歩き方や行動の異変

犬が後ろ足を上げる,けんけんで歩くなどで考えられる原因は?

愛犬の歩き方がおかしい・・
びっこ? スキップしてるように
見える・・けんけん?

なんてことありませんか?
イヤ犬種にもよりますが結構多いよう
ですね。

 

ウチの子変わった歩き方するのよね~
スキップが好きなの~
なんて思われている場合もあるようですが・・

スポンサーリンク


でも実際はそれは何らかの病気や異常
ということが多いのです。

 

犬によって多少、歩き方や歩幅などに
違いは
ありますが、基本的に犬は好んで
けんけんで歩いたりスキップなど・・
足を上げたりすることはありません。

 

こちらでは犬の歩き方の異変、
足を上げたり、けんけん(スキップ)
したりなどで考えられる原因や病気に
ついてまとめてみましたので参考にして
ください。

 

<犬が足を上げる原因>

 

犬が歩行中に後ろ足(片方もしくは交互に)
を上げる、びっこのような仕草が見られる
場合それは、通常歩行では痛みがある(普通
に足を地面に着くのを嫌がっている)ということです。

*足の裏(肉球)
*膝関節
*股関節
*大腿骨(太もも)
*脛骨や中足骨など(膝下)

などのどこかに痛みがあったり、
通常の歩行による足の屈伸ができない
状態と考えられます。

 

状態によっても痛みの程度や違和感は
さまざまですが、基本的にはその痛みを
庇うために少しでも楽な歩行をしようと
するため、それがちょっと変わった歩き方
になってしまっているのです。

 

痛みが強い場合などは、キャンと
鳴いたり、その足を全く使わなくなること
が多いのですが、ある程度の痛みであれば、
犬は我慢強いためなんとかカバーして歩こうとします。

 

また、原因にもよりますが、少しずつ
進行していった場合は痛みにも慣れて
くるため、普通に歩いたりたまに足を
上げたり・・という状態が見られます。

 

ですから、元気があって食欲があっても
犬の歩行異常は何らかの病気(異変)の
サインと捉え、早めに受診することが大事です。

スポンサーリンク


<考えられる病気>

 

まずは単純に足の裏(肉球)を
チェックしてみましょう。
お散歩中に何か鋭利なものが刺さったり、
傷があったり、舐めすぎによって炎症を
起こしている場合、足を着きたがらない
ことがあります。

 

その他、表面的なケガであれば
飼い主さんが見ても分かりやすいですが
足裏以外の箇所に多少傷があっても
それで足を上げることはあまりないです。

 

ですから、どちらかと言うと表面的に
見える異常ではなく、関節や骨、靭帯
などの病気が疑われます。

 

 

犬の後ろ足の歩行異常(びっこや
足を上げる)などで考えられる主な
病気は、

*骨折(足や骨盤など)

*膝蓋骨脱臼(パテラ)

*前十字靭帯断裂

*股関節脱臼(股関節形成不全)

などです。

 

『骨折』

特に小型犬は足の骨(膝下)が細いため、
ちょっとした衝撃でも骨折しやすいです。

 

ただし、通常の生活をしている分には
後ろ足の骨折はあまりありません。
(前足は多いです)

 

交通事故、自転車に巻き込まれたり、
高所からの落下などあれば可能性は
ありますし、骨盤骨折も多いです。
ただ、その場合は飼い主さんもすぐに気付く
ことができると思います。

 

完全骨折の場合には普通、足は全く付く
ことはできません。
ヒビ程度であれば付こうとして
びっこになる可能性があります。

 

ただ、いずれにしろ骨折の場合は
腫れたり、皮膚が内出血を起こして色が
変わってきますので毛を掻き分けて見て
みると分かります。
(ただし、触られると痛がります)

 

『膝蓋骨脱臼(パテラ)・前十字靭帯断裂』

 

膝蓋骨脱臼は小型犬に非常に多い疾患で
膝のお皿(膝蓋骨)が本来の定位置から
外れてしまう病気です。

 

この病気はグレードがあり、その状態に
よって症状も異なりますが、基本的に
痛みを伴い、通常歩行ができなくなります。

 

片足だけの場合もあれば両足なること
もあります。
見た目で膝の異常(腫れたり色が変わったり)
は分かりません。

 

特に、トイプードル・チワワ・パピヨン・
ポメラニアン・ヨーキーなどに多く
見られる先天性の疾患です。

 

スキップしているよう・・と言われる
歩行のワンちゃんはこの病気を持って
いることが多いです。

 

痛みがあっても歩いていれば問題ないと
思われがちですが、膝蓋骨脱臼を放置
してそのまま歩き続けていると膝関節に
無理な負担がかかり、前十字靭帯(太もも
とすねをつなぐ太い靭帯)が切れてしまう
こともあります。
(他、十字靭帯は交通事故などでも断裂
することがあります)

 

こうなると全く足を付けない状態
なったり、後ろ足全体が変形してきます。
また治療も厄介で、元通りに歩くように
なることは難しくなります。

 

ですから、まずは膝の状態と進行の具合
を見て早めに適切な治療を行うことが
大事です。

犬のパテラ(膝蓋骨脱臼)の原因と症状,グレードや治療法など!

 

『股関節脱臼(股関節形成不全)』

 

通常、股関節の骨折や脱臼などは
交通事故など強い衝撃を受けないと
起こすものではないです。

 

ただ、先天性の股関節形成不全
あるワンちゃんの場合、日常的に脱臼
(大腿骨の頭が股関節から外れる)を起こす
可能性が非常に高いです。

 

また、脱臼までは行かなくても
股関節形成不全では股関節に緩みが
生まれ、歩きにくさや痛みが出ること
で、びっこなどが見られることがあります。

 

大型犬の代表的な病気の一つですが、
小型犬でも多く見られます。

 

ただ、小型犬の場合は体重が軽いため
大型犬ほど症状は出ないことが多いですが
軽いびっこや不自然な歩き方が見られる
こともあります。

 

いずれにしろ、進行していくことが
ほとんどですので早めの対処が必要です。

犬の股関節脱臼の原因や症状(痛みや歩き方)と治療について!

 

また、特に小型犬の場合は膝蓋骨脱臼
と股関節形成不全をダブルで持っている
ことも多いです。

 

さまざまな小型犬は人の繁殖によって
作り出されています。
無理に小さくする過程で関節の形成不全
や靭帯、筋肉の異常など先天性の遺伝子
疾患を持って産まれてくる可能性が高く
なっています。

 

特にティーカッププードルなどは
遺伝性疾患のオンパレードとも
言われています。

 

小さくて可愛いのは分かりますが、
むやみやたらに繁殖を繰り返すブリーダー
にも問題がありますね。
そのせいで病気で苦しむワンちゃんが
増えるようでは。

 

ですから、まずは愛犬の歩行に異変を
感じたら何らかの異常と捉え早めに
受診してくださいね!

スポンサーリンク


関連記事

  1. 犬が後ろ足を引きずる,力が入らない立てない!考えられる原因は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP