ポーチュギーズウォータードッグの特徴や値段と動画まとめ!

小型で飼いやすいイメージの愛玩犬は
プードルやチワワなどが人気ですが、
中型~大型犬だと柴犬やコーギー、
ゴールデン、ラブラドールなどが
日本ではポピュラーな人気ですよね。

 

でも、飼っている人も少なく、一般的には
あまり知られていない犬種も非常に多く
存在しています。

スポンサーリンク


JKC(ジャパンケンネルクラブ)の
公認犬種だけでも198犬種が登録されて
いますし、FCI(国際畜犬連盟)での公認
は344犬種にものぼります。

 

ビックリしますよね・・
そんなにたくさんの種類の純血種が
いるんだ~・・なんて。。

 

だから当然、聞いたことも見たことも
ない犬もたくさんいます。

 

そして海外原産の犬は種類は基本的
に犬種名が長いのが多くて覚えにくい
というのもありますしね。。^^;

 

っというわけで今回はそんな犬の中で
日本ではあまり馴染みのない犬種の
『ポーチュギーズウォータードッグ』
についてまとめてみました!

 

ポーチュギーズウォータードッグは
アメリカの前大統領のオバマ一家が
ホワイトハウスで飼われていた犬種で
日本では俳優の吉田鋼太郎さんが飼って
おられるそうですね。

 

<ポーチュギーズウォータードッグの特徴>

 

ポーチュギーズウォータードッグは
ポルトガル原産でワーキンググループ
(猟用犬)に属する中型犬です。

体高:
♂50~57cm
♀43~52cm

体重:
♂19~25kg
♀16~22kg

ポルトガル語=『ポーチュギーズ』
ウォータードッグ=『水中犬』
から付いた名前です。


出展:https://www.youtube.com/

ポルトガル南部の海岸地域で長きに
渡って猟師と共に生活をしてきた犬
が起源だとされています。

 

泳ぎが得意で漁の網から逃げ出した魚を
捕まえたり、網の中へ魚群を追いこんだり、
魚網の回収や水に落ちた道具の回収など
など・・さまざまな水中作業をこなし、
漁師の伴侶として活躍していました。

 

水中で動きやすいように下半身の毛は
短く刈られ、冷たい水から身体を守る
ため、頭や胸部(心臓)には毛を残して
保温するためのスタイルです。
いわゆるプードルカットに似た感じですね。

 

プードル(スタンダード)も元は
ウォータードッグ(鳥猟犬)ですから
体型や毛質もやっぱり似ています。

 

猟用犬としての役目がなくなったあと
もこの名残りとして水中作業スタイルの
カットをよりゴージャスにオシャレに
ファッショナブルにして、セレブの愛犬
のイメージになったプードルスタイル
がこちらです。スタンダードプードル↓

出展:http://www.erva-dog.com/

今はすっかり愛玩犬となったプードル
ですからこの特徴的なカットを見ること
はあまりなくなりましたが。

 

ポーチュギーズウォータードッグの
場合は、特にファッショナブルになる
ことなく、そのままの実用的なスタイル
が受け継がれているようです。

 

『性格』

非常に賢く、お利口でしつけや訓練が
しやすいです。

 

勇敢で活発、鋭敏で猟用犬としての
素質を兼ね備えています。
体も筋肉質で疲労に耐える体力を持ち、
さらに嗅覚や視覚も優れています。

 

飼い主に忠実で命令に従うことを
喜びとしています。素晴らしい!
明るい性格で遊び好き、運動も大好きです。

 youtube Satstuki Kawanowa

ただし、警戒心の強い一面もあるので
しつけを失敗すると無駄吠えしたり
散歩のときに制御できないなどの問題
が出てくる場合もあります。

 

『被毛・毛色』

ブラック・ホワイト・ブラウン・
シルバーなどの単色。
またブラック&ホワイト・ブラウン&
ホワイトなどの組み合わせも。

 

シングルコートで毛の生え変わりが
ないため、抜け毛がほとんどありません
が、毛が伸び続けるため定期的な
カット(トリミング)が必要です。

 

また、カーリー(巻き毛)orウェービー
(波打った毛)の二種類の被毛タイプがあります。

 

いずれにしろ毛玉になりやすいため、
こまめなブラッシングを行わないと
フェルト状に固まってしまいます。

オバマ氏の愛犬『ボー』は
ブラック&ホワイトですね!↓

出展:http://psnews.jp/

ちなみにオバマ氏の愛犬の
ポーチュギーズウォータードッグは
2匹でもう一匹はブラックの『サニー』です。

出展:http://psnews.jp/dog/

ペットとして飼育する分にはお好みの
カットスタイルで大丈夫ですが、
ショードッグの場合はライオンカット
とも呼ばれるお尻刈り上げのショーカット
が基本です。

 youtube Toshio Ando

抜け毛が少ないことから、アレルギーの
ある人でも飼いやすいとされ、海外では
人気が高い犬種です。

 

<ポーチュギーズウォータードッグの価格>

 

日本ではやはりポピュラーな犬種
ではなく、まだ頭数は少ないですが
今はブリーダーもいらっしゃるため
手に入れることは可能です。

 

ただし頭数は少ないため確実に購入したい
場合は出産予定の問い合わせや予約をする
など事前にブリーダーさんと連絡を取って
おくのがベストです。

 

ポーチュギーズウォータードッグの子犬
の価格は、30万円前後が相場ですが
ショータイプになると40~50万円
なります。

youtube Toshio Ando

 

<まとめ>

 

オバマ氏が飼っていたことから
ファーストドッグとも呼ばれ、人気が
高まった犬種で、日本でも少しづつ
増えてきています。

 

とても賢く良いパートナーとなるため
しっかりとしたしつけと毛の手入れが
ちゃんとできれば飼いやすい犬と言えます。

 

ただ、毛の手入れも通常はペットショップ
で定期的にトリミングが必要となり、
基本的にトリミング料は高い犬種です。

 

また、自宅でこまめにブラッシングが
できない場合には毛玉になるため、
毛玉料金も別途かかるようになり、
被毛の手入れにかかるトリミング料金
は結構かかります。
(月に1回程度、1回2~3万円)

 

その他、活動的なため、運動欲求が高く、
遊びや散歩などの運動量もたっぷり必要に
なります。
(その欲求が満たされないとストレスに
よってイタズラや物を破壊するなど
問題行動を起こす可能性もあります)

 

それらがクリアできるのであれば
飼うと楽しめる犬種だと思います!
逆にしつけ、手入れに手間がかけられない
場合には飼えない犬種とも言えますね。

 

特にアウトドア派の方などにオススメ!
ベストパートナーとなってアクティヴに
楽しみを共有できると思いますよ♪

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です