骨や関節の病気

犬のパテラのケア用サポーターの有効性とリスクや注意点!

小型室内犬で多い関節疾患の一つが
膝蓋骨脱臼(パテラ)です。

 

その原因のほとんどが先天性の
膝蓋骨の溝の問題で、いわゆる膝の
お皿が定位置から外れてしまう病気です。

 

根本的な治療は外科手術による
溝の形成や靭帯、筋膜などの整復
となります。

スポンサーリンク


ただ、何らかの理由で手術を行わない
場合、また病状によって手術が適応と
ならない場合などは薬剤投与やサプリ
の内服、体重管理や運動制限などで
症状の軽減や進行(悪化)を防ぐ内科療法
が行われることもあります。

 

そして、パテラや他の関節炎などに
よって正常な歩行や運動ができない
犬のためのボディサポーターも販売
されています。

 

それが『室内犬のための
機能性ボディサポーターFIX1』です。

膝蓋骨・股関節・脊椎を保護する
オールインワンの関節補正サポーター。


出展:https://www.peppynet.com/

 

手術しなくてすむなら・・
これで普通どおりに歩けるなら・・
着せるだけでいいなら・・

などと期待してしまいますよね。

 

ただ、このサポーターはどんな状態
でも有効なわけではなく、また着せる
ことによってかえって症状を悪化させて
しまう可能性もあります。

 

そこでこちらでは、犬のパテラで
機能性ボディサポーターFIX1
有効性やリスク、注意点などについて
まとめてみましたので参考にしてください。

 

<機能性ボディサポーターFIX1の特徴>

 

『室内犬のための機能性ボディ
サポーターFIX1』は、

弱った筋肉を補助し、回復をサポート。
パテラの予防や術後のケアに!

とされています。

 

*このサポーターを着せるだけで
膝関節を保護し、脱臼を予防。

*弱った筋力の回復を補助して正常な
歩行ができるようにする。

*持続的に膝蓋骨を圧迫補正することで
パテラの進行を遅らせる。

などの効果が期待できるわけです。

 

膝関節においては、膝蓋骨を囲む
ように着圧が加えられているため、
テーピングのような保護&補正効果
があります。

 

適度な圧迫で歩行時、足の曲げ伸ばし
の際に、太ももや下肢の筋肉の動き
などを正常に保つことで、膝蓋骨が
定位置からずれないようにするわけです。

 

これによって、パテラがある子でも
歩行中に脱臼を防ぎ、通常通りの
散歩や運動ができるため、筋力を
付けることができ、それによって
さらに膝の補強につながるといった
イメージです。

犬のパテラ(膝蓋骨脱臼)の原因と症状,グレードや治療法など!

 

<サポーターのメリット>

 

パテラの犬はグレードにもよりますが
歩行時に痛みなどがあると跛行(びっこ)
や足を庇ったり、正常な足の動きが
できないために、足の筋肉が弱って
しまいます。

 

膝の関節炎などには、膝の筋肉を
鍛えることが有効ですからそのためには
やはり運動をさせることが大事です。

 

そのため、このサポーターを
着用することによって運動量を増やす
ことができるのは良いことです。

 

また、パテラの犬は膝蓋骨が脱臼する
ことにより靭帯や筋肉、また骨などにも
影響で出るため、正常な足の動きを
せず、膝が内側に屈曲した状態や
ガニ股、足を曲げずに歩いたりなど
が日常的になります。

 

そしてそれがさらに膝関節の悪化、
またその周辺にも負担をかけること
になります。

 

これを圧迫補正で正常な足の動きで
歩行ができるようになると、膝は
もちろん、その他の部位の負担も
軽くなります。

 

ですから、これらの効果が問題なく
ちゃんと得られるのであれば、有効
だと思います。

 

スポンサーリンク


<サポーターのデメリット(リスク)>

 

一番の問題はパテラの状態と言えます。

心配なのは、

*膝蓋骨の位置

*運動(動き)時の耐久性

*万が一、着用中に膝蓋骨が脱臼したとき

などです。

 

『膝蓋骨の位置』

まず、圧力をかけて膝蓋骨を定位置から
外れにくくするわけですから、着せる
段階で確実に膝蓋骨が正しい位置に
あるのかという問題です。

 

パテラのグレードにもよりますが、
日常的に簡単にパカパカと外れて
しまう子の場合、もし外れた状態
(正しい位置に収まっていない)で
着用してしまうと着用中はずっと
そのままになってしまいます。

こうなると確実に悪化を招きます。

 

正しい位置に膝蓋骨があるかを
判断するのは飼い主さんでは難しい
と思います。

 

『運動時の耐久性』

通常の歩行であれば問題ないでしょうが
活発な動き(階段やジャンプなど)の際
にそのまま膝蓋骨の位置を維持できるの
が疑問です。
(公式サイトでは活発な動きもOKの
ように記載がありますが)

 

これはサポーターのサイズやフィット感
にもよると思いますが、基本的にその犬
の体に合わせて作られているものでは
なく、XS/S/M/Lという既製品なので
動きによっては・・心配な気がします。

 

『着用中に膝蓋骨脱臼』

膝蓋骨が外れないようにするための
サポーターですが、前述したように
運動時など万が一外れてしまった場合
通常は外れたりはまったりを繰り返す
状態であってもサポーターをしていれば
戻らない可能性が非常に高いです。

 

また、この場合すぐに脱がせれば
まだ良いですが、パテラを繰り返して
いる犬の場合、それでもあまり痛みを
感じずに歩くことができるため、飼い主
さんがそれに気付かない場合もあると
思います。(特にサポーターをしていれば)

 

この状態も膝にとっては当然、
悪影響となります。

 

これらのリスクが考えられます。

犬のパテラ(膝蓋骨脱臼)に効果的なサプリは?術後ケアにも!

 

<サポーターの適応、注意点>

 

上記のような理由から、サポーター
着用が有効(リスクが少ない)なのは、

*グレード1の症例

通常の歩行時に脱臼することは稀で
進行を予防したい場合

 

*獣医師の許可が出た場合

着用OK!とされ、着用法や膝蓋骨
の状態、位置をちゃんと手で触って
分かる程度の指導を受けた場合

 

*パテラの手術後のケア

手術後の再発予防やリハビリ時。
ただ、手術法によっては必要ないこと
も多いです。

などの場合です。

 

また、当然ですがこのサポーターは
パテラ治療するものではありません
ので、手術を推奨される症例などで
手術回避のためにというのは難しいです。

 

もちろん、年齢的なものや何らかの
理由で手術を行わない場合などの
ケアとしてはありだと思いますが
その場合にも前述したように着用の
際には十分注意する必要があります
ので必ず獣医師の指導を受けましょう。

 

かかりつけ医の獣医師の考え方も
ありますし、パテラの状態にも
よりますが、この手のサポーターを
推奨する獣医師はあまり多くありません。

前述したようなリスクがあるためです。

 

ただ、パテラもさまざまなパターン
がありますし、症状も個体差があり、
内科(温存)療法も色々ですので使って
みたいなと思われる場合、まずは
動物病院で相談してみられることを
オススメします。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 犬の股関節形成不全にサプリメントの効果は?オススメなど!
  2. 犬のパテラ!歩き方や運動、散歩などの制限や注意すること!
  3. 犬のパテラの手術の費用と術後の経過や予後について!
  4. 犬の股関節脱臼の骨頭切除!費用や手術後の経過について!
  5. 犬のパテラ(膝蓋骨脱臼)の原因と症状,グレードや治療法など!
  6. 犬の椎間板ヘルニアの治療!ステロイドの効果や副作用など!
  7. 犬の椎間板ヘルニアの手術!成功率や術後の経過、費用など!
  8. 犬の椎間板ヘルニアの検査法(脊髄造影・CT・MRI)や費用など!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP