癌、腫瘍

犬の癌には炭水化物や糖質制限が効果的?必要な栄養素とは?

愛犬が癌に・・

今は犬の死因のトップとされる
のが『がん』です。

 

ですから、どんなワンちゃんでも
いずれは癌になってしまう可能性は
あるのです。

 

人でもそうですが、今や『癌』と
いう病気は特別なものではなく、
他の病気と同じように完治も望めたり、
治らずとも治療を行いながら、うまく
付き合って共存していく病気となっています。

スポンサーリンク


ただ、犬や猫の場合はどうしても
早期の発見が難しいため、長期生存
は厳しいことも多いと言えます。

 

しかし今はペットの癌治療も
素晴らしく進歩していますので
低リスクで受けられる治療も増えて
きています。

 

また抗がん効果が期待できたり、
抗がん剤などの副作用を軽減したり、
がん闘病のカラダを支えるための
免疫力を高めるサプリなども多く
発売されています。

犬の癌にアガリクスの効果は?効能や抗がん作用などまとめ!

ですから、愛犬が癌になったからと
言って悲観するより、まずはどのような
治療法があり、どのようなケアが必要で、
癌を抑制したり進行を遅らせるために
何ができるのか・・
ということを考えるべきです。

 

それが愛犬を少しでも楽に生活させて
あげることにつながるのですから。
また、長く生きてくれる可能性も
あるのですから。

 

こちらでは、犬の癌闘病をサポート
する食事(栄養素など)について
まとめてみましたので参考にしてください。

 

<癌と糖質の関係>

 

糖質は癌のエサだから、糖質は
摂らない方がいい・・

などと言われていますね。

 

確かに癌細胞は、『ブドウ糖』を
エネルギー源として増殖・進行して
いきます。

 

また、人間を含む動物の体の中では、
糖質が不足しても肝臓でケトン体から
の糖新生が行われ、それをエネルギー
にすることができますが、癌細胞は
ケトン体を利用することができないと
されています。

 

そのため、糖質制限によって
癌のエネルギー源を経ち、癌を死滅
させてしまおうというものです。

 

糖質と言えば砂糖など甘いものは
もちろんですが、糖質が含まれる
炭水化物もダメと言われますね。
(糖質を多く含む野菜もけっこうあります)

 

ただし、癌細胞にもさまざまなタイプ
があります。

 

また、日々研究されている抗がん剤
などの敵から身を守るために変異を
繰り返す厄介な新生物です。

 

ですから、癌細胞の中には、ブドウ糖
が足りなくなるとそれ以外のケトン体や
乳酸、脂肪酸などを栄養源にする場合
もあるのです。

 

そのため、糖質だけが癌のエサとは
言えないわけで、糖質(炭水化物)を
制限したからといって必ずしも
『癌細胞を死滅(やっつける)』こと
にはなりません。

 

しかし、糖質は癌細胞の好物であり、
最大のエネルギー源となっている
ことは確かです。

 

ですから、癌の場合の食事で
低糖質、低炭水化物が推奨されるのは
当然のことであり、これは犬の場合も
同様です。

 

そして、癌細胞のタイプによっては、
糖質制限で癌の進行抑制に高い効果が
期待できる場合も多いです。

 

また、糖質(炭水化物)の摂りすぎは
さまざまな病気の元にもなりますし、
体の不調を招きます。

 

ですから、適度に糖質を制限することは
癌のみならず健康のためにも良いこと
です。

 

ただ、やみくもに糖質を制限してしまうと
癌と闘う体に必要なエネルギーや免疫力
まで低下してしまうことにもなります。

 

ですから重要なのは、いかに癌に栄養
を与えないようにしつつ、体に必要な
栄養を補えるか・・
また、癌の抑制に効果的な栄養素を
積極的に取り入れる・・ことです。

 

スポンサーリンク


<犬の癌対策に重要な栄養素>

 

食事は癌の治療においてとても
重要な役割があります。

 

適切な食事(栄養)を摂取することで、
癌に対する抵抗力、体力維持、薬剤
による副作用の軽減など癌闘病中の
生活の質(QOL)を上げることができます。

 

犬の癌において最適な食事の要素とは、

*糖質制限

*良質な高タンパク質と高脂質

*各種ビタミンやミネラル

*食物繊維

*癌抑制効果の認められる栄養素

*添加物を控える

です。

 

まずは与えているドッグフードの
原材料をチェックしてみましょう。

 

ドッグフードもピンキリですし、
上記の条件がすべて揃ったフードは
ほぼありません。(後ほど紹介します)

 

良質の素材を使った品質の良い
ドッグフードも増えていますので
それらも良いのですが、癌の犬に
となるとさらに吟味したいところですが。

 

特に癌の犬でやめた方が良いフードと
しては、

*原材料の一番目が穀類
(特にトウモロコシや小麦粉はNG、
高糖質です)

*肉などのたんぱく質に○○ミール
(良質とは程遠い最低ランクのたんぱく質です)

*多くの添加物
(保存料・着色量・酸化防止剤など
はすべて毒性が強い発ガン物質です)

などが入っているものです。

 

ちなみに一般に売られている
フードの半数以上はこのような
製品です。(特に価格が安いものは
ヒドイです)

 

健康な若い犬でもこのようなフード
を与え続けると癌の発症リスクが
上がるのは言うまでもありませんが、
癌闘病中にこのようなフードを
与えることは癌の進行を早めている
ようなものです。

 

例え、抗がん効果が期待できる成分
などのサプリメントなどを与えて
いたとしても肝心の食事の品質が
悪ければ台無しとも言えます。
(そのくらい食事は大事です)

 

上記に挙げた最適な食事の要素
すべてというのはなかなか難しい
とは思いますが、せめて体に悪いもの
をやめるだけでも効果があると思います。

 

また、オヤツも同様です。
基本的に犬用のオヤツもほとんど
のものが低品質で添加物なども
たっぷりです。

 

そして、私が癌のワンちゃんの
サポートに唯一、オススメできる
フードがあります。

『みらいのドッグフード』です。

癌のための食事療法がそのまま
ドッグフードとして誕生したものです。

素晴らしい品質と考え抜かれた素材
が使用されていてこれ以上のものは
ないと思います!

こちらで詳しくまとめています↓

犬の癌をサポートするドライフードの成分や品質は?予防効果も?

 

ワンちゃんの食事を手作りされて
おられる飼い主さんもいらっしゃいますね。

 

なかなか栄養バランスは難しい
と思いますし、特に癌の食事にと
なると、大変ですよね。

 

みらいのドッグフードには全成分
が記載されていますし、癌の犬への
栄養素などさまざまなヒントが
詳しく載っていますので参考に
されるのもいいかと思いますよ!

スポンサーリンク


関連記事

  1. 犬の癌にステロイド(プレドニゾロン)の効果や副作用など!
  2. 犬の乳がんの末期症状と延命や緩和治療、余命について!
  3. 犬のリンパ腫にインターフェロンの作用や効果と副作用など!
  4. 犬の腫瘍(がん)の痛みを緩和!鎮痛剤(痛み止め)のお薬など!
  5. 犬の扁平上皮癌!抗がん剤治療や放射線療法の効果や予後など!
  6. 犬の癌が自壊(破裂)!痛みや出血,膿など症状や対処法まとめ!
  7. 犬の悪性リンパ腫の末期症状や余命、安楽死の選択について!
  8. 犬の悪性リンパ腫!ステロイド治療の効果や抗がん剤との違いは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP