検査や手術など

犬のでべそ(臍ヘルニア)の手術や費用など!大きくなると危険!?

いわゆる『でべそ』とも呼ばれる
のが犬の『臍(さい)ヘルニア』です。

 

人でもそうですが単なる『でべそ』
であれば見た目の問題だけであって
健康上、なんの問題もありません。
特に犬の場合は毛もありますので気に
ならないですよね。

 

ただ、臍(さい)ヘルニアによる『でべそ』
の場合には、後々、いろいろと問題が
出てくる可能性があり、治療が必要に
なることがあります。

スポンサーリンク


こちらでは犬の『でべそ(臍ヘルニア)』
の状態や治療、手術や費用などについて
まとめてみましたので参考にしてください。

 

<単なるでべそと臍ヘルニアの違い>

 

単なるでべそは、おへその奥の筋肉の
隙間から瘢痕部(へその緒が取れたとき
に残った組織)が押し出されてしまった
状態です。

 

おへその筋肉(腹直筋)は閉じていて、
その上に瘢痕部が出ていてそれに伴い、
皮膚も盛り上がっている状態なので特に
問題はなく、人のでべそとして多く
見られるのがこのタイプです。


出展:https://www.takasu.co.jp/

一方、臍ヘルニアの出べそは、
おへその下の筋肉に穴(ヘルニア門)が
あいていて、その穴からお腹の中身
が皮膚の下に出てきている状態です。

 

これは犬ではほとんどの場合、
先天性(生まれつき)のもので
母犬のお腹にいるときに筋肉や
腹膜の欠陥や発育が遅れることなど
が要因となり、へその緒があった部分
がちゃんと閉じなかったことによって
起こります。


出展:https://www.takasu.co.jp/

また、遺伝的な要因もあるとされ、
臍ヘルニアが好発する犬種がいます。

ポピュラーな犬種では、

・シーズー
・キャバリア
・ペキニーズ
・秋田犬
・フレンチブルドッグ

などが挙げられます。

ただ、近年はプードルやダックス
など、ほとんどの小型室内犬で
見受けられます。

 

<単なるでべそと臍ヘルニアの見分け方>

 

臍ヘルニアの特徴としては、

*中心を触る(指で押す)と引っ込んで、
離すとまた出てきたりなどの変化がある。
また、お腹に穴を感じる。
(でべそは押しても引っ込まない)

*お腹を上にして寝ているときや
横向きで寝ているとき、姿勢に
よって大きさに変化がある。
(でべそは変わらない)

*だんだん大きくなってくる。
(でべそは大きくならない)

などがありますので、じっくり観察
すれば飼い主さんでも分かると思います。

 

ただし、触る(押す)ときは優しく
力を入れないように触ってください。
また、むやみやたらに触ることは
控えましょう。

 

<臍ヘルニアの問題点>

 

臍ヘルニアを持ったまま普通に
生活しているワンちゃんは多いです。

 

また、単なるでべそだと思って
らっしゃる飼い主さんも多いです。
(検診などの歳に指摘されて知る)

 

ヘルニアで穴が開いていても、
そこからお腹の中の脂肪や水分など
が出てきて盛り上がっているので
あれば何の問題もなく生活できます。
痛みもありません。

 

ですが、その穴から腸管などが
出てきてしまうと重大な問題となり
緊急の手術が必要になることがあります。

 

ヘルニアの大きさにもよりますが
一般的にお腹の中の臓器でその穴
から出てきてしまう恐れがあるのは
です。

 

ヘルニアの穴の大きさはさまざま
ですが、一般的には小指1~2本分
の幅です。

 

この穴の大きさから、お腹の中の
他の臓器(肝臓・腎臓・すい臓など)が
出てくる可能性は低く、ほとんどの
場合はなのです。

 

何かの拍子(お腹に力が加わったとき
など)に腸が出てきてしまうと自然に中に
戻ることは難しく、また指で押しても
戻らなくなることがあります。
(この時には見た目でヘルニア自体が
大きくなっています。)

 

そうなると腸は穴のところで締め付けら
れる状態(絞扼)となり、組織や血管など
が圧迫され、その部分の腸の血流が
絶たれてしまい、そのまま放置すると
壊死
します。
(ヘルニア部が紫や赤黒く変色して
見えることもあり)

 

この状態になると一刻も早く
手術を行わないと命の危険が伴います。
(嘔吐や下痢、腹痛、震え、などの
症状が見られます)

 

後々、このような状態になる可能性が
あると判断される場合には、前もって
ヘルニアの整復手術をすることが推奨されます。

 

目安はヘルニアの穴の大きさです。
そのワンちゃんの腸管の太さと
穴の大きさによって危険度の診断
されます。

 

また、良く吠える子や活発な子など
の場合は、腹圧が加わることが多い
ため危険度は増します。

 

ヘルニアの大きさに関わらず、危険性
が少ない場合でも避妊手術などを受ける
タイミングがあればその時に一緒に
塞いでしまうのが普通です。

 

スポンサーリンク


<ヘルニアの手術法や費用について>

 

ヘルニアの手術は、ヘルニアの部位を
切開し、突出している脂肪や臓器など
お腹の中に戻し、腹膜を縫合して穴を
塞ぐだけなので、難しいものではありません。

 

犬の大きさにもよりますが、
ヘルニアの手術だけであれば30分
程度で終わります。

 

避妊手術などのついでに行う場合には
プラス15~20分程度かかるだけです。
ただ、通常の避妊手術よりも傷跡は
少し大きくなります。

 

その後も通常の避妊手術などと
同じく、1泊程度の入院で退院でき、
抜糸(1~2週間後)まで通院の必要も
なく、再発の可能性もまずありません。

 

『手術費用』

ヘルニアの手術費用は、犬の大きさ
にもよりますが、2~4万円程度
相場だと思います。

避妊手術と同時に行う場合には、
避妊の費用+1~2万円程度です。

 

*ヘルニアから腸が出ている場合

ヘルニアがすでに問題を起こしている
場合では全く事情が変わってきます。

 

腸管が穴から出ていて圧迫され、
壊死などを起こしている場合には、
その部位を切除して正常な部分と
縫い合わせ、お腹の中に戻す処置が
必要になるため、手術も大変になります。
(もし、腸が少し出ていたとしても
腸が正常な状態であればそのまま戻して
終わりです。)

 

また、腸の切開手術を行うとその後数日
は絶食が必要となるため、点滴も必要に
なりますし、また腸の手術は細菌感染
の心配もあるため、術後の管理も重要に
なってきますので最低でも4~5日程度の
入院が必要になります。

無事に手術が終わり、回復してくれば
その後は再発の心配ありません。

 

『手術費用』

状態によっても変わりますが、
腸の切開がある場合にはおおよそ
7~10万円程度の費用は必要になります。

また、数日間は点滴入院になるため、
それらも含めると10~15万円程度
かかると思われます。

 

<まとめ>

 

ヘルニアの穴の大きさが小さければ
特に治療は行わず様子見となることも
多いですが、万が一の可能性を考えて
手術を勧められる場合もあります。

 

獣医師によってもこの判断は若干
異なると思います。

 

いずれにしろ、ヘルニアを治すには
外科治療(手術)しかありませんので、
後々の心配を考えると、若いうちに
早めに行っておくのが良いとも言えます。

 

避妊手術を検討されている場合には
その時がベストタイミングです。

犬の避妊手術の流れ~絶食や手術,入院から退院後のケアまで!

 

 

ただ、手術をしたくないと言う場合
には常日頃からヘルニアの状態(大きさ
や色の変化など)をチェックするように
しましょう。

 

そして定期的な検診を受けて、ヘルニア
の診察をしてもらいましょう。

 

また、カットが必要なトリミング
犬種などは、ヘルニアの出っ張りが
大きいと邪魔になり、バリカンや
ハサミで傷が付きやすいということも
ありますのでペットショップなどに
トリミングをお願いするときには
注意してくれるよう伝えましょう。

 

ほとんどの場合、問題なく過ごせる
ことが多いのですが、万が一の場合、
治療が遅れると助からないことも
あるため、そこが怖いところです。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 犬の椎間板ヘルニアの手術!成功率や術後の経過、費用など!
  2. 犬の健康診断の項目(内容)や費用と所要時間など検査の流れ!
  3. 犬の椎間板ヘルニアの検査法(脊髄造影・CT・MRI)や費用など!…
  4. 犬の腫瘍の病理検査(生検や細胞診)!方法や費用について!
  5. 犬のてんかんの検査方法や費用など~診断までの流れ~!
  6. 犬の癌による足の切断(断脚)!手術の経過や痛み、予後など!
  7. 犬の歯石除去と抜歯、麻酔にかかる費用や方法まとめ!
  8. 犬の子宮蓄膿症の検査(レントゲンやエコーなど)や費用は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP