琉球犬の性格や特徴と飼い方!子犬の販売価格や画像など!

日本犬として一般的に良く知られるのは
柴犬や秋田犬、紀州犬、甲斐犬などですが
実は日本各地に『地犬』とされる日本犬が
存在することご存知ですか?

 

その多くは、そこの地名が付いた名前で
呼ばれる犬たちですが、いずれも頭数が
少なく、絶滅の危機に瀕している状態の
種類がほとんどで保存活動などの取り組み
が行われています。

スポンサーリンク


今回はそんな希少な『地犬』の一種
『琉球犬』についてまとめてみました
ので参考にしてください。

 

<琉球犬とは>

 

琉球・・沖縄の別称。
琉球犬とはその名のとおり、
沖縄原産の日本犬の一種であり、県の
天然記念物(平成7年12月)に指定されている
犬で日本で最も古い犬種とも言われています。

 

日本犬の祖先とされる縄文犬の一種で
遺伝学的には北海道犬に最も近い
されています。
(Softbankの白いお父さん犬が北海道犬です)


出展:https://www.ryukyumura.co.jp/

琉球犬はもともと沖縄本島や石垣島
などで鳥やイノシシ狩りなどで活躍して
いた猟犬です。

 

琉球犬と名前が付けられたのは平成2年、
琉球犬保存会が設立されたときですが、
それ以前は、
『トゥラー(虎)』
『アカイン(茶色)』
と毛色の愛称で
呼ばれていました。

 

琉球犬保存会の設立は平成2年4月、
種の保存のための取り組みが行われて
頭数を増やすことができたようですが
近年は会員の高齢化などからその活動は
休止状態になっています。(平成23年まで活動)

 

そして、他の団体や個人の方などが
繁殖を行ったりしながら、種を絶やさない
ようにと取り組まれています。

沖縄の大東犬を飼うには?希少な地犬の購入価格やブリーダーは?

 

<琉球犬の特徴や性格と飼い方など>

 

琉球犬:
体高:47~52cm
体重:16~20kg

 

『琉球犬の特徴』

琉球犬保存会が設立されたときに
琉球犬の基本となる主な特徴が定められました。

*山原(やんばる)系と八重山(やえやま)系が
存在する
(八重山系が一回り大きい)

*毛色は黒トラ、赤トラ、白トラ、赤

*立ち耳

*尻尾が立っている(差尾)

 

また、より原種に近い特徴としては、

*狼爪(ろうそう)が2本ある
*舌に黒い斑点がある

が挙げられますがこの両方を
兼ね備えた犬が生まれるのは全体の
3割程度だということです。


出展:https://blogs.yahoo.co.jp/kksskk135/


出展:http://akysoyg.exblog.jp/24069539/

 

『琉球犬の性格』

*人懐っこい

*温和で友好的

*飼い主に従順、忠実

*小動物に敏感に反応する

などが挙げられます。

『琉球犬の飼い方』

飼い方としては他の日本犬などと同じ
ですが愛玩犬というイメージで飼育
するのではなく、しっかりとしたしつけ
が必要になります。

 

とても賢く、しつけや訓練なども
覚えるのが早いですが、野生の本能を
多く残している犬種のため、飼い主と
しっかりとした絆で結ばれていないと
コントロールは難しい場合があります。

 

また、猟犬の本能から小動物に対する
反応は非常に敏感で咄嗟に興奮して
追っかけていってしまうため、そのような
場面でもしっかりと制止できるよう日頃
からのしつけが重要です。

 

そして、俊敏性や運動能力も優れています
ので、運動量(散歩や遊びなど)は多く必要です。

 

しかし、見かけによらずとても
甘えん坊で優しいところもある魅力的
な犬ですから、しっかりとした関係が
築ければ頼もしい相棒となってくれること
間違いなしだと思います♪

 

また、敵をいち早く発見するために
座るときには飼い主と反対方向を向く
(飼い主にお尻を向ける)習性もあるそうです。
心強いですね!

 

沖縄原産のため、寒い地域での飼育は
難しいのでは?とも思われますが、
比較的寒さにも強く、東北などでの
飼育も問題ないようですよ!

スポンサーリンク


<琉球犬の値段や入手法>

 

琉球犬は一般的には出回っていない犬種
ですので現状では、琉球犬の保存のための
活動をされているところから譲り受ける
ことがほとんどだと思います。

 

そしてそのようなところでは販売と
言うよりも、種の保存活動への理解や
協力をというカタチでの協賛金と言った
感じでお金を出して子犬を譲り受けることが
できるようです。

 

ただし、飼育環境や基準などについての
条件もあるようなのでただ飼ってみたい
から!といって飼える犬種ではありません。

 

またそもそも、頭数自体が少ないため、
予約のようなカタチで生まれるのを
待ったりなどとなるようです。

 

沖縄では琉球犬保存会の初代会長である
新垣義男さんが与那原町にあるご自宅の
敷地内で「琉球犬ヘルス&ブリーディング
センター」を併設されて繁殖を行って
おられます。(連絡先が分からず・・)

 

また、うるま市の県立中部農林高等学校
でも琉球犬の保存活動の取り組みが
行われていて新垣さんのところで生まれた
子犬の引き取りも行っているそうです。

そして、繁殖が成功すれば子犬たちは
純血の琉球犬を増やす目的に協力できる
環境にある希望者に譲渡する予定とのことです。

 

その他、宮古島の動物ボランティア
NPO法人「ラヴィーダ」さんでも
琉球犬の繁殖と保存活動を行っていて
県外への譲渡も可能だということです。

NPO法人「ラヴィーダ」↓
https://www.npo-la-vida.org/

 

ちなみに沖縄ではペットショップをされて
いる方が独自に繁殖を行ってらっしゃって
その場合の販売価格は約5万円程度ということです。

沖縄愛犬ランド(ペットショップ)↓
http://okinawaaikenland.ti-da.net/

 youtube riko mama

 

ですから、おそらく琉球犬の譲渡に
かかる協力金的な費用も数万円(3~4万円)
程度が妥当な金額なのでは?と思うのですが・・

 

通常の犬の販売ではなく、あくまでも
琉球犬の保存のため、増やそう、広めよう
ということが大前提にありますので、それに
協力できる方への譲渡ということですから
値段はないようですね。

 

いずれにしろ、現状では子犬を譲り受ける
ためには沖縄まで行かないといけない
でしょうね。

 youtube ktrew lin

 

また、沖縄では琉球犬に会える触れ合える
施設があります。

*おきなわワールド
南城市玉城字前川1336
http://www.gyokusendo.co.jp/okinawaworld/

*沖縄こどもの国ズージアム
沖縄市胡屋5丁目7番1号
https://www.okzm.jp/

ぜひ琉球犬に会いにいってみては?^^

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です