骨や関節の病気

犬のパテラ!歩き方や運動、散歩などの制限や注意すること!

犬の膝蓋骨脱臼(パテラ)は、
グレード1で症状が出ていない場合
を除けば、さまざまな歩行異常が
見られるため、飼い主さんでも
容易に気付くことができる疾患です。

 

歩き方に見られる異変は脱臼の
状態や進行の程度によっても
変わってきます。

 

お散歩時はもちろん、日常的な行動
の中でもそれらは顕著に現れてきます。

スポンサーリンク


こちらでは犬のパテラの特徴的な
歩き方や運動(散歩)時などに注意する
べき行動、体勢などについてまとめて
みましたので参考にしてください。

 

<パテラの犬の歩き方>

 

痛みの感じ方には個体差もあり、
脱臼を起こすまでの過程によっても
症状(歩行異常)の出方はさまざまですし
片足か両足かによっても変わりますが
一般的には以下の状態が見られます。
(基本的には下に行くに連れ重症度が
高い歩き方です)

*後ろ足をスキップ(またはケンケン)するように歩く

*跛行(びっこをひく)

*カクッカクッと力が抜けるような歩き方

*膝を曲げずに歩く

*内股で歩く(後ろから見ると膝が内側に屈曲)

*ガニ股で歩く(膝が外向きO脚のように見える)

*内股+ガニ股(後ろから見るとエックス脚)

*足をまったく付けない(上げっぱなし)

*膝を曲げたまま腰をかがめてうずくまるように歩く

*歩けない(歩かない)

などが見られます。

youtube cherryplummama

youtube mutsumipoco

youtube 犬バカ猫キチ

 

また、歩行時以外にも

*立っているときに付いている足の向きがおかしい

*座り方がおかしい(横座りなど)

*足を後ろにピーンと伸ばす行動が見られる

*足や腰周辺を触ると痛がる

*歩くとカクカクと音がする

などが見られます。

youtube 喜多埜ふきこ

 

<運動や散歩などの注意点>

 

状態にもよりますが、症状が出ているとき
には散歩や運動などをさせずに安静が基本です。

 

脱臼を繰り返す、また常に脱臼して
いるような状態が長く続くと骨の変形
や靭帯の損傷が起こります。

 

ただし、慢性的なパテラで本人(犬)
が動きたがる場合には激しい運動など
を控えれば多少歩かせるのはしょうがないですが。

 

最初は痛くて足を付かなかったり、
歩きたがらなかった場合でもパテラの
状態に慣れてくると、なるべく痛みが
ないような庇うような歩き方を上手に
するようになってきます。
(ただし、これが他の部位に負担をかける
ことになります。)

 

片足だけ症状がある場合には、
びっこを引くことでもう一方の足に
大きな負担がかかります。

 

そして、パテラの好発犬種ではほとんど
が先天的に持っている疾患なので、その
時に脱臼していない方の足も同じような
関節の構造になっていることが多く、
パテラを発症する可能性も高いのです。

 

その状態でさらに負担をかけると
もう片方の足も脱臼してしまうことも
あるのです。

 

ですから、手術をしない場合などは
なるべく良い状態を保つために
運動制限などが必要になってきます。

犬のパテラ(膝蓋骨脱臼)に効果的なサプリは?術後ケアにも!

 

『パテラに負担をかけないために』

 

通常の歩行以外で、パテラに負担を
かけ、悪化を招くのが、

*ジャンプ

*階段の上り下り

*後ろ足立ち

*急激な動作(立ち上がったり走ったり)

*足の着地が安定しない(滑りやすい)

などです。

 

これらを回避するためには、
室内の環境改善が必要になってきます。

*椅子や台など犬が飛び乗る可能性が
あるものはできないように工夫する

*フローリングの場合、カーペット
を敷いたり、滑りにくい素材にする

*興奮させない(激しい運動は控える)

*甘えや要求などで後ろ足立ちで
つかまってくる場合には、させないよう
に工夫する

などなど、なるべく後ろ足に負担を
かけさせずに生活できるような配慮が
大事になってきます。

 

ただ、若いワンちゃんで手術適応で
あれば早めに手術してあげた方が
後々のためには良いですよ。

犬のパテラの手術の費用と術後の経過や予後について!

手術に対するイメージや不安もある
こととは思いますが、ずっと痛みや不調
を抱えたまま、満足に運動もできない生活
を続けさせるのも可哀想です。

 

また、ほとんどの場合、進行します
ので手術するなら早い方が手術も
簡単に済みますので。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 犬の椎間板ヘルニアのレーザー治療!効果や頻度、期間など!
  2. 犬の股関節脱臼の整復(固定)手術の方法や費用と術後経過など!
  3. 犬の股関節脱臼の予防!室内環境や運動制限など注意すること!
  4. 犬のパテラのケア用サポーターの有効性とリスクや注意点!
  5. 犬のパテラの手術の費用と術後の経過や予後について!
  6. 犬の椎間板ヘルニアの治療!ステロイドの効果や副作用など!
  7. 犬の椎間板ヘルニアの手術!成功率や術後の経過、費用など!
  8. 犬の股関節脱臼の骨頭切除!費用や手術後の経過について!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP