消化器の病気

犬の下痢や嘔吐に点滴や皮下輸液の必要性や効果、費用など!

犬の消化器症状で下痢や嘔吐は
非常に多いです。

 

原因はさまざまですが、
治りにくかったり、長期化(慢性)
したりと症状も色々です。

 

そして下痢や嘔吐などの症状が
起きると体内の水分と電解質が
失われるため『脱水症』が起きてしまいます。

スポンサーリンク


脱水も軽度であれば、自宅での
水分補給(経口補水療法)などの
ケアで対処できることもあります。

 

しかし、

*高齢の犬(または子犬)

*他に何らかの基礎疾患がある

*下痢や嘔吐の症状がひどい

*長期化している

*食欲がなく水も飲まない

*飲んでも吐く

*絶食が必要

などの場合には、病院での点滴や
皮下補液による水分補正が必要になる
ことがあります。

 

こちらでは、下痢や嘔吐による
脱水症状の治療、病院で行う点滴
の必要性や効果、費用などについて
まとめてみましたので参考にしてください。

犬の下痢による脱水の水分補給にオススメの経口補水液など!

 

<脱水時の点滴(輸液)のメリット>

 

脱水症状がある場合、通常で
あれば水分補給をすることで
症状の改善は可能です。

 

しかし、経口的に水分摂取が
難しい場合、また脱水が重度で
ある場合などには、点滴による
輸液療法が必要となります。

 

通常、人では点滴と言うと、
静脈(血管)からの投与となりますが、
犬や猫の場合、同じく静脈からの
投与の他、まとまった輸液を皮下に
注射する方法(皮下点滴、皮下補液)
もあります。

 

『点滴のメリット』

*嘔吐がある時、絶食時もOK!

下痢や嘔吐の原因にもよりますが、
症状が落ち着くまで絶食が望ましい
こともあり、その場合、栄養補給
もできなくなるため、体力は低下します。

 

しかし、点滴の場合には胃腸に
負担をかけることなく、必要な
栄養と水分補給ができます。

 

*効果が早い

点滴の場合、経口摂取よりも
効果的(効果が現れるのが早い)なのです。

 

栄養分を経口摂取した場合、
まずは胃腸で消化され、その後全身
に回るため、時間がかかります。

 

点滴では直接血管や皮下から
吸収させるため、消化の過程を
省けます。

 

*胃腸の回復を早める

食事や水分を経口摂取する場合、
少なからず弱った胃腸に負担を
かけることになります。

 

点滴の場合には、胃に余計な
負担をかけることがないため、
胃腸炎の回復が早くなります。

 

*一緒に薬剤投与ができる

下痢の原因や体の状態によっては、
さまざまな薬剤の投与が必要に
なることもありますが、経口投与
できない場合には注射での投与しか
ありません。

 

薬剤にもよりますが、点滴の輸液
と一緒に入れることが可能ですので
何本も注射をする必要がなくなります。

 

『点滴のデメリット』

*時間がかかる。

静脈からの点滴の場合、最低でも
1日~程度は預ける必要があります。
(皮下点滴の場合は数分で終わります)

 

*犬へのストレス

点滴中は入院になり、点滴を
噛んだり外したりしないよう、
エリザベスカラーなどの装着も
必要になるため、犬にとっては
ストレスとなります。

スポンサーリンク


<点滴(輸液)の効果や種類>

 

点滴を行うことの効果としては、

*水分補給

下痢や嘔吐で失われた水分や
電解質を補い、体液のバランスを
保ちます。

*栄養補給

嘔吐や下痢で食事ができない
場合などにビタミンなどの栄養
補給になります。

*原因の治療(原因にもよる)

下痢の原因に対する薬剤を輸液
とともに投与することで治療に
なります。

などが主なものとなります。

 

点滴(輸液)にもさまざまな種類が
あり、脱水の重症度や種類によって
使い分けられます。

 

一般的に嘔吐や下痢による脱水
で使用されるのは、

*生理食塩水(静脈・皮下点滴)

*リンゲル液(静脈・皮下点滴)

*生食+5%ブドウ糖(静脈のみ)

*混合液(静脈のみ)

などが主になります。

 

犬猫の場合、短時間(数分)で
静脈点滴の数時間~1日分程度を
入れることができる皮下点滴も
多いですが、皮下点滴では投与
できる輸液や薬剤が限られています。
(基本的に生食かリンゲルのみ)

 

皮下に入れると吸収が悪かったり、
局所刺激が強い薬剤などもあります
のでそのような輸液が必要な場合
には静脈点滴となります。

 

また皮下点滴よりも静脈点滴
の方が吸収が早いため、効果の
発現も早いです。

 

ただし、前述したとおり、
静脈点滴は入院とある程度の
拘束が必要になるため、よほどの
重症でなければ、最初は皮下点滴
で様子を見ることが多いです。
(犬の性格や嘔吐下痢の原因にもよります)

 

また、他に何らかの基礎疾患
ある場合なども使用する輸液の種類
は変わってきます。

 

<点滴、皮下輸液の費用>

 

皮下輸液は、状態にもよりますが
基本的には1日1回の通院となります。

 

症状が落ち着くまで3~7日程度
かかるかと思います。

 

犬の大きさや輸液の量にもよりますが
1回の皮下輸液の費用は、だいたい
2,000~3,000円程度が一般的です。
(診察料や他の薬剤投与などは別)

 

静脈点滴の場合には、入院となります
ので、点滴料+入院費+処置(静脈留置)
の他、原因によっては他薬剤の投与も
必要になります。

 

それらすべて含むと犬の大きさにも
よりますが、小型犬でも
1日当たり7,000~8,000円から一万円
近く
はかかると思われます。

 

中型~大型犬になると10,000円~
15,000円程度は必要になるでしょう。

 

入院しての静脈点滴の場合は、
まずは2~3日が目安となります。
静脈点滴の場合、一番効果的ですので
1~2日である程度症状が治まれば、
その後、皮下輸液に変えていくこと
も可能ですので、早めに退院できる
こともあります。

 

静脈点滴が必要になる前、軽度の
ときに早めに対処してあげるのが
一番ですね。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事

関連記事

  1. 犬の下痢による脱水の水分補給にオススメの経口補水液など!
  2. 犬の胃腸炎に効果的なサプリメント!繰り返す場合の対策にも!
  3. 犬の胃腸炎は他の犬や人間にうつる?原因によっては可能性が?
  4. 犬の腸閉塞の初期症状や前兆!誤飲後からの時間や経緯など!
  5. 犬の肝炎・肝硬変の原因や症状と治療について!黄疸や腹水も!
  6. 犬が誤飲したかも?必要な検査や費用~診断や治療の流れなど!
  7. 犬の誤飲による内視鏡手術の方法や手順、費用などについて!
  8. 犬の胃腸炎!点滴や入院が必要な症状や治療法とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP