皮膚や被毛の異変

犬の耳(耳介)の脱毛やハゲ!考えられる原因や病気について!

犬種によっても耳の形や大きさは
さまざまですが、基本的にボディや
他の部位と同様に毛が生えている
のが普通です。

 

耳たぶ(耳介)の内側(耳の穴の方)は
耳のフチだけで中に向かって毛は
少なくなっていきますが、外側は
全体にふさふさと生えています。

 

また犬種によっては耳の穴にも
毛は生えています。

スポンサーリンク


そして耳の毛が脱毛する場合、
全体的に薄くなってツルツルに
なってしまう場合と部分的にハゲの
ようになる場合があります。

 

いずれにしろ、耳の脱毛は何らかの
病気が関連しています。

 

こちらでは犬の耳の脱毛やハゲの
症状で考えられる原因や病気の可能性
などについてまとめてみましたので
参考にしてください。

 

<犬の耳の脱毛>

 

耳たぶや耳のふちなど部分的に脱毛
を起こしている場合、その多くは、
皮膚にも赤みやフケかさぶたなど
が見られることが多いです。

 

痒みがあり、引っ掻いているかどうか
によっても変わってきますが、痒み
がある場合には、

*耳ダニ

*外耳炎(中耳炎)

*疥癬(ヒゼンダニ)

などが考えられます。

 

耳の中の炎症やダニなどの寄生に
よって痒みがあると犬は後ろ足で
しきりに耳を引っ掻きます。

 

それによって耳たぶの外側(背中側)
やその周囲の皮膚が傷ついたり、ハゲ
たりします。

 

耳の中が赤かったり、黒い垢が出て
ないかチェックしましょう。

 

また、耳の中ではなく、皮膚の中に
寄生する疥癬(ヒゼンダニ)の場合も
顔面から症状が出ることも多く、
その場合、顔周囲全体を引っ掻くため
耳に脱毛などの症状が見られることが
あります。
(ただし、この場合は耳以外にも症状が
出ます)

犬の皮膚の黒いかさぶたやブツブツの原因と考えられる病気!

そして、あまり痒みがないような場合
(個体差があります)では、

*真菌症(カビ)

*アトピー・アレルギー

などがあります。

 

これらの場合にも皮膚の赤みや
フケが見られることがほとんどです。

 

その他、上記のような原因がなく
起きる耳介脱毛症もあります。

 

耳介脱毛症の症状はさまざまですが
初期では痒みは伴わない場合も多く、
見た目の皮膚自体に異変が見られない
場合や、耳のフチがフケのような塊と
共に毛がボソボソと抜けてくる感じ
など色々です。


出展:http://www.animal-kyoto.jp/


出展:http://www.kobe-flanders.com/

*パターン脱毛症

*耳介皮膚炎

などとされることが多いのですが、
原因の特定自体が難しく、

・遺伝性(パターン脱毛症)
・毛周期の異常
・血行障害
・膿皮症

など、さまざまな可能性が考えられています。

 

これらは耳の脱毛だけの場合も
あれば他の部位に見られることも
あります。
(パターン脱毛症はダックスの発症が
多いです。他、チワワ・ミニピン・
ボストンテリアなど)

スポンサーリンク


 

基本的に犬の耳の脱毛では、一般的な
寄生虫や真菌などの検査を行い、それら
に何も引っかからなかった場合、上記の
ような原因がはっきり分からない脱毛症と
されます。
(アレルギーなどの診断もありますが
何に対してのアレルギーなのかという
のは難しいのです。)

 

ただ、脱毛に対する治療は色々とあります
ので根気良く続けることで症状は改善
して発毛してくることが多いです。

 

また、痒みがなければ二次感染などの
心配はあまりないですが、痒みがある
場合には、引っ掻いて皮膚を傷つける
ことで皮膚が炎症を起こしてしまい、
治療にも時間がかかってしまいます。

 

ですから、早めに受診して診察、治療
を受けることが大事です。

 

その他、内分泌疾患(甲状腺機能低下症)
でも耳や鼻の上などに脱毛を起こす
ことがあります。

犬の甲状腺機能低下症!皮膚の脱毛などの原因や症状と治療法!

 

耳だけではなく、他の部位でも
犬の脱毛症などの皮膚疾患は非常に
多いです。

 

犬は毛に覆われているぶん、人よりも
皮膚が薄く弱いのです。

 

ですから皮膚の状態などは普段から
こまめにチェックしてあげるように
してくださいね。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 犬の皮膚の赤いブツブツやできものは病気?考えられる原因は?
  2. 犬の目や鼻、口周りの脱毛!考えられる原因や病気について!
  3. 犬の皮膚トラブル対策に効果的!保湿による改善や予防法とは?
  4. 高齢犬の脱毛!考えられる原因や病気の可能性について!
  5. 犬のイボやしこりは癌の可能性も?悪性度の高い腫瘍の特徴!
  6. 犬の皮膚の保湿剤やクリームおすすめ!乾燥やフケ,痒みなど!
  7. 犬の皮膚の黒いかさぶたやブツブツの原因と考えられる病気!
  8. 犬の脱毛と体重減少(痩せる)で考えられる原因や病気について!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP