歩き方や行動の異変

犬が後ろ足を引きずる,力が入らない立てない!考えられる原因は?

なんだか歩かなくなった・・
後ろ足の動きが鈍いおかしい・・?
散歩にも行きたがらないし・・

 

老化かしら?
もう歳だからしょうがないのかな?
なんて思ってしまいがちな愛犬の異変
は結構多く見られます。

スポンサーリンク


これまで元気に歩いていたのに
急に歩けなくなった、立てなくなった、
足を引きずる・・・などなど特に
大きなきっかけもなくそんなことが
起きてしまうことがあります。

 

そしてそれらの多くはやはり加齢に
伴い増えてくるのが普通です。

 

もう歳だから・・
確かに年齢によるものはありますが
それらの異変が起きるのは加齢による
体の衰えだけではない何らかの原因があります。

 

つまり、その原因によっては治療を
行えば改善(回復)する可能性も十分に
あると言うことです。

 

ですから、歳だから・・
で諦めるのではなく、ちゃんとその原因
を突き止め、少しでも症状改善のため
に最善の対処を行うことが大事です。

 

こちらでは犬の後ろ足、後躯に見られる
異変(立てない力が入らない、引きずる
など)で考えられる原因や病気などに
ついてまとめてみましたので参考にしてください。

 

<犬が後ろ足を引きずる、立てないなどの原因>

 

通常、犬の歩行時の異常で跛行(びっこ)
などが見られる場合の多くは外傷や病気
などによって痛みがある状態です。

犬が後ろ足を上げる,けんけんで歩くなどで考えられる原因は?

しかし、立てない歩けない、引きずる
場合には

*痛みによるもの

*力が入らない(麻痺)状態

のどちらも可能性(もしくは両方)が
考えられます。

 

交通事故などで腰や後ろ足に激しい
外傷や骨折などを負っている場合には
痛みによってそれらの症状が出るのは
普通ですが、そのような状況がない
場合、表面上ではない内部に起きている
異常の可能性が高いです。

 

そして、見ていれば分かるのですが、
片方だけ引きずるような状態であれば
痛みの可能性が高いですが、両足とも
に同様の症状が見られる場合はには、
力が入らない(もしくは両方)という可能性が高いです。

 

また、急激に起こったのか?
それとも少しずつ進行していってる状態
なのか?によっても異なりますが、一般的
に痛みを伴う場合には急に症状が出ます。

 

うずくまって震えたり、触ろうとすると
嫌がったり怒ったりなどが見られ、
歩こうとしない状態、もしくは腰を丸めて
ゆっくりと動くような状態
が見られます。

 

一方、力が入らない麻痺に近い状態と
なると前足では普通に動こうとするものの
後ろ足がその動きに付いてこないといった
感じに見えます。

 

そしてその状態(症状)が見られる犬の
病気で非常に多いのが

*椎間板ヘルニア

です。

スポンサーリンク


『椎間板ヘルニア』

椎間板ヘルニアは人でも多い疾患ですが
背骨の間にある椎間板が飛び出したり
変形したりして神経(脊髄)を圧迫する
ことによって起きる病気です。

 

どんな犬でも起こる可能性がありますが
特にミニチュアダックスやウェルッシュ
コーギーなど胴長の犬に好発する疾患の
一つです。

 

加齢に伴い発症率が高くなりますが、
好発犬種では若齢の発症も見られます。

 

*症状

グレード(進行度)によっても症状は
異なりますが、初期ではまず痛みが
出ます。

 

痛みも個体差がありますが、痛がって
鳴いたり、動かなくなってうずくまったり
などが見られることが多く、ただ基本的
に歩き方は正常です。

 

進行してくると痛み+力が入らない
麻痺の度合いが強くなってきて、
ふらついたり、力が入らない感じに
なってきます。

 

さらに進行してくると、さらに麻痺は
強くなり、立ち上がれなくなったり
歩けなくなったりします。

 

そして、足の麻痺だけでなく、
後躯全体の麻痺は見られ、自力での
排尿ができなくなっておもらししたり
垂れ流しの状態になったりします。

 

進行すると最終的には完全麻痺と
なり後ろ足は全く動かせない状態
となります。

 

多いのは胸腰部のヘルニアでヘルニア
を起こした部位より後ろが麻痺する
状態ですが頸部(首)のヘルニアを
起こした場合には首より下全体に麻痺
が見られるため前足にも同様の症状が
出ます。

 

*治療

初期であれば内科療法(注射や飲み薬、
行動制限など)で治療も可能ですが、
進行した状態だと外科療法(手術)が
必要になります。

 

また、完全麻痺までいってしまうと
治療を行っても完治する可能性は低いです。

 

*予防

とにかく早めの治療が大事ですから
少しでも歩き方や痛みなど行動に異変が
見られたらすぐに受診しましょう。

 

またダックスやコーギーなどの好発犬種
はヘルニアになりやすいということを
頭に入れておくことが大事です。

 

その他、階段の上り下り、ジャンプ
など背骨に負担をかける運動は
極力控えること、また肥満も大きな
負担となりますので注意が必要です。

犬の椎間板ヘルニア!グレード分類別の症状や治療法について!

『その他』

その他、高齢の場合には『認知症』
でも立ち上がりにくくなったり、
ふらつくような感じが見られることも
あります。

 

認知症も症状はさまざまでゆっくりと
進行していくため、見過ごしやすいこと
もあるのですが、時折り、ぎこちない動き
などが見られると可能性があります。

犬の認知症の初期症状は?前兆を見逃さないための簡単チェック!

 

また、加齢に伴い、運動能力も落ちて
くるため、速度が遅くなったりヨタヨタ
したりなど歩き方に変化が見られるのは
ある程度普通ですが、実は変形性脊椎症
(老化により脊椎が変形)を発症している
ことも多いです。
(変形性脊椎症が進行すると椎間板ヘルニア
と同じ症状が出ます)

 

ただ、その場合でも早めの対処で症状の
進行を遅らせることも可能ですから、
歳だからと諦めずにまずは診察を受けて
ください。

 

寝たきりになってしまうとワンちゃんも
辛いですし、飼い主さんもとても大変
になります。

 

年齢も考慮に入れ、治療法もさまざまです。

積極的な治療を行わずともワンちゃんに
負担の少ない対処療法で症状改善や進行
抑制も可能ですし、治療法については
相談もできますので、まずは愛犬の状態を
把握してそれからどうするか決めることが
大事です。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 犬が後ろ足を上げる,けんけんで歩くなどで考えられる原因は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP