皮膚や被毛の異変

犬の目や鼻、口周りの脱毛!考えられる原因や病気について!

犬のハゲ(脱毛)は、原因によっても
その症状はさまざまです。

 

犬の場合、基本的に全身が毛で
覆われていますので脱毛症は体の
どこにでも起きる可能性があります。

 

また、脱毛を伴う皮膚疾患などは
犬では非常に多いです。

スポンサーリンク


犬の脱毛は、その他の症状(赤みや
痒み、フケなど)によっても原因が
異なりますが、脱毛の発生部位や
毛の抜け方などの特徴によっても
疑わしい原因がある程度分かる場合
もあります。

 

こちらでは犬の目の周り鼻周囲
口の周囲など主に顔の部分的脱毛
について、考えられる原因や病気の
可能性などをまとめてみましたので
参考にしてください。

 

<犬の顔面の脱毛>

 

犬の脱毛は一ヶ所から始まっても
徐々に進行して拡がっていく場合も
多いです。

 

ですから、顔の一部だけだと思って
いても良く見てみるとボディなど
他の部位にも脱毛があったなどと
いうこともあります。

 

特に顔は日常的に常に目に付く部分
ですので分かりやすいため、気付く
のも早いということもありますよね。

 

そして、基本的に脱毛には何らかの
原因(病気)があります。

 

スポンサーリンク


<目・鼻・口周囲の脱毛で考えられる病気>

 

主に顔面に脱毛症状が見られる
皮膚疾患には、以下のものが考えられます。

 

『疥癬症(かいせんしょう)』

ヒゼンダニの寄生により、痒みや
皮膚の赤み、脱毛が起こります。

 

感染犬との接触により感染することが
ほとんどですので、他犬との接触が
ない場合にはうつる可能性は低いですが
感染犬を触った手や衣服で触れると
うつることもあります。

 

全身に症状が出ますが、特に
顔面や耳から症状が出ることも多いです。

 

激しく痒がり掻き毟るため、
出血などを起こし、カサブタ状
になったり脱毛以前に皮膚状態の
異常が見られます。

犬の疥癬の検査や初期症状とは?治療薬や注射の効果など!

 

『アレルギー(アトピー)』

犬ではアレルギーやアトピーが多く、
全身に症状が出ますが、食器に対する
アレルギーなどの場合、口周りに出る
ことが多いです。

 

皮膚の赤みから始まることがほとんど
で、炎症が強くなり痒みなどで引っ掻く
ことで脱毛が起こります。

 

基本的にアレルギー持ちの子は原因が
一つではないことが多く、原因に
よって症状が出る部位も異なります。

 

また、食物アレルギーなどの場合も
顔面に出ることが多いです。


出展:http://www.inu-neko-byoki.com/

 

『甲状腺機能低下症』

内分泌疾患による脱毛で、鼻の上の
皮膚や耳などが黒ずんで脱毛を起こす
のが特徴的です。

 

痒みや赤みはないことが多く、症状が
進行していくと皮膚の肥厚が見られ、
脱毛も全身に拡がっていきます。

 

また、行動や態度などにも異変が現れてきます。

特に中~高齢犬に多く見られる病気です。


出展:http://www.aries-ah.com/

 

『流涙症(涙やけ)』

涙が多く、常に目の下や周囲が
湿っている場合には、皮膚炎を起こし
脱毛してくることもあります。

 

赤みや化膿被毛の変色などが
見られます。

 

被毛の白っぽい犬であれば分かり
やすいですが黒っぽい濃い色の毛の
場合、また長毛種などの場合には、
症状が進行するまで気付きにくいこと
があります。

 

涙が流れ出てきてしまうのには、
アレルギーや涙管の詰まりなど
さまざまな原因があります。


出展:http://www.inu-suki.com/

 

その他、犬の皮膚病では、

*膿皮症

*真菌症

*毛包虫症(アカラス)

*天疱瘡

などなど脱毛を伴う数多くの皮膚疾患
がありますが、これらは特に顔面に
症状が出るというより顔を含む全身
脱毛などの症状が見られます。

犬猫の皮膚専門or皮膚科のある東京都内の動物病院まとめ!

 

ですから、まずは顔面の脱毛や異常を
見つけたら、他の部位を入念にチェック
してみることが大事です。

 

また、痒みがあるのかどうかも
重要です。
痒くて引っ掻いて脱毛を起こして
いるのかそうではない脱毛なのか。
これによっても原因は変わってきます。

 

犬の皮膚疾患は原因によっては
治りづらいことも多いですが、早めに
適切な対処をすることで症状の悪化を
防ぐことができますのでまずは受診を。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 犬の皮膚トラブル対策に効果的!保湿による改善や予防法とは?
  2. 犬の脱毛と体重減少(痩せる)で考えられる原因や病気について!
  3. 犬のイボやしこりは癌の可能性も?悪性度の高い腫瘍の特徴!
  4. 犬の皮膚の保湿剤やクリームおすすめ!乾燥やフケ,痒みなど!
  5. 高齢犬の脱毛!考えられる原因や病気の可能性について!
  6. 犬の皮膚の黒いかさぶたやブツブツの原因と考えられる病気!
  7. 犬の皮膚の赤いブツブツやできものは病気?考えられる原因は?
  8. 犬の耳(耳介)の脱毛やハゲ!考えられる原因や病気について!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP