泌尿器の病気

犬の膀胱炎の治療で点滴や入院が必要な場合やその症状とは?

犬の膀胱炎はその原因にも
よりますが、比較的単純な細菌性
のものであれば抗菌薬の投与だけで
治療できます。

 

また、膀胱結石によるものなどは
療法食を与えることで治療も可能な
場合も多いです。(状態にもよる)

 

どちらかと言うと膀胱炎は重病の
イメージはないですし、あまり深刻に
捉えられない病気と言えます。

スポンサーリンク


しかし、状態によっては、点滴や
入院治療が必要になってしまう場合
もあります。

 

また、原因によっては深刻な
病態となり、命の危険が伴ってくる
こともある怖い病気なのです。

 

こちらでは犬の膀胱炎で、点滴や
入院などの治療が必要になる場合の
症状(体の状態)や原因などについて
まとめてみましたので参考にしてください。

 

<犬の膀胱炎で点滴が必要な状況>

 

通常、犬の膀胱炎では原因によって

*抗菌剤(抗生物質)の投与

*止血剤・抗炎症剤

*療法食(結石専用)

*手術(結石除去)

などの治療法が行われます。

 

ですから、手術になった場合の術中の
点滴を除けば、点滴が必要となる状況
というのは多くはありません。

犬の膀胱炎の検査と診断について!治療法や経過、費用なども!

 

ただし、特に結石が原因の場合、

*膀胱の中の結石が大量

*結石が尿道に詰まって閉塞を起こし
急性腎不全になっている

 

また、膀胱炎による体調不良により

*脱水症状を起こしている

などの場合には点滴が必要になり
基本的に入院となります。
(皮下点滴で対処できる状態であれば
通院も可能です。)

 

スポンサーリンク


『膀胱内に結石が大量の場合』

一般的に膀胱結石であれば、食事を
専用の療法食にすることで膀胱内で
結石(結晶)を溶かすことができます。

 

また、食事療法では溶かせない
大きさの結石などの場合には手術に
よって取り出す治療が行われます。

 

しかし、食事療法で結晶を溶かすには
10日~2週間程度の期間がかかります。

 

そのため、大量の結晶があり、
膀胱の炎症がひどい場合などは、
点滴によって多めの水分補給をして
オシッコをどんどん作って排泄させる
ことで尿石も一緒に排泄させる方法が
取られることがあります。

 

ただし尿石ができるのは尿phの問題
なので、膀胱内の結晶が出て行っても
またできてしまうため、その後、尿ph
をコントロールする療法食の治療は必要です。

 

普段からお水を良く飲む子などは
なるべく多めにお水を与えるようにし
通院による皮下点滴を行う場合もあり
ますが、できれば入院しての24時間点滴
を行った方が効果的です。

 

『急性腎不全の場合』

ある程度の大きさの結石ができてしまい、
それが膀胱から排泄されようとして尿道
に詰まって閉塞を起こしてしまうことが
あります。

 

この状態になると排尿しようとしても
オシッコの出が悪く、ポタポタッと
1滴ずつしか出なかったり、完全閉塞
になると全くオシッコが出せなくなります。

 

そうなると急性腎不全(尿毒症)
起こして命に関わってきます。

 

この場合、救急の治療としてまずは
オシッコの閉塞を開放して尿を排泄
する処置を行い、さらに静脈からの
点滴を24時間体勢で行い体に溜まった
毒素を出してやる必要があります。

 

最低でも3日~の点滴治療が必要に
なり入院となります。
(それでも場合によっては助からない
こともあります)

 

『脱水症状を起こしている』

膀胱炎の程度にもよりますが、
腹痛や違和感などから、元気食欲
がなくなってしまう場合もあります。

 

特に高齢の場合や膀胱炎の症状が
長期に渡る場合などはストレスに
なりやすく、それによって胃腸炎など
を起こすこともあり、その状態が続く
と脱水してしまうことがあります。

 

この場合にも水分補正が必要になり、
また膀胱炎の治療のためにも積極的
な水分摂取が推奨されますので点滴
が必要になることがあります。

 

<まとめ>

 

状態にもよりますが、膀胱炎の症状を
早く治すためには細菌性でも結石による
ものでも、とにかく、どんどん尿を出して
膀胱内の細菌や結晶を排泄することが大事です。

 

もちろん、抗生物質や療法食などで
症状は軽減されていきますが、お薬の
効果は細菌の種類によっても異なり
ますし、療法食も効果が出るまでには
時間がかかります。

犬の膀胱炎の薬!種類(抗生物質など)や投与期間と副作用など!

ですから、自宅でもなるべくお水を
多く飲ませるようにするといいのです
が、飲みなさい!といって飲むものでも
ないですので難しいですよね。。

 

そんな時には最初の2~3日でも点滴
や皮下点滴を行うと効果的ですが、
犬のストレスや費用面もありますので
通常の膀胱炎では点滴が推奨される
ことはほとんどありません。

 

ただ、膀胱炎の症状は人でもそうですが
犬にとってもなかなか辛いです。
特に状態が悪化している場合などは
真っ赤な血尿を垂れ流しのような状態
になってしまうこともあります。

 

早く症状を軽減させてあげたいとき
などは点滴についても相談してみると
いいかもしれません。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 犬の膀胱炎の検査と診断について!治療法や経過、費用なども!
  2. 犬の膀胱炎に漢方薬の作用や効果は?慢性や繰り返す場合など!
  3. 犬の膀胱炎の薬!種類(抗生物質など)や投与期間と副作用など!
  4. 犬の膀胱炎の対策にクランベリーサプリの効果やおすすめなど!
  5. 犬の膀胱炎の痛みと対処法!排尿時に鳴く,触ると嫌がるなど!
  6. 犬の膀胱炎は発情期(ヒート中)になりやすい?原因や対処法など!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP