消化器の病気

犬の胃腸炎!点滴や入院が必要な症状や治療法とは?

犬に下痢や嘔吐などの症状が
ある場合、なんらかの原因によって
胃炎や腸炎を起こしている状態と
言えます。

 

胃腸炎の原因もさまざまですし、
治療ですぐに良くなる場合も
あれば長引いたり、繰り返したり
慢性化したりする場合もあります。

 

嘔吐だけの場合もあれば下痢だけ、
または両方、さらに他の症状
(食欲不振、よだれ、ふるえなど)
もある場合などその症状は原因に
よっても色々です。

スポンサーリンク


一番厄介なのが、

*ストレス性のもの

*炎症性腸疾患

などはっきりした原因の特定が
難しい場合や原因の根本治療が
難しいものなどです。

 

そしてこの厄介なのが犬では非常に
多いのですが。。

 

胃腸炎では、原因治療と症状ごとの
対処療法による治療が行われますが
通常は内服薬、療法食など自宅で、
場合によって注射などの通院・・と
いう治療となることがほとんどです。

 

ただし、状態によっては、
点滴などの入院治療が必要になること
もあります。

 

こちらでは、犬の胃腸炎で
点滴や入院が必要な場合(症状)や
治療についてまとめてみましたので
参考にしてください。

犬の胃腸炎は他の犬や人間にうつる?原因によっては可能性が?

<点滴が必要な場合>

 

原因にもよりますが、点滴が必要
になる状態は胃腸炎としては重症
と言えます。

 

点滴の目的は基本的に体内の
水分補正や栄養補給です。

 

ですから胃腸炎の状態のときで言えば

*頻繁な嘔吐(飲んでも吐く)

*激しい水下痢

*脱水

*絶食、絶水が必要な場合

*子犬や老犬

*急性胃腸炎

などです。

 

飲んでも食べても吐くような場合や
水下痢がひどく体内の水分が出て
いってしまう状態が続くと脱水を
起こします。

 

またそのような状態のときには、
1~2日ほどの絶食、絶水が必要に
なることも多いです。

 

このような場合には、数日間は
点滴によって水分と栄養補給をする
必要があります。

 

他の基礎疾患などなく、若い健康
な犬であれば、多少の胃腸炎症状が
続く程度であれば点滴など必要ない
ことも多いですが、子犬や老犬など
体力がない場合には、数日でも負担は
大きくなるため早めの対処が必要になります。

 

基本的に入院しての点滴治療の
場合、前足の静脈に留置針を固定し
機械(輸液ポンプ)を使っての24時間
点滴となります。

 

状態が落ち着くまで2~3日から
長いと5~6日かかる場合もあります。
(原因にもよります)

 

ただ、症状がそこまでひどくなく、
脱水気味・・食べないから心配・・
などと言う場合には、通院による
皮下補液(皮下点滴)を行う場合もあります。

スポンサーリンク


<入院が必要な場合>

 

基本的に静脈からの点滴が必要な
場合には入院になります。

 

また、入院しての検査が必要な
場合(消化管バリウム造影、内視鏡
など)にも入院となります。

 

原因にもよりますが、単純な
胃腸炎ではなく、

*誤飲

*腸閉塞

*中毒

*胃捻転

などが疑われる場合には精密な
検査が必要になりますし、結果に
よってはそのまま手術・・などと
いうこともあるため、入院しての
検査~治療という流れになります。

 

その他、飼い主さんがお家では心配
だったり、日中留守でケアができない
などの場合にも、少し状態が落ち着く
まで入院ということもあります。

犬の胃腸炎に効果的なサプリメント!繰り返す場合の対策にも!

<治療法>

 

入院しての治療は、原因にもよりますが
お薬などは基本的に注射や点滴で入れる
ようになります。

 

薬剤などは原因や症状に応じてと
なりますが、

*吐き気止め

*下痢止め

*炎症止め

*止血剤

*痛み止め

*抗生物質

*抗ウイルス剤

*療法食

などの組み合わせで治療を行います。

 

点滴の必要性がなくなれば退院、
状況に応じて自宅で投薬などを
続けるようになります。

 

入院によるストレスなどは個体差
もあるため、一概には言えませんが
そこまで神経質なワンちゃんで
なければ、入院して点滴で水分補正、
注射などを行った方が早く治ること
が多いです。

 

胃腸炎ではお薬も飲めない(飲んで
も吐く)状態のことも多いため、
注射薬で効かせる方が効果的ですし、
脱水を補正することで体力の回復も
早くなります。

 

ただ、入院はほとんどの場合、
どうしてもワンちゃんのストレス
にはなりますので、絶対的に入院
治療が必要ではない場合には、病状
に応じて良く相談することが大事ですね。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 犬の胃腸炎は他の犬や人間にうつる?原因によっては可能性が?
  2. 犬の腸閉塞の初期症状や前兆!誤飲後からの時間や経緯など!
  3. 犬の胃腸炎に効果的なサプリメント!繰り返す場合の対策にも!
  4. 犬の誤飲による内視鏡手術の方法や手順、費用などについて!
  5. 犬の下痢による脱水の水分補給にオススメの経口補水液など!
  6. 犬の下痢にヨーグルトが効果的?与える量や注意点など!
  7. 犬の下痢に抗生物質やステロイドが処方!効果や副作用など!
  8. 犬の腸閉塞!検査~手術の流れ~入院期間や術後の経過など!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP