皮膚の病気

犬の皮膚トラブル対策に効果的!保湿による改善や予防法とは?

皮膚病や皮膚炎、辛い痒みなど
さまざまな皮膚トラブルに悩まされる
ワンちゃんは年々増加しています。

 

国内最大手のペット保険会社の
年間250万件以上の保険金請求データ
によると最も請求頻度の多いのが
『皮膚疾患』となっています。

スポンサーリンク


その中でも上位を占めるのが

* 膿皮症
* アレルギー性皮膚炎
* アトピー性皮膚炎
* 原因不明の皮膚炎
です。
(原因不明はアトピーやアレルギー
が関連していることがほとんどです)

 

つまり、一番治りにくく、原因究明が
難しい、治療に時間のかかる皮膚トラブル
がいかに多いかということです。

 

その他では、アカラス(毛包虫症)や
糸状菌症(真菌)、皮膚腫瘍や潰瘍など
ありますが、それらはいずれも原因が
はっきりしているため、治療は容易では
なくとも、治療法としては限られてきます。

 

原因究明が難しいということは、
治療の基本は対処療法となり、皮膚の
炎症や痒みを抑えるための薬剤の投与
が必要になります。

 

そして痒みや炎症を抑える抗炎症剤として
一番効果的なのがステロイドなのです。
(プレドニゾロンなど)

 

ステロイドは即効性があり、効果的ですが
投与法や量、投与期間に注意が必要で副作用
の心配もあるため、あまり頻繁に使用できない
薬剤ですし、ステロイドと聞くと不安になる
飼い主さんも多いですよね。

 

そのため、獣医師も食事療法や副作用の心配
のない抗ヒスタミン薬、また免疫抑制剤など
でなるべくステロイドを使わずに皮膚症状の
軽減を目指す治療をしています。

 

ただ、やはり一番辛い皮膚症状の痒みなど
については、エビデンスレベル(効果や結果)
が高く推奨度も高いのはステロイドなのです。
他の薬剤ではどうしてもエビデンスレベルや
推奨度は下がってしまいます。
(免疫抑制の外用薬も効果や推奨度は高い
ですが、長期続けると副作用の心配があります)

 

しかし、唯一、それらの薬剤とは異なる
方法で同等レベルのエビデンス、推奨度と
されているのが『保湿剤』なのです。

 

保湿剤は皮膚のバリア機能の異常に
対するスキンケアとして推奨されるものです。

 

要は、犬の皮膚トラブルにおいて悪化を
招くその根本原因に皮膚のバリア機能の
低下が大きく関連しているということなのです。

 

もともと犬は人に比べ、表皮が薄く
デリケートなため、ちょっとした刺激
などでも皮膚のバリア機能が低下し、
さまざまなトラブルを招きやすいのです。

 

ただ、逆に言えばこの皮膚のバリア機能
を正常に保つことができれば皮膚トラブル
の予防、また改善につながるということです。

 

さらに言えば、皮膚の保湿剤はステロイド
や免疫抑制剤のような薬剤ではないため
基本的に副作用の心配もなく、気軽に安心
して使うことができます。

 

それで効果が高いのであればある意味
これほどラッキーな対策はないと言える
のではないかと思います。

 

ただし、保湿剤はもちろん皮膚に
そのまま塗るわけですし、犬の場合、
毛の問題や舐めたりもありますので
効果はもちろんですが、使い勝手も大事です。

 

保湿剤として有名なのはワセリンなど
ですが、ベタベタ感の問題もあり、
軟膏タイプのものは狭い範囲でポイント
的に使うなら良いですが、複数ヶ所や
広範囲に塗布、また長毛種などには
不向きです。

 

ただ、液体タイプのものでも、
防腐剤など添加物入っていると逆に
皮膚に負担をかけることにもなってしまいます。

 

だったらどんなのがいいの?
使いやすいのは?
オススメは?
・・なんて今は色んな商品があるので
どれがいいのかは選びにくいですよね・・

 

そこでこちらでは私がオススメする
犬の皮膚の保湿剤(スキンケア化粧水)
『アヴァンス』の優れた成分や使い方、
効果や口コミなどについてまとめて
みましたので参考にしてください。

スポンサーリンク


<アヴァンスとは?>

 

『アヴァンス』は温泉から生まれた無添加
ペット用化粧水です。

 

このアヴァンスの一番の特徴は、
皮膚トラブルを緩和する特許成分
”温泉藻類「RG92」(緑藻エキス)”
(日本初の特許成分)の配合です!

AVANCE(アヴァンス)

『RG92(緑藻エキス)』は、
世界最大のオーガニック認証機関
『ECOCERT』(エコサート)から、
オーガニック認定を受けている成分で
ペット用化粧水でこれを配合したのは
アヴァンスが『世界初!』なのです。

 

このRG92(緑藻エキス)は日本屈指の
温泉地として名高い大分の別府温泉。

そしてこの『温泉藻類RG92』は、
人の肌トラブルの改善商品などにも多く
使われ、その効果が認められています。

 

さらにアヴァンスには主成分として
温泉酵母も配合。
温泉酵母を使った加水分解コラーゲン
は、皮膚に浸透しやすく、皮膚の内側から
代謝を促し、皮膚再生や潤い、弾力などが
増すことでさまざまな皮膚トラブルを改善
します。

 

また、アヴァンスを製造されている
サラヴィオ化粧品さんはもともと人の
化粧品を開発されている会社で、
ヘアケアの世界大会で『最優秀賞』を
受賞した発毛促進技術を持ってらっしゃいます。

そしてこの発毛促進技術『アヴァンス』
にも使用されています。
これらによって皮膚と被毛、両方のケアが
可能で犬の皮膚トラブル全般に効果が
期待できるわけです!

 

また、『アヴァンス』は、天然成分100%!
防腐剤やアルコール、香料などの化学薬品
は一切入っていません。

*犬用の化粧水や皮膚保湿剤の中には
合成界面活性剤、保存料(防腐剤)などが
配合されているものが多いので注意が
必要です。

 

『ユーカリ葉エキスについて』

アヴァンスに配合されている
ユーカリ葉エキスについて毒性を指摘
する声もあるようですが、化粧水などに
含まれるユーカリ葉エキスは微量であり、
基本的に安全性に問題はないとされます。

 

またユーカリエキスは天然の虫除け剤など
としても使われるため毒性が強いイメージ
がありますが、これは毒で虫を退治するわけ
ではなく、ユーカリオイル独特の『香り』
に虫を寄せ付けない効果がある為です。

 

ユーカリエキスは皮膚では、保湿を
はじめ、抗菌、殺菌、消臭効果などが
あります。

アヴァンス公式サイトはこちら>

 

<アヴァンスの使い方>

 

そしてアヴァンスは全身どこでも
使用できます。
犬では外耳炎なども多いため、耳の
ケアも大事ですが、耳の中の掃除や
お手入れにも使用できます。

その他、目の周り(涙やけ、目ヤニ等)
口の周り、肛門や陰部の周り、足回り
や足裏(肉球)などなどあらゆるところ
に使用できます。
*目や口に入っても安全です!

場所によって、綿棒やコットンを
使って、またボディなどはそのまま
スプレーで吹きかけて問題ありません。
地肌にしっかり馴染ませましょう。
その後は放置、自然乾燥で大丈夫。
(長毛種などはその後ブラッシング
するのが◎)

 

皮膚の状態や使用ヶ所にもよりますが、
できれば1日2回(朝晩)の使用が推奨されます。

 

<アヴァンスの効果や口コミ>

 

やはり犬は皮膚トラブルが頻発するだけ
あって全身のさまざまなところにお悩み
を抱えている子が多いですが、アヴァンス
使用によって良い効果が得られていると
いう意見が多いです。

上記は公式サイトからの抜粋ですので
良いクチコミばかりですが、他でも

*効果があった。
*すぐに赤みがひいた。
*痒みが減った。
*病院でもらった薬より効いた。

などのクチコミがほとんどで、リピート率
が非常に高い商品です。
(もう少し安いとさらにいいのに・・
という意見も^^)

 

何が一番いいかって、薬剤ではなく
効果が期待できるところであり、
さらに薬よりも効果があったなら
尚スゴイことですよね!

 

さらに皮膚に負担のかかる添加物などが
使用されていないため、安心安全です。
(皮膚のための成分も優れていますが、
余計な化学薬品などが含まれていないと
いうのも効果を高めている要因になって
いると思われます。)

 

さまざまな皮膚トラブルに悩むワンちゃん
と飼い主さんの救世主となるべく誕生
した『アヴァンス』をぜひ試してみて
ほしいと思います。

お試しミニボトル(500円)もありますよ!

アヴァンス公式サイトはこちら>

 

人でもそうですが皮膚の痒みなどは
とても辛いものですから少しでも
軽減させてあげたいものですよね。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 犬猫の皮膚専門or皮膚科のある東京都内の動物病院まとめ!
  2. 犬の脱毛と体重減少(痩せる)で考えられる原因や病気について!
  3. 犬の耳(耳介)の脱毛やハゲ!考えられる原因や病気について!
  4. 犬のアトピーには体質改善が重要!期待できる効果や方法など!
  5. 犬の脂漏症の治療や対策!薬や薬用シャンプー、食事療法など!
  6. 犬の疥癬は人にもうつる?他への感染の可能性と注意すること!
  7. 犬の目や鼻、口周りの脱毛!考えられる原因や病気について!
  8. 犬の疥癬の検査や初期症状とは?治療薬や注射の効果など!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP