症状から見る犬の病気

犬の下痢で粘液便(粘膜)と血!考えられる原因や治療法など!

愛犬の下痢。

下痢と言っても状態(症状)はさまざまです。

 

便の形状や色、血便、排便回数、
などによっても考えられる原因は
変わってきますし、治療や対処法も
異なります。

 

犬の下痢で比較的多いのが
トロンとした粘液混じりの下痢や
血が混じった血便です。
また粘液+血というのも良く見られます。

スポンサーリンク


下痢もそうですが、便に血が
混ざっているとビックリしますよね。

 

重症なの?
お腹痛いの?
もしかして癌とか?

なんて不安になることも多いと思います。

 

こちらでは犬の下痢で粘液や血が
混ざる状態について考えられる原因
や治療などをまとめてみましたので
参考にしてください。

 

<犬の下痢の粘液や血>

 

犬の下痢は、異常のある部位に
よって便の色が変わります。

 

いわゆる血便と言われる下痢の場合、

*真っ赤な鮮血のような赤い血

*黒っぽい(濃い茶)タール状の血

に分けられます。

 

そして、

*真っ赤な血=大腸からの出血

*黒っぽい血=胃や十二指腸・小腸からの出血

です。

 

大腸は肛門に近い部位のため、そこで
出血が起きても腸内細菌の分解を受けず
そのまま排出されるため、鮮明な赤色の
血便となります。

 

また、腸内では便の排泄をスムーズ
に行うために常に一定量の粘液が
保たれています。

 

しかし、大腸が何らかの炎症やダメージ
で傷ついた場合、傷ついた組織を保護
するため、大腸内では多くの粘液が分泌
されます。

 

この粘液が便と一緒に出てきたり、
排出されるのが『粘液便』です。

 

一方、大腸より前の部位、小腸(十二指腸)
からの出血の場合、血液が腸内細菌に
よって分解されるため、タールのような
黒色に変色した血便となります。

 

ですから、犬の下痢で粘液性のもの、
また鮮やかな赤い血が混ざる血便は
大腸性の下痢(大腸炎)です。

 

大腸性の下痢の場合、便の回数が
増えるのが一般的です。
小腸性の場合は、便の量は多く
なりますが回数は増えません。

 

スポンサーリンク


<大腸性下痢(粘液・血)の原因と治療>

 

大腸性の下痢の場合、一般的に
病名としては『大腸炎』とされます。

 

大腸炎の原因としては、

*細菌感染

*ウイルス感染

*寄生虫

*食事(脂肪分やアレルギーなど)

*腸内細菌の乱れ

*ストレス

*腫瘍

などなど、さまざま挙げられます。

 

これらの中でも、細菌や寄生虫、
ウイルスなどは検査で診断が付き
やすく、その治療を行えば完治は
可能です。

 

・細菌感染=抗生物質の投与

・寄生虫=駆虫薬の投与

・ウイルス=抗ウイルス剤や抗生物質の投与

などなど。
(ウイルスの場合は治療に時間が
かかる場合も。)

 

ただ、食事によるものの場合には、
何に対して反応が出ているのか?
などの究明はなかなか難しいことも
あり、診断、治療ともに時間のかかる
ことが多いですが原因物質が分かれば
食事の変更や状態によっては抗炎症剤
などで対処していくようになります。

 

また、ストレスの可能性が疑われる
場合にも診断は難しいです。
その他のすべての原因を排除していき、
他の原因がないときにストレス性と
いう診断になることがほとんどです。

 

ストレスによるものの場合は、
抗炎症剤や粘膜保護剤(整腸剤)
などの投与で対処していきます。

 

腫瘍(ポリープ)などの場合には、
内視鏡などの検査が必要になります。

 

その他、犬では『炎症性腸疾患』
と呼ばれる、下痢や嘔吐を伴う
消化器疾患があります。

 

この場合も大腸炎の症状になることが
多いですが確定診断は麻酔をかけての
内視鏡検査が必要になるため、まずは
ストレス性の大腸炎と同様の治療が
行われることが多いです。

犬の下痢が治らない!必要な検査や方法、費用などまとめ!

 

<まとめ>

 

何らかの感染症の疑いがなく、
ストレス性の大腸炎などで症状が
軽度の場合絶食(12時間程度)や
絶水(6時間程度)
させたり、食事量を
減らす
ことで徐々に改善し、自然に
治癒する場合もあります。

 

ただし、子犬や老犬、他に何らかの
基礎疾患がある場合などには絶食や
絶水は脱水など体へのダメージも心配
になりますので動物病院の指示を受けましょう。

犬の下痢や嘔吐に点滴や皮下輸液の必要性や効果、費用など!

また、ストレスや腸内細菌のバランス
(悪玉菌の増殖)による大腸炎の場合
再発を繰り返すことが多いです。

 

そのようなタイプのワンちゃんは、
日頃から腸内環境の改善や体の免疫力を
高めるよう、高品質のドッグフード
乳酸菌などのサプリメントを与えるのも
効果的です。

犬の胃腸炎に効果的なサプリメント!繰り返す場合の対策にも!

 

感染症などの原因でない場合の
大腸炎の症状を抑えるための薬剤は
主にステロイド免疫抑制剤などです。

 

できればそれらを頻繁に投与すること
なく、大腸炎の予防、軽減ができると
良いためまずは、

*しっかりとした検査による診断

*再発抑制のため腸内環境を整えるための対策

*愛犬の体質を知っておく

などが大事になります。

 

早めに受診しましょう!

スポンサーリンク


関連記事

  1. 犬のいびきが大きいのは異常?考えられる原因と病気の可能性!
  2. 犬の下痢が治らない!必要な検査や方法、費用などまとめ!
  3. 犬の老衰の末期症状や最期、看取りや安楽死について!
  4. 犬のイボやしこりは癌の可能性も?悪性度の高い腫瘍の特徴!
  5. 犬のワクチンで下痢や嘔吐などの副作用!原因や対処法など!
  6. 犬の下痢にエビオス(ビール酵母)の効果は?整腸作用や投与量など!…
  7. 犬のペットホテル!ストレスによる下痢の可能性や対処法など!
  8. 犬のいびきを治す(改善)には?治療法や手術について!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP