依頼
しないと打ちましょうとは言われないことも多いです。

 

これについては地域によって違いも
あり、特に首都圏や都会などの動物病院
は獣医師会に加入していない病院も多く
その場合は、狂犬病接種自体を行って
いない病院もあります。

 

地方や田舎では、今でも狂犬病接種が
メインとなっているところもあるよう
ですが、あくまでも犬のために必要
なのは混合ワクチンです。

 

ですから、動物病院やペットショップなど
でもお預かりの際、1年以内に混合ワクチン
の接種を受けていること!とされています
が、狂犬病については何も指摘されません。
打ってようが打ってなかろうが聞かれる
こともないのが普通です。

<狂犬病接種を受けなくていい、また受けられない場合>

 

前述しましたが、現状の日本の小動物医療
の中で、狂犬病接種はあまり重要視されていません。

 

また、今は少なくなりましたが
無知な飼い主さんは、犬には狂犬病さえ
打っていればいい・・と思ってらっしゃる
方もおられ、他の病気の予防などは一切
しておらず、明らかに何かの病気になって
いるような具合の悪そうなワンちゃんでも
狂犬病の接種にだけ連れてくる・・と言った
ことも多いようです。(特に地方や田舎)

 

その場合、狂犬病は打たなくていいから
まず病気を治療をしましょう・・と
なるのが普通です。
(基本的なことですが健康体でなければ
予防接種は打てません。)

 

また、何らかの病気で闘病中などの場合や
老犬、以前に狂犬病ワクチン接種で副作用
が出た・・なども同様です。

 

これらの場合、動物病院にて
『猶予証明書』というものを発行してもらい、
それを保健所など担当部署に提出すると
その年度の狂犬病は打たなくていいと
なります。
(ただし、猶予期間は1年間ですので翌年も
打たない場合は同様に提出が必要になります。)

狂犬病の免除のための猶予証明書をもらう方法や料金など!

狂犬病の猶予証明書は、各地域の獣医師会
で定まった様式のものが準備されている
ことが多いですが、病院で独自に発行して
いることもあります。

 

猶予証明書の費用は地域によっても
多少異なるかもしれませんが2,000円程度です。

 

そして狂犬病の副作用についてですが
もちろん100%安全なワクチンという
ものはありません。それは混合ワクチン
でも同じです。

 

ですから、狂犬病ワクチン自体に
副作用が多いなどということはありません。
ただ、混合ワクチンで副作用が出たこと
のあるワンちゃんの場合、狂犬病ワクチン
でも副作用が出る可能性は高いと言えます。

 

そのような場合、混合ワクチンであれば
接種が必要なため、ワクチンの種類を
変えたり、同時にショック止めを打つ
など対処を行いながらも接種すること
が推奨されます(副作用の程度にもよる)が
狂犬病であれば、打つのやめましょう・・
となる場合が多いです。

 

<まとめ>

 

毎年の狂犬病の予防接種は必要ない・・
獣医師が儲けるためにやってる・・
などと思われ否定的な意見も多いようです。

 

確かに今の日本で1年に1回の予防注射
が本当に必要なのか?と考えると疑問は
残ります。

 

実際に半数近くの飼い犬が接種して
おらず、それがまかり通っていると
言うのもおかしな法律です。
もはや法律とは言えないですよね。
意味ないのでは?とすら思えてきます。

 

また、獣医師会の貴重な収入源になって
いるのは確かです。
ただ、一般の開業獣医師にとっては、
院内で狂犬病を打ってもらっても
大した儲けにはならないのです。

 

狂犬病予防接種の費用として飼い主さんに
頂く金額の半分以上は獣医師会に収める
のです。
そして獣医師会から支払われる手当は
わずかです。(地域にもよる)

 

また4月に各地域で一斉の集合注射が
行われますがそれに当番で借り出される
わけです。(獣医師会に加入している
獣医師のみ)

 

獣医師が院長一人で行っている病院
などは、そのために病院を半日休まな
ければなりません。

 

また、基本的に集合注射に連れて来られる
ワンちゃんたちは、普段、動物病院などにも
行ったこともないような外飼いのしつけが
行き届いてない子(飼い主さんも制止できない)
も多く、噛み付かれたりなどの危険性が
非常に高いわけです。^^;

 

ですからほとんどの開業医は4月の狂犬病
集合注射は苦痛に感じておられるようですよ。

 

一応、立場的に大きな声では言えないよう
ですが・・
『狂犬病の集合注射なんてやめればいいのに』

・・なんて言ってる獣医師も多いです。

 

そもそも犬の飼育頭数自体がどんどん
減っているのに小動物(ペット)に携わる
獣医師は増えているわけなので獣医師会
に所属して狂犬病を打ったからと言って
その儲けなど微々たるものなのです。
(地域によって獣医師の人数が少ない
ところなどは利益も大きいようですが)

 

ただ・・繰り返しになりますが、海外
では狂犬病の発生があるのは事実で、
それによって亡くなっている人もおられます。

 

ですから、完全に狂犬病の予防接種の
制度をやめるわけにはいかないかも
しれませんが、せめて海外同様3年に
1回とかにすると良いのでは?とは思いますね。

 

いずれにしろ、愛犬のためにまず大事
なのは、混合ワクチンフィラリアなど
の病気予防ですから、そちらを徹底されて
から狂犬病の接種という優先順位で良い
と思いますよ。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 犬が狂犬病に感染した場合の症状や潜伏期間、致死率など!
  2. 狂犬病の免除のための猶予証明書をもらう方法や料金など!
  3. 犬に噛まれた!狂犬病は大丈夫?検査方法(人や犬)などまとめ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP