症状から見る犬の病気

犬の老衰は何歳から?前兆や症状(体の状態)と寿命について!

愛犬の老いを感じるとき・・

顔を見たとき・・
体を見たとき・・
歩き方、動きかた・・

そんな日常の当たり前の場面で
愛犬の衰えが目についてきます。。

 

生きていれば年月の経過とともに
歳をとって老いる・・
それは人間も一緒ですよね。

スポンサーリンク


ただ、人間よりずっと寿命の短い犬
の一生を見続けていくうえで、
子犬のときからいつのまにか自分の
歳を追い越して老犬になっていく・・

分かってはいるつもりでもやはり
ショックですよね。

 

歳とったな~と感じる老化から
その先を意識しなければいけない
老衰へと向かっていくとき・・

 

ただ、ほとんどのワンちゃんが
何らかの病気で亡くなります。
本当に老衰と言えるのは少ないのです。

 

飼い主さんの中で歳をとって
弱っていったから老衰だと思って
いても実際は病名がある病気が
原因となっていることも多いのです。

 

老衰だから寿命だわ・・
なんて思うこともあるでしょう。
果たして老衰とは・・

 

老衰ってどんな状態?
前兆はあるの?
何歳くらいで老衰になるの?
寿命とは違うの?

 

今回は犬の老衰についてです。

 

<犬の老衰とは?>

 

老衰とは簡単に言うと字の通り、
歳(老化)をとって体が衰えることです。

 

細胞の老化によって心身の機能が
衰え、生命活動の維持が困難になり
亡くなる状態を言います。

 

そして厳密に言うと、他の疾患が
見られない時に老衰という診断
なります。(これという特定の病名
がつかない時)

 

ただ、犬や猫の場合、かなりの高齢に
なってからの腎不全の場合は、
腎不全=老衰という見方をする獣医師もいます。

犬の認知症の初期症状は?前兆を見逃さないための簡単チェック!

<老衰は何歳から?>

 

老衰と判断される年齢には
個体差がありますし、犬の場合には
小型犬と大型犬では一般的な寿命も
異なります。

 

また、本当に老衰なのか?
というのも自己判断でできるもの
ではありません。

 

ちゃんと診察や検査を受けて他の
病気がなく、老衰と診断される状況
というのはあまり多くありません。

 

やはり、何らかの異常(病気)が
発見されることが多いためです。

 

そのため、老衰の可能性が高いと
される年齢の平均的なデータと
いうのもありません。

 

ですが、目安として考えるとすれば
一般的な犬の寿命の平均年齢を
過ぎて体調が衰えてきて、他に
疾患がない場合と言うことに
なると思います。

 

つまり、小型犬の場合は15~16歳
くらいが平均寿命だとされている
ため、それを過ぎるころから老衰
になる可能性が出てくる・・と
考えて良いと思われます。

 

大型犬の場合は、12~13歳くらい
でしょうか。

 

スポンサーリンク


<老衰の前兆とは?>

 

老衰は犬の加齢によって起きる
ものなので、高齢に伴うさまざまな
変化、衰えが老衰の前兆であると
言えると思います。

 

さまざまな行動の変化や外見上にも
それは見て取れます。

*歩くのが遅い、ヨタヨタする

*聴覚の衰え、呼んでも気付かない

*白内障

*毛が白くなる

*粗相

*食欲の低下

*認知機能の低下

などなど・・

 

そして、体の中でも確実に変化は
起こってきています。

*抹消血管がもろくなる

*免疫力が弱くなる

*体温調節がうまくできなくなる

*腎臓の働きが低下する

*下垂体の萎縮

*ホルモン産生機能の低下

などなど・・

 

これらの進行、その先にあるのが老衰です。

 

いよいよになると血圧の低下、
心拍や呼吸の乱れなどが起こり
ますが、外見から見ていただけ
では分かりにくいと思います。

 

老衰は老化に伴って体を形成する
細胞や組織の能力が低下すること
ですが、それによりさまざまな
臓器が機能しなくなり最期は
多臓器不全に陥って亡くなります。

 

何の臓器が機能しなくなるかに
よっても症状は変わってきます。

犬の老衰の末期症状や最期、看取りや安楽死について!

行動の変化や外見上の老化が
見られるようになったとき、また
その前に健康を維持する効果が
期待できるサプリメントなどを
与えることで老化を遅らせること
も可能です。

 

犬用のサプリメントもさまざまな
タイプがありますが、健康維持、
老化予防としてはこちらがオススメです。

『犬康食(けんこうしょく)ワン』

免疫サポート、活力サポートの
ための伝統的な成分である

・霊芝(れいし)
・伝七人参(でんしちにんじん)
・エゾウコギエキス

が配合。さらに体内で最大の免疫器官
である、腸を中からサポートする
『有胞子乳酸菌』も入っています。

 

健康寿命を延ばすための成分が
ギッシリ詰まった犬用のサプリメントです。

 

粒タイプで愛犬が好むチーズ味に
なっているので嗜好性も良いと評判です。

詳細や価格などはこちら>

 

<老衰は寿命?>

 

ほとんどの犬が何らかの病気で
亡くなる中、老衰で亡くなった
というと大往生だと思われること
と思います。

 

何らかの病気ではなく、加齢に
よって臓器が機能しなくなる
わけですから、肉体の限界と言う
ことです。

 

これが寿命ということだと思います。

 

愛犬が老衰で亡くなったとすれば
辛いのは変わりないでしょうが、
健康で長生きさせてあげられたと
思っていいはずです。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 犬のイボやしこりは癌の可能性も?悪性度の高い腫瘍の特徴!
  2. 犬の風邪の治療法(薬や注射、点滴など)と自宅での対処法など!
  3. 犬の皮膚の赤いブツブツやできものは病気?考えられる原因は?
  4. 犬の避妊手術後のエリザベスカラー装着期間はいつまで?
  5. 犬のいびきを治す(改善)には?治療法や手術について!
  6. 犬の皮膚の黒いかさぶたやブツブツの原因と考えられる病気!
  7. 高齢犬の脱毛!考えられる原因や病気の可能性について!
  8. 犬の老衰の末期症状や最期、看取りや安楽死について!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内分泌疾患

寄生虫について

犬種

検査や手術など

泌尿器の病気

口臭について

犬のニュース・エンタメ

皮膚の病気

犬のニュース・エンタメなど

アトピー・アレルギーなど

薬やサプリなど

症状から見る犬の病気

動物病院について

癌・腫瘍

歯周病

消化器の病気

生殖器の病気

避妊・去勢手術について

PAGE TOP