犬の膀胱炎の薬!種類(抗生物質など)や投与期間と副作用など!

犬の膀胱炎では原因によって
治療法もいろいろですが、何らかの
原因によって炎症を起こしている状態
がありますので、基本的にまず抗菌剤
(抗生物質)の投与というのは必須となります。

 

細菌性の膀胱炎だけであれば、
抗生物質の効果は抜群で数回の投与
だけでも症状(頻尿、血尿)の改善が
見られますし、指示された期間しっかり
と投与を行えばちゃんと完治します。

スポンサーリンク


ただし、膀胱炎の原因となる細菌にも
種類があり、また抗菌薬(抗生物質)も
種類はさまざまで効き目のある菌や
薬剤の特徴に違いがあります。

 

こちらでは犬の膀胱炎の治療で
使われる主な抗生物質の種類や
特徴、投与期間や副作用などについて
まとめてみましたので参考にしてください。

 

<犬の膀胱炎の原因菌>

 

膀胱炎の原因となる細菌は、さまざま
あり、本来であれば治療を行う前に
その原因菌に対する薬剤感受性検査
細菌培養検査などを行う必要があります。

 

しかし、これらの検査には4~5日の
期間がかかるため、最初からこれらを
行うことはほとんどなく、まずは膀胱炎に
一般的な抗生物質の投与を始め、効かない
場合には検査・・という流れになることが
ほとんどです。

 

そして、犬の膀胱炎の原因菌で最も
多いのが、『大腸菌(グラム陰性の桿菌)』
『ブドウ球菌(グラム陽性球菌)』
その他、プロテウス、腸球菌などがあります。

犬の膀胱炎の検査と診断について!治療法や経過、費用なども!

 

<犬の膀胱炎の抗生物質>

 

犬の膀胱炎の治療に使われる薬剤は
主に、ニューキノロン系セフェム系
ペニシリン系の3種類の製剤です。

 

『ニューキノロン系』

特に大腸菌に強力な効果がある薬剤です。

犬用として使用されることが多いのは、
以下の製品です。

 

*バイトリル錠(フルオロキノロン系抗菌剤)

バイトリルは動物用の抗菌剤で、
人用としては、クラビット錠などの
ニューキノロン系剤をもとに作られた
お薬で作用機序としては同じになります。

 

グラム陰性菌や陽性菌、腸球菌属、
プロテウス属など幅広い細菌に対し、
強い殺菌力、高い効果を発揮するお薬です。

 

犬の膀胱炎では処方されることの
多いお薬です。

 

*ビクタス錠(フルオロキノロン系抗菌剤)

ビクタスも同じくニューキノロン系剤
の動物用の抗菌剤です。

 

グラム陰性菌や陽性菌、パスツレラ、
カンピロバクターなど広範囲な菌種に
対して効果を発揮します。

また、他の抗生物質に対して交差耐性
(こうさたいせい)を示しません。

*交差耐性・・1種類の薬剤に対して
耐性を獲得すると同時に別の種類の薬剤
に対する耐性も獲得すること
(化学構造や作用機序が類似している
薬剤間で生じる減少です。)

 

細菌性の下痢などでも良く使われる
お薬です。

 

また、ニューキノロン系では
人用の薬剤の『タリビット錠』
『ノルフロキサシン錠』などが使われる
こともあります。

 

『セフェム系』

抗生物質としては幅広く使われる
薬剤です。

犬用として使用されることが多いのは、
以下の製品です。

 

*セファクリア錠

セフェム系抗生物質セファレキシン
を有効成分とする動物用の抗菌剤です。

 

グラム陰性菌や陽性菌、大腸菌、
プロテウス属などに効果があります。

 

皮膚の感染症や炎症などの皮膚疾患
にも多く使われるお薬です。

 

また、セフェム系では、人用の薬剤の
『ラリキシン錠』『フロモックス錠』
などが使われることもあります。

 

『ペニシリン系』

こちらも抗生物質としては幅広く
使われる薬剤ですが、ペニシリン製剤
に耐性を持つ菌が増えてきているとも
されています。

犬用として使用されることが多いのは、
以下の製品です。

 

*アモキクリア錠

ペニシリン系抗生物質アモキシシリン
水和物を有効成分とする動物用の抗菌剤です。

 

グラム陽性菌、大腸菌の他、
プロテウス属、インフルエンザ菌
などに効果があります。

 

細菌性の皮膚感染症に使われること
の多いお薬です。

 

また、ペニシリン系では人用の薬剤の
『パセトシン錠』『アモキシリン錠』
などが使われることもあります。

 

スポンサーリンク


<抗生物質の効果や副作用について>

 

上記の抗菌剤(抗生物質)の中で膀胱炎
の原因菌として一番多い大腸菌(グラム
陰性菌)に対して一番効き目が強いのは
バイトリル錠などのニューキノロン系薬剤です。

次がセフェム系→ペニシリン系と
続きます。

 

そのため、膀胱炎などの尿路感染症
ではニューキノロン系の薬剤が第一選択
になることが多いです。

 

ただし、抗生物質の効果は原因菌に
よって異なるため、グラム陽性菌に
対してはセフェム系やペニシリン系の
方が有効なこともあります。

犬の膀胱炎の対策にクランベリーサプリの効果やおすすめなど!

 

副作用については、どのタイプの
薬剤でも起こりえるものですが、
抗生物質では特に胃腸障害の副作用
が発現することがあり、

*下痢
*嘔吐
*腹痛

などは比較的多く見られる副作用です。
(胃腸の粘膜保護剤などを同時に
投与することで対策)

 

また、皮膚や全身性の副作用として

*痒み
*湿疹(蕁麻疹)
*倦怠感

などが起きることもあります。

 

そして、な症状として

*黄疸
*むくみ
*息切れ
*めまい(ふらつき)
*貧血・溶血
*アナフィラキシーショック

などが起きる場合もあります。

 

また、抗生物質の投与で注意が必要
なのは、長期投与や投与法によっては、
菌に耐性が付いて効果がなくなって
しまう場合があることです。

 

ですから、効き目が良くない場合
などは早めに薬剤感受性検査を行い、
適切な抗菌剤を投与することが大事です。

 

<抗生物質の投与期間について>

 

処方された抗生物質が膀胱炎の原因菌
に効果が出ている場合は、投与期間は
2週間程度が一般的です。

 

ただし、薬を止める判断は尿検査を
行い、細菌などの状態を確認して大丈夫
であればとなります。

 

一般的には投与開始後1週間目に尿検査、
効果が出ていればそのまま継続1週間
で再検査、状態が良ければ完治となります。

 

1週間目の検査で効果が悪い場合には
薬剤感受性検査になることもあります。
また、細菌性の膀胱炎だけではない、
他の原因の可能性も疑われます。

 

また、細菌性膀胱炎を繰り返す場合
などは、抗生物質の投与だけではなく、
他の対策(予防)などが必要になることもあります。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です